サービス品質(QoS) : QoS リンク効率性メカニズム

Cisco 75xx および 76xx ルータでの分散機能の設定と確認

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はこれらの機能を理解し、設定し、確認するのを助けます:

  • 分散マルチリンク ポイント ツー ポイント プロトコル(dMLP)

  • Distributed Link Fragmentation and Interleaving (LFI)

  • 専用回線(dLFIoLL)上の分散 LFI

  • フレーム リレー(dLFIoFR)上の分散 LFI

  • ATM (dLFIoATM)上の分散 LFI

  • 分散 MLP (dMLP)と dLFIoLL の違い

  • 分散マルチリンク フレーム リレー(dMLFR)

  • 分散ダイヤルオンデマンド ルーティング(DDR)

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人は Cisco 7500/7600/6500 のための分散機能のナレッジがあるはずです。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • すべての Cisco 7500 および 7600 のプラットフォーム

    注: この文書に記載されている情報はまた 6500 のプラットフォームに適用します。

  • 関連した Cisco IOS か。 この表がリストしたものですソフトウェア リリース、:

各ブランチおよびプラットフォームのための分散機能 サポート

- - -
機能 ポートアダプタ(PA)サポートされる 1 7500 のプラットフォーム 7600 のプラットフォーム
主要なCisco IOSソフトウェア リリース Cisco IOS リリース(中間) 主要なCisco IOSソフトウェア リリース Cisco IOS ソフトウェア リリース(中間)
dMLP Chan PA PA-4T+ PA-8T 12.0T 12.0S 12.1 12.1T 12.2 12.2T 12.3 12.3T 12.2S 12.1E2 12.0(3)T およびそれ以降 12.0(9)S およびそれ以降 12.2SX 12.1E2
dLFIoLL Chan PA PA-4T+ PA-8T 12.2T 12.3 12.3T 12.0S 12.2(8)T およびそれ以降 12.0(24)S およびそれ以降 12.2SX 12.2(17)SXB およびそれ以降
dLFIoFR Chan PA PA-4T+ PA-8T 12.2T 12.3 12.3T 12.2(4)T3 およびそれ以降 12.2SX 12.2(17)SXB およびそれ以降
dLFIoATM PA-A3 PA-A6 12.2T 12.3 12.3T 12.2(4)T3 およびそれ以降 12.2SX 12.2(17)SXB およびそれ以降
dMLFR Chan PA PA-4T+ PA-8T 12.0S 12.3T 12.0(24)S およびそれ以降 12.3(4)T およびそれ以降 12.2SX 12.2(17)SXB およびそれ以降
dMLP の QoS Chan PA PA-4T+ PA-8T 12.0S 12.2T 12.3 12.3T 12.0(24)S およびそれ以降 12.2(8)T およびそれ以降 12.2SX 12.2(17)SXB およびそれ以降
dLFIoLL の dMLP MPLS の MPLS Chan PA PA-4T+ PA-8T 12.2T 12.3 12.2(15)T11 およびそれ以降 12.3(5a) およびそれ以降 12.2SX 12.2(17)SXB およびそれ以降
分散 DDR PA-MC-xT1 PA-MC-xE1 PA-MC-xTE1 PA-MCX-xTE1 12.3T 12.3(7)T およびそれ以降

注: この情報を理解しておいて下さい:

  1. これらの PA サポート分散機能:

    • CT3IP

    • PA-MC-T3

    • PA-MC-2T3+

    • PA-MC-E3

    • PA-MC-2E1

    • PA-MC-2T1

    • PA-MC-4T1

    • PA-MC-8T1

    • PA-MC-8E1

    • PA-MC-8TE1+

    • PA-MC-STM-1

  2. Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1E は 7500 および 7600 のプラットフォームのこれらの機能をサポートします。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

分散機能

これらの機能はこの資料で説明されます:

  • 分散 MLP

  • 分散 LFI

  • 専用回線上の分散 LFI

  • フレーム リレー上の分散 LFI

  • ATM 上の分散 LFI

  • dMLP と dLFIoLL の違い

  • 分散 MLFR

  • 分散ダイヤラ

  • 分散機能をサポートするラインカードおよびプラットフォーム

分散MLPPP

分散マルチリンク ポイント ツー ポイント プロトコル(dMLP)機能はバンドルにマルチプルリンクの結合された帯域幅がある Cisco 7500 または 7600 シリーズ ルータのラインカード(VIP、FlexWan)の完全なかフラクショナル T1/E1 ラインを結合することを可能にします。 これをするのに分散 MLP バンドルを使用します。 ユーザはルータのバンドルの数およびバンドルごとのリンクの数を選択できます。 これはユーザが T3 行を購入する必要なしで単一 T1/E1 行のそれを越えるネットワークリンクの帯域幅を増加することを可能にします。 非dMLP では、パケットすべては Route Processor (RP)によって交換されます; 従って、この実装は MLP を実行する少数の T1/E1 行だけのための CPU使用率が高い状態の RP のパフォーマンスに、影響を与えます。 dMLP によって、ルータで処理することができるバンドルの総数はデータパスがラインカードCPU およびメモリによって処理され、制限されるので、増加します。 dMLP は DS0 (64 キロビット/秒)から始まってフラクショナル T1/E1 を、前に組み込むことを可能にします。

分散 LFI

dLFI 機能サポート リアルタイム転送(音声のような)および低速度フレーム リレーおよび ATM virtual circuits (VCs)とリアルタイム転送に過度の遅延を引き起こさないで専用回線の非リアルタイム トラフィックの転送する(データのような)。

この機能はフレーム リレー、ATM および専用回線上のマルチリンク PPP (MLP)を使用して設定されています。 機能はより小さいフラグメントのシーケンスに遅延に影響されやすいリアルタイム パケットを有効に するために大きいデータパケットを、フラグメント化し、同じを共有する非リアルタイム パケットはリンクします。 フラグメントはリアルタイム パケットとそれから入れ込まれます。 リンクの受信側で、フラグメントは再構成され、パケットは再建されます。

dLFI 機能は頻繁に分散型低遅延キューイングによってリアルタイム転送を送信 する ネットワークで役立ちましたり(音声のような)しかし帯域幅の問題があります。 これは大きいの転送するによるリアルタイム転送をより少ない時間に依存するデータ パケット遅らせます。 これらのネットワークで複数のセグメントに大きいデータパケットを分解するのに dLFI 機能を使用できます。 リアルタイム転送パケットはデータパケットのこれらのセグメントの間でそれから送信することができます。 このシナリオでは、ネットワークを横断するために低優先順位データ パケットを待っている間、リアルタイム転送に長い遅延が生じません。 データパケットはリンクの受信側で再構成されます、従ってデータはそのまま渡されます。

リンクのフラグメントサイズは ppp multilink fragment-delay n コマンドで設定されるマルチリンクバンドルのフラグメント の 遅延に基づいて計算されます:

fragment size = bandwidth ? fragment-delay / 8

このフラグメントサイズは IP ペイロードだけを表します。 カプセル化 バイト(フラグメントサイズ = 重量–カプセル化 バイト)が含まれていません。 ターム「重量」および「フラグメントサイズ」は RP の show ppp multilink コマンドの出力に見られるようにあります。 フラグメント の 遅延が設定されない場合、デフォルト フラグメントサイズは 30 の最大 fragment-delay のために計算されます。

注: 異なる帯域幅のリンクによって、選択されたフラグメントサイズは最少帯域幅によってリンクに基づいています。

専用回線上の分散 LFI

dLFIoLL 機能は専用回線に Distributed Link Fragmentation and Interleaving 機能性を拡張します。 分散 LFI はマルチリンク グループ インターフェイスの ppp multilink interleave コマンドで設定されます。 768 キロビット/秒以下帯域幅のマルチリンクインターフェイスの分散 LFI を使用することは賢明です。 これは帯域幅すばらしいより 768 キロビット/秒の 1500 のバイトパケットのためのシリアライゼーション の 遅延が許容可能な遅延制限の内にあり、フラグメント化する必要はないという理由によります。

フレーム リレー上の分散 LFI

dLFIoFR 機能はフレーム リレー(MLPoFR)機能上のマルチリンク PPP の拡張です。 MLP はフラグメンテーションのために使用されます。 この機能はフラグメンテーションをサポートし、低遅延キューイングによって高優先順位パケットを入れ込むことができる FRF.12 に類似したです。

バーチャル テンプレートの ppp multilink interleave コマンドが関連する仮想アクセスインターフェイスのインターリービングを有効に するために必要となります。 シリアルインターフェイスの分散CEF 切り替えの有効に なることに加えて、このコマンドははたらく分散 LFI のための前提条件です。

注: ATM インターネットワーキングにフレーム リレーを使用していなければ、帯域利用率が FRF.12 とよりよいので dLFIoFR よりもむしろ FRF.12 を使用することが推奨されます、

ATM 上の分散 LFI

dLFIoATM 機能は ATM (MLPoATM)機能上のマルチリンク PPP の拡張です。 MLP はフラグメンテーションのために使用されます。

バーチャル テンプレートの ppp multilink interleave コマンドが関連する仮想アクセスインターフェイスのインターリービングを有効に するために必要となります。 シリアルインターフェイスの分散CEF 切り替えの有効に なることに加えて、このコマンドははたらく分散 LFI のための前提条件です。

dLFIoATM によって、により ATM セルで不必要な埋め込みを引き起こさないように ATM セルで合うためにパケットを作るフラグメントサイズを選択することは非常に重要です。 たとえば、指定フラグメントサイズが 124 バイトなら、これは 124 バイトの IP ペイロードが 124 の + 10 の(MLP ヘッダ) + 8 つの(スナップヘッダー) = 142 バイトとして最終的に行くことを意味します。 最初フラグメントが 124 の + 10 の + 2 つの(最初に PID ヘッダーサイズ フラグメント化して下さい) + 8 の = 144 バイトと出かけることに注意することは重要です。 これはこのパケットが 3 人の ATM セルをペイロードを転送するのに使用し、それ故に、最も効率的に詰まったセルを使用することを意味します。

dMLP と dLFIoLL の違い

dMLP は dLFIoLL が一方、送信 側のフラグメンテーションをサポートしません。

注: バンドルのマルチプルリンクによって受信された音声トラフィックが順序で受信されることを音声トラフィックにマルチリンクバンドルで複数のリンクと使用する入れ込むことおよびフラグメンテーションは保証しません。 音声の正しい順序は上位レイヤで処理されます。

