音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Express

Unity Express デコード Cisco IOS デバッグ プロンプト

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity Express(CUE)または Cisco Unity PhraseServer のデバッグのために、Cisco IOS デバッグから発信者に再生されるプロンプトのデコード方法について説明します。

トレースはキューのためのデバッグ ユーティリティで、いろいろな問題を解決するのに使用されています。 トレース機能を有効にすると、システム パフォーマンスに悪影響を与えることがあります。 このような理由で発行して下さい、特定の問題についての情報を収集することを Cisco テクニカル サポートの依頼がある場合に限りトレースが可能にすることを Cisco は推奨します。 ラボまたは Maintenance ウィンドウのシステムの場合、トレース 機能が手掛り動作を解決し、理解するのに使用することができます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity Express ソフトウェアおよびハードウェアに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

デコーダ リング ヘルプはキューのデバッグを実行するときプロンプトが示すものを判別します。 Cisco IOS について詳しく知っているユーザーか。 ソフトウェアはキュー Command Line Interface (CLI)および強力なデバッグ機能について詳しく知っていらないかもしれません。

キューは機能性で類似したであるが含まれていましたり、いくつかの重要な違いがありますツールが。 手掛りでは、debug コマンドはありません。 その代り、手掛りはメモリにカーネル バッファ内のメッセージを書く trace コマンドを呼び出される診断ユーティリティに与えます。 10 MB まである場合もあるこのメモリスペースはローカル トレースファイル(atrace.log)に、ファイル、または両方に外部 FTP サーバで(もし設定するなら)定期的に書かれています。

キューによってデコードされるトレース

トレース

キューのトレースの設定は特に有効に なる ローカル ログファイルに書くときシステムパフォーマンスの悪影響がある場合があります。 この影響は記録されたか、またはされたオーディオのプロンプトおよびデュアルトーン マルチ周波数(DTMF)トーン応答時間、また品質問題に遅延を含めることができます。 トレースを慎重に設定する必要があります。

イネーブル音声メール VXML トレース

トレース音声メール vxml はすべてのコマンド受け取った DTMF を表示するトレースが可能にし、プロンプトは DTMF に応じて遊びました。 このトレースはまた音声メールに異なる呼び出しを区別するための呼び出しID を表示する、また音声メール Telephone User Interface (TUI)位置を表示する。

音声メール VXML トレースを有効に するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 手掛りに service-module サービス エンジンを <mod/slot > session コマンド ログイン使用して下さい。

  2. 音声メール トレースを有効に するためにトレース音声メール vxmlr をすべてのコマンド使用して下さい。

  3. ログを調べるために提示トレース バッファを長いコマンド使用して下さい。

se-1-3-6-199
se-1-3-6-199#trace voicemail vxml all

se-1-3-6-199#show trace buffer long

Press any key to exit...

1569 03/01 21:38:57.711 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvSubSignInENU002.wav

1569 03/01 21:39:00.016 voicemail vxml "login.login_password.password" 
     0x00000003f5476a0b 1234

1569 03/01 21:39:00.868 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b rkoulagi-spokenName

1569 03/01 21:39:00.882 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvSubMsgCountENU128.wav

1569 03/01 21:39:00.916 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvSubMsgCountENU001.wav

1569 03/01 21:39:00.936 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvSubMenuENU002.wav

1569 03/01 21:39:01.010 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvSubMenuENU012.wav

1569 03/01 21:39:01.012 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvSubMenuENU004.wav

1569 03/01 21:39:01.013 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvSubMenuENU005.wav

1569 03/01 21:39:01.016 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvSubMenuENU006.wav

1569 03/01 21:39:04.562 voicemail vxml "main.sub_option.msg_option" 0x00000003f5476a0b 2

1569 03/01 21:39:04.953 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAesopCustomENU002.wav

1569 03/01 21:39:04.953 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU005.wav

1569 03/01 21:39:04.954 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU030.wav

1569 03/01 21:39:04.956 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU075.wav

1569 03/01 21:39:08.577 voicemail vxml "addressingSubscriber.dial_by_name.ext_name"
0x00000003f5476a0b 568

1569 03/01 21:39:12.053 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU013.wav

1569 03/01 21:39:12.055 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b rkoulagi-spokenName

1569 03/01 21:39:12.064 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU014.wav

1569 03/01 21:39:12.066 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU031.wav

1569 03/01 21:39:12.107 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b play:7008

1569 03/01 21:39:12.109 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU051.wav

1569 03/01 21:39:12.110 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU024.wav

1569 03/01 21:39:20.182 voicemail vxml 
     "addressingSubscriber.name_search_and_select.select_name" 0x00000003f5476a0b 1

1569 03/01 21:39:22.181 voicemail vxml "TIMEOUT" 0x00000003f5476a0b AvAddrSearchENU008.wav

この表はデバッグを記述したものです:

コード メッセージ
AvAesopCustomENU001 {「HELLO、アイソーポス Messageing システム。 タッチ トーン電話から拡張にいつでもダイヤルすることができます。 さもなければオペレータ用に保持して下さい。」}
AvAesopCustomENU002 {「人の名前を綴って下さい。」}
AvAesopCustomENU003 {「記録ヘルプ。 記録を受信するために、『1』 を押して下さい。 記録を削除し、開始するために、『3』 を押して下さい。 記録することを止めるために#押して下さい。」}
AvAesopCustomENU004 {「メッセージを受信するため、『3』 を押して下さい。 再レコードそれは、4."を押します}
AvAesopCustomENU005 {「20 以上の新しいメッセージがあります。」}
AvAesopCustomENU006 {「および以上 20 緊急でであって下さい。」}
AvAesopCustomENU007 {「20 以上の保存されたメッセージがあります。」}
AvAesopCustomENU008 {「と、20 以上の保存されたメッセージがあります。」}
AvAesopCustomENU009 {「まだ 20 以上の新しいメッセージがあります。」}
AvAesopCustomENU010 {「メッセージ サマリ ヘルプ。 メッセージ概略では、だれがのようなそれを送信 したときに着いたかメッセージについての情報を、聞き。」}
AvAesopCustomENU011 {「Message メニュー ヘルプ。 メッセージを再生した後これらのオプションをすべて使用できます。 メッセージを繰り返すために、『1』 を押して下さい。 それを保存するために、『2』 を押して下さい。 それを削除するために、『3』 を押して下さい。 メッセージがサブスクライバからある場合、それに『4』 を押すことによって答える場合があります。 メッセージをサブスクライバに転送するために、『5』 を押して下さい。 新しいメッセージを再度マークするために、『6』 を押して下さい。 あるようにメッセージにスキップし、それを保存することは、#押します。 メッセージ再生を終了するために、『*』 を押して下さい。」}
AvAesopCustomENU012 {「送信メッセージ ヘルプ。 送信 する メッセージを変更するのにこのメニューを使用して下さい。 アドレスを変更するために追加するか、または、『1』 を押して下さい。 記録するためにまたは再レコードはメッセージ、『2』 を押します。 速達設定に関しては、緊急なか帰り受信のような、『3』 を押して下さい。 メッセージおよび設定を検討するために、『4』 を押して下さい。 現状のままメッセージを送信 するために#押して下さい。 Subscriber メニューへこのメッセージおよび出口を送信 することを取り消すために、『*』 を押して下さい。」}
AvAesopCustomENU013 {「記録を聞くため、『1』 を押して下さい。 それを保存するために、『2』 を押して下さい。 再レコードそれは、『3』 を押します。 メッセージを送信 するために、#押して下さい。 メッセージ オプションに関しては、『*』 を押して下さい。」}
AvAesopCustomENU014 {「メッセージ ヘルプを編集して下さい。 メッセージの記録を編集するのにこのメニューを使用して下さい。 現在の記録を受信するために、『1』 を押して下さい。 現在の記録を保存するために、『2』 を押して下さい。 記録を削除し、開始するために、『3』 を押して下さい。 現状のままメッセージを送信 するために#押して下さい。 メッセージ オプションに関しては、『*』 を押して下さい。」}
AvAesopCustomENU015 {「メッセージのために、『1』 を押して下さい。 個人的な設定に関しては、3."} を押して下さい
AvAesopCustomENU016 {「セットアップ オプション ヘルプ。 メールボックス設定を変更するのにこのメニューを使用して下さい。 再レコード メッセージ レコード名のような個人的な設定を、変更するためにでき。」}
AvAesopCustomENU017 {「Cisco メッセージングシステムへの歓迎。 ほとんどをメッセージングシステムから得るために、設定を個人化するか、またはアップデートするために時間をとって下さい。 終了するために、『*』 を押して下さい。」}
AvAesopCustomENU018 {「配達オプション ヘルプ。 特別な配達オプションを追加するか、または取除くのにこのメニューを使用して下さい。 緊急メッセージは規則的なメッセージの前に聞かれます。 緊急のために、1.プライベートメッセージを電話を使用している他の受信者に転送することができません押して下さい。 private に関しては、『3』 を押して下さい。 現状のままメッセージを送信 するために#押して下さい。 配達オプションを終了するために、『*』 を押して下さい。 」}
AvAesopCustomENU019 {「発信音。」}
AvAesopCustomENU020 {「このメールボックスは無効です。」}
AvAesopCustomENU021 {「メールボックスの次 の メッセージは切れました。」}
AvAesopCustomENU022 {「次か。」}
AvAesopCustomENU023 {「メッセージはメールボックスから削除されます切れました。」}
AvAesopCustomENU024 {「期限切れのメッセージ ヘルプ。 このメッセージはメッセージがこのメールボックスで保存することができること最大 時間に達しました。 このメッセージを繰り返すために、『1』 を押して下さい。 それを最大 時間の間再度保存するために、『2』 を押して下さい。 それを削除するために、『3』 を押して下さい。 それをスキップするために、#押して下さい。」}
AvAesopCustomENU025 {「インボックスは完全です。 今削除しますいくつかのメッセージを新しいメッセージを受け取ることができません。」}
AvAesopCustomENU026 {「一般の配信メールボックスのために、9."} を押して下さい
AvAesopCustomENU027 {「一般の配信メールボックス。」}
AvAesopCustomENU028 {「一般の配信メールボックス ヘルプ。 ログイン したいと思う一般の配信メールボックスを選択するのにこのリストを使用して下さい。 ほしい一般の配信メールボックスを聞くとき、数を押して下さい。 メインメニューに戻るために『*』 を押して下さい。」}
AvAesopCustomENU029 {「英語のために、1."} を押して下さい
AvAesopCustomENU030 {「言語設定のために、4."} を押して下さい
AvAesopCustomENU031 {「英国英語のために、2."} を押して下さい
AvAesopCustomENU032 {「Mathing」は指名します}
AvAesopCustomENU033 {「残念、達することを試みているメールボックスは現在ディセーブルにされます。 以降を再度呼出して下さい。」}
AvAesopCustomENU034 {「残念、メールボックスは現在ディセーブルにされます。 システム アドミニストレータに連絡して下さい。」}
AvAesopCustomENU035 {「残念。 この拡張と関連付けられるメールボックスがありません。」}
AvAesopCustomENU036 {「残念、メッセージ。」}
AvAesopCustomENU037 {「に渡すことができませんでした。」}
AvAesopCustomENU038 {「次の receipients に渡すことができませんでした。」}
AvAesopCustomENU039 {「このメールボックスのオーナーではないです。 システム アドミニストレータに連絡して下さい。」}
AvAesopCustomENU040 {「」あります}
AvAesopCustomENU041 {「未知発信者」}
AvAesopCustomENU042 {「グローバル な検索のために、#押して下さい。」}
AvAesopCustomENU043 {「言語設定ヘルプのために、選択をして下さい。」}
AvAesopCustomENU044 {「言語設定は変更されました。 新しい設定はシステムにログイン する時次に実施されます。」}
AvAesopCustomENU045 {「配達ミス ヘルプ。 配達ミスはメッセージが受信者に提供することができないときアナウンスされます。 アドレスは間違うかもしれませんまたはアドレスは一時的に利用できないかもしれません。 考えれば状況は一時、メッセージを再度送信 することを試みるかもしれませんです。 さもなければ、ヘルプに関してはシステム アドミニストレータに連絡して下さい。」}
AvAesopCustomENU046 {「標準のグリーティングを編集するため、1.代替グリーティングを、『3』 を押します押して下さい。 ヘルプに関しては、0."} を押して下さい
AvAesopCustomENU047 {「残念。 達することを試みているメールボックスは完全です。 Please try again later.」}
AvAesopCustomENU048 {「残念。 プライベートメッセージは他の受信者に転送することができません。」}
AvAesopCustomENU049 {「もっと一般の配信メールボックスのために、9."} を押して下さい
AvAesopCustomENU050 {「残念。 受信者のメールボックスが完全であるので記録のための最大長に達しました。」}
