コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco Desktop Administrator でディレクトリ サービスを同期できない - パスワードのリセット

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ディレクトリ サービスの同期を Cisco Desktop Administrator で実行できない 1 つの原因について説明し、Cisco Unified Contact Center Express 環境での解決策を提供します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Cisco Response Solutions (CRS)

  • Cisco CallManager

  • Microsoft レジストリ エディタ(regedit32

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x

  • Cisco CRS バージョン 3.1(3) SR2

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco デスクトップ管理者の同期ディレクトリ サービスを経営するとき、少なくとも 1 つのエラーは同期処理の間に発生しました。 このイメージに示すようにエラーメッセージが現れます:

/image/gif/paws/63002/synch-dir-serv-reset-passwrd-2.gif

ディレクトリ サービス実行を正常に同期する場合、正常に同期されるディレクトリ サービス。 このイメージに示すようにエラーメッセージが現れる必要があります:

/image/gif/paws/63002/synch-dir-serv-reset-passwrd-3.gif

関連ファイル( 9999) C:\Program Files\Cisco\Desktop\Directory サービス\ログ ディレクトリにある 0001 の間で及ぶところにこれらのメッセージはあります:

14:27:31 09/20/2004 INFO   DA0008  The program failed to connect to the ODBC client on the
PC  - -1
14:27:59 09/20/2004 INFO   DA0008  The program failed to connect to the ODBC client on the
PC  - -1
14:27:59 09/20/2004 MAJOR  DA0008 Could not connect, second try
14:27:59 09/20/2004 MAJOR  DA4533 Reset log failed

トラブルシューティング

この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  1. 接続を確認して下さい。

    1. > データ ソース(ODBC) 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

      ODBC データ ソース 管理者 ダイアログボックスは現われます。

      /image/gif/paws/63002/synch-dir-serv-reset-passwrd-4.gif

    2. System DSN タブをクリックします。

    3. システム データ ソース リストの SYNC_SERVER A を選択して下さい

    4. [Configure] をクリックします。

      Microsoft SQL Server DSN Configuration ダイアログボックスは現われます。

      /image/gif/paws/63002/synch-dir-serv-reset-passwrd-5.gif

    5. Server フィールドの SQL サーバのための IP アドレスが正しいことを確認して下さい。

  2. C:\Program Files\Desktop _Config \ Util ディレクトリにある pwcrytp.exe (パスワード暗号化 ツール)を使用するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. pwcrytp.exe をダブルクリックして下さい

      PWCrypt ダイアログボックスは現われます。

      /image/gif/paws/63002/synch-dir-serv-reset-passwrd-6.gif

    2. Encode フィールドにストリングでパスワードを入力して下さい。

    3. 『Encode』 をクリック して下さい。

      エンコードされた文字列はエンコードされた文字列フィールドに現われます。

  3. このレジストリキーの符号化されたパスワードを確認して下さい:

    HKLM\SOFTWARE\ODBC\ODBC.INI\SYNC_SERVER_A\SPLKPWD

    /image/gif/paws/63002/synch-dir-serv-reset-passwrd-7.gif

  4. ステップ 2 および 3 からの結果が一致する場合、問題を解決するためにこれらのステップのパスワードを変えて下さい:

    1. SQL サーバのための System Administrator (SA) パスワードを変えて下さい。

    2. 新しい sa パスワードで PWCrypt.exe を実行して下さい。

    3. ステップ 2.で得られる符号化されたストリングと SPLKPWD 登録値を取り替えて下さい。

この問題はまた CCMService パスフレーズが Cisco CallManager サーバと Cisco Unified Contact Center Express サーバの間で一致する場合発生する場合があります。

注: Customer Response Solutions をインストールするか、またはアップグレードするとき、アカウントパスワード句を入力するためにプロンプト表示されます。 Customer Response Solutions は Customer Response Solutions 管理者 アカウントとこのアカウント(CCMService)の下で実行するサービスのためにユニークの作成するために入るストリング 暗号化されたパスワードを使用します。 このパスフレーズはクラスタのすべての Customer Response Solutions サーバに同じである必要があります。 このパスフレーズをインストールの後で変更するために、Customer Response Solutions AdminUtility を使用して下さい。

両方のサーバの CCMService パスフレーズを同期するために、Cisco CallManager サーバの AdminUtility および Cisco Unified Contact Center Express サーバの Customer Response Solutions AdminUtility を使用する必要があります。

問題がそれでも解決されない場合、Cisco デスクトップ同期化サーバサービスを再開して下さい。

注: CRS サーバにインストールされる 2 NIC がある場合正常な CRS トラフィックのための NIC は TCP/IP バインド順序の上である必要があります。 ディレクトリ サービス 同期に関する問題はまた不正確な NIC バインディング の 順序が原因である場合もあります。 NIC バインディング の 順序を変更するために、インストールされる第 2 NIC から開始しない CRA エンジンBackground Information セクションを参照して下さい。

