スイッチ : Cisco ONS 15454 SDH Multiservice Provisioning Platform (MSPP)

光関連の問題のトラブルシューティングで頻繁に要求される情報

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 7 月 29 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、お客様がネットワークの問題を効果的にトラブルシューティングするうえで要求することの多い情報を提供します。 お客様が要求する情報は、問題の重大度によって異なります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ONS 15454 マルチサービス プロビジョニング プラットフォーム(MSPP)

15454 の停止 データ収集

停止を解決するために、停止の間に壊れる回線の診断ファイルおよびリストを集めて下さい。 停止オフの後にこのセクションにリストされている他の項目を集めることができます。

どの回線が壊れた特定し、各回線かの送信元および宛先についての詳細な情報を収集して下さい。 Circuits タブを選択し、HTML 形式の回線リストを保存して下さい。 壊れる回線をハイライト表示して下さい。 ファイルを保存します。 推奨される ファイル名は failed_circuits.html です。

壊れる回線の複数のソース、宛先およびルートの詳細な情報を収集して下さい。 次の手順を実行します。

  1. 回線リストから壊れる回線の 1 つを選択して下さい。

  2. [Edit] をクリックします。

  3. Show Detailed Map チェックボックスにチェックマークを付けます。

  4. 画面をキャプチャ するのにプリント SCRN キーを使用して下さい詳しい回線 マップを表示する。

  5. 壊れる回線を特定するために x が数を表す failed_curcuit_x.jpg としてスクリーンキャプチャー ファイルを保存して下さい。

  6. 各々の壊れる回線のためのステップ 1 〜 5 を繰り返して下さい。

図 1 プロシージャを問題を解決するために示します。

図 1 –フローチャート

troubleshoot_info_01.gif

技術support.exe

Cisco TAC は技術support.exe ユーティリティを提供します。

技術support.exe は Cisco ONS 15454/SONET、15454/SDH および 15327 のノードから診断情報を検索することを可能にするコマンド・ライン ユーティリティです。 ノードにプラグインされる診断を取得するか、またはあらゆるカードから情報をデバッグできます。 技術support.exe ユーティリティは手動で Telnet接続をカードに確立し、コマンドを入力する必要を省きます。 技術support.exe はノードと PC 間の、または GNE による IP接続を直接必要とします。 このユーティリティを実行する前にノードにアクティブ な Telnet セッションを閉じて下さい。

ENE/GNE シナリオでは、ノードが 3.XX ソフトウェアを実行すれば、はたらくためにスクリプトのための ENEs のファイアウォールをディセーブルにして下さい。

技術support.exe を実行する形式は次のとおりです:

技術support.exe ----ユーザ「ユーザ名」 ----渡して下さい「パスワード」を ----すべての IP アドレス nodename_diagnostic.cms

使用するユーザネーム、パスワードおよび IP アドレスとユーザ名パスワードおよび IP アドレスを取り替えて下さい。

パラメータの説明はここにあります:

  • ----ユーザ「ユーザ名」

    このパラメータは標準外ユーザネームを用いるスーパーユーザ アクセスを確保しなかったらオプションです。 このオプションは ONS 15454 のためのバージョン 2.3.3、3.2.1 およびそれ以降および ONS 15327 のための 3.30 およびそれ以降にだけ適当です。 デフォルトのユーザ名は他のすべてのバージョンに適用します。 ユーザ名は二重引用する必要があります。

  • ----渡して下さい「パスワード」を

    このパラメータはパスワードのスーパーユーザ アクセスを確保しなかったらオプションです。 このオプションは ONS 15454 のためのバージョン 2.3.3、3.2.1 およびそれ以降、および ONS 15327 のための 3.30 およびそれ以降にだけ適当です。 デフォルトパスワードは他のすべてのバージョンに適用します。 パスワードは二重引用する必要があります。

  • ----スロット <slot_numbers>

    このパラメータはオプションです。 このパラメータは診断情報を検索できるスロット 番号のコンマ区切りリストが含まれています。 デフォルトで、15454 のノードのアクティブおよびスタンバイTCC からだけ診断、および 15327 のノードのアクティブな、スタンバイ XTCs を取得できます。 デフォルトの動作を無効にし、ユーザが指定するスロットから診断を取得するこのオプションを使用できます。

  • ----all

    このパラメータはオプションで、NE で提供されるすべてのスロットから診断情報を検索します。

  • ----ネットワーク

    このパラメータはオプションで、DCC ドメインの各ノードから IP 診断情報を収集します。

  • ----ゲートウェイ GNE ホスト名か IP アドレス

    このパラメータはオプションです。 有効に なる ファイアウォールがある使用し、プロキシサーバを実行します GNE によって ENE 達するこのオプションを。 このパラメータはバージョン 3.30 および それ 以降に適用します。

