ワイヤレス : Cisco ONS 15454 SDH Multiservice Provisioning Platform (MSPP)

ONS 15454 での同期パフォーマンスの監視とタイミング アラームのトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、同期パフォーマンスをモニタする方法、および Cisco ONS 15454 のタイミング アラームのトラブルシューティングの方法を説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15454 NEBS/ANSI (SW 2.X 最小タイミング前進、3.X、4.X – 5.X 最新のタイミング前進)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

このセクションは ONS 15454 で見られるようにタイミングで関連したバックグラウンド情報を提供します。

ノード タイミング アーキテクチャ

ONS 15454 は SONET 規格準拠タイミングおよび同期をサポートします。 ONS 15454 が従う規格は下記のものを含んでいます:

  • Telecordia GR-253、SONET転送システム、よくある包括的 な 基準

  • Telecordia GR-436、デジタルネットワーク 同期プラン

TCC タイミングコントロールカードの ONS 15454 プラットフォーム 実装するタイミングおよび同期 機能。 冗長なアーキテクチャは 1 共通制御機構 カードの失敗か削除から保護します。 タイミング信頼性に関しては、TCC カードはこの 3 つのタイミング基準の 1 つで同期できます:

  • プライマリ タイミング 基準

  • セカンダリ タイミング リファレンス

  • 第 3 同期参照

これらのタイミング ソースから 3 つのタイミング基準を選択できます:

  • 2 つのビル内統合タイミング供給源 (BITS)クロックの入力(外部モード)

  • 同期光インターフェイス(ライン モード)すべて

  • 内部の、自由継続層 3 によって高められるクロック

低速のタイミング基準トラッキング ループはすべての参照が失敗するとき共通制御機構 カードが指定タイミング基準をトラッキングし、「ホールドオーバー」タイミングします(またはタイミング基準 メモリを)提供するように。 フェールオーバー シナリオでは、次の最もよいタイミング基準のアベイラビリティ(かクロック 品質)次のタイミング基準の選択を支配します。 層階層は次の最もよいタイミング基準を定義します。 要約すると、ONS 15454 で利用可能 な タイミング モードのリストはここにあります:

  • 外部(BITS)タイミング

  • 行(光の)タイミング

  • すべての参照失敗時内部/ホールドオーバー(自動的に利用可能 な)

  • 内部/自由継続

階層レベル

「ANSI/T1.101-1998 としてリリースされるデジタルネットワークのための同期 インターフェイス 規格」と資格を与えられる米国規格協会(ANSI)規格は階層レベルおよび最小性能基準を定義します。 この表は概略を提供したものです:

Stratum 正確さ、調整範囲 プル範囲 安定性 最初フレームスリップへの時間*
1 1 x 10-11 N/A N/A 72 日
2 1.6 x 10-8 正確さとクロックにの同期 +/-1.6 x 10-8 はできる必要があります 1 x 10-10/day 7 日
3E 4.6 x 10-6 正確さとクロックにの同期 +/-4.6 x 10-6 はできる必要があります 1 x 10-8/day 17 時間
3 4.6 x 10-6 正確さとクロックにの同期 +/-4.6 x 10-6 はできる必要があります 3.7 x 10-7/day 23 分
SONET Minimum Clock 20 x 10-6 正確さとクロックにの同期 +/-20 x 10-6 はできる必要があります まだ規定 されない まだ規定 されない
4E 32 x 10-6 正確さとクロックにの同期 +/-32 x 10-6 はできる必要があります 正確さと同じ まだ規定 されない
4 32 x 10-6 正確さとクロックにの同期 +/-32 x 10-6 はできる必要があります 正確さと同じ N/A

*ドリフトからのスリップ比率を計算するために、193 ビット(フレーム)が集まるまでビット スリップを集める 24 時間のドリフトと等しい周波数オフセットを仮定して下さい。 さまざまなアトミックのためのレートを漂わせれば水晶発振子はよく知られているです。 ただし、ドリフト レートは通常増加のリニア絶えずです。

ジッタ、ふらつきおよびスリップ

ジッタおよびふらつき

ジッタは平常値(すなわち、参照クロック)からのデジタル信号(周波数)の即時偏差です。 ジッタはと伝送プロトコルでビットの詰めを使用するデジタル信号 パススルー ネットワーク要素一般に起ります。 これらの詰まるビットの削除によりジッタを引き起こす場合があります。 単位間隔(UI)の点ではジッタを表現できます。 UI は 1 ビットの公称の期間です。 わずか 1 UI として Express ジッタ。 たとえば、155.52 Mbits/s データのレートで、1 UI は 6.4 ns と同等です。