分散 MLFR

分散 MLFR 機能は Line Card Enabled Cisco 7500 および 7600 シリーズ ルータにフレームリレーフォーラム マルチリンク フレーム リレー UNI/NNI 実装 合意書(FRF.16)に基づいて機能性をもたらします。 分散 MLFR 機能はマルチプルシリアル リンクを帯域幅の単一 バンドルに集約される提供するので特定アプリケーションのために帯域幅を増加する費用効果が高い方法を提供します。 MLFR はユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)およびフレームリレーネットワークのネットワーク間 インターフェイス(NNI)でサポートされます。

バンドルはマルチプルシリアル リンクから、バンドル リンクと呼出されて成っています。 バンドル内の各バンドル リンクは物理インターフェイスに対応します。 バンドル リンクはフレーム リレー データリンク層に見えないです、従ってフレーム リレー 機能性はこれらのインターフェイスで設定することができません。 これらのリンクに適用したいと思う規則的なフレーム リレー 機能性は bundle interface で設定する必要があります。 バンドル リンクはピアデバイスに目に見えます。

分散 DDR

分散 DDR 機能はダイヤラーインターフェイスの Distributed Switching を可能にします。 この機能なしで、すべてのダイヤルイン トラフィックは切り替わることのためのホストにパントする必要があります。 それによって、接続が確立された後 VIP 自身の切り替え決定が行われる一方、制御パケットだけ RP まで送信されます。

レガシー両方ダイヤラ 設定およびダイヤラプロファイル設定は PPP カプセル化でだけサポートされます。 ダイヤラーインターフェイスの MLP はまたサポートされます。 QoS はダイヤラーインターフェイスの Distributed Switching でサポートされません。

分散機能前提条件および制限

前提条件

これらはこれらの分散機能すべてのための一般の前提条件です:

  • Distributed Cisco Express Forwarding (DCEF)切り替えはグローバルに 有効に する必要があります。

  • DCEF スイッチングはメンバー シリアルインターフェイスで有効に する必要があります MLP バンドルの一部である。

  • DCEF スイッチングは dLFIoFR および dLFIoATM インターフェイスの物理リンクで有効に する必要があります。

  • インターリーブ設定が LFIoFR および LFIoATM を配るために必要となります。

  • dLFIoFR および dLFIoATM インターフェイスのための仮想テンプレートインターフェイスの要求された帯域幅を設定して下さい。

  • PPP デバッグが RP で有効に なるとき、MLP を観察するかもしれません: Route Switch Processor (RSP)の誤ったインターフェイス メッセージに転送される。 packets — バンドルのメンバーリンクの no cdp enable を設定する必要がある特にメッセージが Cisco Discovery Protocol (CDP)のためならこのメッセージが複雑、不必要であるので—。

  • バンドルのメンバーリンクすべては有効に なる キープアライブがあるはずです。

制約事項

これらはこれらの分散機能すべてのための一般の制限です:

  • T1 および E1 行はバンドルで混合することができません。

  • 最大サポートされた遅延差は 30 ミリ秒です

  • バンドルのすべての行は同じ ポート アダプタ(PA)に常駐する必要があります。

  • ハードウェア圧縮はサポートされません。

  • VIP か FlexWan CEF は IP だけに制限されます; 他のプロトコルはすべて RSP に送られます。

  • フラグメンテーションは dMLP および dMLFR のための送信 側でサポートされません。

  • より古いキューイング機構の多数は dLFI によってサポートされません。 これらのメカニズムは下記のものを含んでいます:

    • バーチャル テンプレート インターフェイスの公平キューイング

    • バーチャル テンプレート インターフェイスのランダム検出

    • カスタム キューイング

    • プライオリティ キューイング

  • 公平キューイング、ランダム 検出(dWRED)、およびプライオリティ キューイングは Modular QoS CLI でトラフィックポリシーで設定することができます。

  • dLFIoFR か dLFIoATM を使用しているとき、MLP バンドル毎に 1 リンクだけサポートされます。 複数のリンクが MLP バンドルで使用されれば dLFIoFR か dLFIoATM を使用するとき、dLFI は自動的にディセーブルにされます。 専用回線上の dLFI を使用するとき、複数のリンクは MLP バンドルの dLFI で設定することができます。

  • dLFIoATM によって、aal5snap および aal5mux だけサポートされます。 カプセル化 aal5nlpid および aal5ciscopp はサポートされません。

  • Voice over IP だけサポートされます; VoFR (Voice over Frame Relay)および Voice over ATM は dLFI 機能によってサポートされません。

  • 圧縮リアルタイム プロトコル(CRTP) 設定はマルチリンクインターフェイスでこの機能の組合せを利用するとき設定するべきではありません:

    • 有効に なる LFI のマルチリンクインターフェイス

    • マルチリンクバンドルに複数メンバーリンクがあります

    • プライオリティ特性との QoS ポリシーはマルチリンクインターフェイスで有効に なります

dMLP および dLFI 設定によって、優先順位パケットは MLP ヘッダおよびシーケンス番号を運ばないし、MLP はすべてのメンバーリンクを渡る優先順位パケットを配ります。 その結果、CRTP によって圧縮されるパケットは受信ルータで故障中着くかもしれません。 これはパケットヘッダーの復元から CRTP を禁止し、パケットを廃棄するために CRTP を強制します。

推奨事項

バンドルのメンバーリンクに同じ帯域幅があることを推奨します。 バンドルに等しくない帯域幅リンクを追加する場合、パケットの追加注文する全面的なバンドル スループットが減少します区分するために導きます。

VIP2-50 は(8 MB SRAM と)または強くこれらの分散機能と使用されるために推奨されます。

バンドルの数およびリンクおよびメモリ要件

Cisco 7500 シリーズ ルータのための分散マルチリンク ポイントツーポイント プロトコルを参照して下さい。

7600 の SIP ラインカードのハードウェア および ソフトウェア MLPPP か MLFR

MLP および MLFR はソフトウェアまたはハードウェア ベースのどれである場合もあります。 ハードウェアによって基づく MLP か MLFR では、Freedm はマルチリンク 機能性を提供し、MLP ヘッダは Freedm chip によって付加されます。 ソフトウェアによって基づく MLP か MLFR では、SIP ラインカードCPU は(VIP および FlexWan 実装に類似したである)マルチリンク 機能性提供します。

これらはハードウェアによって基づく MLP か MLFR を実行する制限および条件です。

  • 最大だけラインカード毎に 336 のバンドルおよびセキュリティ態勢 アセスメント(SPA)毎に 168 のバンドル(Freedm)ある場合もあります。

  • 最大だけバンドル毎に 12 DS1/E1 ある場合もあります。

  • すべてのリンクは同じ SPA (Freedm)に属する必要があります。

  • バンドルのすべてのリンクは同じ速度で動作する必要があります。

  • TX フラグメントサイズは 128、256、または 512 のどちらである場合もあります。 CLI によって設定されるフラグメントサイズは最も近いサポートされたフラグメントサイズにマッピング されます。

    IF (0 < cli_fragment_size – 6 < 256)
    configured_fragment_size = 128
    Else IF (cli_fragment_size < 512)
    	configured_fragment_size = 256
    Else
    	configured_fragment_size = 512
  • RX フラグメントサイズは 1 へ 9.6 KB である場合もあります。

  • Cisco 独自の形式はサポートすることができません(MLFR)。

ハードウェア LFI では、バンドルにたった 1 リンクあれば、そしてそれが DS1/E1 そしてならフラグメンテーションは Freedm によっておよびインターリービングが行われます。

show ppp multilink の出力はハードウェア 導入が動作しているかどうか示したものです。

Multilink1, bundle name is M1
  Bundle up for 00:14:51
  Bundle is Distributed

  0 lost fragments, 0 reordered, 0 unassigned
  0 discarded, 0 lost received, 1/255 load
   Member links: 1 active, 0 inactive (max not set, min not set)
   Se6/1/0/1:0, since 00:14:51, no frags rcvd
  Distributed fragmentation on. Fragment size 512.  Multilink in Hardware.

