セキュリティ : Cisco ONS 15305 Multiservice Customer Access Platform

ONS 15305 と ONS 15302 でサポートされる一般的なアラームとイベント

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 3 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ONS 15305 がサポートする最も一般的なアラームについて説明します。 これらのアラームの多くは、ONS 15302 にも適用できますが、これらの製品がネットワークで果たす役割が異なるため、一部のアラームのデフォルトの重大度に少し違いがあります。

各ネットワークの種類タイプ エレメント(NE)のためのデフォルト アラーム抑制リストおよび持続の外観に関しては、それぞれユーザガイドを参照して下さい。

これらのパラメータがデフォルトでディセーブルにされるので、使用中であるポートおよびがモジュールのために報告するアラームを有効に するようにして下さい。

イベントの「警告して」より高い重大度のほとんどのアラーム ID はオンオフ アラーム(上がり、クリアされる)です。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ONS 15305 および 15302

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ONS 15305 および 15302 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

アラームおよびイベント

この表は Cisco ONS 15305 および 15302 のアラームおよびイベントを記述したものです:

参照番号 オブジェクト デフォルト 重大度 アラーム ID (ProbCause) 説明(ProbCauseQ) 詳細な説明 (または)コメントのトラブルシューティング
1 aiPort 警告 alarmInp ポート アラームのアラーム条件 NE は関連する機器に 4 つの補助アラーム入力(乾接点アラーム)を提供します。 たとえば、電源モジュール失敗、バッテリ状態および開いたキャビネット ドア。 オペレータは開いたか閉じる連絡先で引き起こされるべきアラームを設定できます。 -
2 au4 マイナー AIS Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号) NE がリジェネレータ セクション(RS)または着信リンクのマルチプレクサ セクション(MS)の問題を検出するとき、そのリンクのペイロードは無効です。 NE はフォワーディング方向の AIS とそれからペイロードを取り替えます。 すべてのそれに続く NE は AU-4 AIS を検出する。

デフォルトで、アラームは抑制されます。

AIS が AU-4 のために発生する場合、パスの中間ノード間のセクションのアラーム条件を確認して下さい。
3 au4 Critical 取り除いて下さい ポインタ損失 AU-4 ポインタ損失 (LOP)は NE が AU-4 ポインタを解読することができないと発生します。 このアラームは普通 NE が実際に非連結 AU-4s を期待するとき NE が連結 AU-4s を受け取ることを示します。 接続された STM-n ポートが両端の同じ構造を維持するようにして下さい。
4 au4 Major epj 余分な Ptr 位置調整 このアラームはポインタ位置調整 イベント(PJEs)の数が 15分期間設定できる、または PJEL (ポインタ位置調整 イベント制限)しきい値より大きい場合現われます。 1 からの 1024 のイベントに各 AU-4 のために PJEL を個別に設定できます。 デフォルト 設定は間隔毎に 100 つのイベントです。 PJE、肯定的で、否定的な根拠は 24 時間間隔に、数えられ、測定されます。 24 時間間隔カウンターを過ぎた電流は利用でき。 このアラームはネットワークの同期の問題を示唆します。 考えられる原因はデバイスが異なる同期化ソースと動作することです。 たとえば、「自由な実行」モード原因で AU-4 オブジェクトごとのこのアラームを操作する相互接続されたデバイス。 アラームは受け取った ポインタ イベントの数が完全な 15分 間隔内の一定しきい値より下部のであるとクリアされます。
5 au4 警告 switchWork 「はたらくことに」切り替えられる SNCP このイベントはトラフィックが「はたらくこと」に「保護から」切り替わる場合発生します。 切り替え基準は SNCP 型によって決まります。 すなわち、基準は SNCP が SNC/i または SNC/n.であるかどうかに左右されます。 2 間の主な違いは AIS/LOP アラームのスイッチに加えてそれ、また SNC/n つけます(不侵入) UNEQ/TIM/DEG/EXC アラームをです。 -
6 au4 警告 switchProt 「保護に」切り替えられる SNCP このイベントはトラフィックが「保護」に「はたらくことから」切り替わる場合発生します。 切り替え基準は SNCP 型によって決まります。 すなわち、切り替えは SNCP が SNC/i または SNC/n.であるかどうかに左右されます。 2 間の主な違いは AIS/LOP アラームのスイッチに加えてそれ、また SNC/n つけます(不侵入) UNEQ/TIM/DEG/EXC アラームをです。 -
7 au4-4c マイナー AIS アラーム表示信号 NE がリジェネレータ セクション(RS)または着信リンクのマルチプレクサ セクション(MS)の問題を検出するとき、そのリンクのペイロードは無効です。 NE はフォワーディング方向の AIS とそれからペイロードを取り替えます。 すべてのそれに続く NE は AU-4-4c AIS を検出する。

デフォルトで、アラームは抑制されます。

AIS が AU-4-4c のために発生する場合、パスの中間ノード間のセクションのアラーム条件を確認して下さい。
8 au4-4c Critical 取り除いて下さい ポインタ損失 AU-4-4c ポインタ損失 (LOP)は NE が AU-4-4c ポインタを解読することができないと発生します。 これは普通 NE が連結 AU-4-4cs を期待するとき NE が非連結 AU-4s を受け取ることを示します。 接続された STM-n ポートが両端の同じ構造を維持するかどうか確かめて下さい。
9 au4-4c Major epj 余分な Ptr 位置調整 余分なポインタ位置調整(EPJ)アラームはポインタ位置調整 イベント(PJEs)の数が 15分期間設定できる、または PJEL (ポインタ位置調整 イベント制限)しきい値より大きい場合現われます。 1 からの 1024 のイベントに各 AU-4-4c のために PJEL を個別に設定できます。 間隔毎に 100 つのイベントはデフォルト 設定です。 PJE、肯定的で、否定的な根拠は 24 時間間隔に、数えられ、測定されます。 24 時間間隔カウンターを過ぎた電流は利用でき。 このアラームはネットワークの同期の問題を示唆します。 考えられる原因はデバイスが異なる同期化ソースと動作することです。 たとえば、「自由な実行」モード原因で AU-4-4c オブジェクトごとのこのアラームを操作する相互接続されたデバイス。 アラームは受け取った ポインタ イベントの数が完全な 15分 間隔内の一定しきい値より下部のであるとクリアされます。

