ルータ : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

ポイントツーポイント(1+1)設定から 2 ファイバ BLSR への変換

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ONS 15454 ネットワークにおいて、ポイントツーポイント(1+1)設定(2 ノードを含む)を 2 ファイバ双方向回線交換リング(BLSR)にアップグレードするための手順について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • CISCO ONS 15454

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CISCO ONS 15454 バージョン 4: All

  • CISCO ONS 15454 バージョン 3: 3.3.0 およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

この資料は 2 つのノードとラボ の セットアップを使用します(Node1 および Node2) (図を 1)参照して下さい。

図 1 - トポロジ

/image/gif/paws/63654/f1_63654.gif

現在のセットアップはポイントツーポイント(1+1)設定です。 行キャパシティは OC-48 です。 作業/アクティブはスロット 5 およびスロット 6 におよびそれぞれ常駐します保護しましたり/待機ポート(図を 2)参照して下さい。

図 2 –ポイントツーポイント(1+1)設定

/image/gif/paws/63654/f2_63654.gif

現在 2 つの回線があります(図を 3)参照して下さい。

図 3 – 2 つの回線

/image/gif/paws/63654/f3_63654.gif

BLSR への変換ポイントツーポイント(1+1)

2 つのファイバ BLSRリングにポイントツーポイント(1+1)設定を変換するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 2 つのノードの 1 つにログイン して下さい。

  2. アラームをチェックし、ネットワークのためのアクティブアラームまたは条件がないことを確認するためにタブを調節します。 続行する前にネットワーク関連アラームを解決して下さい。

  3. Circuits タブをクリックして下さい(の矢印 A を 4)参照して下さい。

    図 4 –エクスポート CTC データ: 回線

    f10_63654.gif

  4. いくつかの回線を削除し、それらの回線以降を再度作成する必要があるので、参照の CTC (回線)データをエクスポートして下さい。 次の手順を実行します。

    1. File > Export の順に選択 して下さい(の矢印 B を 4)参照して下さい。

    2. Export ダイアログボックスのデータ 形式を選択して下さい(図を 5)参照して下さい。 3 つのオプションがあります:

      • HTML として—このオプションはグラフィックなしで簡単な HTML テーブル ファイルとしてデータを保存します。 Netscape Navigator、Microsoftインターネットエクスプローラ、または HTML ファイルを開く機能がある他のアプリケーションのようなアプリケーションのファイルを表示するか、または編集できます。

      • CSV として—このオプションは Comma-Separated Values (CSV)として CTC 表を保存します。

      • TSV として—このオプションはタブ分けられた値(TSV)として CTC 表を保存します。

      図 5 – Export ダイアログボックス

      f11_63654.gif

    3. ファイルを保存したいと思うディレクトリへのナビゲート。

    4. [OK] をクリックします。

  5. スパンをログオンされたノードに隣接して右クリックし、ショートカット メニューから『Circuits』 をクリック して下さい(図を 6)参照して下さい。

    図 6 –ショートカット メニューから『Circuits』 を選択 して下さい

    /image/gif/paws/63654/f4_63654.gif

    スパン ウィンドウの回線は現われます(図を 7)参照して下さい。

    図 7 –スパンの回線

    f5_63654.gif

  6. アクティブな同期転送信号 (STS)回線の総数がスパン 帯域幅の 50%超過しないようにして下さい。 スパンの帯域幅の上部 50%に落ちる回線に注意するためにステップ 4 でエクスポートした回線リストを使用して下さい。 プロシージャの以降これらの回線を削除し、再度作成する必要があります。

    回線 カラムでは、よばれる未使用とブロックは現われます(図を 7)参照して下さい。 この数はスパン 帯域幅の 50%超過する必要があります。 OC-48 に関しては、スパンの 24 STS 以上提供してはなりません。 OC-12 に関しては、スパンの 6 STS 以上提供してはなりません。

  7. BLSR 変換へのポイントツーポイントに関連する各ノードのためのステップ 3 および 4 を繰り返して下さい。

  8. 1+1 現用スロットが BLSR に変換したいと思うスパンの両端でアクティブであることを確認して下さい。 どのスロットがの下ではたらき、ステップ 12 かの参照用の保護ポート注意して下さい。 次の手順を実行します。

    1. Node View で Maintenance > Protection の順にクリック して下さい。

    2. 選択したグループ ペインの現用スロット/ポートが選択したグループ セクションの下で/アクティブとしてはたらくこと現われるかどうか確かめて下さい(図を 2)参照して下さい。

