Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco コンテンツ スイッチング モジュール

CSM の ARP 動作について

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、コンテンツ スイッチング モジュール(CSM)のアドレス解決プロトコル(ARP)の動作について説明します。

この資料は情報を提供したものです:

  • CSM がある特定のホストのための ARP要求をなぜ送信 しないかもしれないか

  • CSM が ARPキャッシュの Refresh エントリなぜかもしれなくないか

  • CSM がある特定のホストからの接続をなぜ拒否するかもしれないか

はじめに

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • 基本的な CSM 設定

  • ARP プロトコル(37) STD

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • CSM ソフトウェアまでのすべてのバージョン、および、4.1.x 含んでいます

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CSM ARP 動作

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

csmarp.gif

このネットワークダイアグラムでは、CSM は 1 人のクライアント VLAN および 1 サーバVLAN のルーティングされたモードで、示されています。 クライアント VLAN は参照され、サーバVLAN は完璧さだけのために示されています。 ネットワークダイアグラムの重要なコンポーネントは次のとおりです:

  1. ルータかゲートウェイ(192.168.10.1) ネットワークの他の一部にクライアント VLAN を接続する。

  2. クライアントかホスト(192.168.10.200) クライアント VLAN で。

  3. CSM インターフェイス(192.168.10.127) クライアント VLAN で。

CSM ARP要求

CSM は ARP要求だけをのための送信 します:

  • 設定されたゲートウェイ

  • 設定された reals

ゲートウェイは CSM で下記によって設定されます:

  • gateway コマンドの使用

  • route コマンドのネクスト・ホップ

コマンドは両方とも CSM インターフェイスコンフィギュレーションの下で適用します:

 

vlan 499 client
  ip address 192.168.10.127 255.255.255.0
  route 192.168.40.0 255.255.255.0 gateway 192.168.10.1
! 

vlan 499 client
  ip address 192.168.10.127 255.255.255.0
  gateway 192.168.10.1
!            

最初の例は特定のルートを使用し、第 2 例は gateway コマンドを使用します。

実サーバはサーバファームの下で定義される必要があります。 サーバファームの下で実サーバのための ARP要求を送信 するためにサーバファームが CSM のための vserver と関連付けられることが必要となりません。 サーバファームの下の実サーバの例:

 serverfarm REALWWW
  nat server
  no nat client
  real 192.168.20.200
   inservice
  real 192.168.20.201
   inservice
!

この例では、CSM は設定されたゲートウェイおよび実サーバの MAC アドレスを学習する ARP要求を送信 します。 ARPエントリが(タイムアウトの既定値は 4 時間または 14400 秒です)切れる時、CSM はそのような ARPエントリを自動的にリフレッシュします。 CSM が ARP要求への応答がない場合、もう一度試します(デフォルト間隔は 5 分または 300 秒です)。 CSM は設定されたゲートウェイか実サーバよりあらゆるその他のデバイスのための ARP要求を送信 しません。

CSM ARP 学習

CSM はホストの ARP マッピングが VLAN の実サーバまたはゲートウェイではないそれに接続される学ぶことができます。 これはそのようなホストが CSM で ARP要求を、たとえば、設定される vserver の仮想 IP アドレス作ると起こります。 ネットワークダイアグラムでは、これはクライアント起こる可能性があります(192.168.10.200) VLAN 499 の仮想 IP アドレスのための ARP要求を作ります。

CSM は CSM にその VLAN の ARPエントリがないホストからの接続を許可しません。 CSM は対応した 送信元MACアドレスを持っていないソース IP アドレスからパケットを廃棄します。 これが CSM に知られているか、または CSM に知られている実質によってソースをたどられるゲートウェイを通してルーティングされるパケットのための問題ではないことに注目して下さい。 CSM は前のセクションに記述されているようにそのような IP アドレスのための ARPエントリが、常にあるはずです。

この動作の変更はルート ルックアップ 機能によって CSM ソフトウェア 3.2.1 ともたらされました。 パケットが未知のソース MAC アドレスと着けばリターントラフィックをどこに送信 するか、この機能は判別します。 この機能は割り当てます:

  • 廃棄されないべきパケット

  • リターントラフィックをに送信 するのにそのルートのゲートウェイを使用するパケット

CSM ARPタイムアウト問題

考えられる 問題はクライアント ステーションに(ネットワークダイアグラムの 192.168.10.200 のような) CSM より長い ARPタイムアウトがあることです。 この場合、このホストのための ARPエントリはクライアント ステーションのより CSM ですぐに切れます。 これの後で、CSM はこのクライアント ステーションからの追加パケットを受け入れません。 同じは CSM は ARPエントリが同じ理由でないかもしれないのでパケットが CSM に知られていないルータを通って着く場合起こる場合があります。 これへのソリューションはダミーのサーバファームの下でこれらのステーションを設定することです。

ダミーのサーバファーム

ダミーのサーバファームはトラフィックを送信 するかもしれないかどれが CSM にそれで定義されるホストが付いているサーバファーム(これらはルータのようなクライアント ステーションまたはネットワークデバイスのどれである場合もあります)単にです。

ダミーのサーバファームのデバイスが CSM によって実サーバであると考慮されると同時に、CSM はそれらのデバイスに切れるとき ARP要求を作り、また ARPエントリをのためのリフレッシュします。 これはタイムアウトの問題を除去する必要があります。

dummyserverfarm はまたこれらのデバイスによってソースをたどられるか、または転送されるパケットが未知のソース MAC アドレスから来ることのために廃棄されないようにします。

注: あらゆる vserver とダミーのサーバファームを関連付けることは必要ではないです。

ダミーのサーバファームの設定

次の手順を実行します。

  1. ダミーのサーバファームを作成して下さい。

    cat6000(config-module-csm)#serverfarm myDummy
    
  2. CSM が CSM のゲートウェイで設定されない直接接続されした クライアント ステーションまたはルータのようなこのサーバファームへ ARP 目的で実サーバとして、考慮することであるデバイスを追加して下さい。

    cat6000(config-slb-sfarm)#real 192.168.10.200
    cat6000(config-slb-real)#inservice
    

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63158