オプティカル : 同期光ネットワーク(SONET)

SONET のトリガー

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

トリガーは、IOS の同期光ファイバ ネットワーク(SONET)インターフェイスの因果関係における原因の役割を果たすイベントです。 場合に応じて、pos delay triggers コマンドを使用できます。 また別の場合には、特に、厳しいサービス レベル契約(SLA)を満たすことを試みる場合に、pos delay triggers コマンドを使用しないことを推奨します。 サービス プロバイダーは、特定の契約に基づいて差別化したレベルのサービスを提供しています。 契約は、内部的にネットワークがどのようにカスタマー トラフィックのパスを指定するか、保護するか、または優先順位付けするかを扱います。 これらのコマンドは、プロバイダーがサービス契約を満たすためにネットワークを調整する際に役立ちます。

この資料はイベントの上下にインターフェイスするために関連しているトリガーを検査します。 この資料にまた Packet over SONET(PoS)を展開する方法を説明されレイヤ3 で SLA、また、コンバージェンス時間を考慮します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

POS インターフェイスをダウンさせるイベント

このセクションは POS インターフェイスをダウンさせる記述し、関連のコマンドをリストしますイベントを。

セクションおよび回線 レベル トリガー

このセクションのトリガーのリストは GR-253-CORE 同期光ファイバ ネットワーク (SONET) トランスポート シス テムを示します: 仕様よくある包括的 な 基準の:

  • セクション 信号消失(SLOS) —仕様は 2.5us よりより少しを検出する必要がない 100us より大きいことを示し(6.2.1.1.1)。

  • セクション フレーム同期損失(SLOF) —仕様は最低 3ms 必要があることを示します(または 24 の連続したエラー状態のフレーム作成軽い音)でこれを検出する(6.2.1.1.2)。

  • アラーム表示信号-行(AIS-L) — AIS-L は、検出の 125usec の内で適切な場合送信する必要があります。 デバイスはデバイスがビット 6,7、および K2 の 8 つが 111 に設定 される 5 つの連続したフレームを参照する場合 AIS-L の受信を検出する必要があります(6.2.1.2.1)。

  • 信号劣化ビット エラー レート(SD-BER) — SD-BER は自動保護スイッチング (APS)のインターフェイスのだけトリガーです(B2 BER 計算に結ばれる)。

  • シグナル障害 ビット エラー率(SF-BER) — SF-BER は APS および非 APS 両方のためのトリガー インターフェイスです(B2 BER 計算に結ばれる)。

  • リモート障害表示 -回線(RDI-L) — RDI-L は POS または APS のためのトリガーではないです。 (しかし、RDI-L は MPLS FRR です) (5.3.3.1) セクションのためのトリガー。

このリストで述べられるセクションに関する詳細については Telcordia 情報スーパーマーケット Webサイトをleavingcisco.com 参照して下さい。

関連コマンド

pos 遅延トリガ行 n コマンドはコマンドが行を引き起こす前に n ms のための LOS/LOF/AIS を保持します:

数値なしでコマンドを設定する場合、遅延時間はデフォルトで 100ms です。 あらゆる非 APS POS インターフェイスの行トリガーを使用できます。 行トリガーが APS オペレーションと干渉するので、APS に加わるインターフェイスの行トリガーを使用できません。 pos 遅延トリガ行 n コマンドは行が内部で保護された高密度波長分割多重(DWDM)ギヤから来る内部 DWDM 保護 スイッチによってが発生する時間からの簡潔な LOS で行かないようにしません。 問題が holdoff 期間の間にクリアする場合、問題のよう決して発生しませんでしたではないです。

pos delay triggers line コマンドは規定 された holdoff 期間が終了するまでアクションを欠陥に基づいて保持します(を除いて欠陥カウンターを増分するため)。

このコマンドを有効に しない場合、上記の SONET 問題からの APS およびリンクは Route Processor (RP)ですぐに引き起こされます。

パス トリガー

これらの仕様 PATH レベル問題はインターフェイスの pos 遅延トリガ パスを有効に したときだけステート の 変化を始めます:

  • AIS-P —この問題は AIS-P という結果に終る問題の検出からの 125usec の内で上げる必要があります。 Path Terminating Equipment (PTE)は STS パスのための H1 および H2 バイトが 3 つの連続したフレームのためのすべての 1s が含まれているときこの問題を検出する必要があります。 連結パスは最初の H1 および H2 だけバイトを観察する必要があります。 詳細については、R6-175 および R6-176 のセクション 6.2.1.2.2 を参照して下さい。

  • RDI-P — RDI-P がある場合、問題は 10 の帯の内で検出する必要があります。 R6-221 の 6.2.1.3.2 を参照して下さい。

  • B3 のための B3-TCA (Threshold Crossing Alarms) —このアラームは B3 2進 データ 同期 通信(Bisync) IP (BIP)計算に結ばれます。

  • (IOSバージョンが CSCdx58021 が含まれていたら) LOP-P (ポインタのパス 損失) — GR-253 のセクション 6.2.1.1.3 を参照して下さい。

このリストで述べられるセクションに関する詳細については Telcordia 情報スーパーマーケット Webサイトをleavingcisco.com 参照して下さい。

関連のコマンド

pos 遅延トリガ パス <msec> コマンドは AIS-P、RDI-P および余分な B3 エラーでリンクダウンに引き起こすことを有効に します。 デフォルトで、パス エラーのためにリンクダウンに引き起こすことは無効です。

コマンドはまた 0 から 511 ms の範囲で holdoff ひとときを規定 したものです(デフォルトは 100ms です)。 holdoff 期間の終わりにより引き起こすことを引き起こさない前にパス トリガー問題(AIS-P、RDI-P)そのオフ。 明示的に POS インターフェイスのこのコマンドを設定しなかった時、PATH レベル問題が処理される場合アクションの結果無し。 行トリガーとは違って、パス トリガーが APS の回線 レベル アクティビティと干渉しないので、APS インターフェイス割り当てパス トリガー。 パス トリガーはバージョンの APS で Cisco IOS より先に設定されることができませんでしたか。 ソフトウェア リリース 12.0(28)S。 パス トリガーは SONET ネットワークに接続されたとき POS インターフェイスのリンク up/down 動作を高速化するために追加されました。 これはリモートエラーの前でより速いレイヤ3 統合を可能にしました。

POS の概略は CLI 動作を引き起こします

この表は POS トリガー状態および関連する結果をリストしたものです:

条件 結果
明示的に POS トリガーに関する何も設定しなかったら。 回線 レベル トリガーはすぐに処理されます。
pos delay triggers line コマンドを設定したら。 回線 レベル トリガーは 100ms の遅延の後で処理されます。
pos 遅延トリガ ライン x コマンドを設定したら。 回線 レベル トリガーは x が 0 と 511 の間にある x ミリ秒以降に処理されます。
明示的に パス トリガーに関する何も設定しなかったら。 パス トリガーは処理されないし、取るべき 処置を引き起こしません。
pos delay triggers path コマンドを設定したら。 パス レベル トリガは 100ms の遅延の後で処理されます。
pos 遅延トリガ パス x コマンドを設定したら。 パス レベル トリガは x が 0 と 511 の間にある x ミリ秒以降に処理されます。

SONETアラームの Debouncing

問題に起因する SONETアラームは 10 秒(10.5 +-.5)の間問題オフの後で保持されます。

問題処理

IOS では、POS カード変更問題処理のための 2 一般手段(方法)によって異なるトリガーに、よる LINE 状態。 これがインターフェイスの特定の設定によって(APS か非 APS)決まる間、一般に失敗には 2 つの型があります:

  • 管理される

  • 管理対象外

この資料が使用するアラーム処理に特定の用語を理解して下さい:

  • 問題—ハードウェアが認識する障害状態。

  • 失敗—必須 ~2.5sec のために浸った問題は SONET-4-ALARM メッセージを通して、それから報告され。 トリガーであるどの問題でも浸されて得ません。

