コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

Avaya Definity G3 のアフターコール ワーク データを検索できない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

終了コール詳細レコードには、コールがペリフェラルでどのように処理されているかに関する情報が含まれています。 このドキュメントでは、アフターコール ワーク データが Cisco Intelligent Contact Management(ICM)環境の WorkTime 変数から表示されない理由について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • ICM 設定

  • Windowsレジストリ エディタ(regedt32

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • ICM 4.6.2 およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

WorkTime はコールと関連付けられるの後コール 作業 時間の秒の累積数です。 の後コール作業はポストコール アクティビティ関連との書類事務のたとえば、完了またはコンサルタント業が含まれています。 WorkTime は完了されたコールの時間、ないエージェントの状態時間です。

WorkTime は Termination_Call_Detail 表および HandleTimeIn の期間を計算することを ICM サービスおよびルートテーブル可能にします。

問題

Avaya Definity G3 ACD のための Termination_Call_Detail 表を表示するとき、の後コール作業データは WorkTime 変数に現われません。

解決策

この問題はコンフィギュレーションに関する問題が原因で発生します。 これらの登録値の何れか一つ以上は Cisco 周辺ゲートウェイ(PG)で不正確である場合もあります:

  • レジストリパス:

    • ICM バージョン 4.6.x および それ 以前:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\GeoTel\ICR\<cust_inst>\<PGNum>\
        PG\CurrentVersion\PIMS\<pimNum>\ATTData
    • ICM バージョン 5.x および それ 以降:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems,Inc.\ICM\<cust_inst>\
        <PGNum>\PG\CurrentVersion\PIMS\<pimNum>\ATTData

      これらのキーはスペース制限による複数の回線に現われます。

  • 確認するべき登録値:

    レジストリキー 説明
    SmartAgentStateTimer このキーはエージェントの状態を判別するために Peripheral Interface Manager (PIM)がエージェントの状態クエリを発行した後時間を判別します。 このスマートなタイマーは Call Management System (CMS)なしのコンフィギュレーションのための要件です。 タイマーはエージェントが PIM がそれに続くエージェントの状態 の 変更を見ない状態を入力すると開始します。 999
    TimedACWDefaultSec 監視されたエージェント ステーションに関しては、このキーは自動 着信呼 分配 装置 (ACD)が時限の後コール作業 Vector Directory Number (VDN)か Skillgroup を通過しない、または時限の後コール作業の値はコールが通った skillgroup および VDN のための周辺装置モニタ 表で検出されません場合デフォルトを使用される時間を計られたの後コール作業の値規定 します。 エージェントのための時限の後コール作業タイマーは ACD からのエージェント切断が呼出すときアクティブになります。 このタイマーはエージェントが状態を(たとえば、話すこと)ところ時限の後コール作業期間の終わりを判別するもはや PIM 必要入力しない場合取り消されます。 20
    ACDHoldoffAsaiAvailable このキーは ACD コールの終わりにエージェントの開封が含まれています。 このキーの値が ACD コール端の TRUE (1)である場合、エージェントの作業モードは MANUAL_IN (WORK_READY)に設定 されます。 値が偽なら(0)、ACD コールの終わりにエージェントの開封はエージェント workmode をエージェントおよび時間を計られたの後コール作業の値に接続されるコールその時に含むいくつかのファクタによって判別されます(もしあれば)。 1
    ACWCallIsAgentWorkReady このキーの値が TRUE (1)である場合、の後コールは解決しますまたはエージェントが WORK_READY 状態にある間、コール作業のの後コールは WORK_READY でエージェントの状態を去ります。 さもなければ、話すことへのエージェント ステート の 変化。 これはエージェントの状態レポートに影響を与えます。 1
    VQAgentStateMask このレジストリキーはエージェントの状態を設定 します。 このキーの値が 1 に(0x4000)設定 されれば、PG は TimedACW タイマー の 期間以降にエージェントの状態を判別するために DEFINITY ACD を切れます問い合わせます。 このキーの値が 0 に設定 される場合、エージェントは利用可能 な状態に自動的に移行しました。 このキーがインストールの間に作成されないので手動でこのレジストリキーを追加して下さい。 1

変更を行なった後 PG サービスを循環させて下さい。

Registry 鍵修正と共に、コンフィギュレーションパラメータとして /monitoragent n を設定 して下さい(図を 1)参照して下さい。

Configuration Parameters フィールドの必須値を設定 するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Start > Programs > ICM Admin Workstation > Configuration Manager の順にクリック して下さい。

    Configuration Manager メニューは現われます。

  2. Tools > Explorer Tools > PG Explorer の順に選択 して下さい。

    PG エクスプローラー ウィンドウは現われます。

  3. Avaya DEFINITY ACD を選択して下さい。

  4. Configuration Parameters フィールドの /monitoragent n をタイプして下さい。

    図 1 – PG エクスプローラを通してコンフィギュレーションパラメータを設定 して下さい

    after-call-work-missing_01.gif

  5. [Save] をクリックします。

    コンフィギュレーションパラメータのこの値を規定 するとき、PG はもはやログオンしたエージェントを監察しません。


関連情報


Document ID: 62976