コラボレーション : Cisco ICM Web View Web Tools Feature

World Wide Web サービスが WebView でクラッシュする

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco WebView サーバの Java Development Kit(JDK)1.3.1 を JDK 1.3.1_13 にアップデートする方法について説明します。 WebView サーバを作成したら、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)Third-Party Tools CD から JDK 1.3.1 をインストールできます。 シスコでは、WebView が Dr. Watson ログ エントリを作成するときに、このアップデートを行うことを推奨します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM

  • Cisco WebView

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 5.0 サービス リリース(SR) 7 およびそれ以降

  • 1.3.1_13 への JDK 1.3.1

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco WebView は ServletExecNative.log ファイルでこれと同じようなエラーメッセージで Dr. Watson Log エントリを作成した後クラッシュします:

ServletExec: Java VM message: java.lang.OutOfMemoryError: requested 402653192 bytes

ServletExecNative.log ファイルは\プログラム ファイル\新しいアトランタ\ ServletExec ISAPI ディレクトリに常駐します。

更新済 JDK をインストールして下さい

JDK アップデートをインストールするために 4 つの基本的な手順を実行して下さい。 WebView サーバの JDK をアップデートするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. サン・マイクロシステムズ開発者ネットワーク サイトから JDK をダウンロードして下さい。

  2. WebView を停止して下さい。

  3. JDK をインストールして下さい。

  4. WebView を再起動します。

ステップ 1: Sun から JDK をダウンロードして下さい

サン・マイクロシステムズ Webサイトから JDK をダウンロードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. サン・マイクロシステムズ Webサイトに行くのに Webブラウザをleavingcisco.com 使用して下さい。

    図 1 –サン・マイクロシステムズ: ダウンロード SDK

    /image/gif/paws/63019/www-serv-crash-1.gif

    注:  図 1 ある意味では現われます従ってダウンロードのリストが付いている表は目に見えます。

  2. 表で Windows/Linux/Solaris SPARC/Solaris x86 を取付けて下さい。

  3. SDK カラムのダウンロード リンクを選択して下さい(のレッド範囲を 1)参照して下さい。 このリンクは JDK 使用許諾契約が現われるセキュア ページを表示する。

  4. 続くために『Accept』 を選択 して下さい。

    Download ページは現われます、(図を 2)参照して下さい。

  5. Windows (英語を含むすべての言語、)を、Windows JDK をダウンロードするためにレッド円によって示される複数の言語(j2sdk-1_3_1_13-windows-i586.exe、31.79 MB)リンク 図 2、クリックして下さい。

    図 2 –ダウンロード Java 2 SDK、標準版 1.3.1_13

    /image/gif/paws/63019/www-serv-crash-2.gif

ステップ 2: WebView を停止して下さい

WebView を停止するには次の手順を完了します。

  1. [Start] > [Programs] > [Administrative Tools] > [Services] を選択します。

  2. [IIS Admin Service] を右クリックします。

  3. Stop を選択します。 アラートは現われますこれはワールドワイドウェブパブリッシングサービスを停止することを知らせる、(図を 3)参照して下さい。

  4. [OK] をクリックして、次に進みます。

    図 3 –サービス: 他のサービスの停止

    www-serv-crash-3.gif

ステップ 3: 新しい JDK をインストールして下さい

JDK の新しい バージョンをインストールするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ステップ 1.でダウンロードした j2sdk-1_3_1_13-windows-i586.exe ファイルを実行して下さい これは JDK インストーラを起動させます、(図を 4)参照して下さい。

  2. [Next] をクリックします。

    図 4 – Java は 2 SDK、標準版、v1.3.1_13 設定しました: Welcome 画面

    /image/gif/paws/63019/www-serv-crash-4.gif

    JDK 使用許諾契約は現われます。

  3. 協定を読み、同意したら、『Yes』 をクリック して下さい。

  4. JDK が WebView サード パーティ インストーラによって最初にインストールされた同じドライブで推奨される ディレクトリに JDK をインストールして下さい。

  5. [Next] をクリックします。 コンポーネント選択画面は現われます。

  6. 最初の 2 つのコンポーネント、プログラム ファイルおよびネイティブ ヘッダ インターフェイス ファイルだけ選択して下さい。

    図 5 – Java は 2 SDK、標準版、v1.3.1_13 設定しました: コンポーネントを選択して下さい

    /image/gif/paws/63019/www-serv-crash-5.gif

    最終的な 3 つのオプション、古いネイティブ ヘッダ インターフェイス ファイルデモおよび Java ソースを)選択されません確かめて下さい。

  7. [Next] をクリックします。

  8. JDK インストールは始まります。

    インストーラがインストールプロセスを完了するとき、インストーラを終了するために『Finish』 をクリック して下さい。

ステップ 4: 再始動 WebView

WebView を再起動するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Windows Service Control Panel を開きます。

  2. World Wide Web Publishing Service をクリックして選択します。

  3. [Start] をクリックします。

    注: この操作により、IIS Admin Service も起動します。

  4. [OK] をクリックします。

ステップ 5: ロールバック JDK アップデート

JDK アップデートをアンインストールする必要がある場合また WebView サード パーティ インストール用CD を使用する必要があるレジストリを復元するために JDK の古いバージョンを再インストールして下さい。