マルチリンクがソフトウェアベースなら show ppp multilink 出力に出力のハードウェアのマルチリンクがありません。

パケットのライフ

Rx データパス

  1. ドライバによって受信されるパケット。

  2. カプセル化はチェックされます: 次の通り

    1. 基本的なカプセル化:

      1. dMLP では、入力 インターフェイスに対するエンキャプシュレーションタイプは ET_PPP です。

      2. dMLFR では、入力 インターフェイスに対するエンキャプシュレーションタイプは ET_FRAME_RELAY です。

      3. dLFIoLL では、入力 インターフェイスに対するエンキャプシュレーションタイプは ET_PPP です。

      4. dLFIoFR では、入力 インターフェイスに対するエンキャプシュレーションタイプは ET_FRAME_RELAY です。

      5. dLFIoATM では、入力 インターフェイスに対するエンキャプシュレーションタイプは ET_ATM です。

      6. dDialer では、エンキャプシュレーションタイプは ET_PPP です。

    2. 追加カプセル化処理:

      ET_PPP に関しては、NLPID はスニッフィングされます。

      • dMLP に関しては、NLPID はマルチリンクです。

      • dLFIoLL に関しては、考慮するべき 2 つの事柄があります:

        1. VOIPパケット—これらに MLP ヘッダがないし、IP を示す NLPID があるために。

        2. データパケット— NLPID はマルチリンクです。

      • dDialer に関しては、IP を示すパケットに MLP ヘッダがなかったりし、NLPID があるために。

        注: この場合、dCRTP (分散 Compressed Real-Time Protocol)を設定することができます。 その場合、ヘッダはこれからの プロセスの前に復元されます。

  3. ET_FRAME_RELAY に関しては、パケットが受信されるリンクが dMLFR のためにそして設定されればパケットは dMLFR のために処理されます

  4. dLFIoFR および dLFIoATM に関しては、エンキャプシュレーションタイプは ET_FRAME_RELAY および ET_ATM、それぞれです; しかしそれの内で PPP ヘッダがあります。 パケットは音声パケットまたはデータパケットであるかどうか dLFIoLL と同様に、示す、PPP ヘッダ。 dCRTP が設定される場合、ヘッダはこれからの プロセスの前に復元されます。 音声パケットはすぐに交換されます。

    フラグメント化された データ パケットは切り替えられる前に再構成されなければなりません。

    ET_PPP を使うと、PPP リンク パケットに出くわすかもしれません; そして ET_FRAME_RELAY と、MLFR 制御パケットに出くわすかもしれません。 これらの制御パケットすべては処理のための RP にパントされます。

  5. 前述デコードによっては、パケットはそれの切り替えの種類があるように必要となります確認されます。 リンクタイプはパケットが IP スイッチドまたは MPLS 交換されして いるであるかどうか判別します。 パケットはそれぞれスイッチング機能にそれから与えられます。

  6. 分散機能と共のバンドリングによって、IP ターボ ファースト スイッチング ベクトルは盗まれます。 これはパケットがメンバーリンクで受信されるのでされます; ただし、それはバンドルで受け取られることそのような物扱う必要があります。

    またホストにパントされる制御パケットがあるように確認する必要があります。 主に dMLFR で、MLFR 制御パケットのローカル管理インターフェイス (LMI)パケットがあります。 これらのために、DLCI番号領域のさまざまな部分は使用されます。 dLCI がこの領域で下るためにデコードされる時はいつでもパケットはホストまで LMI パケットであることを認識するので、パントされます。

    VOIPパケットは(低レテンシキューでキューに入る) MLP ヘッダの付加なしでちょうど交換されます。 分散機能はフラグメント化された データ パケットが受信されるときパケットを受信し、再構成できます。 リアセンブリプロセスは以下のセクションで説明されます。

    パケットがタグスイッチ型である必要がある場合 dMLP の Tagスイッチング ルーチンにそれから、通じます。 さもなければ、IP スイッチドであることならそれは IP スイッチング ルーチンに通じます。

    注: すべての非 IP パケットは dMLFR で、ホストするためにパントされます。

  7. IP: IP スイッチング 機能はすべてのパケットによくあります。 それは主に 3 つの事柄をします:

    75xx ルータで、隣接関係は出力 インターフェイスのための tx_acc_ptr を示します。 出力 インターフェイスが仮想アクセスインターフェイスである場合、tx_acc_ptr は NULL です。 この場合、カプセル化を固定し、FIB hwidb から tx_acc_ptr を得て下さい。 このルックアップおよびカプセル化はアップします dLFIoFR および dLFIoATM で必要固定します。 dLFIoLL では、リンクはマルチリンクバンドルの一部として扱われます。

    注: パケットのための TTL はここに調節され、IP フラグメンテーションのためのチェックはなされます。 mci_status はすべてのパケットのための RXTYPE_DODIP に設定 されます。

  8. なされて切り替え決定がパケットはインターフェイスから提供された準備ができています。 インターフェイスはローカル スイッチングをサポートしたかどうか確認するためにチェックされます。 場合、fastsend によって直接送信されます。 さもなければ、試みはルートキャッシュ スイッチにそれ行われます。

    QoS がインターフェイスのために設定されたら、ローカル スイッチング ベクトルは QoS によって盗まれることに注目して下さい。 HQF はインターフェイスから最終的に送信 される前に、パケットをキューにいれ、更にパケットを処理します。 これは dLFI の場合にはそうです。 dLFI に関しては、フラグメンテーションおよびインターリービングは設定 されます。 QoS は(LLQ が設定されれば)フラグメンテーション ルーチンの呼び出しを処理し、プライオリティキューでキューに入る音声パケットが付いているフラグメント化されたパケットを入れ込みます。 これは VOIPパケットがリンクによって巨大なデータパケットを出荷するために必要な遅延で被害を受けないようにします。

Tx データパス

vip_dtq_consumer はパケットを取得し、idb を得るインターフェイス番号を得ます。 idb に対応する fastsend ルーチンは呼出されます:

i) Fastsends

  1. dMFR では、fr_info 構造は fr_info に if_index を一致させる表から取得されます。 制御パケットはちょうど送信されます。 フレーム ヘッダーはこれは LMI パケットまたはデータパケットであるかどうか判別するのを助ける dLCI を与えます。 フレーム ヘッダーの dlci フィールドは dmfr シーケンス番号によって上書きされます。 別々のシーケンス番号は LMI およびデータパケットのために使用されます。

    注: 別々のシーケンス番号は別々の dLCIs のために使用されます。

  2. dMLP では、制御パケットは最高に優先順位 セットと送信されます。 データパケットによって、dCRTP が設定されれば、ヘッダは圧縮されています。 配列ヒントが含まれている VIP MLP ヘッダはメンバーリンクから付加され、送信 されます。

  3. dLFI では、HQF はインターフェイスを通って送信 されるべきパケットを代行受信します。 それが音声パケットである場合、音声パケットはプライオリティキューに(LLQ が設定されれば)入れられ、インターフェイスから MLP カプセル化なしで送信 されます。 データパケットによって、それは QoS コードに音声トラフィックの遅延要件が満たされるように優先順位トラフィックによって入れ込まれる、フラグメントを戻す dLFI フラグメンテーション コードを呼出します。 また音声パケットのためのヘッダだけが圧縮されています dCRTP が設定される場合。 データパケット ヘッダはあると同時に残っています。

  4. dDialer ではパケットが送信される前に出力リンクのアイドルタイマーをリセットするために、パケットは分類されます。 これは複数のリンクが同じダイヤラに結合 されれば出力リンクが選択された後されます。 ヘッダはダイヤラパケットに付加されません。 従って、配列してパケットのサポートされませんダイヤラーインターフェイスで再構成すれば。

注: 複数のリンクの dMLP、dDialer、dMLFR および dLFI では、トラフィックが転送される物理リンクはリンクの輻輳によって決まります。 リンクが混雑する場合、次のリンクに等進んで下さい。 (QoS のない dMLFR、dMLP、および dDialer 機能はまたリンクに置かれるバイト数に基づいてリンクを選択します。 それは現在のリンクが既にバイトのクォータを送信していたら、ラウンド ロビン方式の次のリンクを選択します。 このクォータはリンクのための frag_bytes によって決定されます。 ダイヤラ メンバー インターフェイスに関しては、frag_bytes はインターフェイス 帯域幅のデフォルト値に設定 されます。)

注: 出力 VIP のインターフェイスの HQF コンフィギュレーションでは、HQF は dtq_consumer ベクトルを盗みます。 出力 VIP へのパケット DMA'd は HQF チェックを最初に通過します。 QoS が出力 インターフェイスで設定される場合パケットをパケットがインターフェイスから fastsent である前に処理するために、HQF は作動します。

再アセンブリ

明白な dDialer インターフェイスは再組立ておよび配列をサポートしません。 これをダイヤラーインターフェイスで有効に するために、ダイヤラーインターフェイス上の MLP は設定されなければなりません。 これがされる場合、Rx および Tx パスは dMLP パスと同一です。 パケットが受信されるとき、シーケンス番号は予想されるシーケンス番号に対してチェックされます。

  • シーケンス番号が一致する:

    1. パケットがフラグメント化されていないパケットなら再組立てが必要となりません。 それ以上の切り替えステップを続行して下さい。

    2. パケットがフラグメントである場合、フラグメントが受信される場合開始をチェックし、ビットを終了し、パケットを組み立てて下さい。

  • シーケンス番号が一致する:

    1. シーケンス番号がシーケンス番号の予想されたウィンドウの内にあったり「未指定ソートされるに置いたらそれをフラグメント化すればリストを」。 予想されるシーケンス番号が受け取られないとき以降は、このリスト パケットがここに格納されたら、チェックされます。

    2. シーケンス番号がウィンドウの内にない場合、それを廃棄し、報告して下さい「受信された失われたフラグメント」。を タイムアウトが発生すればこのパケットを待っている間、レシーバが resynced 以降、および受信される次 の パケットから再度始まります。

それらのケースすべてでは、正しく発注されたパケットストリームはこのインターフェイスから送信されます。 フラグメントが受信される場合、完全なパケットは形成され、次に送信されます。

、設定し、およびデバッグ分散機能確認します

このセクションは分散機能のそれぞれを確認し、デバッグして利用可能である show および debug コマンドをカバーします。

dMFR の設定および確認

MFR 設定 例

interface MFR1
 no ip address

interface MFR1.1 point-to-point
 ip address 181.0.0.2 255.255.0.0
 frame-relay interface-dlci 16

注: MFR インターフェイスは別の FRインターフェイスのよう、それ故に FR 設定のほとんどをサポートします。

interface Serial5/0/0/1:0
 no ip address
 encapsulation frame-relay MFR1
 tx-queue-limit 26

interface Serial5/0/0/2:0
 no ip address
 encapsulation frame-relay MFR1
 tx-queue-limit 26

interface Serial5/0/0/3:0
 no ip address
 encapsulation frame-relay MFR1

RP の MFR バンドル ステータスを確認して下さい

show frame-relay multilink

Bundle: MFR1, State = up, class = A, fragmentation disabled
BID = MFR1
Bundle links:
 Serial5/0/0/3:0, HW state = up, link state = Add_sent, LID = Serial5/0/0/3:0
 Serial5/0/0/2:0, HW state = up, link state = Up, LID = Serial5/0/0/2:0
 Serial5/0/0/1:0, HW state = up, link state = Up, LID = Serial5/0/0/1:0

