コラボレーション : Cisco Administrative Workstation

ICM の固定ユーザ変数と、可変ユーザ変数

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)環境での永続的および非永続的なユーザ変数について説明します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. ICM の耐久性があるユーザー定義変数とは何か。

A. ユーザー定義変数の定義は中央データベースの User_Variable 表で含まれています。 ユーザー定義変数リスト ツールがユーザー定義変数を作成し、アップデートし、削除するのに使用されています。 各ユーザー定義変数はこの条件を満たす必要があります:

  1. ユーザから始まる名前を持って下さい。

  2. オブジェクト タイプと、たとえば、サービス関連付けられて下さい。 (そのの各オブジェクトのために可変それの例を維持することをこれは ICM が打ち込みますシステムを可能にします。)

  3. 耐久性がある(CallRouter 再起動を渡る値を保ちます)または非耐久性がある(CallRouter 再起動を渡る値を保ちません)変数として識別されて下さい。 図 1 名前がサービスと関連付けられるユーザである耐久性があるユーザー定義変数の作成を示します。

    図 1 —耐久性があるユーザー定義変数を作成して下さい

    qa-user-variable-1.gif

  4. 40 文字まで値を長い保持します。

ユーザー定義変数はスクリプトの内で設定 され、参照することができます。 ユーザー定義変数が耐久性がある場合、値は中央データベースで Persistent_Variable 表で保存されます。 非耐久性があるユーザー定義変数および耐久性があるユーザー定義変数は両方スクリプトの間で渡すことができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63020