  9. ポイントツーポイント スパンをサポートする各ノードで保護グループを削除して下さい。 次の手順を実行します。

    1. Node View のプロビジョニング > 保護タブをクリックして下さい。

    2. 削除したいと思う保護グループを選択し『Delete』 をクリック して下さい(図を 8)参照して下さい。

      図 8 –保護グループを削除して下さい

      f6_63654.gif

    3. 削除保護グループ 確認 の メッセージ ボックスで『Yes』 をクリック して下さい。

      図 9 –削除保護グループ

      /image/gif/paws/63654/f7_63654.gif

    4. ステップ(a)から(d)を保護グループをスパンの各終わりに削除するために繰り返して下さい。

  10. 一端 ノードの保護ポートからもう一方の端 ノードの保護ポートにファイバを確認して下さい。

  11. その前の保護スロットの SONETデータコミュニケーションチャンネル(SDCC)終了を注意しましたステップ 8.で作成して下さい。 ノード 1 およびノード両方 2 で、このプロシージャを実行して下さい:

    1. Node View で Circuits > DCC/GCC の順にクリック して下さい(図を 10)参照して下さい。

      図 10 – SDCC Terminations を作成して下さい

      f12_63654.gif

    2. [Create] をクリックします。 作成 SDCC Terminations ダイアログボックスは現われます(図 11 参照して下さい)。

      図 11 – SDCC Terminations ダイアログボックスを作成して下さい

      /image/gif/paws/63654/f13_63654.gif

    3. SDCC 終了のためのポートをクリックして下さい。 1 つのポートより『More』 を選択 するために、Shiftキーか CTRL キーを押して下さい。

    4. セットをにですポート状態 エリアのオプション ボタン クリックして下さい(矢印 A を図 11 参照して下さい)。

    5. DCC リンクチェック チェック ボックスのディセーブル OSPF がチェックされないようにして下さい(矢印 B を図 11 参照して下さい)。

    6. 『OK』 をクリック して下さい(矢印 C を図 11 参照して下さい)。

  12. のために提供しましたこのとき保護帯域幅(STS 7 に 12、STS 25 に 48、および OC-192 BLSR のための OC-48 BLSR のための OC12 BLSR のための STS 97 に 192)の一部である STS で、削除します各回線を巡回します。 ステップ 6.からの回線リストの表示法を参照して下さい。

    回線の削除はサービスに影響を与える場合があります。

  13. Network ビューで Provisioning > BLSR の順に選択 し、『Create BLSR』 をクリック して下さい(図 12 参照して下さい)。

    図 12 – BLSR 作成

    f14_63654.gif

  14. BLSR 作成ダイアログボックスの BLSR プロパティを設定 して下さい(図 13 参照して下さい)。

    • リング型: BLSRリング型を、2 つのファイバか 4 つのファイバ選択して下さい。

    • 速度: BLSRリング速度を選択して下さい

    • リング ID: リング ID を割り当てて下さい。 値は 0 と 9999 の間にある必要があります。

    • 復帰時間(リング復帰かスパン復帰): トラフィックがリング スイッチの後でオリジナル ワーキングパスに戻る前に渡るために時間数を設定 して下さい。 デフォルト値は 5 分です。

    図 13 – BLSR 属性

    f15_63654.gif

  15. [Next] をクリックします。 ネットワーク グラフィックは現われます(図 14 参照して下さい)。

    図 14 – BLSR トポロジー

    f16_63654.gif

  16. ネットワーク グラフィックの BLSR スパン ラインをダブルクリックして下さい。 スパン ラインが他の BLSR カードに接続される DCC なら完全なリングを構成する、ブルー ライン回転および Finish ボタンは現われます。 行が完全なリングを形成しない場合、完全なリング フォームまでのスパン ラインをダブルクリックします。

  17. 2 ファイバ BLSR 作成を完了するために『Finish』 をクリック して下さい。 BLSR は現われます(図 15 参照して下さい)。

    図 15 – 2 ファイバ BLSR 作成の確認

    /image/gif/paws/63654/f17_63654.gif

  18. ステップ 12 で削除した回線を作り直して下さい。

  19. Network ビューで、『Circuits』 をクリック して下さい。 保護 カラムの下で、回線は両方とも 2F-BLSR を示します(図 16 参照して下さい)。 変換の前に、回線は両方とも 1+1 を示します(図を 3)参照して下さい。

    図 16 –回線

    f18_63654.gif


関連情報


Document ID: 63654