AvAesopCustomENU051 {「パスワードはより大きい場合もありません。」}
AvAesopCustomENU052 {「長のディジット。」}
AvAesopCustomENU053 {「レコード名を変更するため、2."} を押して下さい
AvAesopCustomENU054 {「パスワードを変更するため、1."} を押して下さい
AvAesopCustomENU055 {「残念。 このメールボックスは既に使用中です。」}
AvAesopCustomENU056 {「以降をもう一度試して下さい。」}
AvAesopCustomENU057 {「新しい名前を記録するため、メールボックス名をトーンで言い、そして#押して下さい。」}
AvAesopCustomENU058 {「新しい名前を記録するため、姓 および 名をトーンで言い、そして#押して下さい。」}
AvAesopCustomENU059 {「電流レコード名を保存するため、『*』 を押して下さい。」}
AvAesopCustomENU060 {「電流レコード名を保存するため、#」押して下さい}
AvAesopCustomENU061 {「残念。 インボックスは完全です。 メッセージを記録できません。 いくつかのメッセージを今削除して下さい。」}
AvAesopCustomENU062 {「標準のグリーティングは発信者にシステムがあなたのためのメッセージを奪取 する前にされます。 代替グリーティングは標準のグリーティングの代わりにつくとき、使用されます。 休暇のような特別な状況のためにそれを、使用できます。 ちょうど挨拶を削除したいと思ったらトーンの後で#押して下さい。」}
AvAesopCustomENU063 {「残念。 atleast であるメッセージを記録して下さい。」}
AvAesopCustomENU064 {「長の秒。」}
AvAesopCustomENU065 {「個人的な設定ヘルプ。 電話パスワードまたはレコード名のようなあなたについての変更 情報にこのメニューを、使用して下さい。」}
AvAesopCustomENU066 {「個人的な設定ヘルプ。 レコード名を変更するのにこのメニューを使用して下さい。」}
AvAesopCustomENU067 {「およびパスワード。」}
AvAddrSearchENU001 {「人の名前を」綴って下さい}
AvAddrSearchENU005 {「最後および名を綴って下さい。」}
AvAddrSearchENU006 {「姓 および 名を綴って下さい。」}
AvAddrSearchENU008 {「追加される。」}
AvAddrSearchENU013 {「のために」}
AvAddrSearchENU014 {「で」}
AvAddrSearchENU016 {「2 つの一致する名前があります。」}
AvAddrSearchENU017 {「3 つの一致する名前があります。」}
AvAddrSearchENU018 {「4 つの一致する名前があります。」}
AvAddrSearchENU019 {「5 つの一致する名前があります。」}
AvAddrSearchENU020 {「6 つの一致する名前があります。」}
AvAddrSearchENU022 {「数名前を選択して下さい。」}
AvAddrSearchENU023 {「新しい検索のために、#押して下さい。」}
AvAddrSearchENU024 {「新しい検索のために、『*』 を押して下さい。」}
AvAddrSearchENU025 {「これ以上の名前。」}
AvAddrSearchENU030 {「Q のために、7.を押して下さい。 Z に関しては、9."} を押して下さい
AvAddrSearchENU031 {「拡張」}
AvAddrSearchENU033 {「取り消すため、『*』 を押して下さい。」}
AvAddrSearchENU037 {「エクステンションを入力して下さい。 」}
AvAddrSearchENU051 {「1."} を押して下さい
AvAddrSearchENU052 {「2."} を押して下さい
AvAddrSearchENU053 {「3."} を押して下さい
AvAddrSearchENU054 {「4."} を押して下さい
AvAddrSearchENU055 {「5."} を押して下さい
AvAddrSearchENU056 {「6."} を押して下さい
AvAddrSearchENU065 {「アドレス調査者ヘルプ。」}
AvAddrSearchENU066 {「名前を綴ること、またはエクステンションを入力することによって名前を追加して下さい。」}
AvAddrSearchENU069 {「このディレクトリは名前か拡張を捜されます。」}
AvAddrSearchENU070 {「各エントリをとの#」終了して下さい}
AvAddrSearchENU072 {「名前を綴るのにキーパッドを使用して下さい。」}
AvAddrSearchENU074 {「名前を追加することを止めるため『*』 を押して下さい。」}
AvAddrSearchENU075 {「スペリングと Number エントリの間で切り替えるため、## を押して下さい。」}
AvAddrSearchENU077 {「複数の一致ヘルプ。」}
AvAddrSearchENU078 {「選択するのにこのリストをほしい一致する名前使用して下さい。」}
AvAddrSearchENU079 ほしいと思ったり名前を聞く時{「、数が押して下さい。」}
AvAddrSearchENU082 {「『*』 を押すことから新しい検索を開始して下さい。」}
AvAddrSearchENU106 {「残念。 一致する名前無し。 別のスペルを試みて下さい。」}
AvAddrSearchENU113 {「余りにも多くの一致する名前。 より多くの文字を追加するために、1."} を押して下さい
AvAddrSearchENU117 {「名前により多くの文字を追加して下さい。」}
AvAddrSearchENU127 {「#押して下さい。」}
AvAddrSearchENU128 これが正しくなければ{「、『*』 を押して下さい。」}
AvCommonENU001 {「昨日」}
AvCommonENU002 {「今日」}
AvCommonENU047 {「で」}
AvConvPauseENU008 {「押して下さい。」}
AvConvUtilsENU010 {「残念。 それは有効な選択ではないです。 」}
AvConvUtilsENU026 {「残念。 記録のための最大長に達しました。」}
FailsafeENU {「残念、このシステムは一時的にコールを完了することができません。 以降を再度呼出して下さい。 Goodbye.」}
AvPHGreetENU001 {「このメッセージを送信 するため、1."} を押して下さい
AvPHGreetENU002 {「通常優先順位のこのメッセージを送信 するため、『1』 を押して下さい。 緊急な優先順位のこのメッセージを送信 するために、2."} を押して下さい
AvPHGreetENU003 {「メッセージを受信するため、『3』 を押して下さい。 再レコードそれは、『4』 を押します。 それに追加するために、5."} を押して下さい
AvPHGreetENU005 コールを転送する間、{「待って下さい。」}
AvPHGreetENU008 {「ありがとう。 メッセージは送信 されました。」}
AvPHGreetENU011 {「残念。 要求した拡張は利用できません。」}
AvPHGreetENU017 {「記録。」}
AvPHGreetENU018 {「残念。 」}
AvPHGreetENU019 {「使用中でまたは答えません。」}
AvPHGreetENU020 {「使用中です。」}
AvPHGreetENU021 {「残念。 拡張」}
AvPHGreetENU402 {「残念。 有効なエントリとしてそれを認識しませんでした。」}
AvPHGreetENU403 {「取り消すため 6."} を押して下さい
AvSubAddrMsgENU002 {「名前を追加するため、『1』 を押して下さい。 電流名前を聞くために、『2』 を押して下さい。 名前を取除くために、『3』 を押して下さい。 送信 するために、#押して下さい。」}
AvSubAddrMsgENU004 {「名前を追加するため、『1』 を押して下さい。 送信 するために、#押して下さい。 終了するために、『*』 を押して下さい。」}
AvSubAddrMsgENU006 {「アドレス メッセージ ヘルプ。 メッセージを受け取る名前のリストを作成するか、または編集するのにこのメニューを使用して下さい。 住所 録に個々の名前および分配リスト含めることができます。 名前を追加するために、『1』 を押して下さい。 リストの電流名前を聞くために、『2』 を押して下さい。 名前を取除くために、『3』 を押して下さい。 メッセージを送信 するために、#押して下さい。 メッセージ オプションに関しては、『*』 を押して下さい。」}
AvOcwedENU024 {「このメッセージを繰り返すため、1."} を押して下さい
AvSubGreetingsENU001 {「現在のメッセージは標準のグリーティングです: 」}
AvSubGreetingsENU003 {「現在のメッセージは代替グリーティングです: 」}
AvSubGreetingsENU004 {「再レコードはこのメッセージ、1."} を押します
AvSubGreetingsENU006 {「代替グリーティングをつけるため、2."} を押して下さい
AvSubGreetingsENU008 {「代替グリーティングを消すため、2."} を押して下さい
