音声 : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

ONS 15454 での TCC2 Plus の拡張されたセキュリティ機能と設定ルール

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Timing, Communications, and Control Card, version Two Plus(TCC2P)および Timing, Communications, and Control Card version Two(TCC2)の拡張されたセキュリティ機能を比較しています。

TCC2P は、Cisco ONS 15454 マルチサービス プロビジョニング プラットフォーム(MSPP)の次世代のシステム プロセッサです。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ONS 15454

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15454

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

セキュリティ拡張

Cisco TCC2P は追加 の セキュリティ機能拡張を提供します。 機能拡張は設定することを可能にします:

  • フロントパネル イーサネットインターフェイス(の矢印 B を 1)参照して下さい。

  • 後部または先頭マウント電気接続(rear/FMEC)イーサネットインターフェイス。

再生器でインターフェイスを設定できます(の矢印 A を 1)参照して下さい。 また、個々のIP の rear/FMEC イーサネットインターフェイスおよび分離された技術および Data Communications Channel (DCC)アクセスのための MAC アドレスを提供できます。 ANSI シャーシのワイヤラップピンで終わる後部イーサネットインターフェイスは LAN ポートおよび ETSI シャーシの FMEC LAN ポートです。

先頭および rear/FMEC インターフェイスのための異なる動作を設定できます:

  • セキュア モード(依存しない) —セキュア モードでは、2 つ MAC および IP アドレスがあるので、先頭および rear/FMEC ポートは独自に機能します。 この動作は前部イーサネットポートと WAN に一般的に接続される rear/FMEC イーサネットポート間のアクセスのレベルを選択することを可能にします。

  • リピータモード(標準オペレーション) —リピータモードは単一 MAC および IP アドレスが理由でリピータとして、機能することを先頭および rear/FMEC ポートが可能にします。 前部イーサネットインターフェイスは rear/FMEC インターフェイスにアクセスできます。

先頭および rear/FMEC インターフェイスを設定できる異なるポート状態のリストはここにあります:

  • 前部インターフェイスだけイネーブルに設定するか、またはディセーブルにすることができます。

  • rear/FMEC インターフェイスだけイネーブルに設定するか、またはディセーブルにすることができます。

  • 両方、先頭、rear/FMEC イーサネットインターフェイスをイネーブルに設定しか、またはディセーブルにしことができます。

図 1 –カードと ONS 15454 TCC2

tcc2p_ons15454_01.gif

下位互換性

TCC2P に ONS 15454 バージョン 4.0.0 に下位互換性があります。 TCC2P の機能性は TCC2 のそれと同等です。 拡張セキュリティ機能のためのサポートがほしいと思う場合、ONS 15454 バージョン 5 または それ 以降を使用して下さい。

TCC2P は TCC2 と相互運用できます。 同じネットワークは TCC2 を操作するノードおよび TCC2P を操作するノードが含まれている場合があります。 同じノードはまた TCC2P に両方の TCC2 と動作できます。

プロセッサ 設定ルール

ONS 15454 バージョン 4.0.x および それ 以降 サポート TCC2P。 次の点に留意してください。

  • TCC2P は 4.7.x によって ONS 15454 バージョン 4.0.x のための TCC2 機能セットと動作します。

  • TCC2P は ONS 15454 バージョン 5.0 および それ 以降のために設定 される 進んだ機能をサポートします。

TCC2P はすべての相互接続 カード、入出力 カードおよびシェルフ アセンブリ バージョンと互換性があります。 プロセッサ アップグレードに関しては、適切な遷移ソフトウェア ロードを使用して下さい。

追加機能を必要としなければ TCC2P に TCC2 カードをアップグレードする必要はありません。

ONS 15454 SONET システムのためのソフトウェアおよびプロセッサ アップグレード パス

ONS 15454 に直接 ONS 15454 SONET のためのバージョン 5.0.x をアップグレードできることを表 1 は示したものです:

  • TCC+ と R4.0.x か 4.1.x を使用します。

  • TCC2 か TCC2P と R4.0.x、R4.1.x、R4.5.x、R4.6.x または R4.7.x を使用します。

、ここにプロセッサ アップグレード パスは表 1 に基づいています:

  • TCC から TCC2 か TCC2P へアップグレードできます。 ただし ONS 15454 にバージョン 4.0.x または 4.1.x をアップグレードする前に、ONS 15454 バージョン 2.2.2 (TCC+)に最初に移行して下さい(TCC2 か TCC2P)。

  • ONS 15454 バージョン 4.0.x または 4.1.x を使用するとき TCC+ から TCC2 か TCC2P へアップグレードできます。

  • ONS 15454 バージョン 4.0.x、4.1.x、4.6.x、4.7.x、または 5.0.x を使用するとき TCC2 から TCC2P へアップグレードできます。

表 1 – ONS 15454 SONET のためのソフトウェアおよびプロセッサ アップグレード パス

TCC TCC+ TCC2 TCC2P
R1.0.x X - - -
R2.0.x X - - -
R2.1.x X - - -
R2.2.x X X - -
R2.3.x X X - -
R3.0.x - X - -
R3.1.x - X - -
R3.2.x - X - -
R3.3.x - X - -
R3.4.x - X - -
R4.0.x - X X X
R4.1.x - X X X
R4.5.x - - X X
R4.6.x - - X X
R4.7.x - - X X
R5.0.x - - X X

ONS 15454 SDH システムのためのソフトウェアおよびプロセッサ アップグレード パス

TCC2 の ONS 15454 バージョン 4.0.x、4.1.x、4.5.x、4.6.x、または 4.7.x から ONS 15454 に直接 ONS 15454 SDH のためのバージョン 5.0.x をアップグレードできることを表 2 は示したものです。

、ここにプロセッサ アップグレード パスは表 2 に基づいています:

  • ONS 15454 バージョン 3.3.x または 3.4.x を使用するとき、TCC-I から TCC2 か TCC2P へアップグレードできます。 ただし ONS 15454 にバージョン 4.0.x または それ 以降をアップグレードする前に、ONS 15454 バージョン 4.0.x (TCC2)に最初に移行して下さい(TCC2 か TCC2P)。

  • ONS 15454 バージョン 4.0.x を使用するとき TCC-I から TCC2 か TCC2P へアップグレードできます。

  • ONS 15454 バージョン 4.0.x、4.1.x、4.6.x および 5.0.x を使用するとき TCC2 から TCC2P へアップグレードできます。

表 2 – ONS 15454 SDH のためのソフトウェアおよびプロセッサ アップグレード パス

TCC-I TCC2 TCC2P
R3.3.x X - -
R3.4.x X - -
R4.0.x X X X
R4.1.x - X X
R4.5.x - X X
R4.6.x - X X
R4.7.x - X X
R5.0.x - X X

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 64549