コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

カスタマー データ ウェアハウスへの Cisco CRS 3.x データのエクスポート

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Customer Response Solutions(CRS)3.x から Cisco IP Contact Center(IPCC)Express Edition 環境のカスタマー データ ウェアハウスに履歴レポート データを手動でエクスポートする方法について説明します。

データはリモート データベース(RDB)で RDB を設定する場合保存されます。 ただし、RDB を使用しなければ、歴史的レポート データは Cisco CRS サーバで利用できます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco IPCC

  • Microsoft SQL Server

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express 3.x

  • Microsoft SQL Server 2000

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

基本的なシナリオ: Microsoft SQL Server 2000 年のデータベース

このセクションはデータをエクスポートするためにプロシージャを時両方、Cisco CRS データベースおよび顧客データ ウェアハウス使用 Microsoft SQL Server 2000 年説明します。

このプロシージャを試みる前に、顧客データ ウェアハウスが Cisco CRS データが含まれていないようにして下さい。 顧客データ ウェアハウスが Cisco CRS データが含まれている場合、変化 3 のプロシージャを参照して下さい: 顧客データは既に含まれています CRS データセクションが貯蔵します

次の手順を実行します。

  1. CRS サーバで Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 して下さい。

    SQL サーバ Enterprise Manager ウィンドウは現われます:

    図 1 – SQL サーバ Enterprise Manager

    CRS_data1.gif

  2. Microsoft SQL Server > SQL サーバ グループ > 左ペインの CRS サーバ > データベースを拡張して下さい。

  3. db_cra および db_cra_ccdr データベースをエクスポートする必要があります。

  4. db_cra を右クリックし、All Tasks > Export Data の順に選択 して下さい。

    図 2 – db_cra データベースのために All Tasks > Export Data の順に選択 して下さい

    CRS_data2.gif

    データ変形サービス(DTS)インポート/Export ウィザードは現われます:

    図 3 – DTS インポート/Export ウィザード

    CRS_data3.gif

  5. [Next] をクリックします。

    ウィザードのデータ ソース ページが提示される選択:

    図 4 –データ ソースを選択して下さい

    CRS_data4.gif

  6. 選択ではデータ ソース ページは、これらのステップを完了します:

    1. Server フィールドの顧客データ倉庫の IP アドレスかホスト名をタイプして下さい(の矢印 A を 4)参照して下さい。

    2. 使用 SQL サーバ 認証オプションを選択して下さい(の矢印 B を 4)参照して下さい。

    3. ユーザ名 および パスワード フィールドの Cisco CRS データベースのユーザ ID およびパスワードをタイプして下さい(の矢印 C を 4)参照して下さい。

    4. データベース ドロップダウン リストから先データベースを選択して下さい。

  7. 二度『Next』 をクリック して下さい。

    db_cra の表のリストは現われます:

    図 5 – db_cra の表のリスト

    CRS_data5.gif

  8. この 9 つのテーブル名の隣でチェックボックスをチェックして下さい:

    • AgentConnectionDetail

    • AgentStateDetail

    • ContactRoutingDetail

    • ContactServiceQueue

    • リソース

    • ResourceGroup

    • ResourceSkillMapping

    • スキル

    • SkillGroup

  9. 二度『Next』 をクリック して下さい。

  10. Data Transfer Process を開始するために『Finish』 をクリック して下さい。

  11. プロセスが完了するとき、確認 の メッセージが現れます:

    図 6 –確認 の メッセージ

    CRS_data6.gif

  12. [OK] をクリックします。

  13. SQL サーバ Enterprise Manager の db_cra_ccdr を右クリックし、All Tasks > Export Data の順に選択 して下さい。

  14. ステップ 5 〜 db_cra_ccdr データベースをエクスポートする 12 を繰り返して下さい。 これらのポイントに注意して下さい:

変化 1: CRS データベースは MSDE です

このセクションは Cisco CRS データベースが Microsoft SQL Desktop Edition (MSDE)を使用するときデータをエクスポートするためにプロシージャを説明します。 MSDE はデータのインポートおよびエクスポートのための SQL サーバ Enterprise Manager ツールをサポートしません。 この場合、Cisco CallManager サーバの Cisco CRS データベースを登録して下さい。

次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager サーバで Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 して下さい。

    SQL サーバ Enterprise Manager ウィンドウは現われます:

    図 8 – Cisco CallManager サーバの SQL サーバ Enterprise Manager

    CRS_data8.gif

  2. SQL サーバ グループを右クリックし、ショートカット メニューから『New SQL Server Registration』 を選択 して下さい。

    レジスタ SQL Server ウィザードは現われます:

    図 9 –レジスタ SQL Server ウィザード

    CRS_data9.gif

  3. 、ウィザード チェックボックスを使用しないで次の作業を行いたいと思います今後はチェックして下さい。

  4. [Next] をクリックします。

    登録済みの SQL サーバ Properties ダイアログボックスは現われます:

    図 10 –登録済みの SQL サーバ Properties ダイアログボックス

    CRS_data10.gif

  5. 登録済みの SQL サーバ Properties ダイアログボックスでは、これらのステップを完了して下さい:

    1. Server フィールドの Cisco CRS データベースサーバの IP アドレスかホスト名をタイプして下さい(の矢印 A を 10)参照して下さい。

    2. 使用 SQL サーバ 認証オプションを選択して下さい(の矢印 B を 10)参照して下さい。

    3. ログインネームおよび Password フィールドの Cisco CRS データベースのユーザネームおよびパスワードをタイプして下さい(の矢印 C を 10)参照して下さい。

    4. 『OK』 をクリック して下さい(の矢印 D を 10)参照して下さい。

    Cisco CRS サーバは SQL サーバ グループの下でリストに今現われます(図 11 参照して下さい)。

    図 11 – Cisco CRS サーバは SQL サーバ グループの下でリストされています

    CRS_data11.gif

  6. 基本的なシナリオでステップを実行して下さい: Microsoft SQL Server Cisco CRS データをエクスポートする 2000 のデータベース セクション

変化 2: 顧客データはではないです Microsoft SQL 2000 貯蔵します

このセクションは顧客データ ウェアハウスが Microsoft SQL 2000 を使用しないときデータをエクスポートするためにプロシージャの変化を説明します。

次の手順を実行します。

  1. リストされている基本的なシナリオでステップを実行して下さい: Microsoft SQL Server ステップ 5.までの 2000 のデータベース セクション

  2. ステップ 6 では、選択の宛先リストから適切な宛先 サーバ名前をウィザードの宛先 画面選択して下さい(図 12 参照して下さい)。

    図 12 –適切な宛先を選択して下さい

    CRS_data12.gif

  3. プロシージャの他で続けて下さい。 第 2 データベースに適切な宛先 サーバを選択するように同様に、して下さい。

変化 3: 顧客データは既に含まれています CRS データが貯蔵します

時折、既に顧客データ ウェアハウスで存在 する CRS データ。 Cisco CRS サーバからすべてのデータを再度エクスポートするとき、データ 衝突は発生する場合があります。 そのような状況に対処するこれら二つのオプションの 1 つを使用できます:

  1. ある特定の日付以降に生成される新しいデータだけエクスポートして下さい。

  2. またデータ ウェアハウスにデータをエクスポートする前に、データ ウェアハウスからすべての既存の Cisco CRS データを削除できます。

呼詳細 表のためのインクレメンタル エクスポート

このセクションは新しいデータだけエクスポートする方法を記述します。 このプロシージャは下記のものを含めてすべての呼詳細 表に適当です、:

  • AgentConnectionDetail

  • AgentStateDetail

  • ContactCallDetail (db_cra_ccdr)