AvSubGreetingsENU010 {「他のメッセージを編集するため、『3』 を押して下さい。 メッセージをすべて聞くために、『4』 を押して下さい。 終了するために、『*』 を押して下さい。 ヘルプに関しては、0."} を押して下さい
AvSubGreetingsENU012 {「標準のグリーティングは次のとおりです: 」}
AvSubGreetingsENU014 {「残念。」}
AvSubGreetingsENU016 {「代替グリーティングは次のとおりです: 」}
AvSubGreetingsENU017 {「トーンにメッセージを記録することができます。 終了したら、#押して下さい。」}
AvSubGreetingsENU018 {「利用可能ではないです。」}
AvSubGreetingsENU019 {「標準のグリーティングを編集するため、1.閉じるメッセージを、押します 2.代替グリーティングを、『3』 を押します押して下さい。 ヘルプに関しては、0."} を押して下さい
AvSubGreetingsENU022 {「標準のグリーティングは正常な営業時間の間に遊びます。 閉じるメッセージは正常な営業時間後に遊びます。 代替グリーティングは他のすべてのメッセージの代わりにつくとき、使用されます。 休暇のような特別な状況のためにそれを、使用できます。」}
AvSubGreetingsENU023 {「再レコードはこのメッセージ、『1』 を押します。 それを保存し、続くために、#押して下さい。」}
AvSubMenuENU001 {「新しいメッセージを聞くため、1."} を押して下さい
AvSubMenuENU002 {「メッセージを送信 するため、2."} を押して下さい
AvSubMenuENU003 {「以前のメッセージを検討するため、3."} を押して下さい
AvSubMenuENU004 {「セットアップ オプションのために、4."} を押して下さい
AvSubMenuENU005 {「ヘルプのために、0."} を押して下さい
AvSubMenuENU006 {「終了するため、『*』 を押して下さい。」}
AvSubMenuENU012 {「以前のメッセージ」がありません}
AvSubMenuENU013 {「サブスクライバ ヘルプ。 着いた新しいメッセージを messsage を他のサブスクライバに送信 するために、既に聞くために開いた、またはグリーティングおよびレコード名のようなステータス オプションを使用して下さいすべてのメッセージを変更するために聞くのにこの Subscriber メニューを。」}
AvSubMsgCountENU001 {「新しいメッセージがありません。」}
AvSubMsgCountENU002 {「1 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU003 {「2 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU004 {「3 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU005 {「4 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU006 {「5 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU007 {「6 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU008 {「7 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU009 {「8 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU010 {「9 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU011 {「10 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU012 {「11 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU013 {「12 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU014 {「13 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU015 {「14 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU016 {「15 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU017 {「16 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU018 {「17 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU019 {「18 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU020 {「19 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU021 {「20 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU023 {「および 1 緊急です。」}
AvSubMsgCountENU024 {「および 2 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU025 {「および 3 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU026 {」および 4 緊急でであって下さい。 「}
AvSubMsgCountENU027 {「および 5 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU028 {「および 6 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU029 {「および 7 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU030 {」および 8 緊急でであって下さい。 「}
AvSubMsgCountENU031 {「および 9 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU032 {「および 10 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU033 {「および 11 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU034 {「および 12 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU035 {「および 13 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU036 {「および 14 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU037 {「および 15 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU038 {「および 16 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU039 {「および 17 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU040 {「および 18 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU041 {「および 19 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU042 {「および 20 緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU086 {「1 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU087 {「2 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU088 {「3 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU089 {「4 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU090 {「5 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU091 {「6 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU092 {「7 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU093 {「8 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU094 {「9 つの保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU095 {「10 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU096 {「11 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU097 {「12 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU098 {「13 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU099 {「14 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU100 {「15 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU101 {「16 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU102 {「17 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU103 {「18 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU104 {「19 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU105 {「20 の保存されたメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU107 {「あなたと 1 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU108 {「あなたと 2 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU109 {「あなたと 3 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU110 {「あなたと 4 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU111 {「あなたと 5 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU112 {「あなたと 6 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU113 {「あなたと 7 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU114 {「あなたと 8 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU115 {「あなたと 9 つの保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU116 {「あなたと 10 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU117 {「あなたと 11 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU118 {「あなたと 12 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU119 {「あなたと 13 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU120 {「あなたと 14 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU121 {「あなたと 15 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU122 {「あなたと 16 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU123 {「あなたと 17 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU124 {「あなたと 18 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU125 {「あなたと 19 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU126 {「あなたと 20 の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU127 {「あなたと 20 以上の保存されたメッセージを持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU149 {「まだ 1 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU150 {「まだ 2 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU151 {「まだ 3 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU152 {「まだ 4 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU153 {「まだ 5 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU154 {「まだ 6 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU155 {「まだ 7 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU156 {「まだ 8 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU157 {「まだ 9 つの新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU158 {「まだ 10 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU159 {「まだ 11 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU160 {「まだ 12 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU161 {「まだ 13 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU162 {「まだ 14 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU163 {「まだ 15 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU164 {「まだ 16 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU165 {「まだ 17 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU166 {「まだ 18 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU167 {「まだ 19 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU168 {「まだ 20 の新しいメッセージがあります。」}
AvSubMsgCountENU128 {「HELLO。」}
AvSubMsgCountENU134 {「持っています。」}
AvSubMsgCountENU135 {「…緊急である。」}
AvSubMsgCountENU138 {「…新しいメッセージ。」}
AvSubMsgCountENU139 {「。」}
AvSubMsgCountENU140 {「…緊急でであって下さい。」}
AvSubMsgCountENU141 {」…メッセージを保存しました。 「}
AvSubMsgCountENU142 {「あなたと持って下さい。」}
AvSubMsgCountENU170 {「まだ持っています。」}
AvSubMsgCountENU331 {「注。 インボックスはほとんど完全です。 いくつかのメッセージを今削除して下さい。 」}
AvSubMsgCountENU341 {」それが 1."を押すのを聞くため}
AvSubMsgCountENU342 {」それらが 1."} を押すのを聞くため
AvSubMsgPlayENU002 {「…送信 される。」}
AvSubMsgPlayENU003 {「メッセージ。」}
AvSubMsgPlayENU004 {「メッセージを保存しました。」}
AvSubMsgPlayENU006 {「緊急な音声 メッセージ。」}
AvSubMsgPlayENU007 {「去られる。」}
AvSubMsgPlayENU008 {「メッセージ サマリ ヘルプ。 メッセージ概略では、だれがのようなそれを送信 したときに着いたかメッセージについての情報を、聞き。 どんな概略が詳述するか制御するためにメッセージの前か後に、検討しますセットアップ オプションを聞いて下さい。」}