これは 2 つのインターフェイスが正しく追加される、1 つのインターフェイスはまだ MLFR リップ メッセージをネゴシエートしていませんことを示し。

MFR バンドルおよびメンバーリンクに関する詳細を得るために、このコマンドを発行して下さい:

show frame-relay multilink mfr1 detailed

Bundle: MFR1, State = up, class = A, fragmentation disabled
BID = MFR1
No. of bundle links = 3, Peer's bundle-id = MFR1
Rx buffer size = 36144, Lost frag timeout = 1000
Bundle links:
 Serial5/0/0/3:0, HW state = up, link state = Add_sent, LID = Serial5/0/0/3:0
   Cause code = none, Ack timer = 4, Hello timer = 10,
   Max retry count = 2, Current count = 0,
   Peer LID = , RTT = 0 ms
   Statistics:
   Add_link sent = 35, Add_link rcv'd = 0,
   Add_link ack sent = 0, Add_link ack rcv'd = 0,
   Add_link rej sent = 0, Add_link rej rcv'd = 0,
   Remove_link sent = 0, Remove_link rcv'd = 0,
   Remove_link_ack sent = 0, Remove_link_ack rcv'd = 0,
   Hello sent = 0, Hello rcv'd = 0,
   Hello_ack sent = 0, Hello_ack rcv'd = 0,
   outgoing pak dropped = 0, incoming pak dropped = 0
  Serial5/0/0/2:0, HW state = up, link state = Up, LID = Serial5/0/0/2:0
   Cause code = none, Ack timer = 4, Hello timer = 10,
   Max retry count = 2, Current count = 0,
   Peer LID = Serial6/1/0/2:0, RTT = 32 ms
   Statistics:
   Add_link sent = 0, Add_link rcv'd = 0,
   Add_link ack sent = 0, Add_link ack rcv'd = 0,
   Add_link rej sent = 0, Add_link rej rcv'd = 0,
   Remove_link sent = 0, Remove_link rcv'd = 0,
   Remove_link_ack sent = 0, Remove_link_ack rcv'd = 0,
   Hello sent = 7851, Hello rcv'd = 7856,
   Hello_ack sent = 7856, Hello_ack rcv'd = 7851,
   outgoing pak dropped = 0, incoming pak dropped = 0
  Serial5/0/0/1:0, HW state = up, link state = Up, LID = Serial5/0/0/1:0
   Cause code = none, Ack timer = 4, Hello timer = 10,
   Max retry count = 2, Current count = 0,
   Peer LID = Serial6/1/0/1:0, RTT = 32 ms
   Statistics:
   Add_link sent = 0, Add_link rcv'd = 0,
   Add_link ack sent = 0, Add_link ack rcv'd = 0,
   Add_link rej sent = 0, Add_link rej rcv'd = 0,
   Remove_link sent = 0, Remove_link rcv'd = 0,
   Remove_link_ack sent = 0, Remove_link_ack rcv'd = 0,
   Hello sent = 7851, Hello rcv'd = 7856,
   Hello_ack sent = 7856, Hello_ack rcv'd = 7851,
   outgoing pak dropped = 0, incoming pak dropped = 0

MFR Debug コマンド

これらのデバッグはリンクがバンドルに追加されない問題を解決して役立ちます。

debug frame-relay multilink control

注: 仕様 MFR インターフェイスかシリアルインターフェイスが規定 されないとき、すべての MFR のためのこの有効デバッグはリンクします。 これはルータに多数の MFR リンクがある場合圧倒的である場合もあります。

RP で受信される MFR パケットをデバッグするために、また MFR 制御アクティビティをデバッグするために、このデバッグは役立ちます:

debug frame-relay multilink

注: 大量のトラフィックの下で、これは CPU を圧倒できます。

LC の dMLFR バンドル ステータスを確認して下さい

show frame-relay マルチリンク

注: 現在、これは LC で利用可能ではないですが、それはやがて追加されます。 その時まで、使用 show ppp multilink

Bundle MFR1, 2 members
  bundle 0x62DBDD20, frag_mode 0
  tag vectors 0x604E8004 0x604C3628
  Bundle hwidb vector 0x6019271C
  idb MFR1, vc 0, RSP vc 0
  QoS disabled, fastsend (mlp_fastsend), visible_bandwidth 3072
  board_encap 0x60577554, hw_if_index 0, pak_to_host 0x0
  max_particles 400, mrru 1524, seq_window_size 0x200
  working_pak 0x0, working_pak_cache 0x0
  una_frag_list 0x0, una_frag_end 0x0, null_link 0
  rcved_end_bit 1, is_lost_frag 0, resync_count 0
  timeout 0, timer_start 0, timer_running 0, timer_count 0
  next_xmit_link Serial0/0:1, member 0x3, congestion 0x3
dmlp_orig_pak_to_host 0x603E7030
dmlp_orig_fastsend 0x6035DBC0
bundle_idb->lc_ip_turbo_fs 0x604A7750
  0 lost fragments, 0 reordered, 0 unassigned
  0 discarded, 0 lost received
  0x0 received sequence, 0x58E sent sequence
 DLCI: 16
  769719 lost fragments, 22338227 reordered, 
                                0 unassigned
  27664 discarded, 27664 lost received
  0xF58 received sequence, 0x8DE sent sequence
 timer count 767176
  Member Link: 2 active
   Serial0/0:0, id 0x1, fastsend 0x60191E34, lc_turbo 0x601913AC, PTH 0x603E7030, OOF 0
   Serial0/0:1, id 0x2, fastsend 0x60191E34, lc_turbo 0x601913AC, PTH 0x603E7030, OOF 0

dMLP/dLFIoLL の設定および確認

マルチリンク PPP 設定

interface Multilink1
 ip address 151.0.0.2 255.255.0.0
 no cdp enable
 ppp chap hostname M1
 ppp multilink
!

シリアルインターフェイスの下の設定 例:

interface Serial5/0/0/4:0
 no ip address
 encapsulation ppp
 tx-queue-limit 26
 no cdp enable
 ppp chap hostname M1
 ppp multilink group 1
!
interface Serial5/0/0/5:0
 no ip address
 encapsulation ppp
 tx-queue-limit 26
 no cdp enable
 ppp chap hostname M1
 ppp multilink group 1
!

注: ppp chap hostname M1 コマンドは CHAP認証が有効に なることを実際に意味します。 同じ 2 人のルータ間に複数のマルチリンクバンドルがあることを行く場合その時だけ終りポイント識別子としてこのコマンドのストリング M1 が機能し、必要となります。 このような場合、バンドルに属するすべてのリンクは同じエンドポイントディスクリミネーターを持つはずです同じエンドポイントディスクリミネーターおよび別のバンドルに属する 2 つのリンクがあるはずです。

オプショナルコンフィギュレーション パラメータ

[いいえ] ppp multilink interleave

これはマルチリンクバンドルのインターリービングを有効に します。 これは Modular QoS CLI と共にはたらきます。 高優先順位パケットは MLP シーケンスおよびヘッダの付加なしで他のパケットは MLP シーケンスおよびヘッダとフラグメント化し、送信されるが、送信されます。

注: 入れ込むことが複数のリンクと有効に なるとき、高優先順位トラフィックが追加注文されて得ることは可能性のあるです。 入れ込むことがイネーブルまたはディセーブルのときそれをラインカードでアクティブにされて得るために、バンドルのリセットが必要となります。

ppp multilink mrru local value

これはマルチリンクの Maximum Receive Unit を規定 します; このサイズまでのパケットはマルチリンクインターフェイスによって受け入れられます。 ここのサイズは MLP ヘッダを除きます。

ppp multilink mrru remote value

これはサポートするリモート エンドが必要がある最小の MRRU 規定 します。 リモート エンド MRRU がこの値よりより少しである場合、バンドル ネゴシエーションは失敗します。

ppp multilink fragment delay seconds

これはデータの フラグメントによって引き起こされるミリ秒(ms)の認められた遅延を規定 します。 すなわち、許可される最大フラグメントサイズを計算するのに遅延の値が使用されています。 分散実装はこれらの方法で Cisco IOS 実装と異なります:

  1. フラグメンテーションは入れ込むことが有効に ならなければ 実行された。

  2. 異なる帯域幅のリンクによって、選択されるフラグメントサイズは最少帯域幅 インターフェイスに基づいています。

ppp multilink fragment disable

このコマンドは分散実装の機能性を追加しません。 フラグメンテーションは入れ込むことが有効に なるときだけ行われます; そして、入れ込むことが有効に なるとき、ppp multilink fragment disable コマンドは無視されます。

RP の dMLP バンドル ステータスを確認して下さい

show ppp multilink

Multilink1, bundle name is M1
Endpoint discriminator is M1
Bundle up for 00:09:09, 1/255 load
Receive buffer limit 24000 bytes, frag timeout 1000 ms
Bundle is Distributed
  0/0 fragments/bytes in reassembly list
  0 lost fragments, 0 reordered
  0/0 discarded fragments/bytes, 0 lost received
  0x9 received sequence, 0x0 sent sequence
dLFI statistics:
          DLFI Packets    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
            Fragmented          0          0          0          0
          UnFragmented          9       3150          0          0
           Reassembled          9       3150          0          0
      Reassembly Drops          0
   Fragmentation Drops          0
      Out of Seq Frags          0
Member links: 2 active, 0 inactive (max not set, min not set)
  Se5/0/0/4:0, since 00:09:09, 768 weight, 760 frag size
  Se5/0/0/5:0, since 00:09:09, 768 weight, 760 frag size
  1. バンドルが分散モードにあるとき、これは show ppp multilink の出力で表示する:

    バンドルは配られます

    そうでなかったら、それからバンドルはどういうわけか配られません。

  2. ppp multilink interleave がラインカードで設定され、有効に なるとき、show ppp multilink 出力は dLFI 統計情報が含まれています:

    • フラグメント化される—送受信されたフラグメントの数を示します。

    • フラグメント化されていない—フラグメント化されないで送信されるか、または受信されたパケットの数を示します。

    • 再構成される—再構成されたフルパケットの数を示します。 入れ込むことが有効に ならない時、このように出力な:

      Multilink1, bundle name is M1
        Endpoint discriminator is M1
        Bundle up for 00:00:00, 0/255 load
        Receive buffer limit 24000 bytes, frag timeout 1000 ms
        Bundle is Distributed
          0/0 fragments/bytes in reassembly list
          0 lost fragments, 0 reordered
          0/0 discarded fragments/bytes, 0 lost received
          0x0 received sequence, 0x2 sent sequence
        Member links: 2 active, 0 inactive (max not set, min not set)
          Se5/0/0/5:0, since 00:00:00, 768 weight, 760 frag size
          Se5/0/0/4:0, since 00:00:03, 768 weight, 760 frag size
      

前例のフラグメントサイズは 760 バイトです。

LC の dMLP バンドル ステータスを確認して下さい

show ppp multilink

dmlp_ipc_config_count 24
dmlp_bundle_count 2
dmlp_ipc_fault_count 1
dmlp_il_inst 0x60EE4340, item count 0
0, store 0, hwidb 0x615960E0, bundle 0x622AA060, 0x60579290, 0x6057A29C
1, store 0, hwidb 0x615985C0, bundle 0x622AA060, 0x60579290, 0x6057A29C
2, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
3, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
4, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
5, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
6, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
7, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
8, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
9, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,

Bundle Multilink1, 2 members
  bundle 0x622AA060, frag_mode 0
  tag vectors 0x604E8004 0x604C3628
  Bundle hwidb vector 0x6057B198
  idb Multilink1, vc 4, RSP vc 4
  QoS disabled, fastsend (qos_fastsend), visible_bandwidth 3072
  board_encap 0x60577554, hw_if_index 0, pak_to_host 0x0
  max_particles 400, mrru 1524, seq_window_size 0x8000
  working_pak 0x0, working_pak_cache 0x0
  una_frag_list 0x0, una_frag_end 0x0, null_link 0
  rcved_end_bit 1, is_lost_frag 1, resync_count 0
  timeout 0, timer_start 0, timer_running 0, timer_count 1
  next_xmit_link Serial0/0:3, member 0x3, congestion 0x3
dmlp_orig_pak_to_host 0x603E7030
dmlp_orig_fastsend 0x6035DBC0
bundle_idb->lc_ip_turbo_fs 0x604A7750
  0 lost fragments, 0 reordered, 0 unassigned
  0 discarded, 0 lost received
  0xC3 received sequence, 0x0 sent sequence
  Member Link: 2 active
   Serial0/0:4, id 0x1, fastsend 0x60579290, lc_turbo 0x6057A29C, PTH 0x60579A18, OOF 0
   Serial0/0:3, id 0x2, fastsend 0x60579290, lc_turbo 0x6057A29C, PTH 0x60579A18, OOF 0

dMFR によって、シーケンス番号は LMI dLCI に使用するバンドルのシーケンス番号によって DLCIごとで、維持されます。

フィールド 説明
dmlp_ipc_config_count マルチリンクまたは MLFR 設定のための LC によって受け取った IPC メッセージの番号
dmlp_bundle_count MLP および MLFR の数は LC で組み込みます
dmlp_ipc_fault_count LC で失敗に終わった設定メッセージの数。 0 はあるはずです; それがゼロ以外なら問題があるかもしれません。
タグ ベクター tag_optimum_fs に idb および Tagスイッチングで使用される ip2tag_optimum_fs ベクターに idb を示します。
board_encap 7500 プラットフォームにチャネライズド リンクがある場合 board_encap ベクトルを示します 2 バイトのボード カプセル化を追加するのに使用されている。 リンクが非チャネライズド インターフェイスが含まれている場合、NULL はあるはずです。
max_particles リアセンブリバッファで保持される場合があるパーティクルの最大数
mrru パケットの最大サイズ MLP カプセル化を考慮しないで受け入れられる。 MLFR インターフェイスのための適用されない。
seq_window_size シーケンス番号のための最大ウィンドウサイズ
working_pak 再組立ての下で現在の朴を示します。 NULL、どれも。
working_pak_cache 再組立てのために使用するスタティック朴へのポインタ。 これは最初の非完全なパケットがバンドルによって受信されるとき割り当てられます。
una_frag_list 再組立てキューの最初のエントリ。 エントリが NULL でし、変更しない場合、タイマーがソフトウェア上の問題を実行していないことを示します。
una_frag_end 再組立てキューの最後のエントリ
rcved_end_bit バンドルが端ビットを受け取った、従ってそれハントしています開始ビットをことを示します。
is_lost_frag フラグメントが失われて宣言される場合、本当です。 これは予想されるシーケンスのフラグメントが受信されるときクリアされます。
resync_count レシーバがトランスミッタの同期化からあり、最後の受信された後に続かれた フラグメントことをから開始によって再同期なったこと回数を示します。
タイムアウト 再組立てタイムアウトが発生したパケット処理されています再組立てキューからことを示し。
timer_start 回数再組立てタイマーは開始しました
timer_running 再組立てタイマーが動作しているかどうか示します。
timer_count 再組立てタイマーが切らした回数を示します。
next_xmit_link 次 の パケットが送信されるリンク
メンバ 現在のメンバーを示すビットフィールド。
輻輳時 すべてのブランチで使用されないフィールド。 どのメンバーリンクが混雑しないか示します。
dmlp_orig_pak_to_host ベクトルは RP にパケットをパントするのが常でありました。
dmlp_orig_fastsend MLP または MLFR の前のオリジナル ドライバ fastsend はドライバの fastsend を修正しました。
失われたフラグメント 失われたフラグメントの数は(レシーバこれらのフラグメントを受信しませんでした)。 これは定期的に アップデートがホストに送信されるときクリアされます。
追加注文される 期待された順序から受信されたフラグメントの数。 これは定期的に アップデートがホストに送信されるときクリアされます。
廃棄される 完全なパケットが作ることができなかったので廃棄されるフラグメントの数
失われる受け取られる 失われると考えられたフラグメントの数は受け取りました。 これは連結遅延が 30 ミリ秒の dMLP 再組立てタイムアウトより大きいことを示します

dLFIoFR および dLFIoATM の設定および確認

class-map voip
 match ip precedence 3

policy-map llq
 class voip
  priority

int virtual-template1
 service-policy output llq
 bandwidth 78 
 ppp multilink
 ppp multilink interleave
 ppp multilink fragment-delay 8


int serial5/0/0/6:0
encapsulation frame-relay
frame-relay interface-dlci 16 ppp virtual-template1

!--- Or


int ATM4/0/0
  no ip address
int ATM4/0/0.1 point-to-point
  pvc 5/100
  protocol ppp virtual-template 1

RP の dLFIoFR/ATM バンドル ステータスを確認して下さい

show ppp multilink

Virtual-Access3, bundle name is dLFI
  Endpoint discriminator is dLFI
  Bundle up for 00:01:11, 1/255 load
  Receive buffer limit 12192 bytes, frag timeout 1524 ms
  Bundle is Distributed
    0/0 fragments/bytes in reassembly list
    0 lost fragments, 0 reordered
    0/0 discarded fragments/bytes, 0 lost received
    0x0 received sequence, 0x0 sent sequence
  dLFI statistics:
            DLFI Packets    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
              Fragmented          0          0          0          0
            UnFragmented          0          0          0          0
             Reassembled          0          0          0          0
        Reassembly Drops          0
     Fragmentation Drops          0
        Out of Seq Frags          0
  Member links: 1 (max not set, min not set)
    Vi2, since 00:01:11, 240 weight, 230 frag size

注: バンドルは ppp multilink interleave がバーチャルテンプレートの下で設定される場合だけ配られるようになります; このコマンドなしで、バンドルは配られません。

LC の dLFIoFR/ATM バンドル ステータスを確認して下さい

dLFI を確認することは LC で全く、発行しますこのコマンドを正しくはたらいています:

show hqf interface

Interface Number 6 (type 22) Serial0/0:5

   blt (0x62D622E8, index 0, hwidb->fast_if_number=35) layer PHYSICAL
   scheduling policy: FIFO
   classification policy: NONE
   drop policy: TAIL
   blt flags: 0x0

   qsize 0 txcount 3 drops 0 qdrops 0 nobuffers 0
   aggregate limit 16 individual limit 4 availbuffers 16
   weight 1 perc 0.00 ready 1 shape_ready 1 wfq_clitype 0
   visible_bw 64 allocated_bw 64 qlimit_tuned 0 vc_encap 2
   quantum 1500 credit 0 backpressure_policy 0 nothingoncalQ 1

     next layer HQFLAYER_FRAMEDLCI_IFC (max entries 1024)

     blt (0x62D620E8, index 0, hwidb->fast_if_number=35) layer FRAMEDLCI_IFC
     scheduling policy: FIFO
     classification policy: NONE
     drop policy: TAIL
     blt flags: 0x0
  
     qsize 0 txcount 1 drops 0 qdrops 0 nobuffers 0
     aggregate limit 16 individual limit 4 availbuffers 16
     weight 1 perc 0.00 ready 1 shape_ready 1 wfq_clitype 0
     visible_bw 64 allocated_bw 64 qlimit_tuned 0 vc_encap 2
     quantum 1500 credit 0 backpressure_policy 0 nothingoncalQ 1

