音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Express

Unity Express GUI のパスワード回復

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、管理ユーザ名やパスワードを紛失または失念した場合に Cisco Unity Express GUI への管理用 Web アクセスを取得する方法について説明します。

前提条件

要件

Cisco Unity Express のための IP アドレスおよび Cisco Unity Express モジュールが含まれているルータへの管理アクセス 情報のナレッジは必要です。

使用するコンポーネント

この例は Cisco 3745 ルータをおよびバージョン 2.1.1 を実行する Cisco Unity Express モジュールを使用します。 この文書に記載されている情報は Command Line Interface (CLI)出力がわずかに異なりますけれども、すべての以前のリリースに関連しています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unity Express GUI Webページにアクセスして下さい

Cisco Unity Express GUI Webページにアクセスするために、有効なユーザ名およびパスワードを知って下さい。

/image/gif/paws/64234/cue-gui-pw-1.gif

ログイン ウィンドウ 次をこの図見ない場合、ブラウザが Cisco Unified CallManager Express ルータまたはその他のデバイスのような間違ったデバイスを、指すというチャンスがあります。 http:// < Unity Express>/の IP アドレスにブラウザを Webページにアクセスするためにポイントして下さい。

アカウントが規則的なユーザアカウントである場合、ログイン オプションが設定するのを見た後音声メール、検索(バージョンで)およびヘルプ。 管理 タブを見ません。 これはログオンするユーザは管理権限がある場合その時だけ目に見えます。

管理上のユーザ ID およびパスワードは後インストール スクリプトの間にソフトウェアインストーレーションの端に常に設定されます(その時点で DNSサーバ、NTP サーバおよびタイム ゾーン情報のためのユーザへプロンプトがあります)。

Cisco Unity Express アップグレードが、ユーザの PIN をリセットすることを試みた後ユーザ エクスペリエンスが音声メールのアクセスを発行すれば。

Cisco Unity Express CLI にアクセスして下さい

管理上のユーザ ID が知られないか、またはパスワードが変える必要があれば場合 Cisco Unity Express への CLI アクセスは必要です。 これをするために、Cisco Unity Express モジュールがどちらかの直通コンソール または Telnet 含まれているルータにアクセスして下さい。 AAA がルータで有効に なる場合、Cisco Unity Express パスワード回復手順が完了するまでルータにアクセスし、AAA を一時的にディセーブルにするのにコンソールを使用して下さい。 イネーブル モードにログイン、見つけます Cisco Unity Express モジュールのモジュール/ポート番号をなり、(未知数なら)。 次に、例を示します。

[riddler:~] user%telnet 172.18.106.66
Trying 172.18.106.66...
Connected to vnt-3745-44a.cisco.com.
Escape character is '^]'.User Access Verification
Password:
vnt-3745-41a>enable
Password: 
vnt-3745-41a#show ip interface brief
Interface                  IP-Address      OK? Method Status                Protocol
FastEthernet0/0            172.18.106.66   YES NVRAM  up                    up      
FastEthernet0/1            unassigned      YES NVRAM  administratively down down    
Serial0/2                  unassigned      YES NVRAM  administratively down down    
Service-Engine4/0          172.18.106.66   YES TFTP   up                     up    

Cisco Unity Express モジュールはサービス エンジン インターフェイスとして識別されます。 この場合、それはインターフェイス 4/0 です。 従ってこの出力例が示すと同時に、それにアクセスできます:

vnt-3745-41a#service-module service-Engine 4/0 session 
Trying 172.18.106.66, 2129 ... Open
cue-3745-44a> 

このようなメッセージを得れば:

vnt-3745-41a#service-module service-Engine 4/0 session
Trying 172.18.106.66, 2129 ... 
% Connection refused by remote host

疑わしい TTY 行を消去して下さい。 この場合、それは 129 です(2129 - 2000)。 また service-module サービス エンジンの出力で 4/0 status コマンド出力これを表示できます。 出力状態サービスモジュールは TTY ラインによって 129 セッションをサポートします。 行を消去し、clear line 129 コマンドを入力し、確認するために『Enter』 を押すため。 それから service-module サービス エンジンを 4/0 の session コマンド繰り返して下さい。

すべての Cisco Unity Express ユーザを表示して下さい

この場合 show users コマンドで Cisco Unity Express システムのユーザ全員を表示できます:

cue-3745-44a>show users
pparker
ckent
bwayne
marschne
jdoe

Cisco Unity Express グループ メンバーを表示して下さい

どのユーザが管理権限があるか見るために show group 詳細 グループ名 管理者 コマンドを使用する管理者グループのメンバーを検知 して下さい:

cue-3745-44a>show group detail groupname Administrators
Full Name:          Administrators
Description:        
Phone:              
Phone(E.164):       
Language:           systemDefault(en_US)
Owners:             
Members:            marschne ckent
Privileges:         superuser ManagePrompts ManagePublicList ViewPrivateList

グループ名(管理者)は大文字/小文字の区別があります。 「管理者」を代りに使用する場合、グループは管理者ないことを言うメッセージを得ます。

新規 ユーザを作成して下さい

新規 ユーザを作成するために <username> がコマンドを作成するユーザを使用して下さい。 この例では、新規 ユーザは「管理者」です:

cue-3745-44a>user Administrator create 

管理者グループにユーザを追加して下さい

ユーザ <username> グループ 管理者 コマンドで管理者グループにユーザを割り当てて下さい。

cue-3745-44a> user Administrator group Administrators

この場合 show group 詳細 グループ名 管理者 コマンドで団体会員を確認できます。

アカウントパスワードを変えて下さい

このユーザは有効なパスワードを必要とします。 パスワード(忘れてしまったパスワードを表示することができません)を変更するために、ユーザ <username> パスワード <password> コマンドを使用して下さい:

cue-3745-44a> user Administrator password cisco

Cisco Unity Express GUI および新しいユーザ名 および パスワードのログインにアクセスするためにブラウザを使用現在できます。


関連情報


Document ID: 64234