JDK アップデートを転送するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. WebView を停止して下さい。

  2. JDK をアンインストールして下さい。

  3. JRE をアンインストールして下さい。

  4. 古い JDK をインストールして下さい。

  5. WebView を再起動します。

ステップ 6: WebView を停止して下さい

WebView を停止するには次の手順を完了します。

  1. Windows サービス コントロール コントロール・パネルを開いて下さい。

  2. IIS Admin サービスを選択して下さい。

  3. [Stop] をクリックします。 アラートはワールドワイドウェブパブリッシングサービスが停止することを示すようです。

  4. [OK] をクリックして、次に進みます。

ステップ 7: JDK をアンインストールして下さい

JDK をアンインストールするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Windows > Control Panel > Add/Remove Programs の順に選択 して下さい。

  2. 図 6.に示すように JDK 1.3.1_13 を、選択して下さい

    図 6 –追加/除去 プログラム

    www-serv-crash-6.gif

  3. JDK を開くためにアンインストールしますプログラムを『Uninstall/Repair』 をクリック して下さい。

  4. 操作を確認するためにプロンプトで『Yes』 をクリック して下さい(図を 7)参照して下さい。

    図 7 – Java Development Kit

    www-serv-crash-7.gif

  5. アンインストールは完了したことを示すメッセージ ボックスがようであると『OK』 をクリック して下さい。

ステップ 8: JRE をアンインストールして下さい

JRE をアンインストールするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Windows > Control Panel > Add/Remove Programs の順に選択 して下さい。

  2. 図 8.に示すように JRE 1.3.1_13 を、選択して下さい

    図 8 –追加/除去 プログラム

    www-serv-crash-8.gif

  3. JDK を開くためにアンインストールしますプログラムを『Uninstall/Repair』 をクリック して下さい。

  4. 操作を確認するためにプロンプトで『Yes』 をクリック して下さい(図を 9)参照して下さい。

    図 9 – Javaランタイム環境

    www-serv-crash-9.gif

  5. アンインストールが完了すると『OK』 をクリック して下さい。

ステップ 9: JDK をインストールして下さい

JDK をインストールするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. WebView サード パーティ インストール用CD を挿入して下さい。

  2. CD の JDK ディレクトリにナビゲート して下さい。

  3. セットアップの実行。 JDK インストーラは Welcome 画面を表示する

  4. [Next] をクリックします。 JDK 使用許諾契約は現われます。

  5. 使用許諾契約を読み、『Yes』 をクリック して下さい。

  6. オリジナル インストールが見つけられるディレクトリにナビゲート して下さい。 たとえば、オリジナル インストールがディレクトリがナビゲート する必要がある Cドライブにあれば、c:\jdk1.3.1_13 はあります。

  7. [Next] をクリックします。

  8. Java plug in ダイアログボックスのすべてのブラウザのチェックを外して下さい。

  9. [Next] をクリックします。 コンポーネント選択画面は現われます。

  10. ネイティブ ヘッダ インターフェイス ファイル『Program Files』 を選択 すれば。 他のどのコンポーネントも選択しないで下さい。

  11. [Next] をクリックします。

  12. インストールが完了すると『Finish』 をクリック して下さい。

ステップ 10: 権限を割り当てて下さい

注: Cisco Intelligent Contact Management ソフトウェア リリース 5.0(0)におけるセキュリティ 最良 の 方法に基づいてこのシステムの設定のガイドラインを堅くするセキュリティを設定した場合このステップを実行するようにして下さい。 さもなければ、ステップ 11.にスキップして下さい。

権限を割り当てるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. かどうか存在 する「IUSR_<machine_name>」チェックして下さい。

    「IUSR_<machine_name>」がない場合、「IUSR_<machine_name>」を追加して下さい。

  2. 「IUSR_<machine_name>」がこれらのディレクトリに適切な権限を所有するかどうか確認して下さい:

    • <icm_install_dir> の完全 な 制御(たとえば、c:\icm)

    • <inetpub> の完全 な 制御(たとえば、c:\inetpub)

    • <ServletExec_install_dir> の完全 な 制御(たとえば、「C:\Program Files\New アトランタ」)

    • <JDK directory> の権限を読んで下さい及び実行して下さい(たとえば、c:\jdk1.3.1)

    • <EAServer directory> の読み取り権限(たとえば、「C:\Program Files\Sybase」)

    • <EAServer directory> \ EAServer \ html \クラス\ com \ cisco \ atg の完全 な 制御

  3. ICM 5.0(0) SR5 を実行する場合これらのステップを完了して下さい:

    1. かどうか <icm_install_dir> と同じレベルで存在 する「Web」フォルダ チェックして下さい。 たとえば <icm_install_dir> へのパスが c:\icm である場合、c:\web。

      そのレベルで「Web」フォルダを見つけない場合、「Web」フォルダを作成して下さい。

    2. IUSR_<machine_name> が「Web」フォルダの完全 な 制御を持つようにして下さい。

ステップ 11: 再始動 WebView

WebView を再起動するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Windows Service Control Panel を開きます。

  2. ワールドワイドウェブパブリッシングサービスを選択して下さい。

  3. [Start] をクリックします。 これはまた IIS Admin サービスを開始するためにプロンプト表示します。

  4. [OK] をクリックします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63019