  • ContactRoutingDetail

次の手順を実行します。

  1. 基本的なシナリオのステップ 1 〜 6 を実行して下さい: Microsoft SQL Server 2000 のデータベース セクション

  2. ステップ 7 では、一度だけ『Next』 をクリック して下さい。

    ウィザードの規定 表コピーか Query 画面は現われます:

    図 13 –表コピーかクエリを規定 して下さい

    CRS_data13.gif

  3. データをオプションを転送するために規定 するように使用をクエリ選択して下さい(矢印 A を図 14 参照して下さい)。

    図 14 –データを転送するために規定 するのにクエリを使用して下さい

    CRS_data14.gif

  4. [Next] をクリックします。

    ウィザードの型 SQL 文 ページは提示されます:

    図 15 – SQL 文を入力して下さい

    CRS_data15.gif

  5. 特定の表からデータの特定の部分をエクスポートするために SQL クエリを入力して下さい(図 15 参照して下さい)。 1 つの表だけからデータを一度にエクスポートできます。

    たとえば、行進第 1 よりデータ 以降を、2004 年は、ContactRoutingDetail 表からエクスポートするために、このクエリを入力します:

    select * from ContactRoutingDetail where startdatetime >= '03/01/2004 12am';

    4 つの呼詳細 表のために 2004 年 3月 1 日よりエクスポート データ 以降を、問い合わせるもう一つの例はここにあります:

    select * from AgentConnectionDetail where startdatetime >= ‘03/01/2004 12am’; 
    select * from AgentStateDetail where eventdatetime >= ‘03/01/2004 12am’; 
    select * from ContactCallDetail where startdatetime >= ‘03/01/2004 12am’; 
    select * from ContactRoutingDetail where startdatetime >= ‘03/01/2004 12am’;
  6. [Next] をクリックします。

    ウィザードの『Source』 を選択 表および意見ページは提示されます:

    図 16 –表および意見を『Source』 を選択 して下さい

    CRS_data16.gif

  7. 宛先 カラムの結果ドロップダウン リストから対応した変換先テーブルを選択して下さい(図 16 参照して下さい)。

    変換先テーブルは SQL クエリで規定 した同じ表を示します。

  8. 二度『Next』 をクリック して下さい。

  9. プロセスを完了するために『Finish』 をクリック して下さい。

  10. 各呼詳細 表のためのステップ 1 〜 9 を繰り返して下さい。

コンフィギュレーションテーブルのためのデータエクスポート

コンフィギュレーションテーブルでは、既存のデータは修正され、新しいデータは頻繁に追加されます。 変更したデータを識別できません。 従って、Cisco はデータ ウェアハウスからすべてのコンフィギュレーションデータを削除する推奨し、Cisco CRS データベースからデータをことを再度エクスポートします。

このセクションのプロシージャは下記のものを含めてコンフィギュレーションテーブルのためのデータエクスポートのプロセスを説明します、:

  • ContactServiceQueue

  • リソース

  • ResourceGroup

  • ResourceSkillMapping

  • スキル

  • SkillGroup

次の手順を実行します。

  1. データ ウェアハウスからこの 6 つの表を削除して下さい:

    • ContactServiceQueue

    • リソース

    • ResourceGroup

    • ResourceSkillMapping

    • スキル

    • SkillGroup

  2. 基本的なシナリオのステップ 1 〜 7 を実行して下さい: Microsoft SQL Server 2000 のデータベース セクション

  3. ステップ 8 では、削除した 6 つのコンフィギュレーションテーブルだけ選択して下さい(図 17 参照して下さい)。

    図 17 – 6 つのコンフィギュレーションテーブルを選択して下さい

    CRS_data17.gif

  4. プロシージャの他を完了して下さい。

この資料は単一のデータ ウェアハウスに複数の Cisco CRS データベースをマージするために手順を提供しないものです。 各 Cisco CRS データベースはデータベースレコードのためのユニークな ID を生成します。 独立 した Cisco CRS データベースをマージするとき、データの競合は発生する場合があります。


関連情報


Document ID: 65193