音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager の IPMA および PA の共存

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 11 月 3 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager 3.3(1) 以降での共存を可能にする、Cisco IP Manager Assistant(IPMA)および Cisco Personal Assistant(PA)の設定方法について説明します。 Cisco CallManager 4.0 以降、「シェアド モード」が導入されています。これは、IMPA シェアド モードの IPMA ルート ポイント、コーリング サーチ スペース(CSS)/パーティションなどを必要としません。 このドキュメントは、IPMA プロキシ モードにも適用されます。

IPMA および PA は Cisco Unified CallManager ソリューションの一部として共存できます。 2 可能性のある コンフィギュレーションは次のとおりです:

  • 設定 1: PA は行のための着信コールを代行受信し、それから IPMA はマネージャ行にルーティングされる呼び出しを代行受信します。

  • 設定 2: IPMA はマネージャのための着信コールを代行受信します。 IPMA はコールをにルーティングしたこと PA が行のためにアクティブなら、PA ルールは適用します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager 3.3(1) およびそれ以降

  • PA 1.3(3) およびそれ以降

注: Cisco Unified CallManager 4.0 で開始して、Cisco は IPMA の共用モードコンフィギュレーションをサポートします。 この資料は IPMA の共用モードコンフィギュレーションに IPMA ルート ポイントのための必要がないので、IPMA 共用モードのための CSS/Partitions (等)適用しません。 資料はまだ IPMA プロキシモードに適用します。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定 1: Cisco PA は着信コールを代行受信し、Cisco IPMA に転送します

この設定は PA がマネージャのためのすべての呼び出しを扱うように使用されます。 たとえば、マネージャは状態が作業電話に送信 されること月曜日から金曜日までで、8:00 AM から 5:00 pm への、呼出す PA ルールがあります。 マネージャが返事がない場合、(たとえばそこにいなければ)、呼び出しはマネージャの携帯 電話に送られます。 他のすべての日および時間に関しては、呼び出しは携帯 電話に転送されます。 この場合コールが平日に受信されれば、PA はマネージャの作業電話にコールを転送します。 IPMA はそしてこの同一コールを代行受信し、そのマネージャのためのオンライン アシスタントがあるかどうか見ます。 オンライン アシスタントがある場合、IPMA はアシスタントにコールを発信します。 IPMA はまた IPMA DivAll ターゲットおよびフィルタリング規則に基づいて他の宛先に同一コールを転送できます。

すべての呼び出しは IPMA ルート ポイントをフローします。 IPMA は IPMA マネージャの行のために意図されている ipma だけ代行受信します。

パーティション

  • IPMA マネージャ— IPMA のために管理されるマネージャ行にこのパーティションを割り当てて下さい。 これらの IPMA マネージャはまた PA ユーザである場合もあります。

  • IPMA ルート ポイント— IPMA マネージャ行に着信コールを代行受信するのに使用される IPMA ルート ポイントの行にこのパーティションを割り当てて下さい。

  • PA — PA ユーザに着信コールを代行受信するのに PA によって使用される CTI ルートポイントの行にこのパーティションを割り当てて下さい。

  • PA 管理される— PA を使用したいと思うすべてのユーザ向けに行にこのパーティションを割り当てて下さい。

    注: PA をまだ使用したいと思うマネージャのための IPMA マネージャ行は IPMA マネージャ パーティションに割り当てられる必要があります。

  • — IPMA か PA を使用したいと思わないユーザ向けに行にこのパーティションを割り当てて下さい。

Calling Search Spaces

  • CSS-PA — これは IVR 機能性に使用する PA インターセプター ルート ポイントおよび PA ルート ポイントに割り当てられる CSS です。 この CSS は順序でこれらのパーティションが含まれています:

    1. IPMA ルート ポイント

    2. PA 管理される

  • IPMA マネージャ—これは IPMA ルート ポイントおよびアシスタント プロキシ行に割り当てられる CSS です。 この CSS はこの順序でこれらのパーティションが含まれています:

    1. IPMA マネージャ

  • CSS-IPMA-PA — これは IPMA か、PA、またはその両方がダウンしているとき使用する変換パターンに割り当てられる CSS です。 この CSS はこの順序でこれらのパーティションが含まれています:

    1. IPMA マネージャ

    2. PA 管理される

  • All_Calls —これは他のすべての行に、ゲートウェイ割り当てられる、CSS PBX、等です。 この CSS はこの順序でこれらのパーティションが含まれています:

    1. PA

    2. IPMA ルート ポイント

デバイス設定

CTI ルートポイント Partition CSS
IPMA ルート ポイント IPMA ルート ポイント IPMA マネージャ
途中受信のための PA ルート ポイント PA CSS-PA
PA ルート ポイント(IVR 機能性に使用する) CSS-PA

トランスレーション パターン Partition CSS
(たとえば、23xxx) CSS-IPMA-PA

注: 変換パターンは PA および IPMA ルート ポイント両方 DN を一致する必要があります。 DN が異なっている場合複数の変換パターンがあることができます。

Partition CSS
IPMA マネージャの行(PA サポートなしのと/) IPMA マネージャ All_Calls
PA がほしいと思う他のユーザ PA 管理される All_Calls
PA がほしいと思わないユーザ All_Calls

