コラボレーション : Cisco ICM Logger

ICM ロガー プロセスのエラー メッセージ: 「Local Time has Stopped」

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco ICM Enterprise Edition 環境の Intelligent Contact Management(ICM)のロガー lgr プロセス ウィンドウに表示されるエラー メッセージ「Local Time has Stopped(現地時刻が停止しました)」について説明します。 このドキュメントでは、可能な回避策についても説明します。

注: 詳細については Cisco バグ ID CSCsa91378登録ユーザのみ)を参照して下さい。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM Central Controller

  • Windows 2000

  • Microsoft SQL Server

  • Microsoft Windows レジストリ エディタ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM 企業版 バージョン 4.6.2 および それ 以降

  • Microsoft SQL Server バージョン 2000、7.0 および 6.5

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco ICM Logger が作動中のとき、ロガーの lgr プロセスは繰り返し跳ね、このエラーメッセージを表示する:

la-lgr Trace: Local Time Has Stopped for 10000 Milliseconds

ロガーの lgr プロセス ウィンドウのこのエラーメッセージを表示できます。 また、lgr ログファイルのこのメッセージを表示するのに Dumplog ユーティリティを使用できます。

このエラーメッセージは lgr プロセスが 10,000 ミリ秒に何も達成しなかったことを示します。

原因

「現地時間は SQL サーバが 10 秒の lgr プロセスに応答しないとき」メッセージを引き起こされます停止しました。

SQL Sever 50 秒以上応答しなかったら、5 つのそのようなメッセージは続けて表示されます。 これが起こるとき、ロガーの Node Manager は lgr プロセスを再起動するか、またはエラーをクリアするためにロガー(stopshut)をリブートします。 ここでは、MessageTimeout レジストリキーは登録値が 50 秒にデフォルトで設定 されるので、Node Manager の再始動を制御します。

どんな原因パフォーマンスで低下し、それをか訂正する SQL サーバ判別することを推奨します。 低下させた SQL パフォーマンスのためのもっとも一般的な原因はここにあります:

  • データベース バックアップはロガープロセスと同時に動作します。

  • データベースインテグリティ チェックは(のような、CHECKDB)頻繁に処理されます。

低下させた SQL パフォーマンスがこれらのファクタのによって引き起こされない場合、sp_who2 クエリにおいての問題をデバッグして下さい。 「現地時間が」メッセージを発生する停止したら sp_who2 クエリを実行して下さい。 それから原因を判別するためにクエリの出力を解析できます。 SQL サーバ劣化の原因はまた Windows かシステム レベルである場合もあります。 この場合、根本的な原因を判別するために Windows パフォーマンスモニタの助けによって Windows のパフォーマンスを分析して下さい。

解決策

この問題を解決するために、Node Manager によって始められる再起動間の期間を延長するために MessageTimeout Registry 鍵値を増加できます。

次の手順を実行します。

  1. [Start]、[Run] の順にクリックします。

  2. Run ダイアログボックスの regedit をタイプし、『Enter』 を押して下さい。

    Registry Editor ウィンドウは表示する。

  3. このレジストリキーに参照して下さい:

    • 先のバージョンに関してはより 5.0:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\GeoTel\ICR\<cust_inst>\
      LoggerA\Logger\CurrentVersion\Configuration\Time\MessageTimeout
    • バージョン 5.0 および それ 以降に関しては:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Cisco Systems Inc.\ICM\<cust_inst>\
      LoggerA\Logger\CurrentVersion\Configuration\Time\MessageTimeout

      注: レジストリキーはスペース制限による複数の回線にここに表示する。

  4. 50 から 120 まで MessageTimeout キーの値を増加して下さい。 これは 50 秒から 2 分(メッセージの 12 の発生)にタイムアウト期間を(「現地時間の 5 つの発生は」メッセージを停止しました)増加します。

    注: これは延長されたタイムアウト期間が切れる前に SQL サーバが lgr プロセスに応答するときだけはたらきます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 64455