後 NE 再始動このアラームを経験できました。 ネットワークが同期を維持する場合、30 分以下のアラーム オフこの。

10 au4-4c 警告 switchWork はたらくことに切り替えられる SNCP このイベントはトラフィックが「はたらくこと」に「保護から」切り替わる場合発生します。 切り替え基準は SNCP 型によって決まります。 すなわち、切り替えは SNCP が SNC/i または SNC/n.であるかどうかに左右されます。 2 間の主な違いは AIS/LOP アラームのスイッチに加えてそれ、また SNC/n つけます(不侵入) UNEQ/TIM/DEG/EXC アラームをです。 -
11 au4-4c 警告 switchProt 保護に切り替えられる SNCP このイベントはトラフィックが「保護」に「はたらくことから」切り替わる場合発生します。 切り替え基準は SNCP 型によって決まります。 すなわち、切り替えは SNCP が SNC/i または SNC/n.であるかどうかに左右されます。 2 間の主な違いは AIS/LOP アラームのスイッチに加えてそれ、また SNC/n つけます(不侵入) UNEQ/TIM/DEG/EXC アラームをです。 -
12 auxIf Major lofTx Loss of Frame(LOF; フレーム同期損失) このアラームはサポートされていないシグナルタイプが着くと現われます。 -
13 auxIf Major LOS Loss of Signal(LOS; 信号消失) このアラームは AUX インターフェイスに場合がないと現われます。 -
14 デバイス Critical ufail デバイス本管ユニット障害 このアラームは基本 カードで FPGA、SPI/Eeprom、入力、DXC 入口または XBAR をロードすることを試みるとき問題に直面する場合現われます。 デバイスを再起動するか、またはリブートして下さい。 アラームが持続する場合、(エラーがメインボードである場合もあるので)デバイスを取り替えて下さい。
15 デバイス Major 臨時雇用者 高温アラーム このアラームは温度が 450 を超過する場合現われます。 ONS 15305 に関しては、ファンのペアは両方とも回ります。 シャーシの装備されていたモジュールの組み合せが最大電力パワー消費量のための制限を維持するようにして下さい。 環境がデバイスを囲む適切な通気を維持するかどうか確かめて下さい。
16 デバイス Major t0HoldOver ホールドオーバーモードの T0 このアラームは T0 同期候補のどれも利用可能ではない場合現われます。 -
17 デバイス Critical t0Defect T0 SETG 問題 このアラームは内部 T0 クロックに影響を与える欠陥のあるハードウェアのために現われます。 (このエラーがメインボードにあるので)シャーシを交換して下さい。
18 デバイス 警告 t0SyncSwitch T0 同期化スイッチオーバ このイベントは自動、手動と発生しますまたは強制スイッチオーバは行われます。 -
19 デバイス 警告 t0QlFailed 失敗の T0 同期化候補 このアラームは T0 同期 表の T1/T2/T3 原始メンバーに適用します。 -
20 デバイス 警告 t0QlDnu T0 同期化候補 rec。 DNU このアラームは T0 同期候補が「DoNotUse」メッセージを受け取ると現われます。 -
21 デバイス Critical t4Squelch 押しつぶされる T4 出力 このアラームは T4 同期候補は QL最小値とまたはの上に等しい QL がないと現われます -
22 デバイス Critical inletFail DXC 入口失敗 オペレーションを回復 し 電源の再投入(電源を異なる温度でオン/オフ回して下さい)デバイス、基本 カード後オン/オフ電源損いアラーム状態を維持できる時。 そのような状態では、デバイスはトラフィックを運ばないし、カードは報告します「DXC 入口故障警告を」。 デバイスを再起動するか、またはリブートして下さい。 アラームが持続する場合、デバイスを取り替えて下さい。
23 デバイス Critical inletBitError DXC 入口ビットエラー DXC 入口ビットエラー アラームは水平なデバイスでメインボードの 2 つの DXC デバイス間の失敗を示すようです。 システムは公称の状態の失敗を検知しません。 -
24 デバイス 警告 unknownFlashType 検出する 未知のフラッシュデバイス このアラームはフラッシュするプロセスがメインボードの未知フラッシュ型を検出すると現われます。 デバイスを再起動するか、またはリブートして下さい。 アラームが持続する場合、デバイスを取り替えて下さい。
25 デバイス 警告 errorNewBank 最も新しいバンクのエラー このエラーはメインボードがダウンロードされた ファームウェアから開始しないことを示します。 ファームウェアを再度ダウンロードして下さい。
26 デバイス 警告 alarmStormStart 検出する アラーム嵐開始する このアラームはデバイスがトラップとしてすべてのアラームを報告するにはことができるようにアラーム状況変更の数が余りにも高いことを示します。 -
27 デバイス 警告 alarmStormEnd 検出する アラーム嵐端 このアラームはアラーム状況変更の数がすべてのアラームがトラップとして再度出て来るレベルに減ると現われます。 alarmStormStart が現われる状況では alarmStormEnd が現われる前に、現在のアラーム リストは間違います。 リストはアラームを表示もはやない、リストにないアクティブアラームがある場合もあります。 また、アラームのため、タイムスタンプは間違うである。 この場合、アラーム履歴はまた間違います。 いくつかのアラーム条件はありおよび再度消えたかもしれアラーム リストにおそらく現われませんでした。 またタイムスタンプはいくつかのアラームかイベントで間違います。 alarmStormEnd が出かけた後、システム アップデート現在のアラーム リスト、およびその時点からの各アラームはアラーム履歴に現われます。
28 デバイス 警告 rxOverflow HWFault RX バッファオーバーフロー このアラームは LAN インターフェイスのレシーブ バッファのオーバーフローを示します。 -
29 デバイス 警告 txOverflow HWFault Interport キュー オーバーフロー このアラームは LAN インターフェイスの interport キュー オーバーフローを示します。 -
30 デバイス 警告 routeTable オーバーフロー ルーティング テーブル オーバーフロー このイベントはルーティング テーブルが 2048 のエントリを超過すると発生します。 -
31 デバイス 警告 endTftp 完了する TFTP セッション このイベントは TFTP セッションの正常な完了に発生します。 -
32 デバイス 警告 abortTftp 打ち切られる TFTP セッション このイベントは TFTP セッションの完了が不成功であると発生します。 TFTP-server 設定をチェックし、転送を再試行して下さい。
33 デバイス 警告 startTftp 始められる TFTP セッション このイベントはダウンロード オペレーションが NE の方のマネージャから開始すると発生します。 たとえば、ソフトウェアアップグレードかコンフィギュレーション ファイル リストア操作。 -
34 デバイス 警告 forwardingTab オーバーフロー レイヤ 2 前方表オーバーフロー このイベントはユニキャスト グローバル な フォワーディングテーブルが MAC アドレスの数の最大限に達したことを示します。 新しいアドレスはまたはリンクが起こる場合がある、またはオペレータがそれらをダウン状態になるかとき)まで古い(エージングによって取除く物学習されません取除かれます。 範囲 20-32767 のユニキャスト グローバル な フォワーディングテーブルを設定できます。 8192 のエントリはデフォルトのパラメータです。
35 デバイス 警告 vlanDynPortAdded 追加される動的VLAN ポート このイベントは GVRP プロトコルが VLAN に動的にポートを追加することを示します。 -
36 デバイス 警告 取除かれる vlanDynPort 取除かれる動的VLAN ポート このイベントは GVRP プロトコルが VLAN から動的にポートを取除くことを示します。 -
37 デバイス 警告 rsPingCompletion 完了する PING シーケンス このイベントはデバイスから始められる ICMP エコー(Ping)のシーケンスの完了を示します。 -
38 デバイス 警告 rlIgmpTable オーバーフロー IGMP 表オーバーフロー このアラームは IGMP 表のエントリを与えられる最大が達したことを示します。 -
39 デバイス 警告 rlIpFftStnOverflow IP SFFT オーバーフロー このアラームはデータを転送するために個々の IP アドレスを保持する表が完全であることを示します。 -
40 e1Port Major lofRx フレーム同期損失 ダウンリンク このアラームは PRA モードの E1 で E1 が E1 が期待しない形式のネットワークから場合を受け取るとき、現われます。 -
41 e1Port Major lofTx フレーム同期損失 アップリンク このアラームは PRA モードの E1 で E1 が E1 が期待しない形式の PDH ポートの場合を受け取るとき、現われます。 -
42 e1Port マイナー aisRx AIS はダウンリンクを受け取りました このアラームは PRA モードの E1 でネットワークが E1 に AIS の場合を送るとき、現われます。 このイベントはネットワークでアラームを他の所で表示します。 -
43 e1Port Critical LOS Loss of Signal(LOS; 信号消失) このアラームは E1 ポートが PDH 場合を受け取らないと現われます。 -
44 e1Port 警告 loopClosed ループ クローズ このイベントは E1 ポートの test-loop を設定 したと発生します。 -
45 e1Port 警告 loopOpened 開くループ このイベントは test-loop が E1 ポートでクリアすると発生します。 -
46 e3T3Port マイナー aisRx AIS はダウンリンクを受け取りました 非サポート -
47 e3T3Port Critical LOS Loss of Signal(LOS; 信号消失) このアラームは E3 ポートが PDH 場合を受け取らないと現われます。 -
48 e3T3Port 警告 loopClosed ループ クローズ このイベントは E3-port の test-loop を設定 したと発生します。 -
49 e3T3Port 警告 loopOpened 開くループ このイベントは test-loop が E3-port でクリアすると発生します。 -
50 eth 警告 rldot1dStpPort StateForwarding FORWARDING 状態遷移に学ぶブリッジ ポート このメッセージはある特定のポートのための STP ポート状態がラーニング ステートから FORWARDING 状態に移ったことを意味します。 ポートは今トラフィックを転送します。 このメッセージはトポロジーの変更を表示します。
