コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

CRS 専用サーバの OS インストール時に使用するプロダクト キー

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、同じワークステーションに Cisco CallManager をインストールせずに、CRS サーバを表す Customer Response Solutions(CRS)専用サーバとして Microsoft Windows 2000 Server をインストールする場合に使用するプロダクト キーについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Microsoft Windows 2000 Server

  • Cisco CallManager

  • Cisco CRS

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Microsoft Windows 2000 Server

  • Cisco CRS バージョン 3.1(x) および 3.5(x)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

製品マニュアルは Microsoft Windows 2000 サーバを CRS 専用 サーバとしてインストールするとき使用するべきかどのプロダクトキーをでクリアではないです。

Ciscoカスタマー応答アプリケーションの使用する前にはプロダクトキーは OS インストールに関する文書によって供給する必要があることを詳細を意味する次文書化します。

Installing Windows 2000 Server
Before you install Cisco CRA 3.5, you must install the Windows 2000 Server operating 
system on the server that will become your CRA server. To install the Windows 2000 
Server operating system, refer to Installing the Operating System on the Cisco IP 
Telephony Applications Server.

Cisco IP Telephony アプリケーション サーバドキュメンテーションでオペレーティング システムをインストールすることは次を示します

Which product key should I enter when I install the operating system? 
Cisco supplies you with a Cisco product key when you purchase a Cisco IP telephony product.
The product key, which is based on a file encryption system, allows you to install only the
operating system and the components that you have purchased, and it prevents other supplied 
software from being installed for general use on the server. The product key comprises 
alphabetical letters only. 
To identify the product key that you enter during the operating system installation, refer 
to the Cisco IP telephony application installation documentation. See Table 1.

The referenced table doesn't point to a CRS document that contains the actual Product Key.  
This is due to a documentation change in CRS 3.1.  Prior to 3.1, the CRS documentation 
contained the OS install instructions along with the CRS Product Key.  As of 3.1, the CRS 
docs point to the OS install instructions instead. This was intended to avoid having to 
update the CRS docs if the OS process changed.

CRS インストール ドキュメンテーションを再度指す 1 人の追加ホールはインストール Cisco CallManager リリース ドキュメントにあります:

Installing Cisco CallManager Release X.X(x) 
Product Key for Cisco CallManager: BTOO VQES CCJU IEBI 
Note:  The Cisco CallManager product key, which you enter during the operating system installation,
allows you to install Cisco CallManager on a server that is dedicated solely to that application. 
If you want to install Cisco CallManager with Cisco IP Contact Center Express Edition, or Cisco 
CallManager with Cisco IP Interactive Voice Response on the same server, refer to the Cisco Customer 
Response Solutions (CRS) installation documentation for the product keys.

使用するべきプロダクトキー

開発技術者(DE)は CRS 専用 サーバおよび展開サーバのための次のプロダクトキーを識別しました。:

FVHD IAZA ROFJ DERJ

再度、これはインストールされる Cisco Unified CallManager が付いているサーバに適用しません。 CRS 3.1(x) および 3.5(x) に関するリリース ノートはこのプロダクトキーと製品アップデートされます。 未来の CRS リリースに関しては、このプロダクトキーは製品マニュアルの、または CRS メディアの顧客に提供されます。 これはまだビジネスユニット(BU)で解決されています、詳細については CSCsa77810登録ユーザのみ)を将来トラッキングできます。


関連情報


Document ID: 64546