     blt (0x62D621E8, index 16, hwidb->fast_if_number=35) layer FRAMEDLCI_IFC
     scheduling policy: WFQ
     classification policy: PRIORITY_BASED
     drop policy: TAIL
     frag policy: root
     blt flags: 0x0
  
     qsize 0 txcount 2 drops 0 qdrops 0 nobuffers 0
     aggregate limit 16 individual limit 4 availbuffers 16
     weight 1 perc 0.00 ready 1 shape_ready 1 wfq_clitype 0
     visible_bw 64 allocated_bw 64 qlimit_tuned 0 vc_encap 2
     quantum 240 credit 0 backpressure_policy 0 nothingoncalQ 1

       next layer HQFLAYER_PRIORITY (max entries 256)

       blt (0x62D61FE8, index 0, hwidb->fast_if_number=35) layer PRIORITY
       scheduling policy: FIFO
       classification policy: NONE
       drop policy: TAIL
       frag policy: leaf
       blt flags: 0x0
    
       qsize 0 txcount 0 drops 0 qdrops 0 nobuffers 0
       aggregate limit 8 individual limit 2 availbuffers 8
       weight 0 perc 0.99 ready 1 shape_ready 1 wfq_clitype 0
       visible_bw 32 allocated_bw 32 qlimit_tuned 0 vc_encap 2
       quantum 240 credit 0 backpressure_policy 0 nothingoncalQ 1

       blt (0x62D61CE8, index 1, hwidb->fast_if_number=35) layer PRIORITY
       scheduling policy: FIFO
       classification policy: NONE
       drop policy: TAIL
       blt flags: 0x0
       Priority Conditioning enabled
       qsize 0 txcount 0 drops 0 qdrops 0 nobuffers 0
       aggregate limit 0 individual limit 0 availbuffers 0
       weight 1 perc 0.00 ready 1 shape_ready 1 wfq_clitype 0
       visible_bw 0 allocated_bw 0 qlimit_tuned 0 vc_encap 2
       quantum 240 credit 0 backpressure_policy 0 nothingoncalQ 1

       PRIORITY: bandwidth 32 (50%)
                 last 0 tokens 1500 token_limit 1500

       blt (0x62D61EE8, index 255, hwidb->fast_if_number=35) layer PRIORITY
       scheduling policy: WFQ
       classification policy: CLASS_BASED
       drop policy: TAIL
       frag policy: MLPPP (1)
         frag size: 240, vc encap: 0, handle: 0x612E1320
       blt flags: 0x0
    
       qsize 0 txcount 2 drops 0 qdrops 0 nobuffers 0
       aggregate limit 8 individual limit 2 availbuffers 8
       weight 1 perc 0.01 ready 1 shape_ready 1 wfq_clitype 0
       visible_bw 32 allocated_bw 32 qlimit_tuned 0 vc_encap 2
       quantum 1 credit 0 backpressure_policy 0 nothingoncalQ 1

           next layer HQFLAYER_CLASS_HIER0 (max entries 256)

           blt (0x62D61DE8, index 0, hwidb->fast_if_number=35) layer CLASS_HIER0
           scheduling policy: FIFO
           classification policy: NONE
           drop policy: TAIL
           frag policy: leaf
           blt flags: 0x0
        
           qsize 0 txcount 2 drops 0 qdrops 0 nobuffers 0
           aggregate limit 8 individual limit 2 availbuffers 8
           weight 1 perc 50.00 ready 1 shape_ready 1 wfq_clitype 0
           visible_bw 32 allocated_bw 32 qlimit_tuned 0 vc_encap 2
           quantum 240 credit 0 backpressure_policy 0 nothingoncalQ 1

優先順位 層および WFQ 層があるはずです。 フラグメンテーションは WFQ リーフ 層 blt で行われます。

dDDR の設定および確認

分散 DDR はダイヤラーインターフェイスで配られるグローバルコンフィギュレーションおよび IPルートキャッシュip cef distributed を有効に するときアクティブになります。


!--- Global configuration that enables distributed CEF switching.

ip cef distributed

--- Enable distributed switching on the dialer interface (on the D-channel interface).

int serial 3/1/0:23
	ip route-cache distributed

!--- Or, enable it on the dialer interface.

int Dialer1
	ip route-cache distributed

分散 DDR のための他の特別なコンフィギュレーションがありません。 更に設定は正常な DDRコンフィギュレーションに続きます。

分散ダイヤルオンデマンド ルーティングを確認して下さい

BOX2002# show isdn status

Global ISDN Switchtype = primary-net5
ISDN Serial3/1/0:23 interface

--- Network side configuration.

        dsl 0, interface ISDN Switchtype = primary-net5
    Layer 1 Status:
        ACTIVE
    Layer 2 Status:
        TEI = 0, Ces = 1, SAPI = 0, State = MULTIPLE_FRAME_ESTABLISHED


The ISDN status should be MULTIPLE_FRAME_ESTABLISHED. 
This means that the physical layer is ready for ISDN connectivity.


    Layer 3 Status:
        0 Active Layer 3 Call(s)
    Active dsl 0 CCBs = 0
    The Free Channel Mask:  0x807FFFFF
    Number of L2 Discards = 0, L2 Session ID = 6

EDGE# show dialer

Serial6/0:0 - dialer type = ISDN
Idle timer (120 secs), Fast idle timer (20 secs)
Wait for carrier (30 secs), Re-enable (15 secs)
Dialer state is data link layer up
Time until disconnect 119 secs
Current call connected never
Connected to 54321

Serial6/0:1 - dialer type = ISDN
Idle timer (120 secs), Fast idle timer (20 secs)
Wait for carrier (30 secs), Re-enable (15 secs)
Dialer state is idle

ダイヤラ型は私達に使用されるダイヤラの種類を告げます。 ISDN はレガシー ダイヤラ 設定を意味し、プロファイルはダイヤラプロファイル設定を意味します。 ダイヤラステートはダイヤラの現状を示します。 接続されていないダイヤラーインターフェイスの状態はアイドル状態です。 アイドルタイマーは関連 トラフィックが見られる時はいつでもリセットされます。 このタイマーが切れる場合、インターフェイスはすぐに切ります。 アイドルタイマーは構成可能パラメータです。 詳細については、Peer to Peer DDR 間のダイアラ プロファイル設定を参照して下さい。

show ppp multilink

!--- From LC for dialer profile.

dmlp_ipc_config_count 2
dmlp_bundle_count 1
dmlp_il_inst 0x60EE4340, item count 0
0, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
1, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
2, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
3, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
4, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
5, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
6, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
7, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
8, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,
9, store 0, hwidb 0x0, bundle 0x0,

Bundle Dialer1, 1 member
  bundle 0x62677220, frag_mode 0
  tag vectors 0x604E8004 0x604C3628
  Bundle hwidb vector 0x0
  idb Dialer1, vc 22, RSP vc 22
  QoS disabled, fastsend (mlp_fastsend), visible_bandwidth 56
  board_encap 0x60577554, hw_if_index 0, pak_to_host 0x0
  max_particles 200, mrru 1524, seq_window_size 0x8000
  working_pak 0x0, working_pak_cache 0x0
  una_frag_list 0x0, una_frag_end 0x0, null_link 0
  rcved_end_bit 1, is_lost_frag 0, resync_count 0
  timeout 0, timer_start 0, timer_running 0, timer_count 0
  next_xmit_link Serial1/0:22, member 0x1, congestion 0x1
dmlp_orig_pak_to_host 0x603E7030
dmlp_orig_fastsend 0x60381298
bundle_idb->lc_ip_turbo_fs 0x604A7750
  0 lost fragments, 0 reordered, 0 unassigned
  0 discarded, 0 lost received
  0x0 received sequence, 0x0 sent sequence
  Member Link: 1 active
   Serial1/0:22, id 0x1, fastsend 0x60579290, lc_turbo 0x6057A29C, PTH 0x60579A18, OOF 0

示されている変数は dMLP のためにそれらと同じです。

デバッグ dMLP および dDDR

RP で利用可能 なデバッグ

dDDR

debug dialer [events | packets | forwarding | map]

コールセットアップのような制御パス 機能を等デバッグするためにこのコマンドを発行して下さい。 詳細については、debug dialer events を参照して下さい。

debug ip cef dialer

CEF関連 ダイヤライベントをデバッグするためにこのコマンドを発行して下さい。 詳細については、ダイヤラ CEF を参照して下さい。

LC で利用可能 なデバッグ

dMLP

制御パス デバッグ: デバッグ マルチリンクイベント

データパス デバッグ: デバッグ マルチリンク フラグメント

データパスおよび制御パス エラー デバッグ: デバッグ マルチリンク エラー

SIP ラインカードのデバッグ dMLP

CI に基づくパケットをダンプします: データパケットおよび制御パケットは制御 CI およびシーケンス CI に基づいてラインカードでダンプすることができます。

hw-module subslot_num ダンプする CI CI-NUM [rx をテストして下さい|tx] num_packets_to_dump

CI はこのように得ることができます:


!--- Issue show controller serial interface
 for CTE1.

SIP-200-6# show controller serial 6/0/0:0

SPA 6/0 base address 0xB8000000 efc 1

Interface Serial6/0/0:0 is administratively down
Type 0xD Map 0x7FFFFFFF, Subrate 0xFF, mapped 0x1, maxmtu 0x5DC
Mtu 1500, max_buffer_size 1524, max_pak_size 1608 enc 84
ROM rev: 0, FW OS rev: 0x00000000 Firmware rev: 0x00000000
  idb=0x42663A30, pa=0x427BF6E0, vip_fci_type=0, port_per_spa=0
  SPA port type is set
  Host SPI4 in sync 
  SPA=0x427BF6E0 status=00010407, host=00000101, fpga=0x427EDF98
  cmd_head=113, cmd_tail=113, ev_head=184, ev_tail=184
  ev_dropped=0, cmd_dropped=0

!--- Start Link Record Information.

 tag 0, id 0, anyphy 0, anyphy_flags 3, state 0
 crc 0, idle 0, subrate 0, invert 0, priority 0
 encap hdlc
 corrupt_ci 65535, transparent_ci 1

!--- End Link Record Information.