51 eth 警告 rldot1dStpPort StateNotForwarding 閉鎖状態遷移に転送するブリッジ ポート このメッセージはある特定のポートのための STP ポート状態が FORWARDING 状態から閉鎖状態に移ったことを意味します。 ポートはもはやトラフィックを転送しません。 このメッセージはトポロジーの変更を表示します。
52 fan Major fan ファン障害 このアラームは基本 カードで温度が 850C の上に上がるとき現われます。 アラームは各ファンのために特定です。 基本 カード プロセスは「ファン障害 アラーム」としてこのアラームを示し。 ファンは指定時間(24 時間)の間アクティブに時 2 つのただファン実行なります。 ファンが指定時間の間アクティブだった後、停止し、他のファンはアクティブになります。 アラームはファンが壊れた、絶えず実行される他のファン現われ。 もはや保護がない残りのファンを保護するためにファン モジュールを今交換して下さい。
53 fan Critical diagFail 診断失敗 このアラームは不正確なモジュール 識別を意味します。 モジュールを交換して下さい。
54 fan Major inventoryFail コンポーネント失敗 このアラームはファン モジュールから取得されるコンポーネントが期待されたコンポーネントと一致することを示します。 モジュールがまだ操作上である場合もあるのに、モジュールを交換して下さい。
55 gfp マイナー plm GFP ペイロード ミスマッチ このアラームは GFP PTI フィールドの期待され、受け取った PTI 値間のミスマッチが原因のようです。 詳細については ITU-T G.7041 を参照して下さい。 パスの両端で設定をチェックして下さい。
56 gfp マイナー upm GFP ユーザ payl。 型が一致 このアラームは受け取ったユーザ ペイロード 識別子(UPI)が期待された UPI と異なっていると現われます。 このリリースはフレーム マッピング された イーサネット UPI をサポートします。 ITU-T G.7041 の UPI フィールド値の検出に基づいてアラームを参照して下さい。 パスの両端で設定をチェックして下さい。
57 gfp マイナー lfd GFP フレーム同期損失 delin。 このアラームは描写プロセスが同期しなかった状態ではないと現われます。 -
58 gfp マイナー exm GFP 元ヘッダ ident。 設定の問題 このアラームは受け取った拡張 ヘッダ 識別子(EXI)が期待された EXI と異なっていると現われます。 このリリースはヌル拡張 ヘッダ EXI をサポートします。 ITU-T G.7041 の EXI フィールド値の検出に基づいてアラームを参照して下さい。 反対側 ポートはサポートされていない EXI を送信 します。
59 gfp マイナー pfm GFP ペイロード FCS ident。 設定の問題 このアラームは受け取ったペイロード FCS 示す値(PFI)が期待された PFI と異なっていると現われます。 ITU-T G.7041 の PFI フィールド値の検出に基づいてアラームを参照して下さい。 -
60 lanx 警告 lanOn リンク このイベントはイーサネットLANポートを接続することを試みると同時に生じます。 -
61 lanx 警告 lanOff リンク このイベントはイーサネットLANポートを切ることを試みると同時に生じます。 -
62 lcas 警告 acMstTimeout Ack Mst タイムアウト このイベントはメンバー ステータス場合(MST)タイムアウトを示します。 アップストリーム キャパシティに VCn を追加するとき、この VCn のための MST=OK は反対側から届くと期待されます。 ソースが十分時間内の MST=OK を受け取らない場合、ソースはタイムアウトを宣言します。 設定および相互接続をチェックして下さい。
63 lcas 警告 rsAckTimeout RS ACK タイムアウト このイベントは RS シーケンスが時間を計った確認することを示します。 VCn がチャネリングする LCAS ソース再シーケンス時、LCAS ソースは反対側が RS-ACK によってこのオペレーションを確認すると期待します。 ソースが十分時間内の RS-ACK を受け取らない場合、ソースはタイムアウトを宣言します。 両端の他のアラームを探して下さい。
64 lcas マイナー eosMultiple 2つ以上 chan。 EoS を持って下さい このイベントは 2つ以上の受け取ったチャネルがシーケンス(EoS)の終わりを備えていると発生します。 唯一無二の 1 チャネルは EOS がなければなりません。 sqnc アラームを参照して下さい。 両端で他のアラームを探して下さい。
65 lcas マイナー eosMissing チャネルに EoS がありません 受け取ったチャネルのどれもシーケンス(EoS)の終わりがありません。 唯一無二の 1 チャネルは EOS がなければなりません。 sqnc アラームを参照して下さい。 両端で他のアラームを探して下さい。
66 lcas マイナー sqNonCont 検出する抜けている SQ このアラームはシーケンス番号が抜けていると現われます。 sqnc アラームを参照して下さい。 コンフィギュレーション不一致か他のアラームがあるかどうか点検して下さい。
67 lcas マイナー sqMultiple 2つ以上のための等しい SQ chan 2つ以上のチャネルが同じシーケンス番号を備えているとこのメッセージが現れます。 sqnc アラームを参照して下さい。 コンフィギュレーション不一致か他のアラームがあるかどうか点検して下さい。
68 lcas Major sqOor 範囲の外の SQ このアラームは受信シーケンス順序番号が有効範囲(VC-4 の外にあると発生します: 0-6、VC-3: 0-20、VC-12: 0-62)。 sqnc アラームを参照して下さい。 コンフィギュレーション不一致か他のアラームがあるかどうか点検して下さい。
69 lcas Major sqnc 一貫しなかったシーケンス nbr このアラームはこれらのアラームの何れか一つ以上が発生すると現われます: eosMultiple、eosMissing、sqNonCont、sqOor および sqMultiple。 チャネルはユニークなシーケンス番号を備えなければなりません。 受信シーケンス順序番号をチェックして下さい。 このアラームは反対ポートでシグナリング問題を示唆できますまたは問題を相互接続して下さい。
70 lcas Major gidErr アクティブな chan のために別の GID このアラームは同じ VCGroup 内のアクティブ チャネルが別のグループ ID を受け取ると現われます。 設定を確認します。
71 lcas Major ctrlOor 未定義になる CTRL ワード このアラームは不正 なか未定義 CTRL ワード値の受信を示します。 両端で設定をチェックして下さい。
72 lcas Major lcasCrc 検出する CRCエラー このアラームは巡回冗長検査(CRC)が失敗すると現われます。 設定をもう一方でチェックし、他のアラームを探して下さい。
73 lcas マイナー nonLcas 検出する非LCAS ソース このアラームは NE が LCAS モードにもう一方でないことを意味します。 設定を確認します。
74 lcas Major plcr 部分的な 損失 キャパシティ rx このアラームは受け取ったキャパシティが期待されるよりより少なくあると現われます。 反対ポートの操作上キャパシティ、VCn アラームおよびコンフィギュレーションパラメータをチェックして下さい。
75 lcas Critical tlcr 総 損失 キャパシティ rx このメッセージはポートがトラフィックを受信しないことを示します。 反対ポートの VCn アラームおよびコンフィギュレーションパラメータがあるように確認して下さい。
76 lcas メジャー plct 部分的な 損失 キャパシティ tx このアラームは送信キャパシティが期待されるよりより少なくあると現われます。 操作上キャパシティをチェックして下さい。 この側のコンフィギュレーションパラメータがあるように確認し、また反対ポートの相互接続ステータスおよびアラーム状況をチェックして下さい。
77 lcas Critical tlct 総 損失 キャパシティ tx このメッセージはトラフィックが送信 されないことを示します。 この側のコンフィギュレーションパラメータがあるように確認し、また反対ポートの相互接続ステータスおよびアラーム状況をチェックして下さい。
78 モジュール Critical modFail モジュール障害 このアラームはモジュール障害(モジュールの電力損失)を示します。 モジュールを再起動して下さい。 問題が持続する場合、モジュールを交換して下さい。
79 モジュール Critical diagFail 診断失敗 このアラームはサービスモジュールで FPGA、SPI/Eeprom、入力、DXC 入口またはイーサネット スイッチをロードすることを試みるとき問題に直面すると現われます。 モジュールを再起動して下さい。 問題が持続する場合、モジュールを交換して下さい。
80 モジュール Major inventoryFail コンポーネント失敗 コンポーネント失敗はモジュール 識別が正しくないと発生します。 モジュールを交換して下さい。
81 モジュール Critical inletFail DXC 入口失敗 電源-入/切の後でオペレーションを回復 し 電源の再投入(異なる温度の電源-入/切)サービスモジュール、カード損いアラーム状態を維持できる時。 sych で状態はカード トラフィックを運びません。 カードが「DXC 入口故障警告」を表示するとき、カードの LED はまたレッドです。 カードはソフトウェア リセットの後で正常な動作を回復 します。 この問題は 20 電源サイクル毎にからおよそ 1 に発生します。 モジュールを再起動して下さい。 問題が持続する場合、モジュールを交換して下さい。
82 モジュール Critical inletBitError DXC 入口ビットエラー EoS マッパーとのカードはパケットロスを経験できます。 たとえば、8xSTM1+map モジュールおよび「DXC 入口ビットエラー アラーム」状態の EoS ポートにマッピング される LAN トラフィックは極度な温度 サイクル--に 8xSTM1+map カードをさらすとき発生する場合があります(2 時間の 50?C への -5 は各々の極度な温度および 1?C/min グラデーションに住みます)。 パケットロスおよび条件は 8xSTM1+map カードに発生する場合があります。 これは温度ストレスの下だけに発生します。 問題がである 10 Packets Lost の平均、およびより少しに発生する周波数は 12 時間に記録されるより 100 アラーム循環します。 公称の条件レコード失敗無し。 -
83 モジュール Critical cardIsolated 接続されていなかったカードに 「カードによって隔離される」エラーはこれらの状態で発生する場合があります:
  1. カード異常はモジュールがインサービスの間、発生します:
    1. 取り外されるモジュール(シャーシから得られて)。
    2. モジュールは壊れました(モジュールの電力損失)。
    3. Dxc 入口失敗(基本 カードとモジュール間のインターフェイス)。

