セキュリティ : Cisco Traffic Anomaly Detector

Cisco Guard および Traffic Anomaly Detector のパスワード回復

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Guard または Cisco Traffic Anomaly Detector Distributed Denial of Service(DDoS)の緩和アプライアンスで root ユーザのパスワードを回復する手順について説明します。 このパスワードは、Cisco Guard または Cisco Traffic Anomaly Detector システムへのルート アクセスを制御するために使用されます。 ルート パスワードは暗号化されており、次の手順を使用して、新しいパスワードでのみ置き換えることができます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

手順

次の手順を実行します。

  1. Cisco ガードまたは Cisco トラフィック異常探知器にキーボードおよびモニタを接続して下さい(このプロシージャはシリアルかネットワーク接続によって実行されたことができません。)

  2. 再度ブートするをログインし、入力して下さい。

  3. ボックスが作動している間、Shiftキーを押しておいて下さい。 これは Lilo 「ブートを得ます: 」プロンプト。

  4. 利用可能 なイメージが表示されるために TAB を押して下さい。

    注: より古いイメージに「Riverhead」があるが、3.0.8 に「Cisco」イメージがあります。

  5. シングル ユーザにイメージをロードされる表示するために Cisco 1 を入力して下さい(またはより古いシステムの Riverhead 1)。 これはシングル ユーザー モードでシステムを起動します。

  6. ブートプロセスの間にパスワードを頼まれます。 固定パスワード dud&ndud を入力して下さい。 これはルート シェルを与えます。

  7. この場合ルートのパスワードを変更するためにパスワード コマンドを実行できます。 、選択したパスワードを確認するように頼まれますたとえば:

    [root@DETECTOR root]# passwd
        Changing password for user root.
        New password: <new password typed in here>
        Retype new password: <new password typed in here>
        passwd: all authentication tokens updated successfully.
    
  8. パスワードを変更した後、システムを再始動する reboot コマンドを実行して下さい。 システムが通常の動作モードを開始するようにブートプロセスを割り込まないで下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63544