コラボレーション : Cisco ICM Logger

ICM Logger データベース設定の同期

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントとでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)環境で、あるロガーからそのペアのロガーへ、ロガー設定データを同期する方法について説明します。

前提条件

要件

Cisco は持っています Cisco ICM のナレッジを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM バージョン 4.6.2 と それ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ロガー同期

ロガー A とロガー B 間のロガー コンフィギュレーションデータを同期するためにこれらの手順を行って下さい:

  1. ロガー A およびロガー両方 B.のコンフィギュレーションデータをエクスポートして下さい。

  2. ロガー A とロガー B.間のデータベースのコンフィギュレーションデータを同期して下さい。

コンフィギュレーションデータをエクスポートして下さい

ロガー A およびロガー両方 B のコンフィギュレーションデータをエクスポートするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ロガーサービスを停止して下さい。

  2. Start > Run の順に選択 し、ICMDBA をタイプし、ICMDBA を開始するために『OK』 をクリック して下さい。

  3. サーバ、例およびノードを規定 するために Figure1 で矢印 A によって示されているようにデータベースを選択して下さい。

    図 1 – ICMDBA

    icm_log_synch_01.gif

  4. 矢印 B によって示されているようにメニューバーから、図 1. Data > Export… の順に選択 して下さい Export ウィンドウは表示する:

    図 2 –エクスポート データ

    icm_log_synch_02.gif

  5. データタイプ ドロップダウン リストから『Configuration』 を選択 して下さい。

  6. データ 宛先パスを示すのに Browse ボタンを使用して下さい。

  7. データベースへの変更をエクスポート オペレーションの間に行わないようにするためにロックアウト変更をチェックして下さい。

  8. Export ウィンドウを表示するために『Export』 をクリック して下さい:

    図 3 –エクスポート

    icm_log_synch_03.gif

  9. コンフィギュレーションデータをエクスポートするために『Start』 をクリック して下さい。 プロセスが完了するとき操作は正常だったことを示すメッセージは表示する。 終了の近くで『OK』 をクリック し、次にクリックして下さい。

  10. ロガーサービスを開始して下さい。

コンフィギュレーションデータを同期して下さい

このプロシージャはロガーから対になったロガーに有効なコンフィギュレーション データをコピーします。 ロガー データベースを同期するためにこれらのセクションの 1 つのステップを完了して下さい。

ロガー A からロガー B にコンフィギュレーションデータをコピーして下さい

ロガー A のコンフィギュレーションデータが有効であり、ロガー B にデータをコピーしたいと思ったら場合これらのステップを完了して下さい:

  1. ロガー B.のロガーサービスを停止して下さい。

  2. ロガー A の ICMDBA を開始し、ロガー A からロガー A がソースであるロガー B がターゲットであるロガー B にコンフィギュレーションデータをコピーするためにこれらのステップを完了すれば:

    1. サーバ、例およびノードを規定 するために矢印 A によって示されているようにデータベースを図 1 選択して下さい。

    2. 矢印 C によって示されているようにメニューから、図 2. Data > Synchronize の順に選択 して下さい Synchronize ウィンドウは表示する:

      図 4 –同期して下さい-ソースおよびターゲット

      /image/gif/paws/63895/icm_log_synch_04.gif

    3. データベースへの変更を同期 オペレーションの間に行わないようにするためにロックアウト変更をチェックして下さい。

    4. サーバ名およびデータベースをソースに選択し、ドロップダウン リストから目標として下さい。

      ドロップダウン リストにない追加サーバ ボックスでサーバ名を『Add』 をクリック し、サーバを選択するために入力して下さい:

      図 5 –サーバを追加して下さい

      icm_log_synch_05.gif

    5. 『Synchronize』 をクリック して下さい。

      同期ボックスは表示する:。

      図 6 –同期して下さい

      icm_log_synch_06.gif

    6. データを同期するために『Start』 をクリック して下さい。

      確認ウィンドウは表示する:

      図 7 –確認

      icm_log_synch_07.gif

    7. コンフィギュレーションデータが取り替えられるおよびデータベースが常駐するサーバ名を確認して下さいデータベース名を。 両方とも正しい場合、続くために『Yes』 をクリック して下さい。 プロセスが完了するとき、示す操作は正常だったことをメッセージは表示する。 終了の近くで『OK』 をクリック し、次にクリックして下さい。

  3. ロガー B.のロガーサービスを開始して下さい。

ロガー B からロガー A にコンフィギュレーションデータをコピーして下さい

ロガー B のコンフィギュレーションデータが有効であり、ロガー A にデータをコピーしたいと思ったら場合これらのステップを完了して下さい:

  1. ロガー A.のロガーサービスを停止して下さい。

  2. ロガー B の ICMDBA を開始し、ロガー B からロガー B がソースであるロガー A がターゲットであるロガー A にコンフィギュレーションデータをコピーするためにこれらのステップを完了すれば:

    1. サーバ、例およびノードを規定 するためにデータベースを選択して下さい。

    2. 矢印 C によって示されているようにメニューから、図 2. Data > Synchronize の順に選択 して下さい Synchronize ウィンドウは表示する(図を 4)参照して下さい。

    3. データベースへの変更を同期 オペレーションの間に行わないようにするためにロックアウト変更をチェックして下さい。

    4. サーバ名およびデータベースをソースに選択し、ドロップダウン リストから目標として下さい。

      ドロップダウン リストにない追加サーバ ボックスでサーバ名を『Add』 をクリック し、サーバを選択するために入力して下さい(図を 5)参照して下さい。

    5. 『Synchronize』 をクリック して下さい。

      同期ボックスは表示する(図を 6)参照して下さい。

    6. データを同期するために『Start』 をクリック して下さい。 確認ウィンドウは表示する(図を 7)参照して下さい。

    7. コンフィギュレーションデータが取り替えられるおよびデータベースが常駐するサーバ名を確認して下さいデータベース名を。 両方とも正しい場合、続くために『Yes』 をクリック して下さい。 プロセスが完了するとき、示す操作は正常だったことをメッセージは表示する。 終了の近くで『OK』 をクリック し、次にクリックして下さい。

  3. ロガー A.のロガーサービスを開始して下さい。


関連情報


Document ID: 63895