AvSubMsgPlayENU010 {「このメッセージを繰り返すため、『1』 を押して下さい。 それを保存するために、『2』 を押して下さい。 それを削除するために、『3』 を押して下さい。 答えるために、『4』 を押して下さい。 それをスキップするために、#押して下さい。 より多くのオプションおよびヘルプに関しては、0."} を押して下さい
AvSubMsgPlayENU016 {「Message メニュー ヘルプ。 メッセージを再生した後これらのオプションをすべて使用できます。 メッセージを繰り返すために、『1』 を押して下さい。 それを保存するために、『2』 を押して下さい。 それを削除するために、メッセージがサブスクライバからある 3. IF を、『4』 を押すことによってそれに答える場合があります押して下さい。 メッセージをサブスクライバに転送するために、『5』 を押して下さい。 新しいメッセージを再度マークするために、『6』 を押して下さい。 メッセージで後退するために、7.を押して下さい。 メッセージ概略を聞くために、9.を押して下さい。 あるようにメッセージにスキップし、それを保存することは、#押します。 メッセージ再生を終了するために、『*』 を押して下さい。」}
AvSubMsgPlayENU017 {「保存されるメッセージ。」}
AvSubMsgPlayENU018 {「削除されるメッセージ。」}
AvSubMsgPlayENU019 {「返される応答。」}
AvSubMsgPlayENU021 {「メッセージ マーク付き新しい。」}
AvSubMsgPlayENU022 {「残念。 このメッセージは応答を返すことができません。」}
AvSubMsgPlayENU023 {「応答。 トーンに応答を記録することができます。 終了するとき#押して下さい。」}
AvSubMsgPlayENU087 {「このメッセージは転送されました。 次に、元のメッセージとすればいいのか何を決定して下さい。」}
AvSubMsgPlayENU088 {「取り消される応答。」}
AvSubMsgPlayENU090 {「残念。 そのメッセージはもはや利用できません。」}
AvSubMsgPlayENU099 {「拡張。」}
AvSubMsgPlayENU103 {「インボックスはほとんど完全です。 いくつかのメッセージを削除して下さい。」}
AvSubMsgPlayENU108 {「順方向メッセージ。」}
AvSubMsgPlayENU159 {「private をマークしました。」}
AvSubMsgStackENU001 {「新しいメッセージの終わり。」}
AvSubMsgStackENU002 {「メッセージを保存しました。」}
AvSubMsgStackENU003 {「保存されたメッセージの終わり。」}
AvSubMsgStackENU004 {「新しいメッセージ。」}
AvSubMsgStackENU005 {「。.an 緊急な音声 メッセージ」}
AvSubSendMsgENU001 {「アドレッシングを変更するため、1."} を押して下さい
AvSubSendMsgENU002 {「メッセージを当たるため、1."} を押して下さい
AvSubSendMsgENU003 {「記録を変更するため、2."} を押して下さい
AvSubSendMsgENU005 {「速達を変更するため、3."} を押して下さい
AvSubSendMsgENU007 {「メッセージを検討するため、4."} を押して下さい
AvSubSendMsgENU008 {「メッセージを送信 するため、#押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU009 {「メッセージおよび終了を取り消すため、『*』 を押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU017 {「送信 される メッセージ。」}
AvSubSendMsgENU018 {「取り消されるメッセージ。」}
AvSubSendMsgENU020 {「このメッセージはに当たります: 」}
AvSubSendMsgENU021 {「この緊急メッセージはに当たります: 」}
AvSubSendMsgENU023 {「private」をマークしました}
AvSubSendMsgENU027 {「このメッセージに記録がありません。」}
AvSubSendMsgENU028 {「このメッセージにアドレスがありません。」}
AvSubSendMsgENU029 {「この緊急メッセージにアドレスがありません。」}
AvSubSendMsgENU030 {「送信メッセージ ヘルプ。 送信 する メッセージを変更するのにこのメニューを使用して下さい。 アドレスを変更するために追加するか、または、『1』 を押して下さい。 記録するためにまたは再レコードはメッセージ、『2』 を押します。 速達設定に関しては、緊急なか帰り受信のような、『3』 を押して下さい。 メッセージおよび設定を検討するために、『4』 を押して下さい。 現状のままメッセージを送信 するために#押して下さい。 Subscriber メニューへこのメッセージおよび出口を送信 することを取り消すために、『*』 を押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU031 {「別の名前を追加するため、『1』 を押して下さい。 メッセージを記録するために、#押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU032 {「メッセージ オプションのために、『1』 を押して下さい。 メッセージを送信 するために、#押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU033 {「別のメッセージを送信 するため、『1』 を押して下さい。 終了するために、『*』 を押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU034 より多くの個人にメッセージを受け取ってほしければ{「『1』 を押して下さい。 メッセージを記録して準備ができている場合#押して下さい。 メッセージを取り消すために、『*』 を押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU035 {「メッセージ オプションのために、『1』 を押して下さい。 現状のままメッセージを送信 するために#押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU036 {「メッセージは送信 されました。 新しいメッセージを送信 するために、『1』 を押して下さい。 さもなければ、Subscriber メニューに戻るために『*』 を押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU050 {「トーンにメッセージを記録することができます。 終了したら、#押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU055 {「メッセージ ヘルプを編集して下さい。 メッセージの記録を編集するのにこのメニューを使用して下さい。 現在の記録を受信するために、『1』 を押して下さい。 現在の記録を保存するために、『2』 を押して下さい。 記録を削除し、開始するために、『3』 を押して下さい。 記録に追加するために、『4』 を押して下さい。 現状のままメッセージを送信 するために#押して下さい。 メッセージ オプションに関しては、『*』 を押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU056 {「保存される記録。」}
AvSubSendMsgENU057 {「ありがとう。」}
AvSubSendMsgENU058 {「別の名前を追加するため、『1』 を押して下さい。 概要をメッセージに記録するために、『2』 を押して下さい。 メッセージ オプションに関しては、『3』 を押して下さい。 現状のままメッセージを転送するために#押して下さい。」}
AvSubSendMsgENU060 {「概要を記録するため、2."} を押して下さい
AvSubSendMsgENU061 {「トーンに概要を記録することができ、終了した場合#押します。 記録。」}
AvSubSendMsgENU062 {「取り消されるフォワーディング。」}
AvSubSendMsgENU064 より多くの個人にこのメッセージを受け取ってほしければ{「『1』 を押して下さい。 メッセージのはじめに概要を記録したいと思う場合『2』 を押して下さい。 メッセージ オプションに関しては、『3』 を押して下さい。 メッセージを変更なしで転送するために、#押して下さい。 メッセージを転送することを取り消すために、『*』 を押して下さい。」}
AvSubSetupMenuENU001 {「セットアップ オプション。」}
AvSubSetupMenuENU002 {「メッセージおよび転送のために、『1』 を押して下さい。 メッセージ設定に関しては、『2』 を押して下さい。 個人的な設定に関しては、『3』 を押して下さい。 ヘルプに関しては、0."} を押して下さい
AvSubSetupMenuENU004 {「セットアップ オプション ヘルプ。 メールボックスおよびメッセージ設定を変更するのにこのメニューを使用して下さい。 メッセージがあなたにどのように再生されるでき、レコード名およびパスワードのような個人的な設定を、変更しますか再レコード メッセージ、変更コール転送、変更。 」}