      a)か b)または c)が純粋な SDH/PDH モジュールに発生する場合、アラームは現われます。

      • Card_removed (a)
      • Card_anomaly (B/C)
      さらに a)がスイッチ(8xstm1_map/8xfe/2xge/4xfe_map/8xmap)のモジュールに発生すればアラームは(card_removed)、クロスバーまたはスイッチ システムのリカバリ/一掃処理に完全なデバイス再起動、よる現われます。 デバイスが再度稼働しているとき、card_removed アラームはまだあります。 さらに b)か c)がスイッチ(8xstm1/8xfe/2xge/4xfe_map/8xmap)のモジュールに発生すればアラームは(card_anomaly)、完全なデバイス再起動します、クロスバーまたはスイッチ システムのリカバリ/一掃処理が原因で現われますが。 デバイスが再度稼働しているとき、壊れるモジュールは「隔離されて」マークされます。
  2. モジュールで(スイッチと-モジュールをシャットダウンすると 8xstm1/8xfe/2xge/4xfe_map/8xmap)熱削除プロセスは失敗します。 再度クロスバーまたはスイッチ システムのリカバリ/一掃処理にシステム 再始動、よる。 デバイスが再度稼働しているとき、壊れるモジュールは「隔離されて」マークされます。
モジュールが「隔離された」アラーム状態に行きつくとき、物理的 な処理によって、モジュールを交換して下さい引き起こされない。
84 モジュール Critical cardAnomaly カード異常 接続されていなかったカードに参照して下さい。 -
85 モジュール Critical hotSwapFailure ホット スワップ失敗 このアラームはモジュールがプロセッサに報告することができないイーサネットサービスはモジュールのために操作上になりませんことを示し。 モジュールを再起動して下さい。 問題が持続する場合、別のスロットでモジュールを挿入することを試みて下さい。 問題がそれでも持続する場合、モジュールを交換して下さい。 モジュールが異なるスロットで壊れなかった場合、メインボード(XBAR)の問題があるように確認して下さい。

さらに、ONS15305 のためのソフトウェアの 1.x レベルのためのこの条件を経験できます。 詳細については、それぞれユニットのための最新の Software Release Note の既知の問題を参照して下さい。

