コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

複数の CSQ へコールを格納する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)Express 環境で複数の Contact Service Queue(CSQ)にコールをキューイングする方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco Customer Response Solutions(CRS)

  • Cisco CRS エディタ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CRS バージョン 3.x 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco ip integrated contact distribution (ICD)はエージェントに呼び出しをルーティングするエンティティとして CSQs を使用します。 各 CSQ はどのエージェントにかコールが発信されるか着信 Cisco IP ICD 呼び出しを制御し、着信コールがキューでどこに送信され、判別します。

各 CSQ は定義される関連するリソース プールからリソースを選択します。 コールを受け取るためにエージェントが利用可能になるときそのエージェントに呼出すシステム キューに入れられたコールをリソース プールがエージェントが含まれている、およびルーティングはから選択します CSQs の 1。

解決策

単一の呼び出しは多重 CSQs にスクリプトで Select Resource ステップを使用することによってキューに入れることができます。 これはスクリプト フローの例です:

  1. CSQ1 および CSQ2 が 2 CSQs であることを仮定して下さい。

  2. 図 1 では、引き起こす連絡先は CSQ1 および CSQ2 両方に並べられます。 エージェントが CSQ1 で利用できる場合、発信者はそのエージェントに最初に差し向けられます。 そうでなかったら、それからどちらの CSQ でも次の利用可能なエージェントは他の CSQ から削除されるコールおよびコール gets を得ます。 エージェントが CSQ1 および CSQ2 両方で利用できない場合、スクリプトはそのキュー ループに制御に対応可能なエージェントのための待機を渡します。

    図 1: 2 CSQs にキューに入る呼び出し

    nested_select_resource.gif

    注: このスクリプトはデモンストレーション目的でのみあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63710