PA のためのメディア ポート(Skinny) Partition CSS
PA のためのメディア ポート All_Calls

既知の問題

  • コールに関しては PA から IPMA に転送され、アシスタントへの IPMA によってリダイレクトされる、IPMA アシスタント コンソールのコール制御 機能ははたらきません。 Cisco バグ ID CSCdz65896登録ユーザのみ)は、PA および IPMA 共存と任意 の 転送問題を論議する、この問題をトラッキングします。

  • アシスタントがプロキシ行からの IPMA マネージャに問い合わせる場合、PA はそれのために支配します IPMA マネージャは適用されません。

  • アシスタントはプロキシ行のための PA ルールがある場合がありません。 IPMA がアシスタントのプロキシ行にマネージャのコールをリダイレクトする場合、このプロキシ行のためのどの PA ルール セットアップでも実行されません。

設定 2: IPMA は着信コールを代行受信し、PA に転送します

この設定は IPMA がマネージャのためのすべての呼び出しを最初に扱うようにします。 マネージャのためのコールがある場合、IPMA はマネージャの DivAll フィルタリング/ルールを適用します。 ルールが適用した後、IPMA は宛先番号にコールを発信します。 これはまたは別の宛先マネージャまたはアシスタントのプロキシ行のどれである場合もあります。 宛先番号が PA ユーザの数である場合、PA はコールを代行受信し、ルールを適用します。 すべての呼び出しは PA ルート ポイントをフローします。 PA は PA ユーザ向けに意図されているそれらの呼び出しだけを代行受信します。 アシスタントか別のターゲットはまた PA ユーザである場合もあります。

パーティション

  • IPMA マネージャ— PA を使用したいと思わない IPMA マネージャに行にこのパーティションを割り当てて下さい。

  • IPMA ルート ポイント—行このパーティションが割り当てる必要がある IPMA マネージャに着信コールを代行受信するのに使用される IPMA ルート ポイントの行にこのパーティションを割り当てて下さい。

  • PA — PA に着信コールを代行受信するのに PA によって使用されるルート ポイントの行にこのパーティションを割り当てて下さい。

  • PA 管理される— PA を使用したいと思うすべてのユーザ向けに行にこのパーティションを割り当てて下さい。

    注: また PA を使用したいと思うマネージャに IPMA マネージャ行にこのパーティションを割り当てて下さい。

  • — IPMA か PA を使用したいと思わないユーザ向けに行にこのパーティションを割り当てて下さい。

Calling Search Spaces

  • IPMA マネージャ—これは IPMA ルート ポイントおよびアシスタント プロキシ行に割り当てられる CSS です。 この CSS はこの順序でこれらのパーティションが含まれています:

    1. PA

    2. IPMA マネージャ

  • CSS-PA — これは IVR 機能性に使用する PA インターセプター ルート ポイントおよび PA ルート ポイントに割り当てられる CSS です。 この CSS はこの順序でこれらのパーティションが含まれています:

    1. PA 管理される

  • CSS-IPMA-PA — これは IPMA か、PA、またはその両方がダウンしているとき使用する変換パターンに割り当てられる CSS です。 この CSS はこの順序でこれらのパーティションが含まれています:

    1. IPMA マネージャ

    2. PA 管理される

  • All_Calls —これは他のすべての行に、ゲートウェイ割り当てられる、CSS PBX、等です。 この CSS はこの順序でこれらのパーティションが含まれています:

    1. IPMA ルート ポイント

    2. PA

デバイス設定

CTI ルートポイント Partition CSS
IPMA ルート ポイント IPMA ルート ポイント IPMA マネージャ
途中受信のための PA ルート ポイント PA CSS-PA
PA ルート ポイント(IVR 機能性に使用する) CSS-PA

トランスレーション パターン Partition CSS
(たとえば、23xxx) CSS-IPMA-PA

Partition CSS
IPMA マネージャの電話(PA サポート無しで) IPMA マネージャ All_Calls
IPMA マネージャの電話(PA サポートと) PA 管理される All_Calls
PA がほしいと思う他のすべてのユーザ PA 管理される All_Calls
PA がほしいと思わない他のすべてのユーザ All_Calls

PA のためのメディア ポート(Skinny) Partition CSS
PA のためのメディア ポート All_Calls

既知の問題

ユーザが(内部か外部) PA 音声ポートを呼出し、次にあらゆるユーザを頼む場合、PA は宛先にコールを転送する前にルールを最初に処理します。 たとえば、ユーザが IPMA マネージャを呼出しを行い、頼めば、PA ルールだけがこのコールに適用します。 IPMA ルールは適用されません。 この問題の解決を助けるためにコールが PA メディア ポートで受信される場合 PA ルールを適用しないオプションを論議する Cisco バグ ID CSCdz65976登録ユーザのみ)を参照して下さい。 一方では同じ発信者が IPMA マネージャに(マネージャのプライマリ DN)直接問い合わせれば、そしてそれはうまく働きます。 次にコールは設定されるように PA による IPMA によって最初におよび処理されます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63420