ふらつきは非常に遅いジッタ(周波数より少しより 10 Hz)です。 ネットワークのための同期 ディストリビューション サブシステムを設計するとき、同期化パフォーマンスのためのターゲットは通常 状態の間にゼロ スリップおよびゼロ ポインタ調整である必要があります。 TIE (タイムインターバル エラー)の点ではふらつきを表現できます。 TIE はテストの下のクロック信号と参照資料間の位相差を表します。

ジッタを最小に し、さまよわせて下さい

回線でタイミンングをとる ネットワークのふらつきを最小に するためにデイジーチェーンおよびラインタイミングを使用するノードの数を減らして下さい。 タイミングをマルチノード SONETリングを通して配るために、単一方向のひな菊の花輪を使用してよりもむしろ東および西方向でビット タイミングを使用するノードからのタイミングを配って下さい。 そうとき、ふらつきを最小に することができます。

意図的に、SONET機器は同期ネットワークで理想的にはたらきます。 ネットワークが同期ではない時、ポインタ処理およびビット スタッフのような使用 メカニズム。 さもなければ、ジッタおよびふらつきは増加しがちです。

タイミング スリップ

DS-1 のコントロール スリップを行うことを可能にするいくつかの DS-1 ソース使用スリップ バッファは信号を送ります。 ONS 15454 は同期入力のコントロール スリップをサポートしません。

ポインタ位置調整数パフォーマンスを監視して下さい

ポインタを周波数およびフェーズ バリエーションを補正するのに使用して下さい。 ポインタ位置調整数は SONET ネットワークのタイミングエラーを示します。 ネットワークが同期からあるとき、ジッタおよびふらつきは転送された場合に発生します。 余分なふらつきにより着信側機器はスリップします場合があります。

スリップにより別の効果稼働中を引き起こします。 たとえば、断続的な聞こえる音声 サービスを『Interrupt』 をクリック します。 同様に、圧縮音声 テクノロジーは短い伝送エラーか切断されたコールに直面します; ファクシミリは走査線を失うか、または切断されたコールを経験します; デジタル ビデオ 伝達は歪められたピクチャか凍結する帯を示します; 暗号化 サービスは暗号化キーを失い、データの再送信を引き起こします。

ポインタは STS および VT ペイロードのフェーズ バリエーションを一直線に並べる方法を提供します。 H1 および H2 バイトの Line OverHead の STS ペイロード ポインタを見つけることができます。 ポインタからの J1 バイトと呼ばれる STS 同期ペイロード エンベロープ(SPE)の最初のバイトへのバイトのオフセットによって違いの時間を記録することを測定できます。 0 から 782 の正常範囲を超過する時間を記録する違いによりデータ損失を引き起こす場合があります。

正のポインタ位置調整数(PPJC)パラメータおよび負のポインタ位置調整数(NPJC)パラメータを理解して下さい。 PPJC はパス検出する(PPJC-PDET-P)またはパス生成された(PPJC-PGEN-P)正のポインタ位置調整の数です。 NPJC は仕様 PM 名前に基づいてパス検出する(NPJC-PDET-P)またはパス生成された(NPJC-PGEN-P)負のポインタ位置調整の数です。 PJCDIFF は検出する ポインタ位置調整数の総数と生成されたポインタ位置調整数の総数の違いの絶対値です。 PJCS-PDET-P は 1つ以上の PPJC-PDET か NPJC-PDET が含まれている二分の一 間隔の数です。 PJCS-PGEN-P は 1つ以上の PPJC-PGEN か NPJC-PGEN が含まれている二分の一 間隔の数です。

一貫したポインタ位置調整数はノード間のクロック 同期問題を示唆します。 数間の違いはノードに送信するオリジナル ポインタ位置調整この数を検出する、送信するノードのタイミング変動がある意味します。 肯定的なポインター調整は SPE のフレーム レートが STS-1 の比率に関連して余りに遅いと行われます。

同期 パフォーマンスを監視して下さい

ポインタ位置調整数(PJCs)は同期転送信号 レベル 1 (STS-1)および仮想トリビュタリ レベル 1.5 (VT1.5)にポインタ アクティビティを記録します。 同期の問題を検出するのに PJCs を使用できます。 PJCs はまたペイロード ジッタおよびふらつき劣化を解決するのを助けます。 ネットワークが同期されないとき、ジッタおよびふらつきは転送された場合に発生します。

ONS 15454 はこれら二つの PJCs を定義します:

  • PJC-Det —着信 ポインター調整の数。

  • PJC ジェネレーション—発信 ポインター調整の数。

2 つの数は内部バッファによる可能性のある ミスマッチが理由で使用されます。 内部バッファは一定量のポインター調整を吸収します。 バッファはネットワークのふらつきを減少させます。

これらの数を解釈するいくつかのガイドラインはここにあります:

  • PJDet がゼロ以外であり、PJ ジェネレーションが PJDet より 0 または下部のなら場合ふらつき 減衰の発生を推論できます。

  • PJDet がゼロ以外であり、PJ ジェネレーションが PJDet とゼロ以外および大体等しければ場合ネットワークの同期の問題 アップストリームの存在を識別できます。 この問題はローカルではないです。

  • PJ ジェネレーションが PJDet よりかなり大きい場合アップストリームこのノード間の同期の問題の発生をとノード直接識別できます。

複数のしきい値は PJCs のために定義されます。 しきい値が超えるとき、Threshold Crossing Alarms (TCA)は生成されます。 この表はこれらの TCA をリストしたものです:

TCA 説明
T-PJ-DET 検出する ポインタ位置調整
T-PJ-DIFF ポインタ位置調整違い
T-PJ-GEN 生成されるポインタ位置調整
T-PJNEG 負のポインタ位置調整
T-PJNEG-GEN 生成される負のポインタ位置調整
T-PJPOS 正のポインタ位置調整
T-PJPOS-GEN 生成される正のポインタ位置調整

タイミングアラームのトラブルシューティングを実行して下さい

このセクションの表は同期に関する問題を監視し、解決することに役立つ同期 関連するイベント、アラームをまたは状態を定義したものです。 アラームは他より重要です。 アラームまたは条件令状より詳しい調査の繰り返された発生。

アラーム 説明 Severity アラーム情報
EQPT FAIL 機器障害 CR、SA このアラームは示されたスロットのための機器障害を示します。 詳細については EQPT FAIL アラーム セクションを参照して下さい。
FRNGSYNC 自由継続同期モード NA、NSA このアラームの参照は内部 層 3 クロックです。 詳細については内部(自由継続) Synchronization セクションを参照して下さい。
FSTSYNC Fast-Start 同期モード NA、NSA TCC は前の壊れる参照を取り替えるために新しいタイミング基準を選択します。 FSTSYNC アラームは通常およそ 30 秒後にクリアされます。 詳細については Fast-Start 同期化(FSTSYNC)アラーム セクションを参照して下さい。
HLDOVRSYNC ""ホールドオーバー 同期 モード MJ、リリース 4.5 NA のための SA、リリース 4.1 のための NSA このアラームはプライマリかセカンダリ タイミング リファレンスの損失を示します。 TCC は以前得られた参照を使用します。 詳細についてはホールドオーバー(HLDOVRSYNC)アラーム セクションを参照して下さい。
LOF (BITS) フレーム同期損失(BITS) MJ、SA このアラームは TCC が BITS からの着信 データのフレームの識別を失うことを示します。
LOS (BITS) 信号消失(BITS) MJ、SA このアラームは BITSクロックへの BITSクロックか接続が壊れると発生します。
MANSWTOINT 内部クロックへの手動 スイッチ NA、NSA この条件は内部 タイミング ソースに手動で NE タイミング ソースを切り替える場合発生します。
MANSWTOPRI プライマリ 参照への手動 スイッチ NA、NSA この条件はプライマリ タイミング ソースに手動で NE タイミング ソースを切り替える場合発生します。
MANSWTOSEC 第 2 参照への手動 スイッチ NA、NSA 条件はセカンダリ タイミング ソースに手動で NE タイミング ソースを切り替える場合発生します。
MANSWTOTHIRD 第 3 参照への手動 スイッチ NA、NSA 条件は第 3 タイミング ソースに手動で NE タイミング ソースを切り替える場合発生します
SWTOPRI プライマリ 参照への同期 スイッチ NA、NSA 条件は TCC がプライマリ タイミング ソースに切り替えると発生します。
SWTOSEC セカンダリ参照への同期 スイッチ NA、NSA 条件は TCC がセカンダリ タイミング ソースに切り替えると発生します。
SWTOTHIRD 第 3 参照への同期 スイッチ NA、NSA 条件は TCC が第 3 タイミング ソースに切り替えると発生します。
SYNC-FREQ 境界からの同期参照周波数 NA、NSA 条件は有効な参照用の境界からあるあらゆる参照に対して表示されます。
SYNCPRI 1次基準タイミングの紛失 MN、NSA このアラームはプライマリ タイミング ソースが失敗する、タイミング スイッチと発生しセカンダリ タイミング ソースに。 セカンダリ タイミング ソースへのスイッチはまた SWTOSEC アラームを引き起こします
SYNCSEC 2次基準タイミングの紛失 MN、NSA このアラームはセカンダリ タイミング ソースが失敗する、タイミング スイッチと発生し第 3 タイミング ソースに。 第 3 タイミング ソースへのスイッチはまた SWTOTHIRD アラームを引き起こします
SYNCTHIRD 3次基準タイミングの紛失 MN、NSA このアラームは第 3 タイミング ソースが失敗すると発生します。 内部基準がソースであると SYNCTHIRD が発生したら、TCC カードが失敗したかどうか確認して下さい。 その後 FRNGSYNC か HLDOVRSYNC は報告されます。

