コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Microsoft Windows XP SP2 での Cisco CRS クライアントの使用

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Microsoft Windows XP の Service Pack(SP)2 を実行し、Windows ファイアウォールが動作する PC で Cisco Customer Response Solution(CRS)バージョン 3.0、3.1、3.5、および 4.0 のクライアント アプリケーションを動作させる手順について説明します。

  • Cisco Agent Desktop

  • メディアの停止を用いる Cisco Agent Desktop

  • Cisco Supervisor Desktop

  • Cisco Desktop Administrator

Cisco CRS エディタまたは Cisco CRS Historial レポート クライアントにこの資料のステップが必要となりません。

この資料はこれらのトピックを説明します:

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Windows XP SP2 に既に Cisco CRS クライアントを実行している PC をアップグレードして下さい

これらのセクションは Cisco CRS クライアントが既にインストールされている PC で Windows XP SP2 をインストールするとき踏む必要があるステップを説明します:

Cisco Agent Desktop および Cisco スーパバイザ デスクトップ

Windows XP SP2 に PC をアップグレードした後、Cisco Agent Desktop にログインにはじめて試みるか、または Cisco スーパバイザ デスクトップを使用するチームが選択されるときエージェントかスーパバイザは Windows セキュリティ警報を見ます。

  • エージェントかスーパバイザがアドミニストレーター特権なしで Windows にログオンされる場合、アラートはプロンプト表示します:

    To help protect your computer, Windows Firewall has blocked some 
    features of this program.  Your computer administrator can unblock this
    program for you.

    この場合、非ブロック化アプリケーション セクションに説明があるプロシージャを行って下さい。

  • エージェントかスーパバイザがアドミニストレーター特権の Windows にログオンされる場合、アラートはプロンプト表示します:

    To help protect your computer, Windows has blocked some features on
    this program.  Do you want to keep blocking this program?

    この場合、エージェントかスーパバイザは続くために『Unblock』 をクリック する必要があります。 エージェントかスーパバイザが保存ブロッキングをクリックするか、または私に以降を頼む場合、Cisco Agent Desktop のさまざまな機能か Cisco スーパバイザ デスクトップはきちんと動作しません。 この問題を訂正するために非ブロック化アプリケーション セクションに説明があるプロシージャを行って下さい。

メディアの停止を用いる Cisco Agent Desktop

Windows XP SP2 に PC をアップグレードした後、エージェントかスーパバイザはメディアの停止を用いる Cisco Agent Desktop にログインに試みの間に Windows セキュリティ警報をはじめて見ます。

  • エージェントかスーパバイザがアドミニストレーター特権なしで Windows にログオンされる場合、アラートはプロンプト表示します:

    To help protect your computer, Windows Firewall has blocked some
    features of this program.  Your computer administrator can unblock this
    program for you.

    この場合、記述されているプロシージャを非ブロック化しますアプリケーションを行って下さい。

  • エージェントかスーパバイザがアドミニストレーター特権の Windows にログオンされる場合、このアラートは現われます:

    To help protect your computer, Windows has blocked some features on
    this program.  Do you want to keep blocking this program?

    この場合、エージェントかスーパバイザは続くために『Unblock』 をクリック する必要があります。 エージェントかスーパバイザが保存ブロッキングをクリックするか、または私に以降を頼む場合、Cisco Agent Desktop のさまざまな機能か Cisco スーパバイザ デスクトップはきちんと動作しません。 さらに、エージェントかスーパバイザは発信者を聞くことができません。 この問題を訂正するために非ブロック化アプリケーション セクションに説明があるプロシージャを行って下さい。

Cisco Agent Desktop ないメディアの停止 モジュールを非ブロック化したが、場合、コールが示される時最初にエージェントかスーパバイザはメディアの停止 モジュールについては Windows セキュリティ警報を見ます。 この場合、エージェントかスーパバイザは続くために『Unblock』 をクリック する必要があります。 エージェントかスーパバイザが保存ブロッキングをクリックするか、または私に以降を頼む場合、非ブロック化アプリケーション セクションに説明があるプロシージャを行って下さい。

Cisco Desktop Administrator

Windows XP SP2 に PC をアップグレードした後、Cisco デスクトップ管理者にはじめてアクセスするように試みるときエージェントかスーパバイザは Windows セキュリティ警報を見ます。

  • エージェントかスーパバイザがアドミニストレーター特権なしで Windows にログオンされる場合、アラートはプロンプト表示します:

    To help protect your computer, Windows Firewall has blocked some
    features of this program.  Your computer administrator can unblock this
    program for you.