Interface Serial6/0/0:0 is administratively down
Channel Stats:
  in_throttle=0, throttled=0, unthrottled=0, started=1
  rx_packets=0, rx_bytes=0, rx_frame_aborts=0,  rx_crc_errors=0
  rx_giants=0, rx_non_aligned_frames=0, rx_runts=0,  rx_overruns=0
  tx_packets=0, tx_bytes=0, tx_frame_aborts=0
  is_congested=0, mapped=1, is_isdn_d=0, tx_limited=1
  fast_if_number=15, fastsend=0x403339E4
  map=0x7FFFFFFF, turbo_vector_name=Copperhead to Draco switching
  lc_ip_turbo_fs=403A9EEC, lc_ip_mdfs=403A9EEC

CT3 に関しては、数字 show interface serial CT3_interface_name の出力から得ることができる VC を得て下さい。

この場合 CI 情報は SPA コンソールから得ることができます。 最初に spa_redirect RP ct3_freedm336 コマンドで RP に SPA コンソール コマンドの出力をリダイレクトして下さい。

spa_ct3_test freedm は linkrec が vc コマンド必要な CI 情報を示すことを示します

dMFR

制御パス デバッグ: デバッグ dmfr イベント

データパス デバッグ: デバッグ dmfr パケット

データパスおよび制御パス エラー デバッグ: デバッグ dmfr エラー

CI に基づくパケットをダンプします: dMLP を参照して下さい。

dLFI

制御パス デバッグ: デバッグ dlfi イベント

データパス デバッグ: デバッグ dlfi フラグメント

データパスおよび制御パス エラー デバッグ: デバッグ dlfi エラー

dDDR

特別なデバッギングコマンドがありません; dMLP デバッグを使用する必要があります。

dLFIoLL の場合には、dMLP および dLFI 両方デバッグは使用されなければならないかもしれません。 これらのデバッグは条件付きでし、すべてのバンドルのために、それ故に、引き起こします。

よく寄せられる質問(FAQ)

  1. dMLP とは何か。

    dMLP は分散マルチリンク PPP のために短いです(RFC1990 で既述のとおりにleavingcisco.com )。 この機能はおよび 7600 シリーズのような分散 プラットフォームによって、Cisco 7500 シリーズ サポートされます。 dMLP は—バンドルに…複数の T1/E1 ラインの結合された帯域幅がある T1/E1 ラインを— Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP か 7600 シリーズ ルータの FlexWan で結合することを可能にします。 これは顧客が T3/E3 行を購入する必要なしで T1/E1 を越える帯域幅を増加することを可能にします。

  2. dMLP で何が「配られます」か。

    」配られる条件は「パケット交換が VIP およびない RSP によってされることを意味します。 これは、なぜですか。 RSP 切り替え機能は幾分限られて、それにするもっとたくさんの重要なジョブがあります。 スイッチングパケットが可能である VIP は RSP からのこのアクティビティをオフロードします。 Rsp ベース Cisco IOS はまだリンクを管理します。 バンドル作成およびティアダウンは RSP によってされます。 さらに、PPP コントロール プレーン処理はまだすべての PPP 制御パケット(LCP、認証および NCP)の処理を含む RSP によって、実行されます。 ただし、一度バンドルは内蔵 CPU によって切り替えのための VIP に、MLP パケットの処理引っくり返されます確立されます。 dMLP エンジンは(VIP で)すべての MLP 手順を、マルチプルリンクの中のフラグメンテーションを含んで、インターリービング、カプセル化、ロード バランシング、および受信フラグメントのソートおよび再組立て処理します。 7500 システムの VIP によって実行される機能は 7600 基づいたシステムの FlexWan/拡張 FlexWan によって実行されます。

  3. バンドルが配られるかどうかどのようにしてわかりますか。

    ルータコンソールで show ppp multilink コマンドを発行して下さい:

    Router# show ppp multilink
    
    Multilink1, bundle name is udho2
      Bundle up for 00:22:46
      Bundle is Distributed
      174466 lost fragments, 95613607 reordered, 129 unassigned
      37803885 discarded, 37803879 lost received, 208/255 load
      0x4D987C received sequence, 0x9A7504 sent sequence
      Member links: 28 active, 0 inactive (max not set, min not set)
        Se11/1/0/27:0, since 00:22:46, no frags rcvd
        Se11/1/0/25:0, since 00:22:46, no frags rcvd
    
    
    !--- Output suppressed.
    
    
  4. RSP16 か SUP720 にアップグレードする場合、dMLP パフォーマンスはよりよいですか。

    いいえ。 dMLP (または分散機能)のスイッチングのパフォーマンスは疑わしい VIP か FlexWan に依存しています。 たとえば、VIP6-80 のパフォーマンスは VIP2-50 のパフォーマンスよりよいです。

  5. どの PA をこの機能と使用できますか。

    • PA-MC-T3

    • PA-MC-2T3+

    • PA-MC-E3

    • PA-MC-2E1

    • PA-MC-2T1

    • PA-MC-4T1

    • PA-MC-8T1

    • PA-MC-8E1

    • PA-MC-STM-1

    • PA-MC-8TE1+

    • PA-4T+

    • PA-8T

    • CT3IP-50 (7500 のみ)

  6. 単一 バンドルで何リンクが設定することができますか。

    この返事へ多くのファセットがあります。 プライマリ ボトルネックはラインカード(VIP/FlexWAN/Enhanced-FlexWAN2)の CPUパワーです。 ハードな制限は(および持つためこと)、CPUパワーか限られたバッファに切り替えるよる多くのトラフィックそれらの多数を設定できない何回バンドル毎に 56 のリンクも、でありではない。 これらの数はこのガイドラインに基づいています(VIP/FlexWAN/Enahnced-FlexWAN2 の CPU およびメモリに基づいて):

    VIP2-50 (4MB SRAM と)最大 T1 = 12

    VIP2-50 (8MB SRAM と)最大 T1 = 16

    VIP4-80 最大 T1 = 40

    VIP6-80 最大 T1 = 40

    FlexWan 最大 T1 は = やがてアップデートされます

    拡張 FlexWan 最大値 E1s = bay (集約 ラインカード毎に 42 E1s)毎に 21 E1s

  7. 3 つの T1 で 3 つのバンドルそれぞれ 9 つの T1 の 1 バンドルを設定する場合パフォーマンスの変更がありますか。

    パフォーマンスに変更は実験室試験で証明されるように、ありません。 ただし、単一 バンドルの多数の T1 と(単一 バンドルの 24 か 28 の T1 を言って下さい)、バッファを使い果たすことに関する問題があります。 その強く推奨された単一 バンドルの 8 つ以上のメンバーリンク(T1/E1)を持たないため。

  8. どのようにバンドルの帯域幅は判別されるか。

    バンドルの帯域幅は設定されるべきではないです。 そのすべてのメンバーリンクの総計帯域幅。 バンドルで 4 つの T1 がある場合、バンドルの帯域幅は 6.144Mbps です。

  9. どれがよいですか。 CEF ロード バランスをとるか、または dMLP か。

    簡単な答えはこれへありません。 必要はよりよいどれが決定します。

    MLP の賛成論:

    • CEF ロード バランシングは IP トラフィックにだけ適当です。 MLP はバンドルに送信 されるすべてのトラフィックのバランスをとります。

    • MLP はパケットの発注を維持します。 IP 自体は追加注文に対して耐久性があります、従ってこれはあなたに重要ではないかもしれません; 実際、配列の維持に関連する追加費用は MLP を避ける原因であるかもしれません。 IP は順番が異なる な データグラムを渡すかもしれない IP を使用して何でも追加注文を取扱えますはずですネットワークのために意図され。 ただし、このファクトにもかかわらず、現実は追加注文がまだ実際の問題を提起できることです。

    • MLP はピア システムに単一 論理接続を提供します。

    • QoS はマルチリンクバンドルでサポートされます。

    • MLP はユーザが現在の必要に基づいてメンバーリンクを追加するか、または取除くことができるように、ダイナミック 帯域幅 機能を提供します。

    • MLP は CEF ロード バランシングが 6 つの平行 IP パスに制限される一方リンクの大きい数を組み込むことができます。

    • フローごとの CEF ロード バランシングは 1 T1 にある特定のフローの最大帯域幅を制限します。 たとえば、音声ゲートウェイを使用している顧客は、同じ送信元および宛先の多くの呼び出しをそれ故に 1 ただパスを使用してもらい。

    MLP の CONS:

    • MLP は各パケットかフレームに余分オーバーヘッドを追加します

    • MLP は CPU 中心です; dMLP は CPU 中心のラインカードです。

  10. どのように 2 人のルータ間の複数のバンドルを設定できますか。

    マルチリンクはどのバンドルにリンクがピアの名前およびエンドポイントディスクリミネーターに基づいて加入するか判別します。 2 つのシステム間の複数の個別のバンドルを作成するために、標準的な方法は彼ら自身を別様に識別するためにいくつかのリンクを強制することです。 推奨される方法は ppp chap hostname name コマンドの使用です。

  11. 異なる PA からのメンバーリンクがある場合がありますか。

    いいえ。 dMLP を実行したいと思う場合サポートされません。 ただしメンバーリンクが異なる PA から追加されれば、そして制御は RSP およびない dMLP にもう与えられます。 MLP はまだ機能していますが、dMLP の利点は行きます。

  12. 両方の湾からのメンバーリンクを混合できますか。

    いいえ。 dMLP を実行したいと思う場合サポートされません。 ただしメンバーリンクが異なる PA から追加されれば、そして制御は RSP に与えられ、それはもう dMLP ではないです。 MLP はまだ機能していますが、dMLP の利点は行きます。

