音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CDR/CAR データベース サイズの縮小

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、不良の原因となる Call Details Record /CDR Analysis and Reporting(CDR/CAR)データベースを縮小するために使用できる情報を提供しています。

Cisco バグ ID CSCea55522登録ユーザのみ)および CSCeb47037登録ユーザのみ)) — art_log.ldf ファイルは非常に大きく、CAR レコード削除することを止めるかもしれませんなります。 art_log.ldf および cdr_log.ldf ずっとファイルは両方非常に大きくなるために既知です。 これにより低いディスクスペースを引き起こし、遅い Cisco Unified CallManager パフォーマンスという結果に終りますおよび/またはサービスは影響を受けています。

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • Cisco CallManager 3.x および 4.x 管理

  • SQL データベース 管理

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager 3.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unified CallManager はこの SQL エラー メッセージを返します:

Error No. -2147219942 (0x8004061a): CDBLException Dump:
	 [Unknown SQL driver error. Please send message to Cisco developer for Telephony
	 Database Layer] 

このエラーのための原因はいくつかのデータベースのための SQL トランザクションログファイルが 1 GB に育つことです。 SQL トランザクションログファイルは C:\Program Files\Microsoft SQL サーバ\ MSSQL \データディレクトリにある *.ldf ファイルです。 *.mdf ファイルは、システム構成による 1 GB 特に art.mdf および cdr.mdf、より大きいかもしれません。 これらのソリューションは *.ldf ファイルすばらしいより 1 GB だけを目標とします。

登録されていない Cisco Unified CallManager によって登録するように試みるネットワークに MGCP デバイスがないことを確認して下さい。 これらのデバイスは不明確に登録するように試み続け、ログで多くのメガバイトを記録します場合があります。

解決策

この問題を解決するには、ここに示す解決策を使用します。

解決策 1

最も 一般的 な 問題はバックアップと復元システム(バー)が設定されないで、またはこと設定され失敗します。 バックアップが定期的に設定 されることを確かめて下さい。 バックアップの間に、バーは CDR トランザクションログを切捨てます。 バー バックアップ正常なか壊れるログを見ることを C:\Program Files\Common ファイル\ Cisco \ログ\バーに行って下さい。

バーが切捨て、ログおよび失敗がログに発生したら、ソリューション 2.に行って下さい。

解決策 2

SQL Enterprise Manager によってデータベースを縮めて下さい。

これはパブリッシャでされます。

  1. > MS SQL Server > Enterprise Manager 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. パブリッシャ サーバを選択して下さい。

  3. ファイルが大きい ART データベースか CDR データベースに行くことができます。

  4. データベースを右クリックして下さい。

  5. > データベースの圧縮『All Tasks』 を選択 し、ファイルをクリックして下さい。

  6. New ウィンドウのデータベース ファイル CDR および CDR_log を選択して下さい。

  7. 全部を縮めて下さい。

    このプロセスは時間をかけます。

    ファイルがそれでも大きいかまたは SQL がトランザクション用ファイルを縮められなければソリューション 3.を使用して下さい。

解決策 3

SQL 2000 に関しては(CDR_log.LDF のサイズを減らすために Cisco CallManager 3.3 は 4.0)、これらのステップを完了し。 これは C:\Program Files\Microsoft SQL サーバ\ MSSQL \データにあります。

コマンド プロンプトでこれらのコマンドを使用して下さい:

ART
C:\>osql -E
1>use art
2>go

1>backup log art with no_log
2>go

1>dbcc shrinkdatabase (art)
2>go

CDR
C:\>osql -E
1>use cdr
2>go

1>backup log cdr with no_log
2>go

1>dbcc shrinkdatabase (cdr)
2>go

INF を参照して下さい: Microsoft 憶病なデータベースに関するleavingcisco.com 詳細については SQL サーバ 7.0 トランザクションログを縮める方法

代替ソリューション

このセクションは 3 つの代替ソリューションを提供します:

  1. あらゆる 1 時点で 500,000 以下のレコードを削除するために CAR パージ プロセスを設定できます。 CAR システム構成を参照して下さい。

  2. 管理レポートツール(ART)なしで手動で CDR を削除できます。 Cisco Unified CallManager を参照して下さい: 管理レポートツール(ART)を使わない、コール詳細レコード(CDR)の手動削除』の手順を使用して CDR を手動で削除します。

  3. データベースに入る CDRレコードの数を制限できます:

    ページを Service > Service Parameters の順に選択 しましたり > 選択します一致サーバ > Cisco データベース レイヤ モニタ サービスを > 最大 CDRレコード 『CCMAdmin』 を選択 して下さい。

    時間後に次の作業を行うことを推奨します。 CDRレコードの数のリダクションにより削除プロセスおよび CPU 増加を引き起こします。 50,000 のレコードの増分から開始できます。 その後、データベース 層 モニタ サービスを循環させて下さい。

CDR および CAR FAQ を表示する CDR および ART FAQ の CallManager 問題解決を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 65119