86 モジュール 警告 modOos モジュール Out Of Service このイベントはモジュールが OOS 状態を入力すると発生します。 -
87 モジュール 警告 modOosMaint メンテナンスによるモジュール OOS このイベントはモジュールがメンテナンス状態によって OOS を入力すると発生します。 -
88 モジュール 警告 modIns モジュール 稼働中 このイベントはモジュールがインサービス状態を入力すると発生します。 -
89 モジュール 警告 unknownFlashType 検出する 未知のフラッシュデバイス このアラームはフラッシュするプロセスがモジュールの未知フラッシュ型を検出すると現われます。 モジュールを再起動するか、またはリブートして下さい。 アラームが持続する場合、モジュールを交換して下さい。
90 モジュール 警告 errorNewBank 最も新しいバンクのエラー このエラーはモジュールがダウンロードされた ファームウェアから開始しないと現われます。 再試行ダウンロード。
91 モジュール 警告 moduleShutdown モジュール シャットダウン このイベントはモジュールがシャットダウン状態を入力すると発生します。 -
92 モジュール 警告 moduleRestart モジュール 再始動 このイベントはモジュールが再始動状態を入力すると発生します。 -
93 モジュール 警告 modUnEq 未実装モジュール このイベントはモジュールかスロットが未実装状態を入力すると発生します。 -
94 mst Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が 1E-5 より大きい場合現われます。 パスの RS セクションのためのビットエラーがあるかどうか調査して下さい。 たとえば、無線ホップ。
95 mst マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率が設定された閾値より大きいと現われます。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 BER がこのしきい値を超過すると(デフォルト)に設定 された、アラームは現われます。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 パスの RS セクションのために報告されるビットエラーがあるかどうか調査して下さい。 たとえば、無線ホップ。 このアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを改良して下さい。
96 mst マイナー csf Dcc 終了障害 このアラームはのために接続アクティブ DCCm (D4-D12)発生するであるが、場合がありましたりきちんともう一方で終わりません。 リンクの両端が等しい DCC 設定を得るかどうか確かめて下さい。
97 mst マイナー AIS アラーム表示信号 MS-AIS はマルチプレクサ セクション(MS)のためのアラーム表示信号です。 頻繁に設定されなかった送信する MS-AIS ではない STM-n ポート、および入力信号無しの再生器は MS-AIS を送信します。 AIS が MS に現われる場合、パスのリジェネレータ セクションのアラーム条件を、たとえば、無線ホップ確認して下さい。 反対ポートの設定をまた確認して下さい。
98 mst マイナー RDI リモート障害表示 RS アラーム(LOS、LOF、ティム、AIS)または MS-AIS が STM-n ポートで現われる場合、MS-RDI はそのポートで出かけます。 パスのリジェネレータ セクションのアラーム条件を、たとえば、無線ホップ確認して下さい。 また反対ポートの設定をチェックして下さい。
99 mst Critical msp MSP シグナリング問題 この問題は一般的に 設定でミスマッチがある場合発生します。 すなわち、これは設定が一端で単方向およびもう一方の端で双方向であると発生します。 MSP 設定をチェックして下さい。
100 mst 警告 switchToProt 保護に切り替えられる MSP このイベントはトラフィックが「保護」に「はたらくことから」切り替わる場合発生します。 -
101 mst 警告 switchToWork はたらくことに切り替えられる MSP このイベントはトラフィックが「はたらくこと」に「保護から」切り替わる場合発生します。 -
102 mst 警告 mspComTimeOut 時間を計られる MSP コマンド取除かれる このイベントは一方の端で正常に入力する MSP コマンドのタイムアウトを示します。 タイムアウトはもう一方の端から「原因でいいえ」発生しません。 このアラームは双方向 MSP を使用するとだけ現われます。 このイベントは機能不全を示さないし、アラーム状態または MSP コマンドの異なる組み合わせの MSP プロトコルの結果として発生する場合があります。
103 mst 警告 mspComOverruled 却下される MSP コマンド取除かれる このイベントはユーザが接続の反対側で高優先順位の MSP コマンドを入力したことを示します。 結果は一方の端の MSP コマンドが取除かれることです。 このアラームは双方向 MSP を使用するとだけ現われます。 -
104 電力 Critical pwrInA 電源の障害は A を入力しました これは入力 A が不在であることを意味します。 電源コードをチェックするか、または供給して下さい。
105 電力 Critical pwrInB 電源の障害 入力 B これは入力 B が不在であることを意味します。 電源コードをチェックするか、または供給して下さい。
106 電力 Critical pwrOut 出力失敗 これは 48VDC/230VAC 電源モジュールが内部電力(5V)を提供しないことを示します。 モジュールを交換して下さい。
107 電力 Critical pwrFail 電源モジュール このアラームは電源モジュールが管理上有効に なり、取り外されれば現われます。 -
108 電力 Critical diagFail 診断失敗 この失敗は不正確なモジュール 識別が原因で発生します。 モジュールを交換して下さい。
109 電力 Major inventoryFail コンポーネント失敗 このイベントは正しい HW コンポーネントが電源モジュールから取得することができない場合発生します。 この条件は多分モジュールの置換を必要としましたり、まだ操作上である場合もあります。 このアラームがスロットのために現われる場合、挿入されるモジュールの依存しないはアラーム シャーシの問題を示唆します。 この場合、デバイスを取り替えて下さい。
110 電力 Critical pwrUIL 230VAC 入力下位 このアラームは AC モジュールが 230VAC アウトレットから 195VAC よりより少しを受け取ると現われます。 モジュールは出力電圧が外部規定 された許容範囲である場合出力電圧を切り、アラームをアクティブにします(6V かより少なくその 5V より高く)。 モジュールはまた 11A に最大出力電流を制限します。
111 電力 Critical pwrUIH 高い 230VAC 入力 このアラームは AC モジュールが 230VAC アウトレットから 255VAC より多くを受け取ると現われます。 モジュールは出力電圧が外部規定 された許容範囲である場合出力電圧を切り、アラームをアクティブにします(6V かより少なくその 5V より高く)。 モジュールはまた 11A に最大出力電流を制限します。
112 rst Critical LOF Loss of Frame(LOF; フレーム同期損失) フレーム同期損失(LOF)アラームはフレーム同期化が認識可能ではない、Out Of Frame (OOF) アラームは 3ms のために持続しますと現われ。 OOF を設定 して下さい。
113 rst Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が 1E-5 より大きい場合現われます。 中間ノード間のネットワークの他のセクションのために報告されるビットエラーがあるかどうか調査して下さい。
114 rst マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率が設定された閾値より大きいと現われます。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 BER がこのしきい値を超過すると(デフォルト)に設定 された、アラームは現われます。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 このアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを改良して下さい。
115 rst Critical ティム トレース 識別子 ミスマッチ トレース 識別子 ミスマッチはパス トレースを有効に し、「受け取ったストリング」が「期待されたストリング」と異なっていると発生します。 このアラーム条件はトラフィックを停止します。 物理接続の両端で設定されたストリングを確認して下さい。 パス トレース 識別子属性を設定 する必要はありません複雑なネットワークの接続をチェックするのにツールを使用できます。 基本的には、パス トレース 識別子はパスのはじめに挿入され、パスの終わりに得られます。 論理値に、(のような、"BONN-3-21")送信される設定 された パス トレース ネットワークの反対側はこの値を受け取るかどうか確認できる時。 期待されるパス トレースの値を入力し、パス トレースを有効に する場合、ティム アラームは受け取った値が送信された値と異なっている場合現われます。
116 rst マイナー csf Dcc 終了障害 このアラームはアクティブであるが、現われましたりきちんともう一方で終わりません DCCr (D1-D3)接続のために。 リンクの両端が等しい DCC 設定を得るかどうか確かめて下さい。
117 rst Critical OOF フレーム同期外れ Out Of Frame (OOF) アラームはと認識可能のフレーム同期化現われます。 OOF 状態はフレーム同期損失(LOF)アラームという結果に 3ms で耐久性があったら終ります。 ポートで設定されるフレーミングフォーマットが行のフレーミングフォーマットと一致するかどうか確認して下さい。 他のフレーミング フォーマットを試用して、アラームがクリアされるかどうかを調べてください。 ポートのための統計情報レポート(RS)を開き、悪いラインの証拠を探して下さい。 ビットエラーはタイミングに関する問題を示唆できます。 悪い行の証拠を見つける場合、問題を隔離して下さい。 これのために、物理的に接続の各端にケーブルのポートをループして下さい。
118 sdhPort Critical LOS Loss of Signal(LOS; 信号消失) - -
119 sdhPort マイナー orxo 光レシーバ 過負荷 このアラームは STM-4 および STM-16 で受信 シグナルが余りに強いとき現われます(光 Rx レベル余りに高く)。 レベルを与えられる最大は光レシーバのモジュールタイプおよび型によって決まります。 トラフィックが変化しなく残ることを確かめるために光 Rx レベルを減らして下さい。
120 sfp 警告 sfpRemoved モジュールから取除かれる SFP このイベントは SFP がポートで取除かれたことを示します。 -
121 sfp 警告 sfpInserted モジュールで挿入される SFP このイベントは SFP がポートで挿入されたことを示します。 -
122 スロット Critical modMis モジュール ミスマッチ このアラームは設定するモジュールタイプが挿入するモジュールと異なっている場合現われます。 アラームはモジュールを交換すればクリアしましたり、または期待されたモジュールを変更します(期待され、インストールされる間の一致を作成するため)。
123 スロット Critical modOut 取り外されるモジュール このアラームはモジュールがインサービス状態にあり、スロットから得られれば現われます。 モジュールを引き出す前にモジュール シャットダウ ン プロセスを発行して下さい。
124 tu12 マイナー AIS アラーム表示信号 NE が TU-12 の上の TU-12 レベルまたはレベルの問題を検出するとき、TU-12 ペイロードは無効です。 NE はフォワーディング方向の AIS とそれからペイロードを取り替えます。 すべてのそれに続く NE は TU-AIS を検出する。

