音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager DC Directory および Active Directory - ユーザが表示されない

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ユーザを社内ディレクトリで表示させない場合に、ユーザを非表示にする方法を説明します。 これらのユーザは、CTI ユーザ、アテンダント コンソール、Cisco Emergency Responder、Cisco Conference Connection などです。 CCMSysUser、CCMAdministrator および PMASysUser ユーザは、すでにデフォルトで非表示になっています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager Administration。

  • ディレクトリ管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco CallManager 4.x 以降に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

DC Directory にユーザを隠して下さい

スクリプトを実行した後、ユーザは社内 ディレクトリおよび CCMadmin ユーザページに隠れます。 ユーザ背部を追加するためにこの資料の表示ユーザ セクションを参照して下さい。

DC Directory にユーザを隠すためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. パブリッシャ サーバの Notepad を開いて下さい。

  2. この 4 つの行をカット アンド ペーストし、テキストファイルとして C でファイルを保存して下さい: hideuser.ldif として駆動して下さい

    領域はこの出力が示すと同時に現われる必要があります。 LDIF ファイルに余分なスペースがないことを確認して下さい。 さもなければ、スクリプトはそれを実行すると失敗します。

    dn: cn=[userid], ou=users, o=cisco.com
    changeType:modify
    replace:Description
    Description:CiscoPrivateUser
  3. 隠したいと思うユーザであるために[USERID]設定 して下さい。 次に、例を示します。

    dn: cn=ctiuser, ou=users, o=cisco.com
    changeType:modify
    replace:Description
    Description:CiscoPrivateUser
  4. パブリッシャ サーバのコマンド プロンプトを開き、DC Directory の Description フィールドを設定 するためにこのスクリプトを実行するために Start > Run > cmd の順に選択 して下さい:

    ldapmodify -h <server name> -p 8404 -D "cn=Directory
    Manager,o=cisco.com" -w <DCDAdmin Password> -c -f hideuser.ldif.txt

    この出力は正常な実行を示したものです:

    C:\>ldapmodify -h CallManagerPub -p 8404 -D 
    "cn=Directory Manager, o=cisco.com" -w Cisco -c -f hideuser.ldif.txt
    modifying entry cn=ctiuser, ou=users, o=cisco.com

アクティブ ディレクトリ 2000 年の非表示ユーザ

利用可能 な Description フィールドをアップデートするために Microsoft Active Directory ディレクトリー・サービス インターフェイス(ADSIEdit)をように Windows 2000 サポートツールの部品、か他のどの LDAP ツールも、使用して下さい。 ユーザの Description フィールドにストリング CiscoPrivateUser を入力して下さい。 ツールが利用できない場合、この出力を使用して下さい:

dn: cn=[userid], CN=users, dc=[domain], dc=com
changeType: modify
replace: Description
Description: CiscoPrivateUser

hideuser.ldif としてアクティブディレクトリサーバでこのファイルを保存して下さい。 それから ldifde-I を-アクティブディレクトリサーバの f hideuser.ldif 実行して下さい。

アクティブ ディレクトリ 2003 年にユーザを隠して下さい

この 5 つの行をコピーして下さい(最初の 4 つの行の後で「-」注意して下さい)。 アクティブ ディレクトリ 2003 年では、これが必要となり、アクティブ ディレクトリ 2002 年からテキストファイルに変更しました。 隠す必要があるユーザの USERID と[USERID]取り替えて下さい。 ドメインと[ドメイン]取り替えて下さい。 hideuser.ldif としてアクティブディレクトリサーバでこのファイルを保存して下さい

dn: cn=[userid], CN=users, dc=[domain], dc=com
changeType: modify
replace: Description
Description: CiscoPrivateUser
-

ldifde を- i -アクティブディレクトリサーバの f hideuser.ldif 実行して下さい。

Cisco Unified Call Manager 5.x およびそれ以降と syncronising 場合 DC Directory およびアクティブ ディレクトリにユーザを隠して下さい

LDAP 統合 アーキテクチャが Cisco Unified CallManager 4.x と Cisco Unified CallManager 5.x の間で多くを変更したので、Cisco Unified CallManager 5.x にユーザを隠すためにこれらのステップを完了して下さい。

Cisco Unified Communications Manager 5.x およびそれ以降では、CiscoPrivateUser にユーザを隠すために説明を設定できません。 それはサポートされません。

Cisco Unified 通信マネージャが基づく Linux である場合これらの回避策を使用して下さい:

  1. アプリケーションのユーザーは IP 電話からの社内 ディレクトリに現われません。 このように、社内 ディレクトリで現れたいと思わないユーザ向けにアプリケーションのユーザーとしてそれらを作って下さい。 これの後で、Cisco Unified CallManager 4.x から Linux によって基づく Cisco Unified 通信マネージャにアップグレードする場合アクティブ ディレクトリか DC Directory からそれらを削除できます

  2. アクティブ ディレクトリまたは DC Directory のユーザを削除したいと思わない場合また Cisco Unified 通信マネージャがそれらに対処する必要がないように別の組織ユニットと隠したいと思うユーザを関連付けることができます。 それから、新しい補足アプリケーションのユーザーを作成して下さい。

    詳細についてはアプリケーションのユーザーの設定を参照して下さい。

Cisco Unified 通信マネージャが Windows ベースである場合、これらの回避策を使用して下さい:

  1. Cisco Unified 通信マネージャはアクティブ ディレクトリまたは DC Directory の LastName アトリビュートなしではユーザを同期しません。 従ってアクティブ ディレクトリか DC Directory から隠したいと思うユーザの名字を取除くことができます。

  2. 社内 ディレクトリに現われるために識別名を防ぐためにアクティブ ディレクトリ側のアクセスコントロール アクセス・コントロール・リストを設定できます。

  3. 特殊文字を、のような「追加できます[」、名または名字 アトリビュートに、および再同期 LDAP。 それらのユーザは社内 ディレクトリに現われません。

表示ユーザ

表示は CiscoPrivateUser 以外何かにユーザ、フィールドの説明変更する必要があります。 それを変更するプロシージャはユーザを隠すのに使用するものに類似したです:

  • DC Directory:

    dn: cn=[user], ou=users, o=cisco.com
    changeType:modify
    replace:Description
    Description: PublicUser
  • Active Directory:

    dn: cn=[userid], CN=users, dc=[domain], dc=com
    changeType: modify
    replace: Description
    Description: PublicUser

それから、元のスクリプトを再実行して下さい。


関連情報


Document ID: 65594