音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

ロックまたはアンロックされたシェルフに TCC2/TCC2P を挿入する場合のインパクト マトリックス

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ロックまたはアンロックされたシェルフに Timing, Communications, and Control Card Version Two(TCC2)を挿入する場合と Timing, Communications, and Control Card Version Two Plus(TCC2P)を挿入する場合のインパクト マトリクスについて説明します。 TCC2P は、Cisco ONS 15454 マルチサービス プロビジョニング プラットフォーム(MSPP)の次世代のシステム プロセッサです。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ONS 15454

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15454

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

TCC2P をインストールするとき、リピータモードまたはセキュア モードの前部アクセスおよびバックプレーン イーサネットポートを提供できます。

セキュア モードはセキュリティの上位レベルを提供するために互いからの 2 つのインターフェイスからのパケットを、隔離します。 セキュア モードでは、前部イーサネットポートを通ってはたらく技術技術者はバックプレーン イーサネットポートを通して接続されるセントラル オフィス LAN にアクセスできません。

ネットワークのセキュリティの異なるレベルを必要とする場合、異なるコマンドを実行する機能とユーザー セキュリティ レベルを関連付けることができます。 さらに、スーパーユーザ アトリビュートのユーザによって Network Element (NE)設定への変更を制限するのにセキュア モード ロックを使用できます。 セキュア モード ロックはユーザが NE 設定を後ターンアップ変更しなかったし、ネットワークに NE を追加するようにすることを可能にします。 セキュア モード ロックのアクティベーションはロックが保護するすべての設定 オプションを無効にします。 セキュア モード ロックが保護する項目は「ロックできる」項目と命名されます。

影響行列

このセクションは影響行列を説明します。

図 1 TCC2 および TCC2P 互換性 マトリックスを提供します。

図 1 – TCC2 および TCC2P 互換性 マトリックス

insert_TCC2P_shelf_matrix_01.gif

調査結果

、ここに調査結果は図 1 基づいています:

  • ONS 15454 バージョン 5.x または それ 以降を実行するシェルフに TCC2 を挿入して下さい。

    • シェルフがロック・モードにある場合、絶えず TCC2 リセット。

    • シェルフがロック解除されたモードにある場合、TCC2 ははたらきます、シェルフをロックできません。 ONS 15454 両方バージョン 5.x および TCC2P がシェルフをロックするように要求します。

  • ONS 15454 バージョン 4.x または それ以前を実行するシェルフに TCC2 を挿入して下さい。

    • シェルフがロック・モードにある場合、絶えず TCC2 リセット。

    • シェルフがロック解除されたモードにある場合、TCC2 ははたらきます。

  • ロックされたカードと ONS 15454 バージョン 5.x または それ 以降を実行するシェルフに TCC2P を挿入して下さい。

    • シェルフがロック・モードにある場合、TCC2P は正しくはたらきます。 これはセキュア モードです。

    • シェルフがロック解除されたモードにある場合、TCC2P は TCC2P がスタンバイ モードにあるときそれ自身をロック解除します。 TCC2P のアクティベーションはシェルフをロックします。

  • ロックされたカードなしで ONS 15454 バージョン 5.x または それ 以降を実行するシェルフに TCC2P を挿入して下さい。

    • シェルフがロック・モードにある場合、TCC2P はカードをロックし、両方の IP アドレスを表示する。

    • シェルフがロック解除されたモードにある場合、TCC2P ははたらき、シェルフはロック解除されて残ります。 シェルフを必要ならばロックできます。

  • ONS 15454 バージョン 4.x または それ以前を実行するシェルフに TCC2P を挿入して下さい。

    • シェルフがロック・モードにある場合、TCC2P ははたらき、シェルフはロックされている残りますが、保護された IP アドレスは現われません。

    • シェルフがロック解除されたモードにある場合、TCC2P ははたらきます、シェルフをロックできません。 ONS 15454 両方シェルフをロックするためにバージョン 5.x および TCC2P が要求します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 64590