このアラームはデフォルトで抑制されます。

AIS が TU-12 のために現われる場合、パスの中間ノード間のセクションのアラーム条件を確認して下さい。
125 tu12 Critical 取り除いて下さい ポインタ損失 このアラームは NE が TU-12 ポインタを解読することができないと現われます。 このアラームは普通 NE が実際に TU-12s を期待するとき NE が TU-3s を受け取ることを示します。 接続された STM-n ポートが両端で同じ構造を維持するかどうか確かめて下さい。
126 tu12 警告 switchWork はたらくことに切り替えられる SNCP このイベントはトラフィックが「はたらくこと」に「保護から」切り替わる場合発生します。 切り替え基準は SNCP 型、即ち、SNC/i または SNC/n.が含まれています。 2 間の主な違いはまた AIS/LOP アラームのスイッチに加えてその SNC/n、つけます(不侵入) UNEQ/TIM/DEG/EXC アラームをです。 -
127 tu12 警告 switchProt 保護に切り替えられる SNCP このイベントはトラフィックが「保護」に「はたらくことから」切り替わる場合発生します。 切り替え基準は SNCP 型、即ち、SNC/i または SNC/n.が含まれています。 2 間の主な違いはまた AIS/LOP アラームのスイッチに加えてその SNC/n、つけます(不侵入) UNEQ/TIM/DEG/EXC アラームをです。 -
128 tu3 マイナー AIS アラーム表示信号 NE が TU-3 の上の TU-3 レベルまたはレベルの問題を検出するとき、TU-3 ペイロードは無効です。 NE はフォワーディング方向の AIS とそれからペイロードを取り替えます。 すべてのそれに続く NE は TU-AIS を検出する。

このアラームはデフォルトで抑制されます。

AIS が TU-3 のために現われる場合、パスの中間ノード間のセクションのアラーム条件を確認して下さい。
129 tu3 Critical 取り除いて下さい ポインタ損失 このアラームは NE が TU-3 ポインタを解読することができないと現われます。 このアラームは普通 NE が実際に TU-3s を期待するとき NE が TU-12s を受け取ることを示します。 接続された STM-n ポートが両端で同じ構造を維持するかどうか確かめて下さい。
130 tu3 警告 switchWork はたらくことに切り替えられる SNCP このイベントはトラフィックが「はたらくこと」に「保護から」切り替わる場合発生します。 切り替え基準は SNCP 型、即ち、SNC/i または SNC/n.が含まれています。 2 間の主な違いはまた AIS/LOP アラームのスイッチに加えてその SNC/n、つけます(不侵入) UNEQ/TIM/DEG/EXC アラームをです。 -
131 tu3 警告 switchProt 保護に切り替えられる SNCP このイベントはトラフィックが「保護」に「はたらくことから」切り替わる場合発生します。 切り替え基準は SNCP 型、即ち、SNC/i または SNC/n.が含まれています。 2 間の主な違いはまた AIS/LOP アラームのスイッチに加えてその SNC/n、つけます(不侵入) UNEQ/TIM/DEG/EXC アラームをです。 -
132 vc12 Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が 1E-5 より大きい場合現われます。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうか調査して下さい。
133 vc12 マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率が設定された閾値より大きいと現われます。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 (デフォルト)に設定 された、アラームは BER がこのしきい値を超過すると現われます。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうかこのアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを調査します改良して下さい。
134 vc12 Critical ティム トレース 識別子 ミスマッチ このアラームはパス トレースが有効に なり、「受け取ったストリング」が「期待されたストリング」と異なっているとき現われます。 このアラーム条件は期待されたおよび受信パス トレース間にミスマッチがあるとき AIS がオリジナルシグナルの代りに挿入されたダウンストリームであるのでトラフィックを停止します。

SDH (EoS)ポート マッパー上のイーサネットに関しては、パス トレースは各ユーザー VC のための受け取ったストリングを読むことができるけれども、各グループのグローバル な 設定です。

VC-12 終了の両端で設定されたストリングを確認して下さい。 パス トレース 識別子属性を設定 する必要がありません複雑なネットワークの接続をチェックするのにツールを使用できます。 基本的には、パス トレース 識別子はパスのはじめに挿入され、パスの終わりに得られます。 論理値に、(のような、"BONN-3-21")送信される設定 された パス トレース容易にネットワークの反対側はこの値を受け取るかどうか確認できる時。 パス トレース 期待値の値を入力し、パス トレースを有効に する場合、ティム アラームは受け取った値が送信された値と異なっている場合引き起こされます。
135 vc12 マイナー RDI リモート障害表示 このアラームは VC-12 がもう一方で終わるポイントで着信 アラームの存在を示します。 アラームは UNEQ、ティム、または SSF のどちらである場合もあります。 -
136 vc12 マイナー ssf サーバ シグナル障害 このアラームはデバイスのアラームがこの VC-12 終端地点のトラフィックに影響を及ぼすことを示します。 たとえば、相互接続の反対側の STM-n ポートの LOSアラーム。 -
137 vc12 Critical uneq 未実装 このアラームは VC-12 にペイロードがないことを意味します。 このアラームは普通設定されたペイロードのための接続切断を示します。 たとえば、2Mbit (E1)を有効に したりしかし VC を相互接続しなければ、このアラームは現われます。 -
138 vc12 Critical plm ペイロード ミスマッチ シグナル ラベルはどのようなペイロードを VC-12 が伝送するか示します。 そこに期待されたおよび受信 シグナル ラベル間のミスマッチ 検出する ペイロード ラベル ミスマッチ(PLM)は発生します。 設定をもう一方の端でチェックし、相互接続を確認して下さい。
139 vc12Nim Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が TU-12 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある KLM 値のための 1E-5 より大きい場合現われます。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうか調査して下さい。
140 vc12Nim マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率が TU-12 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある KLM 値のための設定された閾値より大きいと現われます。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 (デフォルト)に設定 された、アラームは BER がこのしきい値を超過すると現われます。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうかこのアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを調査します改良して下さい。
141 vc12Nim Critical ティム トレース 識別子 ミスマッチ このアラームはパス トレースが有効に なり、「受け取ったストリング」が TU-12 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある KLM 値のための「期待されたストリング」と異なっているとき現われます。 このアラーム条件はトラフィックに影響を及ぼしません。

