コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

CRS サーバとのエンタープライズ データベースの統合

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)環境で、Cisco Customer Response Solutions(CRS)サーバを使用してエンタープライズ データベース(たとえば、Microsoft SQL、Oracle、または IBM DB2)を統合する方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco CRS

  • Cisco CRS エディタ

  • データベース 外観

  • 開いて下さいデータベース接続(ODBC)を

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 3.x 以降

  • Cisco CRS バージョン 3.x への 3.5(3)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

このセクションはサポートされるエンタープライズ データ ベースで情報を提供します。

サポートされたエンタープライズ データ ベース

CRS と統合できるテストされ、サポートされたエンタープライズ データ ベースは下記のものを含んでいます:

  • Microsoft SQL Server バージョン 7

  • Microsoft SQL Server バージョン 2000

  • Oracle バージョン 8i

  • Oracle バージョン 9i

  • Sybase アダプティブ サーバ バージョン 12

  • IBM DB2 バージョン 7.2

統合

Microsoft SQL Server 7 および 2000 年を除いて、他のすべてのサポートされたエンタープライズ データ ベースは CRS サーバのそれぞれデータベースクライアントのインストールを必要とします。

データベースクライアントをインストールして下さい

次の手順を実行します。

  1. CRS サーバでデータベースクライアントをインストールして下さい。 プロシージャは使用するエンタープライズ データ ベースに基づいて異なります。

  2. 必須 ODBC ドライバをインストールして下さい。

データベースクライアントを統合

アプリケーション スクリプトがデータベースからの情報を使用できる前に ODBC データ ソース名前(DSN)を定義して下さい。 DSN は方法についての Microsoft Windows をエンタープライズ データ ベースにアプリケ− ションサーバを接続する知らせます。 DSN を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. スクリプト サーバで、Start > Programs > Administrative Tools > Data Sources (ODBC) の順に選択 して下さい。

    ODBC データ ソース 管理者ウィンドウは表示する。

  2. System DSN タブをクリックします。

  3. [Add] をクリックします。

    作成新しいデータ ソース ウィンドウは表示する。

  4. データ ソースを設定したいと思うドライバを選択して下さい。

    たとえば、Microsoft SQL Server のための DSN を作成するために、『SQL Server』 を選択 して下さい。

  5. [Finish] をクリックします。

    作成はドライバ ウィンドウへの新しいデータ ソース表示する。 たとえば、前のステップで『SQL Server』 を選択 したら、作成は SQL Server ウィンドウへの新しいデータ ソース表示する。

  6. ドライバ ウィンドウに作成のこれらのステップを新しいデータ ソース完了して下さい:

    1. Name フィールドの新しいデータ ソースの名前を入力して下さい。

      ここに入力する名前が Customer Response Applications (CRA) 管理 Webインターフェイスのデータ ソース 名 フィールドで入る値と一致するようにして下さい。

    2. Description フィールドの適切な説明を入力して下さい。

      Description フィールドを打ち込む情報はデータ ソースの目的を識別することをアプリケーション デザイナが可能にします。

    3. Server リストからホスト名か IP アドレスを選択して下さい。

      選択するホスト名か IP アドレスはエンタープライズ データ ベースが常駐するコンピュータを表します。

  7. [Next] をクリックします。

    別のものはドライバ ウィンドウに新しいデータ ソースを表示する作成します。

  8. 優先 する 認証方式としてまたは SQL サーバ 『Windows NT』 を選択 して下さい。

  9. CRA サーバとエンタープライズ データ ベースが常駐するコンピュータ間の接続を設定するために『Client Configuration』 をクリック して下さい。

    Client Configuration ウィンドウは表示する。

  10. 『TCP/IP network libraries』 を選択 して下さい。

  11. ログインID フィールドのユーザネームおよび Password フィールドのパスワードをタイプして下さい。

    選択するパスワードおよびユーザネームのメモを作って下さい。 エンタープライズ データ ベース 設定を完了するためにユーザネームおよびパスワードが要求します。

  12. 完全の隣で DSN 設定を、指定データ ソースへの接続をテストするためにクリックすれば。

  13. データベース サブシステムに新しいデータ ソースを追加して下さい。 次の手順を実行します。

    1. CRA Administration メニュー棒から Subsystems > Database の順に選択 して下さい。

      エンタープライズ データ ベース サブシステム設定 Webページは表示する。

    2. 追加を新しいデータ ソース ハイパーリンク クリックして下さい。

      別のエンタープライズ データ ベース サブシステム設定 Webページは表示する。

    3. データ ソース 名 フィールドの ODBC データ ソースの名前を入力して下さい。

    4. Username フィールドのユーザネームを入力して下さい。 ここでは入力するエンタープライズ データ ベースに接続するのにユーザネームが使用されています。

    5. パスワードのパスワードをタイプし、Password フィールドを確認して下さい。 エンタープライズ データ ベースに接続するのにこのパスワードが使用されています。

    6. 接続の最大数 フィールドの適切な番号をタイプして下さい。 数はデータベースに接続することができる同時接続の最大数を表します。

    7. 変更を加えるために『Add』 をクリック して下さい。

      最初のエンタープライズ データ ベース サブシステム設定 Webページはちょうど追加したデータ ソースの詳細と、再度表示する。

制限事項

ビューは表のサブセットを表示する仮想テーブルです。 また、ビューは一つのビューに 2つ以上の表を結合します。

意見を正しく使用する場合データ アクセスにユーザを常に許可する、意見のデータベース アプリケーションを設計できます。 意見を使用するとき、意見だけとない個々のテーブルに権限を割り当てる必要があります。 意見の効率的な使用は特に各ビューが 2つ以上の表にかいま見を提供するとき時間を節約できます。 何よりも大事なことは、意見は重要な安全問題を解決します。

ただし、CRS アプリケーションはデータベース ビュー アクセスをサポートしません。 CRS アプリケーション サポートは実際のデータベーステーブルにだけアクセスします。 従って、実際のデータベーステーブルとない意見からデータベース情報を検索し、処理できます。


関連情報


Document ID: 64653