コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

リアルタイム レポートエラーを解決する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、リアルタイム レポートの実行を試みるとエラーが発生する理由について説明し、Cisco IP Contact Center(IPCC)Express 環境における可能なソリューションを提供します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco Customer Response Solutions(CRS)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 3.x 以降

  • Cisco CRS バージョン 3.x 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

(Customer Response Application (CRA) 管理Webページからリアルタイムレポートを送るように試みるとき図を 1)参照して下さい、レポートは失敗し、このエラーメッセージが現れます:

Unable to connect to the server
図 1 – CRA 管理Webページからリアルタイムレポートを送って下さい

/image/gif/paws/64057/realtime_report_error_01.gif

原因

このエラーはこれらの原因の 1 つが原因で発生する場合があります:

  • ブラウザのプロキシサーバ設定はオリジナル Remote Method Invocation (RMI)通信を妨害します。

  • Response Time Reporter (RTR)サブシステムかデータベース サブシステムは動作していません。

  • Network Interface Cards (NIC) バインディング の 順序は不正確です。

解決策

このセクションは原因によって問題を、解決するためにステップバイステップ手順を提供します。

原因 1 のためのソリューション: 不適当なプロキシサーバ設定

この問題を解決するためにブラウザのプロキシサーバ設定を消すことができます。 次の手順を実行します。

  1. Internet Explorer ブラウザウィンドウを開いて下さい。

  2. Tools > Internet Options の順に選択 して下さい。

    インターネット Options ダイアログボックスは現われます。

  3. Connections タブをクリックして下さい(図を 2)参照して下さい。

  4. [LAN Settings] をクリックします。

    図 2 –インターネット Options ダイアログボックス

    /image/gif/paws/64057/realtime_report_error_02.gif

    ローカル エリア ネットワーク (LAN) Settings ダイアログボックスは現われます:

    図 3 –ローカル エリア ネットワーク設定

    realtime_report_error_03.gif

  5. 使用の Proxy Server セクションの LAN チェックボックスのためのプロキシサーバ チェックを外して下さい(図を 3)参照して下さい。

  6. [OK] を 2 回クリックします。

原因 2 のためのソリューション: RTR か動作しないデータベース サブシステム

RTR サブシステムかデータベース サブシステムが動作していないのでエラーが発生すれば、問題を解決し関連したサブシステムを始めて下さい。 次の手順を実行します。

  1. CRA 管理 ページから System > Engine の順に選択 して下さい。

  2. RTR およびデータベース サブシステムが両方稼働中であるかどうか確かめて下さい。

    サブシステムのどちらかが動作しない場合、サブシステムを開始して下さい。

原因 3 のためのソリューション: 不正確な NIC バインディング の 順序

CRS サーバに Voice over IP (VoIP) モニタを実行するインストールされる 2 NIC があるときそれを確認して下さい:

  • 正常な CRS トラフィックのための NIC は TCP/IP バインディング の 順序の上にあります。

  • VoIP モニタ トラフィックのための NIC は他の NIC の後ろの TCP/IP に結合 されます。

エラーメッセージが不正確な NIC バインディング の 順序が原因に現れる場合、NIC バインディング の 順序を修正するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Start > Settings の順にクリック して下さい。

  2. ネットワークおよびダイヤル式接続を右クリックし、ショートカット メニューから『Open』 を選択 して下さい。

    Network and Dial-up Connections ウィンドウは現われます(図を 4)参照して下さい。

  3. Advanced > Advanced Settings の順に選択 して下さい。

    図 4 –ネットワークおよびダイヤル式接続

    /image/gif/paws/64057/realtime_report_error_04.gif

    高度 Settings ダイアログボックスは現われます:

    図 5 –詳細設定

    realtime_report_error_05.gif

  4. Connections セクションで『Local Area Connections 2』 を選択 して下さい。

  5. Move UP ボタンをクリックして下さい(図を 5)参照して下さい。

  6. 変更を設定するために『OK』 をクリック して下さい。

    新しい NIC バインディング の 順序は今現われます:

    図 6 –新しい NIC バインディング の 順序

    realtime_report_error_06.gif

    注: 前のソリューションが問題を解決しない場合、回避策として Windows サービスからの CRS Node Manager を再起動して下さい。

IPCC 7.x WebViewレポートを引っ張ることが不可能

WebViewレポートのデータを入手することが不可能な最近インストール済み HDS/webview サーバ。 問題はリアルタイム エージェント レポートのためだけです。

解決策

コンフィギュレーションマネージャからの周辺装置の構成をチェックし、新しい HDS がエージェント ディストリビューション(エージェント レポートを受け取る) Admin にワークステーションのリスト追加されなかったことが分りました。

分配リストに新しい Admin ワークステーション(AW)サイト 名を追加しました。 これは問題を解決しました。

エージェント再スキル ページが表示されません

Apache サービスを開始することが不可能。 このエラーメッセージは std.out ログで受け取られます: server.xml をロードできません

解決策

この問題は server.xml が C:\icm\tomcat\conf フォルダの中で抜けていたので引き起こされています。 問題を解決するために、この回避策を完了して下さい:

  1. C:\icm\tomcat\conf フォルダからの server.xml.custom ファイルのコピーを作成して下さい

  2. server.xml としてそのファイルの名前を変更して下さい

  3. Apache サービスを開始して下さい。

    これの後で再スキル ページはうまくロードされます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 64057