  • 管理対象外の失敗— LOS、LOF、先祖などのようなイベント 彼らは定義されたパラメータセットによる SONETフレーマによって検出する、計算を必要としません。 問題ハードウェアによってアサートされてあり、または問題がありません。 これらのようなハード障害は、一般に、割り込みによって処理されます。 LOS は、LOF、AIS-L、特別な場合に、AIS-P および RDI-P すぐにアサートされて得。 これらはフレーマおよび定義されたルールに依存していますこれらの問題のそれぞれを検出する。 これらの問題の効果は即時です。 ただし、失敗としてこの問題のアサーションを遅らせるようにルータに指示できます。 遅延値を判別する裏切り者が、pos 遅延トリガ[パスあります | 行]およびキャリア遅延。 これらは資料の以降を当たります。

  • 管理されたアラーム— TCA および SD/SF-BER 計算のようなイベント。 これらは増加に計算が、ありますあったかどうか確認するように要求しますまたはたとえば低下、等、ルータの観点から「LOS ness」を高める LOS があることができません。 ただし、増加か低下にある BER があることができます; とられる処置は異なるかもしれません。 ソフト障害は、BER および TCA のような、(B1、B2 および B3 のために異なっているので)計算、彼ら、たとえば、設定ユーザができるしきい値決まるので、ビットレートを、および BIP CV の最大数はいくつかのファクタによって必要とします。 これらの失敗はまたまた問題のこれらの型がその性質に漸進的であり、一定時間にわたり集められるのでハードウェアが BIP カウンターのためにポーリングされる、ので検出するために時間がかかり。 それは一般に Signal Degrade (SD)かシグナル障害(SF)に 0 BIP からネットワークで現在の他のある種のハード障害なしではまっすぐに行かないことまた本当です。 これらの問題はハード障害と比較されたとき発生するためにより遅いです。

BER を計算する方法を記述する一般化されたアプローチは基本的な計算にここにあります:

計算のおよび BER_Period までの各再始動の後で統合か、または平均 1 として Required_BER_Period (統合 ウィンドウは完全に配置されません)、アルゴリズム 機能に厳しく達します:

  • BER_Period = BER_Period + 1 秒。

  • Current_BIP = Current_BIP + BIP_new。

  • Current_BER = Current_BIP/BER_Period。

BER_Period が Required_BER_Period に(統合 ウィンドウは完全に配置され、滑り始めます)達した後、アルゴリズムは漏出バケット 1 として機能します:

  • BER_Period = Required_BER_Period。

  • Current_BIP = Current_BIP + BIP_new - Current_BER * 1 秒。

  • Current_BER = Current_BIP/BER_Period。

Required_BER_Period は規格に従がって行比率および設定された BER しきい値だけに基づいて、判別されます(図 5-5、スイッチ 開始時間基準を、GR-253 参照して下さい)。 ただし、それは 1秒へのより低い限られています、サンプリング レート。

従って、BER_Period (統合 ウィンドウ)は各ポーリングと各ポーリングおよび新しい BER と計算されます移動します。 Current_BER が定義された制限にある場合、その同じポーリングまたは計算間隔の間に適切な問題をすぐに上げ、応答を最小保存します。 各秒これらの計算を繰り返し、3 つのイベントの 1 つが発生したかどうか確認します:

  • BER はまだその同じ範囲の内で下ります。 新しい操作がありません。

  • BER は再度増加し、SD または SF しきい値を超えました(B2 のために)。 新しいアラームを発して下さい。

  • BER は BER しきい値の下で減少しました。 アラームをクリアして下さい。

TCA または SD/SF のアサーションに関しては、そのそれぞれポーリング間隔で制限を交差させるまでだけ待つ必要があります。 計算の時、持っていれば Current_BER がしきい値を超えた、および、先に行き、ソフトウェアによってアラームをすぐにアサートできますかどうかチェック。

これはアラームを最初に引き起こすには Current_BER が十分に大きければ、条件が BER_Period の終わりにまだ本当であるので有効です。 これは値がどのようにに計算ウィンドウに関連して定義され、比較されるか基づいています。

アラームをクリアするとき、BER_Period 計算ウィンドウの端まで待つ必要があります。 これは新しい BIP がしきい値の上で保存するかもしれないウィンドウの最後の部分の間に集まらないようにすることです。

