コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

ISS Express スクリプトでの接続解除コールの削除

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、IPCC Express 環境の On Exception Goto ステップによる Cisco IP Contact Center(IPCC)Express のスクリプトにおいて、切断されたコールの検出に使用するスクリプトについて説明します。

注: On Exception Goto ステップは Cisco Unified Contact Center Enterprise 環境で呼ルーティング問題を引き起こすので CRS が IP-IVR か QueueManager としてインストールされている場合決して使用するべきではありません。 ICM 変換ルーティング/ICM Post-Routing アプリケーションを含まない Cisco Unified Contact Center Express スクリプトかスクリプトのためにだけ On Exception Goto ステップを使用して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco CallManager

  • Cisco Customer Response Solutions(CRS)

  • Cisco CRS エディタ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x およびそれ以降

  • Cisco CRS バージョン 3.x 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

スクリプトが発生し実行される、問題から正常な終了をかもしれない間、許可する問題を判別するのに On Exception Goto ステップを使用して下さい。 どのスクリプト ステップでも使用される例外 フロー ブランチに例外に応答するのに含んでいることができます。

発信者がハングアップするとき、エージェントが付いている連絡先は終わります。 ContactInactiveException と指名される例外は作成されます。 On Exception Goto ステップが図 1. A 矢印によって示されるこの例外を判別するのに使用することができます On Exception Goto ステップは連絡先の終了に頼り、ContactInactiveException はこのステップを引き起こします。 このステップは例外をつかまえ、B によって示されているように、規定 される ラベルに図 1.行きます ラベルの下で、1 つはエージェントと発信者間の連絡先に、資料ステップのような、データベース ステップ頼らない、およびもっとできます他のどのスクリプト ステップも実行。

図 1: On Exception Goto

ipivr-scrpt-disconnected-1.gif

図 2.に示すように宛先 ラベルの中のこの例外を、取り消すのに On Exception Clear ステップを使用して下さい これは潜在的な連続ループを回避します。

図 2: On Exception Clear

ipivr-scrpt-disconnected-2.gif

フロー制御

図 3 示されている IP IVR スクリプトは本番スクリプトではないです。 それは説明目的で全く提供されます。 通常、このスクリプトはコールに応答し記録します、プロンプトをし、メッセージを。 フロー制御は続きます:

  • コールに応答して下さい

  • メッセージを記録し、ファイルを作成して下さい

  • 録音されたメッセージを再生して下さい

  • 作成して下さい接続されたファイル(ちょうど記録されるメッセージ)で E メールを

  • E メールを送信 して下さい

異常 終了では、ContactInactiveException は生成され、LABEL0 への制御パスは A 矢印によって、図 3.示されます LABEL0 の下で、B 矢印によって示されている ContactInactiveException を取り消すために On Exception Clear を図 3.発行して下さい

メッセージが記録された後発信者がハングアップすれば、それに続くフローは続きます:

  1. Play Prompt ステップに達するまで資料ステップ(レコード)を実行されます書いて下さい

  2. On Exception Goto ステップを実行して下さい。 LABEL0 にパスを制御して下さい。

  3. 顕著な ContactInactiveException を取り消すために On Exception Clear ステップを実行して下さい。

  4. On Exception Clear が実行し続けた後ステップ。

図 3: サンプル IP IVR スクリプト

ipivr-scrpt-disconnected-3.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63449