IP : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

Cisco ONS 15454 のイーサネット接続オプションの管理

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

イーサネットおよび Data Communications Channel(DCC)のポート上で Cisco ONS 15454 ノードを管理できます。 さまざまなオプションにより接続が可能です。 このドキュメントでは、さまざまなイーサネット ポートが互いにどのように関連しているかを取り上げ、ケーブル配線手順について説明します。 またドキュメントには、接続例を示すケース スタディも含まれています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ONS 15454

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15454

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

規格を配線するカテゴリ 5 ケーブル

3 つの配線規格はカテゴリ 5 非シールド ツイスト銅対線のための使用中の今日です(詳細については表 1 を参照して下さい):

  • EIA/TIA 568A

  • EIA/TIA 568B か AT&T 258A

  • USOC (統一サービス発注コード)

すべての 3 ケーブル仕様は同じ 8 つのケーブル色を使用しますが、配線(かケーブルにピン マッピング)異なっています。 EIA/TIA 568B (短いのための T568B)は今日配線するもっとも一般的なです。

RJ 45 は(RJ が登録済みのジャッキを意味するかところに)広く使われたコネクタです。 以前に RJ-61X と呼ばれた USOC は RJ 45 を定義します。

Ethernet 10baset および 100BaseT は 4 つのネットワークだけ使用します。

表 1 –イーサネットのためのカテゴリ 5 UTP ケーブル ピン

ピン番号 EIA/TIA 568A AT&T 258A、か EIA/TIA 568B USOC イーサネット 10BASE-T 100BASE-T
1 白/緑 白/橙 ブラウンかブラウン/白 X
2 グリーン/白またはグリーン オレンジ/白またはオレンジ 白/緑 X
3 白/橙 白/緑 白/橙 X
4 ブルー/白またはブルー ブルー/白またはブルー ブルーかブルー/白 未使用
5 白/青 白/青 白/青 未使用
6 オレンジ/白またはオレンジ グリーン/白またはグリーン オレンジかオレンジ/白 X
7 白/茶 白/茶 グリーンかグリーン/白 未使用
8 ブラウン/白かブラウン ブラウン/白かブラウン 白/茶 未使用

イーサネット ピン配列

イーサネットは無線周波数干渉(RFI)を減らす差分信号を使用します。 送信されたシグナルは 2 つの別々のライン、1 同様に負(+)、および他で肯定的な(-)送信 されます。 従ってレシーバは実質場合を得る 2 つの場合の間で違いを奪取 し RFI によって引き起こされるノイズを除去します。 場合に両方とも同じノイズ レベルがあることを確認するために、反対場合をより合わせて下さい。

各ピンのための場合の種類は配線されるデバイスの種類によって決まります。 イーサネットデバイスには 2 つの型があります:

  • データ端末装置(DTE)は—ユーザ デバイス、たとえば、ルータまたは PC である。

  • データ通信機器(DCE)は—ネットワークデバイス、たとえば、ハブ、リピータ、またはスイッチである。

表 2 リストはピン配列に信号を送ります。

クロス オーバー ケーブルを 2 つの同じようなデバイス(DCE への DCE、または DTE への DTE を)接続するために必要とします。 ストレート ケーブルが異なったデバイス(DTE への DCE または逆に)を接続することを必要とします。 ピンを受け取るために送信する ピンを一致する下さい。 さらに極性ミスマッチがある場合、いくつかのデバイスが正しく機能しないので、また負に肯定的および否定的に肯定的な極性を、すなわち一致する下さい。 LED がつかない場合、影響は配線が正常ではないことです。

表 2 –イーサネット ピン配列

ピン番号 DTE DCE
1 送信+ | 受信+ |
2 Transmit- Receive-
3 受信+ | 送信+ |
4 Receive- Transmit-

表 2 は使用可能なピンだけ含まれています。

Cisco ONS 15454 のイーサネットポート

ONS 15454 シャーシは 3 つのイーサネットポートが含まれています:

  • アクティブTCC の 1 つのイーサネットポート。 ここの TCC はカード、即ち、TCC、TCC+ および TCC2 のさまざまな生成を代表します。

  • スタンバイTCC の 1 つのイーサネットポート。

  • バックプレーンの 8 つのワイヤラップピン。 上 4 本のピンだけ LAN 接続のために使用されます。

すべてのポートは半二重の 10 Mbps で固定です。

Cisco ONS 15454 のすべてのイーサネットポートは DCE として配線されます。 このように外部デバイスが DCE なら、クロス オーバー ケーブルを必要とします。 外部デバイスが DTE である場合、ストレート ケーブルを必要とします。

3 つのイーサネットポート(1、およびバックプレーンの各 TCC の 1)は 2 つのリピータに内部で配線されます(図を 1)参照して下さい。 各 TCC で、1 つのリピータはすべてのイーサネットポートを接続します。 また 2 つのリピータはバックプレーンのピンを通して直接接続されます。

図 1 – ONS 15454 のイーサネットポート 配線

f1_64088.gif

何れかの 2 つのポートか 3 つのポートがすべて同じ(外部)ハブかリピータに接続される場合、リピータ ループは形成されます。 リピータ ループは常に回避する必要があります。

警告 警告: リピータ ループはトラフィック嵐という結果に終る場合があります。 ループのハブまたはリピータのすべてのポートは接続を失う場合があります。

図 2 2 つの TCC ポートが同じハブに接続されるシナリオを表します。 リピータ ループは 2 つの TCC イーサネットポートとハブの間で形成されます。 トラフィックはすべてのポートが飽和するまで循環します。 同じ問題は同じハブにバックプレーン イーサネットポートおよび TCC ポートを接続すると発生します。

図 2 –リピータ ループの例

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/optical-networking/ons-15454-sonet-multiservice-provisioning-platform-mspp/64088-f2-64088.gif

Spanning Tree Protocol (STP)が 1 つのポートだけ FORWARDING 状態にあるようにするのでループなしでスイッチにマルチポートを接続できます。 ただし、各 STP 統合の間に接続の一時的 な 損失を(約 30 秒のために)経験します。

バックプレーンのネットワーク ラップ

Cisco ONS 15454 ANSI システムのバックプレーンは A1 によって A4 および B1 によって B4 としてマークされる 8 本の LAN ピンが含まれています。 使用接続する) A1、A2、B1 をおよび B2 だけ(LAN1 にできますがが、使用接続する)他の 4 本のピン(LAN2 にできません。

表 3 および表 4 リスト ANSI および SDH システムのための RJ 45 ピン アソシエーション。

表 3 –バックプレーンの ONS 15454 ANSI のための LAN ピン アサインメント

Pin Field バックプレーン ピン RJ-45 ピン
DCE に接続する LAN 1 B2 1
A2 2
B1 3
A1 6
DTE に接続する LAN 1 B1 1
A1 2
B2 3
A2 6

表 4 – MIC-C/T/P の 15454 SDH のための LAN ピン アサインメント

Pin Field RJ-45 ピン RJ-45 ピン 機能
DCE に接続する LAN 1 1 3 PNMSRX+、白/グリーン
2 6 グリーン PNMSRX-
3 1 PNMSTX+ 白/オレンジ
6 2 PNMSTX-オレンジ
DTE に接続する LAN 1 1 1 PNMSRX+、白/グリーン
2 2 グリーン PNMSRX-
3 3 PNMSTX+ 白/オレンジ
6 6 PNMSTX-オレンジ

T568B カラー コードの配線例

表 5 は T568B 規格によくある配線 カラー コードの例を提供したものです。

表 5 – T568B カラー コードの例

ピン番号 DCE 場合 AT&T 258A、か EIA/TIA 568B
1 受信+ | 白/橙
2 Receive1 オレンジ
3 送信+ | 白/緑
6 Transmit-

この例は使用可能なピンだけ含まれています。

もっとも一般的な 設定は DCEデバイス、のような、LANスイッチまたはハブにバックプレーン イーサネット ピンを接続することです。 このような場合、表 6 にリストされているカラー コードは適当です:

表 6 – 15454 ANSI の DCE のための配線の例

バックプレーン LAN ピン# A B
1 白/緑
2 オレンジ 白/橙

配線を解決して下さい

配線は LANスイッチ/ハブまたは router/PC のポートのための LED がつく、ONS で表示される特定の状態がありません場合正常であり。 配線がピン 1 とピン 2 の間で移行する場合、LED はつきません。 配線が A と B の間で移行する場合、LED はつくことができます条件はまたコントローラカードの種類に基づいて CTC でおよび ONS の LED パネルで、表示することができます。 この条件は「検出する LAN 接続極性反転(COND-LAN-POL-REV)」と呼ばれます。 表 7 は 3 つのタイプのソフトウェア リリース 4.x のためのコントローラカードのこの機能のためのサポートをリストしたものです。

表 7 –異なるコントローラカードのための LAN 極性検出

コントローラカード 検出 LAN 極性 イーサネットはまだ極性が反転しても機能します
TCC+ か TCC
TCC2 なし なし

要約

Cisco ONS 15454 ノードに 3 つのイーサネットポートがあります; アクティブTCC の 1 つ、スタンバイTCC の 1、およびバックプレーンの 1。 これらのポートはリピータによって内部で配線されます。 ハブかリピータに 2 つのまたは 3 つのポートをすべて接続するとき、リピータ フォームは接続切断という結果に、および終る場合があります。

ハブかリピータがアップリンク デバイスである場合、それに 3 つのポートの 1 つだけを接続して下さい。 ソフトウェアリリース 2.0.1 およびそれ以降によって、使用するべき 3 つのポートのどれ相違点は本質的にに関してありません。 ただし、バックプレーン ポートを使用するとき、長所は TCC を取り替えるときケーブルを交換する必要はないことです。

STP をサポートする 2つ以上の同時接続がほしいと思う場合、スイッチを使用して下さい。 STP は FORWARDING 状態に 1 つのポート、および閉鎖状態のポートの他だけ置きます。 Cisco は本番のスイッチを配備する前にラボのスイッチをテストするために推奨します。 STP を使用するとき、統合 停止を理解しておいて下さい。 このオプションの事例研究セクションを詳細については参照して下さい。

3 つのイーサネットポートのそれぞれは DCE として配線されます。 従って、ケーブル接続が接続したいと思うデバイスに基づいているようにして下さい。 Cisco はカテゴリ 5 UTP ケーブルを推奨します。 イーサネットポートのほかに、それがこの資料の範囲を超えてあるので)、SONET DCC ポートを通して管理を用いるここで説明されていない ONS 15454 ノードを、適切 な 設定(できます。

ケース スタディ

このケーススタディは Spanning Tree Protocol (STP)をサポートするレイヤ2スイッチに 15454 のノードを接続する方法を示します。 この資料で以前に示されるように、2 つの TCC ポートおよびバックプレーン Port 形式はイーサネット セグメントを繰り返しました。 ハブに 3 つのポートの 2 つを接続するとき、すべてのセグメントはブロードキャスト ストームおよび衝突が飽和させた原因である場合もあります。 従ってそのような接続を常に避けて下さい。 STP をサポートする 2 同時接続を必要とする場合、スイッチを使用して下さい。 このケーススタディはセットアップを示します。

図 3 2 つのイーサネットポートを通して Catalyst 6509 スイッチに接続される Cisco ONS 15454 ノード(GNE1)を表します:

  • 1 つのイーサネットポートはバックプレーン ポートを通して接続されます。

  • 他のイーサネットポートはスタンバイまたはアクティブTCC の前部イーサネットポートを通して接続されます。

ルータはまたスイッチに接続されます。 Catalyst スイッチの 3 つのイーサネットポートはすべて同じ VLAN にあります。

図 3 –スイッチに接続される 2 つのイーサネットポート

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/optical-networking/ons-15454-sonet-multiservice-provisioning-platform-mspp/64088-f3-64088.gif

GNE1 へのポートが両方とも接続されるとき、各ポートは STP のさまざまなステージを通過します。 ポートの 1 つは非接続を他のポートは非接続を通過するが通過しま、受信し学び、ステージを、転送し受信し、ステージをブロックします。 事実上、1 つのポートだけ FORWARDING 状態にあります。 これはハブ 環境で発生する鮮やかさ問題を除去します。 フォワーディング ポートを切る場合、他のポートはブロッキングを通過しま、受信し学び、ステージを転送します

各 STP 統合の間に、トラフィック移動無しに 30秒期間についてあります。 すなわち、ノードへの接続はそのような期間の間にありません。


関連情報


Document ID: 64088