EoS マッパー(SDH ポート上のイーサネット各ユーザー VC のための受け取ったストリングを読むことができるけれども、)に関しては、パス トレースはグループごとのグローバル な 設定です。

VC-12 終了の両端の設定されたストリングを確認して下さい。 パス トレース 識別子属性を設定 する必要がありません複雑なネットワークの接続をチェックするのにツールを使用できます。 基本的には、パス トレース 識別子はパスのはじめに挿入され、パスの終わりに得られます。 論理値に、(のような、"BONN-3-21")送信される設定 された パス トレース容易にネットワークの反対側はこの値を受け取るかどうか確認できる時。 パス トレース 期待値の値を入力し、パス トレースを有効に する場合、ティム アラームは受け取った値が送信された値と異なっている場合引き起こされます。
142 vc12Nim Critical uneq 未実装 このアラームは STM-n ポートが TU-12 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある KLM 値のための VC-12 が含まれていないことを示します。 -
143 vc3 Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が 1E-5 より大きい場合報告されます。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうか調査して下さい。
144 vc3 マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率が設定された閾値より大きいと現われます。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 (デフォルト)に設定 された、アラームは BER がこのしきい値を超過すると現われます。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうかこのアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを調査します改良して下さい。
145 vc3 Critical ティム トレース 識別子 ミスマッチ このアラームはパス トレースが有効に なり、「受け取ったストリング」が「期待されたストリング」と異なっているとき現われます。 このアラーム条件は期待されたおよび受信パス トレース間にミスマッチがあるとき AIS がオリジナルシグナルの代りに挿入されたダウンストリームであるのでトラフィックを停止します。

EoS マッパー(SDH ポート上のイーサネット各ユーザー VC のための受け取ったストリングを読むことができるけれども、)に関しては、パス トレースは各グループのグローバル な 設定です。

VC-3 終了の両端の設定されたストリングを確認して下さい。 パス トレース 識別子属性を設定 する必要がありません複雑なネットワークの接続をチェックするのにツールを使用できます。 基本的には、パス トレース 識別子はパスのはじめに挿入され、パスの終わりに得られます。 論理値に送信される設定 された パス トレース("BONN-3-21" のような)容易にネットワークの反対側はこの値を受け取るかどうか確認できる時。 パス トレース 期待値の値を入力し、パス トレースを有効に する場合、ティム アラームは受け取った値が送信された値と異なっている場合引き起こされます。
146 vc3 マイナー RDI リモート障害表示 このアラームは VC-3 がもう一方で終わるポイントで着信 アラームの存在を示します。 アラームは UNEQ、ティム、または SSF のどちらである場合もあります。 -
147 vc3 マイナー ssf サーバ シグナル障害 このアラームはデバイスのアラームがこの VC-3 終端地点のトラフィックに影響を及ぼすことを示します。 たとえば、相互接続の反対側の STM-n ポートの LOSアラーム。 -
148 vc3 Critical uneq 未実装 このアラームは設定されたペイロードのための接続切断を示します。 たとえば、34Mbit (E3)を有効に したりしかし VC を相互接続しなければ、このアラームは発生します。 -
149 vc3 Critical plm ペイロード ミスマッチ ミスマッチが期待されたおよび受信 シグナル ラベルの間で検出する ペイロード ラベル ミスマッチ(PLM)は発生します。 -
150 vc3Nim Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が TU-3 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある K 値のための 1E-5 より大きい場合現われます。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうか調査して下さい。
151 vc3Nim マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率が TU-3 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある K 値のための設定された閾値より大きいと現われます。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 (デフォルト)に設定 された、アラームは BER がこのしきい値を超過するとき発します。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうかこのアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを調査します改良して下さい。
152 vc3Nim Critical ティム トレース 識別子 ミスマッチ このアラームはパス トレースが有効に なり、「受け取ったストリング」が TU-3 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある K 値のための「期待されたストリング」と異なっているとき現われます。 このアラーム条件はトラフィックに影響を及ぼしません。

EoS マッパー(SDH ポート上のイーサネット各ユーザー VC のための受け取ったストリングを読むことができるけれども、)に関しては、パス トレースはグループごとのグローバル な 設定です。

VC-3 終了の両端の設定されたストリングを確認して下さい。 パス トレース 識別子属性を設定 する必要がありません複雑なネットワークの接続をチェックするのにツールを使用できます。 基本的には、パス トレース 識別子はパスのはじめに挿入され、パスの終わりに得られます。 論理値に、(たとえば、"BONN-3-21")送信される設定 された パス トレース容易にネットワークの反対側はこの値を受け取るかどうか確認できる時。 パス トレース 期待値の値を入力し、パス トレースを有効に する場合、ティム アラームは受け取った値が送信された値と異なっている場合引き起こされます。
153 vc3Nim Critical uneq 未実装 このアラームは STM-n ポートが TU-3 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある K 値のための VC-3 が含まれていないことを示します。 -
154 vc4 Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が 1E-5 より大きい場合現われます。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうか調査して下さい。
155 vc4 マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率が設定された閾値より大きいと現われます。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 (デフォルト)に設定 された、アラームは BER がこのしきい値を超過すると現われます。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうかこのアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを調査します改良して下さい。
156 vc4 Critical ティム トレース 識別子 ミスマッチ このアラームはパス トレースが有効に なり、「受け取ったストリング」が「期待されたストリング」と異なっているとき現われます。 このアラーム条件は期待されたおよび受信パス トレース間にミスマッチがあるとき AIS がオリジナルシグナルの代りに挿入されたダウンストリームであるのでトラフィックを停止します。

EoS マッパー(SDH ポート上のイーサネット各ユーザー VC のための受け取ったストリングを読むことができるけれども、)に関しては、パス トレースは各グループのグローバル な 設定です。

