コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

CRS 履歴レポート - スケジュールとセッションの確立

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、履歴レポートを生成する Cisco Customer Response Solutions(CRS)サーバに関して、履歴レポートのクライアントのスケジュールおよびセッション確立の問題について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco CallManager

  • Cisco CRS

  • Cisco CRS 史的記事クライアント

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x およびそれ以降

  • Cisco CRS バージョン 3.x 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

CRS は動作すると同時に、1 つが設定される場合、CRS サーバか史的記事 データベースサーバでデータベースでコール アクティビティ データを保存します。 Cisco 史的記事 クライアントがこのデータに基づいて史的記事を作成するのに使用されています。

史的記事をスケジュールすることは Cisco CRS 史的記事 クライアントが自動的にレポートを将来生成することを学ぶ必要があることを意味します。

スケジュール史的記事

史的記事があるようにスケジュールを確認するとき、これらのよくある 問題を視聴して下さい:

  • 必要とするレポートはスケジュールされません

  • 毎日を必要とするレポートは間違って設定されています

スケジュールされないレポート

これらの問題を解決するためにこのプロシージャを完了して下さい:

間違って設定される日報

日報に関しては、これらの潜在的な問題を確認して下さい:

  • セクションの Dailyオプション・ボタンを発生します A 矢印によって示される図 3.チェックして下さい

  • オプション ボタンをチェックし、セクションの隣で空欄の 1 つを発生します B 矢印によって示されているように、図 3.入力して下さい

  • C 矢印によって示されるように繰り返し セクションの範囲で終了日 オプション ボタンを、図 3.チェックしないで下さい

特定のレポートがただ一度印刷する場合、可能性が高い理由です終了日 オプション ボタン選択されませんやめません。 このオプション ボタンはレポートが不明確に印刷することを意味します。

図 3: スケジュール CRS 史的記事

crs-hist-rpts-3.gif

動作するべきスケジュールされた史的記事失敗のためのセッション接続

スケジュールされた史的記事が動作しないとき 2 つのよくある 問題があります:

  • HTTP プロキシ サーバ

  • TCPポート 6293 はブロックされます

HTTP プロキシ サーバ

2 つの問題のもっとも一般的なは HTTP プロキシサーバです。 HTTP プロキシサーバは CRS サーバによってサポートされません。 史的記事 クライアントは直接 CRS サーバと通信する必要があります。 そのような環境では、CRS サーバは HTTP プロキシサーバから除かれなければなりません。 プロシージャは続きます:

  1. Internet Explorer ブラウザを開始して下さい。

  2. メニューオプションから『Tools』 を選択 して下さい。

  3. クリックして下さいインターネット オプションを….

  4. A 矢印によって示される Connections タブを図 4.選択して下さい

  5. 、B 矢印によって示されて図 4. 『LAN Settings』 をクリック して下さい

    図 4: インターネット オプション

    crs-hist-rpts-4.gif

  6. LAN に使用をプロキシサーバ選択して下さい。

  7. 図 5.に示すように、『Advanced』 をクリック して下さい

    図 5: ローカル エリア ネットワーク (LAN)設定

    crs-hist-rpts-5.gif

  8. IP アドレスを入力すればまたはの CRS サーバの完全修飾ドメイン ネームは図 6.に示すように例外セクションでフィールドにはじまってアドレスのためにプロキシサーバを使用しません

    図 6: プロキシ 設定

    crs-hist-rpts-6.gif

TCPポート 6293 はブロックされます

CRS サーバと史的記事 クライアントの間で使用される TCPポート番号は報告書作成 方式によってこれ決まります TCPポート 80 または 6293 である場合もあります。 史的記事が史的記事 クライアントを通して生成される場合、CRS サーバの TCPポート 80 は開きま、デフォルトで利用可能 でなければなりません。 ただし、スケジュールされた史的記事が動作するために、TCPポート 6293 開き、利用可能 でなければならない時。 ファイアウォールの TCPポート 80 6293 のための CRS サーバおよび史的記事 クライアント、コンジットの間で存在 する ファイアウォールが確立される場合。

実行します telnet を TCPポート アベイラビリティをテストできます。 TCPポート 6293 をテストするために、このプロシージャを完了して下さい:

  1. [Start] > [Run] の順に選択します。

  2. cmd を入力して下さい。

  3. A 矢印によって示されているように TCPポート 6293 アベイラビリティを、チェックするために CRS サーバの telnet < IP アドレスか完全修飾ドメイン ネームを > 図 7. 6293 実行して下さい

    図 7: TCPポート 6293 のアベイラビリティのチェック

    crs-hist-rpts-7.gif

  4. telnet が B によって示されているように接続応答失敗したり図 7、特定したら原因をおよび失敗したそれを、見ます Using the Trace Route Utility を訂正して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63424