    この場合、非ブロック化アプリケーション セクションに説明があるプロシージャを行って下さい。

  • エージェントかスーパバイザがアドミニストレーター特権の Windows にログオンされる場合、アラート プロンプトこの:

    To help protect your computer, Windows has blocked some features on
    this program.  Do you want to keep blocking this program?

    この場合、エージェントかスーパバイザは続くために『Unblock』 をクリック する必要があります。 エージェントかスーパバイザが保存ブロッキングをクリックするか、または私に以降を頼む場合、論理コールセンターおよび他のデータは Cisco デスクトップ 管理者に現われません。 この問題を訂正するために非ブロック化アプリケーション セクションに説明があるプロシージャを行って下さい。

既に Windows XP SP2 を実行している PC で Cisco デスクトップ クライアントをインストールして下さい

Windows XP が SP2 既にインストールされている PC で Cisco Agent Desktop (メディアの停止の有無にかかわらず)、Cisco スーパバイザ デスクトップ、または Cisco デスクトップ管理者をインストールするとき、このメッセージが現れます:

Security Warning Message.  The publisher could not be verified.  Are you
sure you want to run this software?

このメッセージが表示されるとき、続くために『Yes』 をクリック して下さい。

Windows XP SP2 に PC をアップグレードした後、エージェントかスーパバイザは Windows セキュリティ警報をこの場合見ます:

  • Cisco Agent Desktop にログインにはじめて試みる時。

  • Cisco スーパバイザ デスクトップを使用するチームを選択する時。

  • これらの操作が Cisco デスクトップ管理者で実行された時:

    • 起動 Cisco デスクトップ管理者(アプリケーション Administrator.exe のために)。

    • アプリケーション TSSPAdm のデータ 設定/企業データを『Enterprise』 をクリック して下さい。

    • デスクトップ設定/理由コード ノードの下で追加した理由コードを保存するように試みて下さい(アプリケーション SPLKView のために)。

Windows セキュリティ警報は変わります。 それはエージェントかスーパバイザがログオンされるかによって決まります。

  • エージェントかスーパバイザがアドミニストレーター特権なしで Windows にログオンされる場合、アラート プロンプトこの:

    To help protect your computer, Windows Firewall has blocked some
    features of this program.  Your computer administrator can unblock this
    program for you.

    この場合、非ブロック化アプリケーション セクションに説明があるプロシージャを行って下さい。

  • エージェントかスーパバイザがアドミニストレーター特権の Windows にログオンされる場合、アラート プロンプトこの:

    To help protect your computer, Windows has blocked some features
    on this program.  Do you want to keep blocking this program?

    この場合、エージェントかスーパバイザは続くために『Unblock』 をクリック する必要があります。 エージェントかスーパバイザが保存ブロッキングをクリックするか、または私に以降を頼む場合、Cisco Agent Desktop のさまざまな機能か Cisco スーパバイザ デスクトップはきちんと動作しません。 さらにメディアの停止が使用される、論理コールセンターおよび他のデータは Cisco デスクトップ 管理者に現われません場合、エージェントかスーパバイザは発信者を聞くことができ。 記述されているプロシージャをこれらの問題を訂正するために非ブロック化しますアプリケーションを行って下さい。

後 Windows XP が SP2 既にインストールされている、および後再度ブートする PC で Cisco Agent Desktop を(メディアの停止の有無にかかわらず)インストールした、ユーザ名/パスワード クレデンシャルの提供によって IPCC サーバに接続することを試みる時システムは停止します。 この場合、Windows XP マシンのファイアウォールをディセーブルにする必要があるかもしれません。

アプリケーションを非ブロック化して下さい

アプリケーションを非ブロック化するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Windows 管理者として PC へのログイン。

  2. > Security を集中させます > ウィンドウ ファイアウォールを Start > Settings > Control Panel の順に選択 して下さい。

  3. 例外タブをクリックして下さい。

  4. 適切ようにプログラムおよび Services ウィンドウのこれらのチェックボックスの何れか一つ以上を、チェックして下さい。 適切 な アプリケーションが現われない場合、『Add Programs』 をクリック し、に参照して下さい: c: /program ファイル/cisco/デスクトップ/ビンはおよびプログラムを選択します:

    • CallChat —いずれの場合も。

    • Cisco Agent Desktop —いずれの場合も。

    • MediaClient モジュール— Cisco スーパバイザ デスクトップが PC で動作すれば。

    • スーパバイザ ログ ビューア— Cisco スーパバイザ デスクトップが PC で動作すれば。

    • Cisco デスクトップ管理者— Cisco デスクトップ管理者が PC で動作すれば。

    • SplkView — Cisco デスクトップ管理者が PC で動作すれば。

      TSSPAdm — Cisco デスクトップ管理者が PC で動作すれば。

  5. [OK] をクリックします。


関連情報


Document ID: 63565