VC-4 終了の両端の設定されたストリングを確認して下さい。 パス トレース 識別子属性を設定 する必要がありません複雑なネットワークの接続をチェックするのにツールを使用できます。 基本的には、パス トレース 識別子はパスのはじめに挿入され、パスの終わりに得られます。 論理値に、(たとえば、"BONN-3-21")送信される設定 された パス トレース容易にネットワークの反対側はこの値を受け取るかどうか確認できる時。 パス トレース 期待値の値を入力し、パス トレースを有効に する場合、ティム アラームは受け取った値が送信された値と異なっている場合引き起こされます。
157 vc4 マイナー RDI リモート障害表示 このアラームは VC-4 がもう一方で終わるポイントで着信 アラームの存在を示します。 着信 アラームは UNEQ、ティム、または SSF のどちらである場合もあります。 -
158 vc4 Critical lom マルチフレーム同期損失 TU-12s を運ぶ VC-4 に H4 バイトでマルチフレーム示す値があります。 このマルチフレーム示す値が不在である場合、マルチフレーム同期損失は発生します。 設定をもう一方でチェックして下さい。
159 vc4 マイナー ssf サーバ シグナル障害 このアラームはデバイスのアラームがこの VC-4 終端地点のトラフィックに影響を及ぼすことを示します。 たとえば、相互接続の反対側の STM-n ポートの LOSアラーム。 -
160 vc4 Critical uneq 未実装 このアラームは VC-4 にペイロードがないことを意味します。 このアラームは普通設定されたペイロードのための接続切断を示します。 設定をもう一方でチェックし、相互接続を確認して下さい。
161 vc4 Critical plm ペイロード ミスマッチ シグナル ラベルはどのようなペイロードを VC-4 が伝送するか示します。 ペイロード ラベル ミスマッチ(PLM)アラームは期待されたおよび受信 シグナル ラベル間のミスマッチの場合には現われます。 設定をもう一方でチェックし、相互接続を確認して下さい。
162 vc44cNim Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が現われます AU-4-4C として構成され、不侵入モニタ アクティブがある a.c.のための 1E-5 より大きければ-評価して下さい。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうか調査して下さい。
163 vc44cNim マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率がと現われます AU-4-4c として構成され、不侵入モニタ アクティブがある a.c.のための設定された閾値より大きい-評価して下さい。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 (デフォルト)に設定 された、アラームは BER がこのしきい値を超過すると現われます。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうかアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを調査します改良して下さい。
164 vc44cNim Critical ティム トレース 識別子 ミスマッチ このアラームはパス トレースが有効に なり、「受け取ったストリング」が AU-4-4c として構成され、不侵入モニタ アクティブがある a.c.のための「期待されたストリング」と異なっているとき現われます-評価して下さい。 このアラーム条件はトラフィックに影響を及ぼしません。 ティム アラームが VC-4-4c レベルに時、VC-4-4c 終了の両端の設定されたストリングを確認して下さい。 パス トレース 識別子属性を設定 する必要がありません複雑なネットワークの接続をチェックするのにツールを使用できます。 基本的には、パス トレース 識別子はパスのはじめに挿入され、パスの終わりに得られます。 論理値に、(たとえば、"BONN-3-21")送信される設定 された パス トレース容易にネットワークの反対側はこの値を受け取るかどうか確認できる時。 パス トレース 期待値の値を入力し、パス トレースを有効に する場合、ティム アラームは受け取った値が送信された値と異なっている場合引き起こされます。
165 vc44cNim Critical uneq 未実装 このアラームは STM-n ポートが AU-44c として構成され、不侵入モニタ アクティブがある a.c.のための VC-44c が含まれていないことを示します-評価して下さい。 -
166 vc4Nim Major exc BER 過度のエラー 比率 このアラームはビット エラー率が AU-4 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある CB 値のための 1E-5 より大きい場合現われます。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうか調査して下さい。
167 vc4Nim マイナー deg 信号劣化(BER 下位) このアラームはビット エラー率が AU-4 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある CB 値のための設定された閾値より大きいと現われます。 1E-6 からの 1E-9 にこのアラームのためのしきい値を設定できます。 たとえば、場合 1E-7 (デフォルト)に設定 された、アラームは BER がこのしきい値を超過するとき発します。 探知 時間はしきい値によって決まります。 (1E-6 は短い探知 時間を、1E-9 過しますより長い探知 時間を過します)。 ビットエラーが中間ノード間のネットワークの他のセクションのために発生するかどうかこのアラームをクリアするために、ファクタ 10.によって BER レベルを調査します改良して下さい。
168 vc4Nim Critical ティム トレース 識別子 ミスマッチ このアラームはパス トレースが有効に なり、「受け取ったストリング」が AU-4 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある CB 値のための「期待されたストリング」と異なっているとき現われます。 このアラーム条件はトラフィックに影響を及ぼしません。

EoS マッパー(SDH ポート上のイーサネット各ユーザー VC のための受け取ったストリングを読むことができるけれども、)に関しては、パス トレースは各グループのグローバル な 設定です。

ティム アラームが VC-4 レベルに時、VC-4 終了の両端の設定されたストリングを確認して下さい。 パス トレース 識別子属性を設定 する必要がありません複雑なネットワークの接続をチェックするのにツールを使用できます。 基本的には、パス トレース 識別子はパスのはじめに挿入され、パスの終わりに得られます。 論理値に、(たとえば、"BONN-3-21")送信される設定 された パス トレース容易にネットワークの反対側はこの値を受け取るかどうか確認できる時。 パス トレース 期待値の値を入力し、パス トレースを有効に する場合、ティム アラームは受け取った値が送信された値と異なっている場合引き起こされます。
169 vc4Nim Critical uneq 未実装 このアラームは STM-n ポートが AU-4 として構成され、不侵入モニタ アクティブがある CB 値のための VC-4 が含まれていないことを示します。 -
170 vcat Critical lom Vcat マルチフレーム同期損失 すべての Vcat VC ns はシンク端の Vcat グループのすべてのメンバーを再調整するマルチフレーム示す値を運びます。 シンク端がマルチフレーム示す値を解読することができない場合 Vcat マルチフレーム同期損失は発生します。 設定をもう一方でチェックし、相互接続を確認して下さい。
171 vcat Major sqm 手順標識ミスマッチ このアラームは受信シーケンス(SQ)数が予想されるシーケンス番号と異なっていると現われます。 これは非LCAS モードでだけ適当です。 設定をもう一方でチェックし、相互接続を確認して下さい。
172 vcat Major loa 損失はの一直線に並びます。 トラフィック CH このアラームはチャネル間の余分な遅延差がチャネル配置を防ぐと現われます。 VCAT メンバー間の遅延差が最大耐えられる遅延より小さいことを確認して下さい。
173 WAN Critical wanDelay VC12s 上記の制限間の遅延 このアラームは VC-12s 間の遅延差が ca. 6.5 ミリ秒を超過すると現われます このアラームは loa に類似したでが、独自のマッピングが付いている WAN ポートのためにだけ現われます。 -
174 WAN Critical seqFail 間違ったチャネル seq 番号付け P2P このアラームは VC の順序が不正確であると現われます。 このアラームは sqm に類似したでが、独自のマッピングが付いている WAN ポートのためにだけ現われます。 2 つの WAN ポート間のイーサネットトラフィックを運ぶ VC の順序を確認して下さい。
175 WAN Major plc 部分的な 損失 キャパシティ このアラームは管理上設定 される何が EoS マッパーの帯域幅のための動作状態がより少しよりであると現われます。 このアラームは双方向 キャパシティ(独自のマッピング)のポートのためにだけ現われます。 -
176 WAN Critical TLC 総 損失 キャパシティ このアラームは SDH アラームによるポートのトラフィックの不在の場合に現われます。 このアラームは双方向 キャパシティ(独自のマッピング)のポートのためにだけ現われます。 -
177 WAN Major plcr 部分的な 損失 キャパシティ rx このアラームは交通容量が SDH アラームによるこのポートの受信 方向でよりより少なく提供されるとき現われます。 -
178 WAN Critical tlcr 総 損失 キャパシティ rx このアラームは SDH アラームによるこのポートの受信 方向にトラフィックがないと現われます。 -
179 WAN 警告 rldot1dStpPortState フォワーディング FORWARDING 状態遷移に学ぶブリッジ ポート- このアラームは「フォワーディング」状態に」状態を学んでいるからのある特定のポートのための STP ポート状態の移動を「示します。 ポートは今トラフィックを転送します。 このアラームはトポロジーの変更を表示します。
180 WAN 警告 rldot1dStpPortState NotForwarding 閉鎖状態遷移に転送するブリッジ ポート- このアラームは「フォワーディング」状態からの状態の「ブロック」にある特定のポートのための STP ポート状態の移動を示します。 ポートはもはやトラフィックを転送しません。 このアラームはトポロジーの変更を表示します。


関連情報


Document ID: 64208