音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

Cisco Security Agent がインストールされた Windows XP での CTC の起動が失敗

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Security Agent を Cisco ONS 15454 環境にインストールして Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行する場合に、Cisco Transport Controller(CTC)を起動できない場合の 1 つの理由について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco ONS 15454

  • CTC

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15454 バージョン 4.x および それ 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行し、Cisco セキュリティ エージェントがインストールされていれば場合、CTC はこれらのエラーメッセージのどちらかと失敗します:

  • "EID-1005 はエラー ONS 15454 バージョン 5.x を使用する場合」CTC バッチファイルに書いている間発生しました図を 1)参照して下さい。

  • ONS 15454 バージョン 4.x を使用する場合 CTC」を起動させる IOException 執筆バッチファイル図を 2)参照して下さい。

図 1 – ONS 15454 バージョン 5.x を使用すると現われるエラーメッセージ

ctc_fails_xp_csa_01.gif

図 2 – ONS 15454 バージョン 4.x を使用すると現われるエラーメッセージ

ctc_fails_xp_csa_02.gif

この問題を再生するステップはここにあります:

  1. ブラウザ ウィンドウを開きます。

  2. ブラウザのアドレスバーの Cisco ONS 15454 の IP アドレスを入力し、『Enter』 を押して下さい。

    Javaアプレットはロードし、Java プラグイン セキュリティ警告ウィンドウは現われます:

    図 3 – Java プラグイン セキュリティ警告

    ctc_fails_xp_csa_03.gif

  3. 『Grant this session』 をクリック して下さい。

    Cisco セキュリティ エージェントは問題は検出することを示すポップアップウィンドウを表示する、:

    図 4 – Cisco セキュリティ エージェント ポップアップウィンドウ

    ctc_fails_xp_csa_04.gif

  4. 『Yes』 を選択 し、『Apply』 をクリック すれば、CTCセッションは消えます。

    『No (Default)』 を選択 し、『Apply』 をクリック すれば、エラーメッセージが現れます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. システムトレイの Cisco セキュリティ エージェント アイコンを右クリックし、ショートカット メニューから『Open Agent Panel』 を選択 して下さい。

    図 5 – Cisco セキュリティ エージェント アイコン

    ctc_fails_xp_csa_05.gif

    Cisco セキュリティ エージェント パネルは現われます:

    図 6 – Cisco セキュリティ エージェント パネル

    ctc_fails_xp_csa_06.gif

  2. 左ペインのシステム セキュリティの下で『Untrusted Applications』 をクリック して下さい。

    右のペインのリスト ボックスは現在のセキュリティポリシーによって信頼できないアプリケーションをリストします。

  3. 最初のアプリケーションを選択して下さい。

  4. 最後のアプリケーションにスクロールして下さい。

  5. Shiftキーを押し、リストのすべてのアプリケーションを選択するために最後のアプリケーションをクリックして下さい。

  6. リストで右クリックし、ショートカット メニューから信頼できないアプリケーションを削除するために『Delete』 を選択 して下さい。

  7. 左ペインのステータスの下で『User Query Responses』 をクリック して下さい:

    図 7 –ユーザーのクエリ応答

    ctc_fails_xp_csa_07.gif

    ユーザ質問のリストは右のペインで現われます。

  8. 各質問を右クリックし、『Delete』 を選択 して下さい。

  9. キャッシュされた応答をクリアし、ロギングを復元するために CLEAR ボタンをクリックして下さい。

  10. コンピュータを再起動します。

  11. ブラウザ ウィンドウを開きます。

  12. ブラウザのアドレスバーの Cisco ONS 15454 の IP アドレスを入力し、CTC を開始するために『Enter』 を押して下さい。

    Cisco セキュリティ エージェントは問題は検出することを示すポップアップウィンドウを表示する、(図を 4)参照して下さい。

  13. 『Yes』 を選択 して下さい。

  14. [Apply] をクリックします。

    CTC ログイン ウィンドウは今現われます。 問題は固定です。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 64669