?????? : Cisco ONS 15600 Multiservice Switching Platform (MSSP)

Cisco ONS 15600 の IP アドレスの検出

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco ONS 15600 ノードには、シャーシ上での IP アドレスは表示されません。 このドキュメントでは、ONS 15600 の IP アドレスを識別する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • ONS 15600

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • ONS 15600

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

IP アドレスを識別して下さい

このプロシージャは PC端末機からの ONS 15600 ノードの TL1 ポートへの TL1 接続を使用します。 このステップバイステップ手順を使用して下さい:

  1. ONS 15600 の背部の顧客 アクセス パネル(CAP)の DB-9 ポートに PC を接続するのに DB-9 ケーブルを(まっすぐにオス型にメス型によって)使用して下さい。

  2. PC のハイパーターミナルを開始するのに TL1 接続を使用して下さい。

  3. 図 1.に示すようにドロップダウン リストからフィールドを使用して接続応答の正しい COMポートを、選択して下さい

    図 1 –正しい COMポートを選択して下さい

    f1.gif

  4. 1 にどれもに 8 に 9600 にビット/秒、データビット、パリティ、ストップ・ビットおよびどれもに図 2.に示すようにフロー制御を、設定 しない で下さい

    図 2 – COMポートの設定

    f2.gif

  5. 入力 キーを押して下さい: > プロンプトは図 3.に示すように、現われます

    図 3 – TL1 > プロンプト

    f3.gif

  6. 行為ユーザを入力して下さい:: < ユーザ ID >: <ctag>: <password>; 図 4.に示すように ユーザ ID へのこの例、矢印 A ポイント、ctag への矢印 B ポイントおよびパスワードへの矢印 C ポイント。

    ctag はどの数である場合もあります。

    図 4 – IP アドレスを検出するコマンド

    f4.gif

  7. M <ctag> COMPLD 時(矢印 D)は、ログオンされます現われます。

  8. Rtrv ne ジェネレーションを入力して下さい::: <ctag>; (矢印 E)。

  9. M <ctag> COMPLD は、IP-ADDR、IPMASK、DEFRTR、NAME、SWVER およびロード値(F)矢印によって続かれて現われます。


関連情報


Document ID: 62975