同期からの Cisco デスクトップ管理者

問題

デスクトップ同期サービスはこのエラーと失敗します: Atleast は同期化プロセスの間に 1 つのエラー発生しました。 Cisco Agent Desktop 管理者は同期からでき、新しいエージェントを作成するか、または追加することがです。

Cisco デスクトップ管理者内からのディレクトリ サービスを手動で同期することを試みるときこのエラーメッセージを受け取ります:

CDAUI2082 At least one error has occurred during the manual 
synchronization of directory services. Contact technical support

解決策

それでもログイン されて Cisco Agent Desktop、CRS エンジン間メモリから前のユーザ ID をクリアするためにユーザ ID が CUCM かアクティブ ディレクトリで再起動する必要があれば変更されれば。 手動ディレクトリ同期化を完了することを試みるときエラー 2082 年は投げられます。 正しいプロシージャはエージェントが Cisco Agent Desktop から記録 した後ユーザ ID をアップデートすることです。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 各ノードの Cisco デスクトップ同期化サービスを該当する場合再開して下さい。 (このサービスは同期だけ。影響を与えます)。

    注:

    • Cisco デスクトップ同期化サービスは管理 ページの UCCX サーバの再始動である必要があります; 例: http://uccxip/appadmin/

    • システム > コントロール センターへの Naviagate は > UCCX > Cisco デスクトップ同期化サービス選択します

  2. 手動で Cisco デスクトップ 管理者で同期するために約 15 分および試みを再度待って下さい。

    UCCX の同期化サービスを再開し、Cisco デスクトップ管理者の内で同期することを試みたらエラーが続く場合ステップ 3 に行って下さい。

  3. エンジン サービスを再開して下さい。

    エンジン サービスを再開するために、システム > コントロール センター> 選択します UCCX > Cisco Unified CCX エンジン ナビゲート して下さい。 (Cisco は再始動サービス正常な営業時間後に推奨します。)

注: この問題は、Cisco Bug ID に記述されています。

問題

Config Manager の新たに追加されたエージェントは Cisco デスクトップ管理者で現れられなくて、ユーザはログインできません。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco 同期化サービスは Admin Workstation (AW)からのエージェント 情報を引っ張り、Cisco Agent Desktop Lightweight Directory Access Protocol (LDAP)でそれを読み込みます。 アカウントが AW からのデータを引っ張るサービスが実行されていることを確認して下さい。

  2. postinstall を実行し、設定をチェックして下さい。

    注: Cisco は SQL または NT 認証を使用することを推奨します。 基本的には、AW データベースへのユーザーのニーズ アクセス。

  3. Cisco Agent Desktop サーバのトレースを回して下さい:

    LDAP Monitor Service :
    
    CAD 7.x and 8.x 
    
    Configuration File LDAPMonSvr.cfg
    Default Location C:\Program Files\Cisco\Desktop\config
    General Issues Threshold=DEBUG
    
    Output Files LDAPMonSvr.log, LDAPMonSvr.dbg
    Default Location C:\Program Files\Cisco\Desktop\log
    
    LRM Server :
    Configuration File : LRMServer.cfg
    Output Files : LRMServer.log, LRMServer.dbg
    
    CAD 7.0(X) - 7.2(X) 
    
    General Issues Threshold=DEBUG
    
    Sync Service :
    CAD 7.x and 8.x 
    
    Configuration File DirAccessSynSvr.cfg
    Default Location C:\Program Files\Cisco\Desktop\config
    General Issues Threshold=DEBUG
    Output Files DirAccessSynSvr.log, DirAccessSynSvr.dbg
    
    Default Location C:\Program Files\Cisco\Desktop\log

    Cisco デスクトップ管理者で、C:\Program Files\Cisco\Desktop\config にナビゲート して下さい、administrator.cfg ファイルおよび設定 された しきい値 =DEBUG を編集して下さい Cisco デスクトップ管理者を起動させ、手動同期化をし、Cisco デスクトップ管理者 マシンの Administrator000X.dbg/logfile と共に上のログを集めて下さい

注: ログを見ることでデスクトップ Side A がドメイン アカウントを使用して実行し、Side B がローカルアカウントを使用して実行していた Cisco Agent Desktop サーバのサービスを同期しなさいことが、分られました。

問題を解決するために、ドメイン アカウントを使用し、両方のサーバのデスクトップ同期化サービスを再開するために Side B を変更して下さい。 同期化が、サービス罰金を科す必要があること後。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 63002