音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

リモート Cisco テクニカル サポートのアクセス用に CallManager が方法を承認した

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

VNC

概要

リモートアクセス手順に加えて Cisco IP Telephony アプリケ−ション サーバでオペレーティング システムをインストールすることに、この資料リストしますアクセスシステムに Cisco テクニカル サポートによってリモートで使用されたメソッドをリストしました。 これによって、システム問題を診断および解決するエンジニアの能力が大幅に向上します。 それが必要とならないけれども、顧客は非常にある種のトラブルシューティングを行うのにアクセスを供給するように勧められます。

それは必須 ソフトウェアを供給する顧客の責任です。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager 3.x(x) およびそれ以降

  • Virtual Network Computing (VNC)

  • Windows ターミナルサービス((また Remote Desktop と呼ばれる) WTS)

  • Cisco Unified MeetingPlace

WTS は Cisco によって供給されません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

公認リモートアクセス メソッド

Cisco CallManager

Cisco Unified CallManager リモートアクセスのその他の情報に関しては、ターミナルサービスを利用する Cisco IP Telephony アプリケ−ション サーバでオペレーティング システムをインストールすることアップグレードの間に 5 月、このサーバの VNC、または ILO を、バージョン 2000.2.6 参照して下さい。

VNC

VNC は Cisco Unified CallManager インストール用CD によって現在出荷し、Cisco Unified CallManager へのリモートアクセスのためにサポートされます。 VNC に関する詳細については、RealVNC サイトを参照して下さいleavingcisco.com

VNC はソフトウェアインストーレーションおよびアップグレードのための唯一のサポートされたリモートアクセス 方式です。

リモートで Cisco CallManager サーバをアップグレードしたらのに Virtual Network Computing (VNC)を使用したいと思う場合 VNC 資料の最新バージョンを得るために Cisco Unified CallManager Operating System ドキュメンテーション ページを参照して下さい。

詳細については、Cisco CallManager リリース 4.1.2 をアップグレードすることを参照して下さい。

注意 注意: アップグレードを行ったらのに VNC をインストールしたが、それを使用するように計画しない場合サーバにリモートアクセスを防ぐためにそれをディセーブルにして下さい。 アップグレードの時に VNC およびユーザ/管理者アクセス権をサーバ ディセーブルにしない場合、アップグレードは失敗します。

WTS (リモート デスクトップ)

Cisco はターミナルサービスをインストールします。 従って、Cisco テクニカル サポートはリモート管理およびトラブルシューティング タスクを行えます。 Windows Terminal Services はテクニカル サポートのリモートサーバ 管理およびアクセスのためにサポートされ、好まれます。

WTS 制限

ソフトウェアのインストールかアップグレードは Cisco Unified CallManager でサポートされません。

注意 注意: ターミナルサービスをおよびディセーブルにすることをアップグレードが、Cisco 推奨する前にすぐにサーバにリモートアクセスを防ぐためにサーバをリブートして下さい。 ターミナルサービスによってサーバにアクセスする場合、により時々アップグレードは失敗します。

サーバをアップグレードした後、ターミナルサービスを有効に して下さい。

WTS に関する詳細については、Microsoft の WTS サイトを参照して下さいleavingcisco.com

統合された光(ILO)

アップグレードかインストール タスクを行うのに ILO を使用しないで下さい。 Cisco は遠隔管理だけおよびコンフィギュレーション タスクのための ILO をサポートします。

ILO に関する詳細については、ILO について参照して下さい。

Cisco Unified MeetingPlace

Cisco Unified MeetingPlace は Web 会議にテクニカル サポートによって使用するユニークなツールです。 それは HTTP によってシステムにアクセスを許可します。 Cisco CallManager サーバからインターネットアクセスがある限り、これは好まれる方法です。

注: デフォルトで、Internet Explorer は既存のウィンドウの新しいリンクを開きます。 従ってリンクをクリックするとき、容易に Web 会議を失う場合があります。 この Internet Explorer 動作を防ぎ、起動ショートカットのための再使用ウィンドウをチェックを外すため Tools > Internet Options > Advanced の順に選択 し。

デスクトップを共有するために TCPポート 1627 を開いて下さい。 TCPポート 1627 がファイアウォールによってブロックされる場合、メッセージは TCPポート 80 によってトンネル伝送されます。 Cisco Unified MeetingPlace はまた HTTPS (SSL)を使用してトンネリングをサポートします。 SSL は SSL 認証を必要とします。 SSL のためのサポートを有効に するために、ポート 443 はネットワークで開く必要があります。 Web 会議 アプリケーションの情報に関しては、Cisco Unified MeetingPlace Web 会議を参照して下さい。

注: Cisco CallManager サーバにターミナルサービス セッションを始めるとき、そこにから Cisco Unified MeetingPlace にブラウザを起動させ、デスクトップを共有し、次にこのターミナルサービス セッションを、テクニカル サポート フリーズとの Web 会議最小に して下さい。 Cisco はサーバコンソールからの Cisco Unified MeetingPlace にローカルPC からデスクトップを、ログオン直接共有するか、または Cisco Unified CallManager にターミナルサービス セッションを最小に しないことを推奨します。

追加製品情報に関しては、Cisco Unified MeetingPlace を参照して下さい。

テクニカルサポート エンジニアとのセッションを設定する必要がある場合 TAC MeetingPlace ページに行って下さい。

/image/gif/paws/63625/callmanager-remote-support-1.gif

このページから、テクニカルサポート エンジニアがこの会議に割り当てるユニークな会議 ID 番号を入力して下さい。 初めて ユーザである場合、互換性を確保するためにブラウザ テスト リンクを選択して下さい。 まだそれらがあっていない場合、テスト ブラウザ ページはいくつかの Java コンポーネントをインストールするためにプロンプト表示します。 これは 1 時間プロセスです。 Cisco Unified MeetingPlace に接続する時次にそれが必要となりません。

ゲストとして署名すれば、テクニカルサポート エンジニアとアプリケーションを共有し、エンジニア制御を許可することができます。

注: Web 会議のために Cisco Unified MeetingPlace を使用するとき、インターネットブラウザ プロセスは CPU リソースの部分を使用します。 これは正常な動作です。

ネットワーク接続を保護して下さい

顧客はアクセスのセキュア ネットワーク接続を担当します。 Cisco Virtual Private Network (VPN)接続は好まれる方法です。

VPN の使用方法

VPN は公衆 電話行使用するプライベート ネットワークです(または場合によってはケーブルモデムを)。 プライバシーはセキュアなプロトコルの暗号化および使用によって維持されます。 ファイアウォールによって Cisco Unified CallManager にアクセスするのに VPN を使用するときネットワークの中にあったように Cisco Unified CallManager を使用できます。

VPN がこのような状況で必要となります:

  • ネットワークファイアウォールの外部のリモートコンピュータからの Cisco Unified CallManager Webサイト(http:// <Cisco CallManager Server name>/ccmadmin)にアクセスを必要とする時。

注: リモートアクセスのために VPN を使用しない場合、ファイアウォールによってleavingcisco.com Distributed Component Object Model (DCOM)の設定の情報に関してはマイクロソフト社Webサイトを参照して下さい。

LAN 管理者と VPN のセットアップを論議して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63625