次に例を示します。

Tech-Support.exe cet-126 mydiagfile
Tech-Support.exe --user "administrator" --pass "admino15%" 10.92.58.128 diag_128
Tech-Support.exe --slots 14,16 rio-21 diagfile
Tech-Support.exe --network cet-126 diagfile
Tech-Support.exe --user “Admin” --pass “abcd” --gateway 10.77.30.234
 --all 10.77.30.235 diag_235

現在のアラーム

  • フィルターが稼働中ではないこと、そしてすべての重大度タブがチェックされるようにして下さい。

  • 数字および REF カラムが現われるようにして下さい。 ラベル バーを右クリックし、示します選択して下さい。

  • ファイル nodename_alarms.html を名付けて下さい。

図 2 –アラーム

troubleshoot_info_02.gif

条件

  • フィルターが稼働中ではないこと、そしてすべての重大度タブがチェックされるようにして下さい。

  • ファイル nodename_conditions.html を名付けて下さい

図 3 –状態

troubleshoot_info_03.gif

履歴

  • フィルターが稼働中ではないこと、そしてすべての重大度タブがチェックされるようにして下さい。

  • 数字および REF カラムが現われるようにして下さい。

  • ファイル nodename_history.html を名付けて下さい。

図 4 –履歴

troubleshoot_info_04.gif

監査ログ

> 監査ログにアクセスする Shelf ビューの監査 『Maintenance』 を選択 して下さい(図を 5)参照して下さい。

  • すべてのカラムが現われるようにして下さい。

  • ファイル nodename_audit.html を名付けて下さい。

図 5 – Audig ログ

troubleshoot_info_05.gif

ネットワーク図

Network ビューからのスクリーンキャプチャーは有用でが、ネットワークを解決するのに必要なすべてが含まれていません。

ネットワークダイアグラムは必要となります:

  • IP アドレス

  • サブネット マスク

  • ネットワーク トポロジ

  • 各スパンのためのカード/ポート

ネットワーク使用が双方向回線交換リングどのカードが西指向であるかどのカードが東指向およびであるか(BLSR)トポロジー、識別すれば。

xxx が使用されるファイルタイプを表すファイル nodename_diagram.xxx を名付けて下さい。

リストを巡回して下さい

Circuits タブをクリックして下さい。 ファイル nodename_circuits.html を名付けて下さい。

図 6 –回線 リスト

troubleshoot_info_06.gif

ノード データベース バックアップ

Maintenance タブを選択し、Shelf ビューのデータベース セクションで『Backup』 をクリック して下さい。

ファイル nodename_backup.dat を名付けて下さい

図 7 –データベース バックアップ

troubleshoot_info_07.gif

コンポーネント リスト

Inventory タブをクリックして下さい。 ファイル nodename_inventory.html を名付けて下さい。

図 8 –コンポーネント

troubleshoot_info_08.gif

CTCソフトウェア バージョン

Shelf ビューの左側上セクションで CTCソフトウェア バージョンを見つけることができます(図を 9)参照して下さい。 ファイル nodename_CTC.html を名付けて下さい。

図 9 –ソフトウェア バージョン

troubleshoot_info_09.gif

Performance タブ(モニタリング)

カード ビューの Performance タブをクリックして下さい。 XX がスロット 番号を表す、yy がポート番号を表すファイル nodename_cardxxyy_performance.html を名付ければ。

図 10 –パフォーマンス

troubleshoot_info_10.gif

ONS 15454 マルチサービス転送する プラットフォーム(MSTP)

問題を解決するために、ONS 15454 マルチサービス プロビジョニング プラットフォーム(MSPP)セクションにリストされているすべての項目およびメトロ立案者ファイルを集めて下さい。

メトロ立案者ファイル

Cisco METRO 立案者ソフトウエアパッケージはネットワークコンフィギュレーションの各々の 15454 MSTP ノードのためのメトロ立案者ファイルを生成します。 メトロ立案者ファイルは通常ネットワークコンフィギュレーション デザイナーから利用できます。

ONS 15454 マルチレイヤ(ML)カード

問題を解決するために、ONS 15454 マルチサービス プロビジョニング プラットフォーム(MSPP)セクションにに加えてリストされているすべての項目を集めて下さい:

  • show tech コマンド出力

  • show log コマンド出力

  • show cdp いななきコマンド 出力

ONS 15530/15540

これらの項目を収集して下さい:

  • show tech コマンド出力

  • show log コマンド出力

  • alarm コマンド出力を示して下さい


関連情報


Document ID: 65100