GR-253 に従って、SD-BER および SF-BER は両方 B2 BIP 数に厳しく結ばれます。 現在のデフォルトしきい値は次のとおりです:

  • BER しきい値— SF = 10e-3 SD = 10e-6

  • TCA しきい値— B1 = 10e-6 B2 = 10e-6 B3 = 10e-6

Engine2 OC-48 カードにこれらのデフォルトしきい値があります:

  • BER しきい値— SF = 10e-4 SD = 10e-6

  • TCA しきい値— B1 = 10e-6 B2 = 10e-6 B3 = 10e-6

SF と同じような B3 TCA パス トリガー行為がありたいと思う場合 B3 しきい値は同じしきい値に 10e-3 定める必要があります。 ルータ(config-if)pos threshold b3-tca 3 コマンドによって#プロンプトそうすることができます。

ポーリング間隔が 1秒であるので、それは TCA または SD/SF 問題に注意し、上げる最小時間です。 さらに、TCA/SD/SF の集められた性質が原因で、失敗のこれらの型は他の失敗と一緒に典型的な失敗にすぐに発生するとき伴われます。 これはルータプロセッサ 利用とパフォーマンス間のバランスを維持します。 ポーリング間隔は設定することができません。

処理のトリガー

このセクションはいくつかの IOS のさまざまなユーザ調整可能なノブの相互対話を検査するためにバックグラウンド情報を提供します:

pos 遅延トリガ[行 | パス]コマンドは簡潔に問題のレポートおよび操作を遅らせます。

POS 遅延トリガ行はライン アラームへ反応する前に一時待機時間です。 デフォルトは pos 遅延トリガ ラインを意味する 0 即時反作用です。 値なしで直接 pos 遅延トリガ ラインを設定する場合、100ms のデフォルト値は考慮に入れられます。 これは望ましい 効果に基づいて即時か遅延応答を、可能にします。 設定されるこれらのどちらかによって問題はアクティブアラームとして holdoff 期間が終わるまで出て来ません。

タイムライン:

|----------|----------|----------|----------|----------|
T0         T1         T2         T3         T4         T5

次のことを示しています。

  • t0 —問題が発生する時間。

  • t1 — ハードウェアが欠陥を検出する時間。

  • t2 —問題が失敗として報告される時間。

  • t2-t3 —時間を計って下さいあらゆる設定されたトリガーのために保持される。

  • t3-t4 —キャリア遅延が原因で待っている時間。

  • t4 —インターフェイスが IOS に実際に来る時間。

  • t5 —ルーティング プロトコルのためのどの隣接関係でも来る時間。

観察するためにタイムラインを異なるノブをさまざまな結果を実現させるために微調整する方法を検査して下さい。

holdoff 期間が終わるまで、ポスト遅延トリガは期間影響を t2 と t3 間の命じ、事実上、IOS から問題を隠します。 t3 に達する前に当然、問題がクリアされれば、何も発生しないし、何も起こらなかったようにあります。 ラインおよびパス トリガー両方のデフォルト値は 100ms であり、範囲は 0 から 511 氏です pos 遅延トリガ パスが最初に設定されなければパス トリガーが有効に ならない(すなわち、処置をとりません)。 pos 遅延トリガ パスはパス アラームへ反応する前に一時待機時間です。 デフォルトは反作用ではないです。 値なしで直接 pos 遅延トリガ パスを設定する場合、デフォルト値 100ms は自動的に割り当てられます。 これには AIS-P、RDI-P および B3-TCA が含まれています。 この機能性は CSCds82814 によって追加されました(12.0(15.5)S/ST のまわりで)。

