コラボレーション エンドポイント : Cisco ONS 15310-CL SONET Multiservice Platform

ONS 15310-CL での CTC パスワードのリセット

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ONS 15310-CL でスーパーユーザ権限がある CISCO15 のユーザ名のパスワードをリセットする手順について説明します。 CISCO15 が、Cisco Transport Controller(CTC)へのログインに使用できるデフォルトのユーザ名です。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ONS 15310-CL

  • CTC

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15310-CL バージョン 5.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ランプ Test ボタン

LED をテストし、CTC パスワードを変えるのにランプ Test ボタンを使用できます。

瞬間的にランプ Test ボタンを押すとき、ONS 15310-CL フロントパネルのすべての LED はつきます。 LED に複数のカラーがある場合、すべてのカラーを循環させるためにランプ Test ボタンを押すことができます。

ランプ Test ボタンのもう一つの使用はデフォルト値へ CTC パスワードを変えることです。 デフォルト CTC パスワードは otbu+1 です。

CTC パスワードを変えて下さい

このプロシージャのための前提条件はオンサイトである必要があることです。 CTC パスワードを変えるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ONS 15310-CL シェルフの前部で引込められたランプ Test ボタンを取付けて下さい(図を 1)参照して下さい。

    図 1 –ランプ Test ボタン

    reset_ctcpwd_01.gif

  2. 5 秒のためのランプ Test ボタンを押し、維持するのにペン助言(または同じようなサイズの何かを)使用して下さい。 アラーム LED は赤く点灯します。 失敗および同期化 LED はオレンジを回します。

  3. およそ 2 秒のためのランプ Test ボタンをリリースして下さい。

  4. 5 秒のためのランプ Test ボタンを再度押し、維持して下さい。 同期化 LED は最初に赤く点灯し、次にグリーンに変わります。

  5. ランプ Test ボタンをリリースして下さい。

  6. CISCO15 ユーザネームのためのパスワードはデフォルトパスワードである otbu+1 に変わります。

    注: リセットは他の既存のユーザネームおよびパスワードに影響を与えません。 スーパーユーザ リセットはプロシージャを行うローカルノードにだけ適用します。

    注: CISCO15 に別のユーザネームを作成し、パスワードを割り当てることを可能にするスーパーユーザ特権があります。

ユーザネームおよびパスワードを作成したいと思う場合これらのステップを完了して下さい:

  1. プロビジョニング > Security タブをクリックして下さい。

  2. [Create] をクリックします。

  3. フィールドを新規 ユーザ ユーザー名およびパスワードで記入し、セキュリティレベルを指定して下さい。

  4. [OK] をクリックします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 66003