  13. 別の VIP または FlexWANs を渡るメンバーリンクがある場合がありますか。

    いいえ。 dMLP を実行したいと思う場合サポートされません。 ただしメンバーリンクが異なる PA から追加されれば、そして制御は RSP およびない dMLP にもう与えられます。 MLP はまだ機能していますが、dMLP の利点は行きます。

  14. 単一 PA からの異なるポートを渡るメンバーリンクがある場合がありますか。

    (たとえば、PA-MC-2T3+ の各 CT3 ポートからの 1 つのメンバーリンク。)

    はい。 それが同じ PA からある限り、問題がありません。

  15. T3 または E3 ポートを組み込むことができますか。

    いいえ。 7500/VIP、7600/FlexWAN および 7600/FlexWAN2 のための dMLP と DS0、n*DS0、T1 および E1 速度だけ割り当てられます。

    注: 分散MLPPP は T1/E1 かサブレート T1/E1 速度で設定されるメンバーリンクのためにだけサポートされます。 チャネライズド STM-1/T3/T1 インターフェイスはまた T1/E1 かサブレート T1/E1 速度で dMLPPP をサポートします。 分散MLPPP は clear-channel T3/E3 かより高いインターフェイス速度で設定されるメンバーリンクのためにサポートされません。

  16. 「追加注文された」フラグメントとは何か。

    受信されたフラグメントかパケットが予想されるシーケンス番号を一致する場合、追加注文されたカウンターは増分します。 さまざまなパケットサイズに関しては、これは起こるために結合 されます。 固定サイズ パケットの場合、これはまた PA ドライバが 1 リンクで受け取り、ラウンド ロビン方式で行かないパケットを処理するので起こる場合があります(ようにパケットを送信している間) dMLP でされる。 reordered パケットロスを意味しません。

  17. 「失われた」フラグメントとは何か。

    順番が異なる なフラグメントかパケットはリンクすべてで受信されることがフラグメントかパケットが受け取った順番が異なるであるおよび分る時はいつでも、失われたフラグメント カウンターは増分します。 もう一つのケースは順番が異なる なフラグメントがリストで保存され、制限に達するとき(割り当てられるものは何でもバンドルに VIP の SRAM に基づいておよび決定される)、カウンターが増分するリストの次のシーケンス番号は処理のために奪取 されます失われたフラグメントあり。

  18. dMLP はどのように失われたフラグメントを検出するか。

    1. シーケンス番号: 着くためにシーケンス番号 N とのフラグメントを待っているおよびすべてのリンクが N より高いシーケンス番号とのフラグメントを受信すれば場合方法がないのでフラグメント N が失う必要があることを認知しています同じリンクのより高い番号を付けられたフラグメントの後ろで合法的に着く可能性があります。

    2. タイムアウト: 坐る場合余りに長くフラグメントを待っています、失われるように結局それを宣言し、移動します。

    3. リアセンブリバッファ オーバーフロー: 着くためにフラグメント N およびその間待っていれば他のフラグメントを(N)より高いシーケンス番号といくつかのリンクに着いています、フラグメント N が出て来るまでリアセンブリバッファのそれらのフラグメントを駐車しなければなりません。 できるかどの位への制限がバッファリングあります。 あるものは何でもバッファにバッファオーバーフローが失われるように、再度フラグメント N を宣言し、と処理することを再開すれば。

  19. 何が「失われる受け取られてか」。

    失われた受信されたフラグメントまたはパケットのための 2 つの考えられる原因があります:

    1. 受信されたフラグメントかパケットが予想されるシーケンス 範囲 ウィンドウからある場合、パケットはそれのマークによって失われて受け取られてと同時に廃棄されます。

    2. 受信されたフラグメントかパケットが予想されるシーケンス 範囲 ウィンドウの内にあるが、パケットヘッダー再親を割り当てられなければこのパケット場合、パケットは失われるとして受け取られて廃棄され、マークされます。

  20. 暗号化は dMLP でサポートされますか。

    いいえ。

  21. PFC ヘッダー圧縮をサポートしますか。

    分散パスのいいえ、ない。 遠端ルータは圧縮されたヘッダ帯かパケットを受信する場合非分散 モードに戻ってころぶので PFC ヘッダー圧縮を設定するために推奨されません。 dMLP を実行し続けたいと思う場合 PFC ヘッダー圧縮は両端で無効である必要があります。

  22. ソフトウェア圧縮は dMLP でサポートされますか。

    ソフトウェア圧縮が分散パスで機能しないので、いいえ。

  23. フラグメンテーションは送信 側でサポートされますか。

    ないバニラ dMLP と。 バニラ dMLP が付いているフラグメントの受信に関する問題がありませんが、送信 側で、フラグメンテーションは起こりません。 送信 側 フラグメンテーションは ppp multilink interleave が dMLP インターフェイスで設定されるときサポートされます。

  24. MLP バンドルのメンバーリンクを ping できますか。

    いいえ、メンバーリンクの IP アドレスを設定できません。

  25. リンク MTU および MLP フラグメントサイズのあらゆる依存関係がありますか。

    いいえ。 MTU サイズは MLP フラグメントが、他のフレームのような、シリアルリンクの MTU サイズを超過できない明らかな制約事項以外 MLP フラグメントサイズとは、全く関係ありません。

  26. ルータの単一ペア間の 2 つの MLP バンドルを設定することは可能性のあるですか。

    はい、できます。 ただし、これは損なわれたロード バランシングに導く可能性があります。 それは試験台で役立ちます、ちょうど 2 人のルータを使用している 2 人以上のルータを模倣するためにそれは明らかな実世界値を持っていません。

    よくあるピアに行くすべてのリンクは同じバンドルに置く必要があります。 定義上では、バンドルは特定ピアに行っているリンクのセットです。

    「ピア」は LCP および認証フェーズの間に提供するユーザ名およびエンドポイントディスクリミネーター値によって識別されます。 2 人のルータ間の複数のバンドルを作成することを試みる場合それは意味しま各ルータを試みていることを単一 ピアより多く対応側へですをマスカレードさせる。 彼らは彼ら自身を適切に識別する必要があります。

  27. メンバーリンクは異なるキューイング アルゴリズムがある場合がありますか。

    バンドル レベルとないメンバー リンク レベルで適用されるバンドル必要に関するキューイング機構すべて。 ただし、キュー アルゴリズムを設定することはパケットがバンドルからどのように交換されるか影響を与えるべきではありません。

  28. tx quque 制限はなぜ 26 への dMLP が Cisco 7500 で有効に なるときマルチリンクバンドルへのメンバーリンクのためのデフォルトとして設定 されますか。

    帯域幅 T1/E1 のあらゆるシリアルインターフェイスに関しては、tx-queue-limit はおよそ 4 または 5.です。 マルチリンクで T1s/E1s を一緒に組み込んでいるとき、帯域幅はバンドルのために増加します。 切り替えが MLP インターフェイスの帯域幅に基づいて起こるので、メンバーリンクの tx-queue-limit を高める必要があります。 従ってメンバーリンクの 1 つだけは、プライマリ リンクと呼出されて、増加する tx-queue-limit 必要を切り替えるために使用されます。

    また、この値はこの値にテストし、調整の後で選択される経験的な 1 です。 一般に、配備はバンドルで 4 つから 6 つ以下の T1/E1 リンク持っていません。 26 という値は 6 つから 8 つの T1/E1 リンクを完全に考慮に入れることができそれ故にこの値は選択されました。

  29. dMLP 実装の遅延差および値とは何か。

    dMLP は 30 ミリ秒の遅延差をサポートします それはフラグメントが受け取った一度に T であり、順番が異なるなら場合意味します(シーケンス番号 100 つは、私達を期待して 101)受け取りましたが。 シーケンス番号 100 が T+30 ms まで受け取られない場合、100 つは失われて宣言され、101 から処理し始めることができればそれをします。 (それが中間フラグメントなら 101 から開始できなければ)、開始フラグメントがあるフラグメントを探します(たとえば、104)およびそこにからの開始する。

  30. パケットが 7500 のマルチリンクの IP レベルでフラグメント化するとき何が起こりますか。

    パケットが IP レベルでフラグメント化する場合、中間ホップの再組立てなしで転送されますが、デスティネーションルータで再構成されます。

  31. パケットが 7500 の MLP レベルでフラグメント化するとき何が起こりますか。

    パケットが MLP レベルでフラグメント化すれば、そして再構成されたパケットが MRRU より大きければ、パケットはマルチリンクで廃棄されます。 Transmit-side フラグメンテーションは dLFI が付いているだけ dMLP でサポートされます。 パケットは MLP レベルで packet_size が frag_size より大きく、MRRU より小さくときだけフラグメント化します。 パケットが MRRU より多く送信されれば、そして IP レベルでフラグメント化しなければ、もう一方の端はパケットが MRRU より多くであるので MLP レベルでフラグメント化しないすべてのパケット サイズを廃棄します。

  32. MRRU はどのように計算されるか。

    MRRU はこれらのユーザー設定に従って計算されます:

    1. 入る新しいメンバー リンクに関しては MRRU はメンバーリンクで設定される MRRU に従って LCP レベルで再度ネゴシエートされます。

    2. PPPマルチリンク mrru interface コマンドを用いるリンク インターフェイスで設定される値。

    3. 設定されない、親インターフェイスの PPPマルチリンク mrru コマンドの設定から受継がれる値。

    4. 値が両方ともある場合、リンク インターフェイス値に優位があります。

    5. 1524 のデフォルト MRRU。

デバッグ機能拡張

これらの機能拡張は未来以内にとられます。 計画はまだ完了することではないです。

  • LC のイネーブル デバッグ フレーム リレー マルチリンク コマンド。

  • パケットのインターフェイスおよび指定 番号ごとの現在のデバッグ CLI を高めて下さい。

  • dDDR に関しては、QoS 機能性はまだサポートされていません。 これは適切なビジネスケースとだけとることができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 65403