音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Windows 2003 SP 1 により Cisco Unity 4.0(4) と 4.0(5) で Exchange 2003 との通信が失われる

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity サーバおよびパートナーの Exchange 2003 サーバに Windows Server 2003 Service Pack 1 をインストールする前に、Cisco Unity エンジニアリング スペシャルをインストールするか、Cisco Unity Permissions Wizard の最新バージョンを実行する必要があります。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Windows サーバ 2003 年は Cisco Unity 4.0(4) またはそれ以降の Cisco Unity サーバだけでサポートされます。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Windows サーバ 2003 年のサービスパックにより 1 Cisco Unity 4.0(4) および 4.0(5) は Exchange 2003 年を用いる通信を切断します。

解決策

(パートナー サーバが Exchange を 2003)動作すれば Cisco Unity 4.0(4) か 4.0(5) サーバまたはパートナー Exchange サーバの Install ウィンドウ サーバ 2003 サービスパック 1 前に、これらのステップを完全な Cisco Unity 機能性を有効に するために完了しなければならない:

Cisco Unity 4.0(4):

  • パートナー Exchange サーバが Exchange 2003 年を動作する場合、そしてそのサーバでインストールされて Windows サーバ 2003 SP 1 をインストールするか、または持つことを行けばインストール Cisco Unity 4.0(4) Engineering Special (ES) 97。 この ES は CSCsa80702 を解決します。 また、Cisco Unity 4.0(5) にアップグレードできます。

    パートナー Exchange サーバが Exchange サーバ 2003 年を動作しない場合、前に Install ウィンドウ サーバ 2003 SP 1. Cisco Unity サーバで ES 97 をインストールする必要はありません。

  • オプション: Cisco Unity Permissions ウィザード バージョン 2.1.0.32 または それ 以降を実行して下さい。 Permissions ウィザードのこのバージョンは Cisco Unity 4.1 および それ以降と提供された。 Cisco Unity 4.0(4) または 4.0(5) を実行する場合、http://www.ciscounitytools.com/Applications/Unity/PermissionsWizard/Unity403_411/PW403411.html から最新の Permissions ウィザードをダウンロードして下さい。

注意 注意: Permissions ウィザード 2.1.0.32 またはそれ以降を実行しない場合、メディア マスター制御棒は Cisco Unity サーバでだけ動作します(メディア マスター制御棒は Cisco Unity 管理者に、ViewMail for Outlook、Cisco Unity インボックス、およびいくつかの Cisco Unity アシスタント ページで書かれ、記録物を作り、するのに使用されています。 他のコンピュータからのメディア マスター制御棒を使用しない場合、前に Install ウィンドウ サーバ 2003 SP 1. Permissions ウィザード 2.1.0.32 またはそれ以降を実行する必要はありません。

Cisco Unity 4.0(5):

  • オプション: Cisco Unity Permissions ウィザード バージョン 2.1.0.32 または それ 以降を実行して下さい。 Permissions ウィザードのこのバージョンは Cisco Unity 4.1 および それ以降と提供された。 Cisco Unity 4.0(4) または 4.0(5) を実行する場合、http://www.ciscounitytools.com/Applications/Unity/PermissionsWizard/Unity403_411/PW403411.html から最新の Permissions ウィザードをダウンロードして下さい。

注意 注意: Permissions ウィザード 2.1.0.32 またはそれ以降を実行しない場合、メディア マスター制御棒は Cisco Unity サーバでだけ動作します(メディア マスター制御棒は Cisco Unity 管理者に、ViewMail for Outlook、Cisco Unity インボックス、およびいくつかの Cisco Unity アシスタント ページで書かれ、記録物を作り、するのに使用されています。 他のコンピュータからのメディア マスター制御棒を使用しない場合、前に Install ウィンドウ サーバ 2003 SP 1. Permissions ウィザード 2.1.0.32 またはそれ以降を実行する必要はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 65704