AvSubSetupMenuENU012 {「パスワードを変更するため、『1』 を押して下さい。 レコード名を変更するために、『2』 を押して下さい。 ディレクトリ の リストを変更するために、3."} を押して下さい
AvSubSetupMenuENU014 {「個人的な設定ヘルプ。 電話パスワード、レコード名、または番号案内でリストのようなあなたについての変更 情報にこのメニューを、使用して下さい。」}
AvSubSetupMenuENU015 {「個人的な設定。」}
AvSubSetupMenuENU016 {「メッセージ設定ヘルプ。 メッセージがどのように処理され、アナウンスされるか変更するのにこのメニューを使用して下さい。 システムがメニューをどのように言い、何を着信メッセージについて聞くかメッセージがあなたにどのように提供されるか変更できます。 また設定する個人的な分配リストを編集できます。」}
AvSubSetupMenuENU020 {「メッセージを変更するため、『1』 を押して下さい。 コール転送を変更するために、『2』 を押して下さい。 ヘルプに関しては、0."} を押して下さい
AvSubSetupMenuENU022 {「メッセージおよび転送ヘルプ。 パーソナル グリーティングを変更するのにこのメニューを使用して下さい。 また拡張を鳴らさないで音声メールに呼び出しを直接、ルーティングするためにコール転送を設定 することができます。」}
AvSubSetupMenuENU094 {「終了するため、『*』 を押して下さい。」}
AvSubSetupMenuENU177 {「メッセージ設定」}
AvSubSetupUtilsENU001 {「ヘルプのために、0 を」。押して下さい}
AvSubSetupUtilsENU002 {「レコード名」はあります}
AvSubSetupUtilsENU003 {「レコード名がありません。」}
AvSubSetupUtilsENU004 {「電流レコード名を保存するため、『*』 を押して下さい。 新しい名前を記録するために、第 1 および alst 名前をトーンで言い、#押して下さい。」}
AvSubSetupUtilsENU005 {「レコード名ヘルプ。 レコード名は発信者に識別します。 送信 する メッセージを識別することを使用します。 他のワード無しに姓 および 名だけ記録して下さい。 話すことを終わるとすぐ余分ノイズの記録から保存するために#押して下さい。 レコード名をちょうど削除したいと思ったらトーンの後で#押して下さい。」}
AvSubSetupUtilsENU008 {「新しいパスワードを入力し、そして#押して下さい。」}
AvSubSetupUtilsENU009 {「それを確認するために新しいパスワードを再度入力しそして#押して下さい。」}
AvSubSetupUtilsENU011 {「新しいパスワードはアクティブです。」}
AvSubSetupUtilsENU012 {「有効なパスワードがシステムを使用することを必要とします。」}
AvSubSetupUtilsENU014 {「パスワードは変更されませんでした。」}
AvSubSetupUtilsENU019 {「Cisco Unity への歓迎。 ほとんどを Unity から得るために、設定を個人化するか、またはアップデートするために時間をとって下さい。 終了するために、『*』 を押して下さい。」}
AvSubSetupUtilsENU020 {「レコード名は他の発信者に識別します。 それはまた他にだれがメッセージを残したか知らせます。」}
AvSubSetupUtilsENU021 {「パスワードはメッセージのプライバシーを保護します。 パスワードは少なくともある必要があります。」}
AvSubSetupUtilsENU022 発信者がメッセージを残すかもしれない達することができない時{「。 パーソナル グリーティングは発信者にメッセージを残すように勧めます。」}
AvSubSetupUtilsENU023 {」…長のディジット。 他が推測することができるように覚え易いしかしハードに使用して下さいパスワードを。 余分セキュリティに関しては、時折パスワードを変更することを頼むことができます。 「}
AvSubSetupUtilsENU025 {「ありがとう。 登録を終えました。」}
AvSubSetupUtilsENU031 {「電流レコード名を保存するため、#押して下さい。 新しい名前を記録するために、トーンで姓 および 名を言って下さい。」}
AvSubSignInENU001 {「に先行している ID を#入力して下さい。 silence> の <2 秒」}
AvSubSignInENU002 {「パスワードを入力して下さい。 silence> の <1.5 秒」}
AvSubSignInENU003 {「残念。 エントリを聞きませんでした。」}
AvSubSignInENU004 {「残念。 それは有効なエントリではないです。」}
AvSubSplDeliveryENU001 {「配達オプション。」}
AvSubSplDeliveryENU002 {「この緊急マークするため、1."} を押して下さい
AvSubSplDeliveryENU004 {「緊急な配信を取り消すため、1."} を押して下さい
AvSubSplDeliveryENU010 {「この private をマークするため、3."} を押して下さい
AvSubSplDeliveryENU012 {「私用配信を取り消すため、3."} を押して下さい
AvSubSplDeliveryENU020 {「取り消される緊急。」}
AvSubSplDeliveryENU021 {「緊急マークしました。」}
AvSubSplDeliveryENU022 {「取り消される Private。」}
AvSubSplDeliveryENU023 {「private をマークしました。」}
AvSubUtilsENU027 {「このリスト」は持っています}
AvSubUtilsENU028 {「名前。」}
AvSubUtilsENU029 {「リストを終了するため、#押して下さい。」}
AvSubUtilsENU030 {「このリストに 1 つの名前があります。」}
AvSubUtilsENU044 {「名前のための全体のリストを取除くために確認するため『1』 を押して下さい。 名前を数によって取除くために、『2』 を押して下さい。 ヘルプに関しては、0 を押して下さい。 終了するために、『*』 を押して下さい。」}
AvSubUtilsENU046 取除くために名前を聞く時{「『3』 を押して下さい。 リストを終了するために、#押して下さい。」}
AvSubUtilsENU053 {「数によって名前を取除くことができます。」}
AvSubUtilsENU061 {「名前ヘルプを取除いて下さい。 2 つの方法でリストから名前を取除くことができます。 全体のリストを持つことはあなたに、『1』 を押します遊びました。 取除きたいと思う名前を聞くとすぐそれから Deleteキーを押すことができます。 6 つまでの名前の番号付きリストを一度に聞くために、『2』 を押して下さい。 数それから名前を選択できます。 長いリストでは、次に 9."} を押すことによって名前の設定 されるに前方にスキップできます
VOICEMAIL_10 {「10 秒の音声メール。」}
VOICEMAIL_20 {「20 秒の音声メール。」}
VOICEMAIL_25 {「25 秒の音声メール。」}
VOICEMAIL_30 {「30 秒の音声メール。」}
VOICEMAIL_40 {「40 秒の音声メール。」}
VOICEMAIL_45 {「45 秒の音声メール。」}
VOICEMAIL_50 {「50 秒の音声メール。」}
VOICEMAIL_60 {「60 秒の音声メール。」}
VOICEMAIL_15 {「15 秒の音声メール。」}
FORWARD_VM_30 {「30 秒の前方メッセージ。」}
REPLY_MSG_30 {「30 秒の応答メッセージ。」}
REPLY_MSG_20 {「20 秒の応答メッセージ。」}
RECORDED_NAME1 {「Virender Sehwag」}
RECORDED_NAME2 {「Sachin Tendulkar」}
RECORDED_NAME3 {「Saurav Ganguly」}
RECORDED_NAME4 {「Rahul Dravid」}
RECORDED_NAME5 {「Mohammad Kaif」}
RECORDED_NAME6 {「Yuvraj Singh」}
RECORDED_NAME7 {「Javagal Srinath」}
RECORDED_NAME8 {「Zaheer Khan」}
RECORDED_NAME9 {「ジョン ライト」}
GDM_RECORDED_NAME {「アンパイヤ」}
RECORDED_GREETING1 {「これは Sachin Tendulkar です。 メッセージを」残して下さい}
RECORDED_GREETING2 {「これは Virendra Sehwag です。 メッセージを」残して下さい}
RECORDED_GREETING3 {「これはジョン ライトです。 メッセージを」残して下さい}
RECORDED_GREETING {「これは Ravi Koulagi です。 メッセージを」残して下さい}
0 {"0"}
1 {"1"}
2 {"2"}
3 {"3"}
4 {"4"}
5 {"5"}
6 {"6"}
7 {"7"}
8 {"8"}
9 {"9"}
10 {"10"}
11 {"11"}
12 {"12"}
13 {"13"}
14 {"14"}
15 {"15"}
16 {"16"}
17 {"17"}
18 {"18"}
19 {"19"}
20 {"20"}