キャリア遅延は POS 遅延一時待機時間の終わり間の一時待機時間であり、IOSインターフェイスをダウンさせます。 デフォルトは 2000 ミリ秒です。 キャリア遅延は(インターフェイスがダウン状態になる場合の) t3 間の時間であり、(IOS が失敗に気づく時) t4。 デフォルトで、これは 2 秒に設定 され、ミリ秒値のために設定することができます。 タイムラインは示すので、SONET レベル holdoff タイマーの上に付加的に機能です。 それはと同様に POS トリガー動作します–アラームが holdoff 期間の終わりの前にクリアされる場合、インターフェイスはダウンしません。 ただし、ここに謎解き問題があります。 SONET debounce タイマーはキャリア遅延が大きくなければ、ないクリア問題前にキャリア遅延アクティブ化(10 秒をはるかに越えて)。 従ってこれはキャリア遅延がほとんどの場合アクティブになる終り、考慮する必要があります状況という結果に POS インターフェイスと展開されたとき幾分小さい。 キャリア遅延はまたインターフェイスが同様にの上で宣言される前にアラームがクリアされた後追加されます。 それ故にインターフェイスが戻って来る前に、キャリア遅延の値を二度数えることができます。

いくつかのインターフェイスおよび物理メディアによってこれは有用です。 ただし、POS インターフェイスと使用できる、およびキャリア遅延なしで望ましい 効果を、作成するために結合されてありますタイマーおよびそのような大きな役割を果たすいくつかのトリガーが。 0-8 ミリ秒のキャリア 遅延値はそれらがこれらのノブを自分自身でテストするとき考慮するべき顧客向けのよい開始点です。 一般に、よい戦略は問題を吸収する pos delay triggers コマンドを使用すること望ましい holdoff 効果を提供します。 キャリア遅延は影響を最小限に抑えるために小さいままになる場合があります。

上記される SONET debounce タイマーが 10 秒に(+/- .5sec)設定 され、GR-253 によってフラップ期間より少しがより 10 秒発生しないようにするために必要となります。 タイマーは問題がクリアされた後開始します。 タイマーはタイマー ウィンドウが切れた前に別の問題イベントが発生する場合リセットされます。

タイムライン:

|----------|----------|----------|----------|----------|---------|
T0         T1         T2         T3         T4         T5        T6

次のことを示しています。

  • t0 —問題オフ。

  • t0 — Debounce タイマーは開始します。

  • t4 —新しい問題が t0 と t4 の間に発生しない場合) t0 + 10sec (それ故に、失敗は必要がありますクリアする。

イベントが t4 の前に発生する場合、(言って下さい) t2 (それはこの新しい問題がクリアされるまで問題の同じ型の別の問題、または reoccurrence である可能性があります)で、タイマーは停止します。 t3 で、タイマーはアクティブ問題がない、~10 秒の数再度開始しとき。 新しいイベントが見つけられない場合、アラームを t5 でクリアし、次にキャリア 遅延タイマーを開始して下さい。 キャリア遅延が t6 でクリアされた時、始動再度インターフェイス。

この情報は顧客が POS インターフェイスがさまざまな SONET/SDH 状態にどのように反応するかもっとはっきり理解することを可能にする必要があります。 これは機器が顧客によって意図されている動作に従ってもっと正確に設定されるようにします。

トリガーを使用する理由

このセクションは pos 遅延トリガ[行を使用する必要があるとき説明します | それを使用してはならない時パス]コマンド、および。

pos 遅延トリガを使用してはならないときシナリオはここにあります。 複数のシナリオがあります:

  • APS 設定されたインターフェイスと行トリガーを使用できません。 バージョンは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(28)S より先にパス トリガーの使用を可能にしませんでした。

  • 明示的に インターフェイスをダウンさせるためにほしくないとき PATH レベルはこれらのトリガーを使用できません逃走します。

  • 回線 レベル トリガーに遅延無しでインターフェイスをダウンさせてほしいときこのコマンドを使用できません。

pos delay triggers コマンドを使用できるときシナリオはここにあります:

  • 回線 レベルの効果を保持したいと思うとき一時的に逃走して下さい。

  • インターフェイスをすぐにダウンさせる PATH レベル問題のための機能を有効に するため。

  • PATH レベル問題が含まれている holdoff が付いているインターフェイスを、しかしダウンさせることを可能にするため。

SLA および POS トリガー

このタイムラインを検査して下さい:

|----------|--------------------|
T0         T1                   T2
  • 時間 t=0 (t0) —問題が検出する時。

  • 時間 t2 —必須 SLA 復元時間。

  • 時間は t1 —設定される pos delay triggers コマンドからのどの holdoff でも(LINE のためのデフォルト PATH のための 0 およびデフォルトである有効に なりません)。