注: CR -重要、MJ –メジャー、MN –マイナー、SA – Service Affecting、NA – Not Alarmed、NSA –ない Service Affecting

次の セクションは表 2 でより詳しく述べられるアラームの 2 つを記述します。

EQPT FAIL アラーム

ソフトウェアリリース 3.2 およびそれ以降はスタンバイTCC を監察するために新しい 機能があります。 この機能はハードウェア上の問題の存在を識別するのを助けます。 アクティブTCC はスタンバイTCC から周波数 データを収集し、40 秒毎に結果を評価します。 1 TCC が同期された場合を報告し、他の TCC が OOS 場合を報告すれば場合、アクティブTCC は TCC ハードウェア障害としてこれを解読します。 そのような状況では、アクティブTCC は EQPT FAIL アラームを発行します。 アクティブTCC が OOS 場合を検出する場合、TCC は自動的にリセットされます。

ホールドオーバー(HLDOVRSYNC)アラーム

ホールドオーバーはクロックが外部参照を失うが発生しましたり、と正常な動作の間に得られるリファレンス情報を使用し続けます。 ホールドオーバーはシステム クロック ロックの後でフェールオーバー状態を絶えず示し、140 秒以上の正確な参照に同期します。 すなわち、クロックはあらかじめ定義された期間のためのオリジナル オペレーティング パラメータを「保持します」。 ホールドオーバー 周波数は特に「ホールドオーバ の 期間」が切れるとき一定時間にわたり漂い始めます。 ホールドオーバーは次の場合には発生します:

  • 外部 BITS タイミング基準は失敗します。

  • 光回線 タイミング基準は失敗します。

ホールドオーバー 周波数はクロックのパフォーマンスのメジャーを間、ホールドオーバーモードで示します。 層 3 のためのホールドオーバー 周波数オフセットは 50 x 10-9 最初に(最初の分)、および次の 24 時間の間追加 40 x 10-9 です。

ホールドオーバーモードはよりよい参照が再度利用できるまでいつまでも続きます。 140 秒以下システムが参照を失う前にシステムがアクティブな参照をのためのトラッキングすれば、システムは自由継続モードに入ります。 通常、層 3 によって高められる Phase Lock Loop 回路との TCC は最初のスリップが発生する 17 時間以上前にクロック リファレンスをのための保持します。 ホールドオーバー 周波数の値が破損している場合、自由継続モードへの ONS 15454/327 スイッチ。

内部(自由継続)同期

ONS 15454 は良質参照をトラッキングする、またはノード分離の場合に内部クロックを、提供しますホールドオーバタイミングかフリー ランニング クロック ソースを備えています TCC で。 内部クロックは層 3E 仕様を一致する 拡張機能の証明された層 3 クロックです:

  • フリーラン精度

  • ホールドオーバー 周波数ドリフト

  • ふらつき許容範囲

  • ふらつき 生成

  • 同期引込みおよび Hold-In

  • 参照ロック/演算時間

  • フェーズ トランジェント(許容範囲および生成)

Fast-Start 同期化(FSTSYNC)アラーム

このアラームは TCC が Fast-Start 同期モードに入る発生し、と新しい参照とロックするように試みます。 この問題は頻繁に前のタイミング基準の失敗が原因で発生します。 FSTSYNC アラームはおよそ 30 秒後に消えます。 システム クロックは新しい参照にロックします。 アラームがないクリアかまたはアラームが絶えず繰り返せば、着信参照の場合破損があるように確認して下さい。

製造工程の間に、TCC は層に 1 つのクロック ソース目盛りが付いています。 口径測定情報は TCC フラッシュするで保存されます。 最初電源投入、TCC 口径測定データベースをロードする時。 TCC はそれから着信参照データの 30 秒を収集し、ローカル TCC データベースとデータを比較します。 違いが 4 PPM を超過する場合、TCC は自動的に「Fast-Start 同期モード」を開始します。 Fast-Start 同期モードでは、すぐに着信 クロックにシステム クロックを同期化する TCC 試み。

TCC が同期を実現させるとき、TCC は後修飾データの 30 秒を収集します。 同期はクロック 変化のエクステントに基づいて数分、かかる場合があります。 TCC は正常な同期を確認するのに後修飾データを使用します。 その後、TCC は正常な動作を続行します。 歪められた入力信号が受け取られるとき、TCC はクロック データの絶え間ない不一致を報告します。 これらのレポートは Fast-Start 同期化モード内の無限サイクルという結果に終ります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 65121