自動転送によってデコードされるプロンプト

コード メッセージ
AAWelcome {「Automated Attendant への歓迎」}
AAMainMenu {「オペレータに転送するために押す 1,To を入力する『2』 を押す達することを試みている人の名前を、0" を押します}達することを試みている入力することは人の電話番号を
AAEnterExtn {「電話番号を入力して下さい及び#キー」押して下さい}
AACallingExtn {「呼出します」}
AAPhoneReach {「」連絡することを試みている電話番号}
AAOutOfServicePhone {「現在 アウト オブ サービス」です}
AANameDial {「名に先行させていて問い合わせたいと思う人の名字を綴って下さい。 文字 Q に関しては、Z のための 7 つを、押します 9"} を押して下さい
AACalling {「呼出します」}
AASorry {「残念トラブルがあっています。 Please stay on the line and some will be with you shortly に設定します。」}
still_there {「そこにまだありますか。」}
スター {「スター」} en_USrecord {「曜日を得るために日の時を取得するために『2』 を押します他の一般的なステップに運動させるために『3』 を押します」終了するために『*』 を押します 『1』 を押して下さい}
a {「a」}
b {「b」}
c {「c」}
d {「d」}
e {「e」}
f {「f」}
g {「g」}
h {「h」}
i {「」}
j {「j」}
k {「k」}
l {「l」}
m {「m」}
n {「n」}
o {「o」}
p {「p」}
q {「q」}
r {「r」}
s {「s」}
t {「t」}
u {「u」}
v {「v」}
x {「x」}
y {「y」}
z {「z」}


関連情報


Document ID: 63105