コラボレーション : Cisco ONS 15454 SDH Multiservice Provisioning Platform (MSPP)

ONS 15454 での BITS 配線情報およびループした BITS タイミング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Building Integrated Timing Supply(BITS)配線情報について説明し、Cisco ONS 15454 でのループした BITS タイミング設定の事例を示します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ONS 15454

  • GR コア Telecordia 規格

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15454

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

BITS 配線 情報

各 ANSI シャーシに 2 着信 BITS があります(1 および 2) ポートおよび 2 発信 BITS (1 および 2) ポート。 2 本のピンは表 1.に示すように各クロック信号に割り当てられます

表 1 – BITS 配線 図

外部デバイス 機能 解決しない場合は、 助言かリング
BITS 1 Out A3 リング
Out B3 Tip
クライアントの A4 リング
クライアントの B4 Tip
BITS 2 Out A1 リング
Out B1 Tip
クライアントの A2 リング
クライアントの B2 Tip

標準 T1/E1 コネクタは 4 つのネットワーク(1、2、4 および 5) アクティブが付いている 8 本のピンが含まれています。 デバイスの種類は表 2.に示すように(DCE か DTE) T1 ピンを定義します

表 2 – T1 ピン

ピン番号 名前 DCE (ネットワーク) DTE (顧客)
1 R Tx リング Rx リング
2 T Tx チップ Rx チップ
4 R1 Rx リング Tx リング
5 T1 Rx チップ Tx チップ

キーは表 2 の用語にここにあります:

  • Tx: 終端装置から送信します。

  • Rx: 終端装置に受け取ります。

  • ヒント: 陽性(+)。

  • リング: 負(-)。

DTE (典型的なコンフィギュレーション)に DCE を接続する時、まっすぐな直通ケーブルを使用して下さい。 さもなければクロス オーバー ケーブルを必要とします。 たとえば、TXチップが RX チップと通信し、Tx リングが Rx リングと通信するようにクロス オーバー ケーブルが別の DTE に DTE を接続することを必要とします。 そのようなケーブルでは、1 つのコネクタのピン 1 は他のコネクタのピン 4 で常に終端させ、1 コネクタのピン 2 は他のコネクタのピン 5 で常に終端させます。

Cisco は 100-ohm タイプ #22 か #24 AWG によって保護されるツイストペア ケーブルを推奨します。 カテゴリ 5 保護されたツイストペア ケーブルはこの条件を満たします。 堅くラップのために固体コンダクターを使用して下さい。 また、ケーブル関連の問題を最小に する正しのプロビジョニングする Line Build Out。

RJ-48C および RC-45 は T1 終了のために使用できる 2 つのよくあるコネクタです。 両方とも 8 本のピンがあります。

タイミング T1/E1 接続はシンプレックス データを含みます、タイミング ソースからレシーバに片方向 通信を示す。 従って、各時報のために 2 つのネットワークだけ必要とします。 ポートがダウン状態にならないようにするために、プロバイダはポートのための内部ループバックを提供できます。 BITSクロックをピンの BITS に接続するために、助言におよび助言を鳴るためにリング接続して下さい。 たとえば、BITS1 のために、A4 にピン 1 および B4 にピン 2 を配線して下さい。

ETSI シャーシに関しては、4 つのミニチュア同軸 コネクタは 2 つの入力および 2 出力を提供します。 FMEC の SLOT 24 MIC-C/T/P カードでそれらを見つけることができます。 上 2 つのコネクタは左(の)と右の BITS 1 のためであり、一番下 2 つのコネクタは BITS 2 のためです(の左でと右)。 ケーブルは 1.0/2.3 ミニチュア同軸 コネクタが付いている 75 Ω 同軸ケーブルです。

ループしたビット タイミング

混合されたタイミング モードは参照として外部および行入力を両方使用します。 混合されたタイミングを用いる危険はタイミング ループのための可能性です。 混合されたタイミングへの代替として、光回線 入力としてからセカンダリ BITS に得る BITS 出力を使用できます。 ループしたビット タイミングを配線し、提供する複数の方法があります(例については図 1 参照して下さい)。

図 1 –回線を時間を計る ONS 15454

bits_wiring_timing_01.gif

ループしたビット構成の使用はタイミング ループを防ぎません。 ミックス モード プロビジョニングと同様に同じ注意して下さい。

ピンの秒単位に 2 BITS の 1 を(BITS 1)直接配線して下さい(図を 2)参照して下さい。

図 2 –サンプルによってループするビット構成

bits_wiring_timing_02.gif

ネットワーク ピン A3 はピン B2 にピン A2 およびピン B3 にありますあります。 以前に説明されている通りネットワーク BITS 1。

接続された BITS デバイス(プライマリ 参照)からの BITS に加えて第 2 外部参照として BITS 2 を、提供して下さい。 同様に、ネットワークは NE1 および NE2 を両方提供し。

NE4 は NE1 からプライマリ タイミング、および NE3 からのセカンダリタイミングを得ます。 NE3 は NE2 からプライマリ タイミング、および NE4 からのセカンダリタイミングを得ます。 すべてのノードのイネーブル Source Specific Multicast(SSM)。

BITS をアクティブにするために、BITS 1 におけるタイミング ソースとして 2 つの行を設定して下さい。 NE1 で、スロット 12 のポートはプライマリソースであり、スロット 6 のポートはセカンダリ ソースです。 NE2 で、スロット 6 はプライマリソースであり、スロット 12 はセカンダリ ソースです。

表 3 はすべての 4 つのノードのためのタイミング提供情報を示したものです。

表 3 –タイミング提供情報

デバイス タイミング モード プライマリ セカンダリ 第 3 BITS 1 プライマリ BITS 1 セカンダリ
NE1 外部 BITS 1 in に BITS 2 in に 内部 12 6
NE2 外部 BITS 1 in に BITS 2 in に 内部 6 12
NE3 回線 6 12 内部 - -
NE4 回線 12 6 内部 - -

ここに説明されるようにこのタイミング方式のための少なくとも 3 つの障害シナリオを、分析できます:

  • シナリオ 1: BITS ソース 1 は失敗します

    BITS ソース 1 が失敗するとき、NE1 はスロット 12 とこうして BITS ソース 2.から得られる BITS 2 に切り替えます。 他のどのノードにもタイミング スイッチがありません。

  • シナリオ 2: BITS 両方ソース 1 および BITS ソース 2 失敗

    BITS ソースが 1 人の失敗、NE2 ホールドオーバーモードを開始した後 BITS ソース 2 がまた失敗する時、NE2 がスロット 6 および 12 から DUS を受け取るので。 4 つのノードはすべて NE2 の内部発振器から時間を計られます。

  • シナリオ 3: BITS ソース 1 および NE1 および NE2 失敗間のリンク

    BITS ソース 1 が失敗するおよび NE1 と NE2 間のリンクがその後失敗するとき、NE1 は NE1 がスロット 6. NE4 スイッチから NE3 からのセカンダリ ソースに DUS を受け取る開始し、NE1 が受け取る DUS を取除きますのでホールドオーバーモードを。 従って、NE1 は BITS 2 に in に切り替えられます。


関連情報


Document ID: 65352