  • X つは holdoff 値です(そう X = T1 の値)。

  • Y はサービスを再開するためにレイヤ3 を奪取 する時間です。

定理

時々特に堅い Service Level Agreements (SLA)に会うように試みるときまたある時は、できないが、pos delay triggers コマンドを使用できます。

仮定

  • T1 のあらゆる値のための Y が > holdoff を設定する場合、SLA に会うことができないので(t2-t1)、holdoff よい概念でなければ。

  • Y <= (t2-t1)が、holdoff の実装を考慮できれば。 失敗の期間がより少しより(t1-t0)なら、ルータリソースを利用する必要がない望ましい SLA に会うことができますので保持。 問題が時間 T1 を過ぎて持続する場合、IP レベルでリストアを始める前に時間を失うのにまだ SLA に会うことができます。

根本的な転送ネットワークについてのナレッジ、およびこれらの数式で使用できる値を知るためにレイヤ3 ネットワークのコンバージェンス時間がなければなりません。 またテストを行う必要があります。

ここにトリガーがどのようにはたらくかです:

  • pos 遅延トリガ行 n コマンドはコマンドが行を引き起こす前に n ms のための LOS/LOF/AIS を保持します。 デフォルト値は 100ms です。 あらゆる非 APS POS インターフェイスのこのコマンドを使用できます。 pos 遅延トリガ行 n コマンドは行が内部で保護されす DWDM ギヤから来る内部 DWDM 保護 スイッチによってが発生する時間からの簡潔な LOS で行かないようにしません。 問題が holdoff 期間の間にクリアする場合、問題のよう決して発生しませんでしたではないです。

  • pos delay triggers line コマンドはアクションを(を除いて欠陥カウンターを増分するため)、規定 された holdoff 期間端までの欠陥に基づいて保持します。

    このコマンドを有効に しない場合、APS およびリンクは RP ですぐに引き起こされます。

SONET トリガーの配備

このセクションは SONET トリガーの配備を記述します。

保護された SONET ネットワーク: ルータの APS 無し

図 1 –内部的には保護された SONET ネットワーク

/image/gif/paws/62622/K1.gif

SONET ネットワークに内部 保護があります、つまりサービスを非常に速く再開するために SONET ネットワークの中の失敗が保護 スイッチを引き起こすことを意味します。 従って、ネットワークが補強薬処置をとる間、保護 スイッチが SONET ネットワークの中に発生するとき、ルータ見る簡潔な行かパス AIS をインターフェイスをダウンさせ、層 3.をほとんどの場合知らせたいと思うかどうか考慮する必要があります。 ただし、これは失敗がどちらかのルータからの 1 ホップであるときだけ発生します。 SONET ネットワークは PATH 失敗としてだけどちらかのルータ会います LINE 失敗に可能性のある直径の複数の NE である場合もあります。 この場合 holdoff がほしいと思う場合、パスおよび回線 レベル トリガーを考慮して下さい。

このデシジョンを作るために、両方のアプローチを用いる関連コストを理解する必要があります。 ネットワーク オペレータとして、これらの質問を考慮して下さい:

  • ネットワークは十分にすぐにコンバージしますか。 そうでなかったら、このアプローチは適していません場合。

  • ルーティングの影響とはそのような失敗のまわりに何か。 許容レベルの下でパフォーマンスドロップそのルータの影響はとても大きいですか。

最終的に、可能性 ~60msec ヒットを無視できるかまたはそのようなイベントのまわりでルーティングすることを好むかどうか決定する必要があります。 ヒットを無視できる場合、数ミリ秒を待つためにただ不十分この問題で保持したいと思わないので追加することはそれにより是正措置を遅らせるか「誤差」のどの位識別して下さい。

このシナリオでは、pos 遅延トリガ行およびパスはおそらく十分です。 さらに holdoff が保証される場合、少なくとも 60msec の値を考慮して下さい。 ネットワークが十分に広く、行の即時処置を奪取 するにはありパスが問題をたいと思い、水平にすれば場合、回線 レベル トリガーを設定する必要はありません。 ただし、PATH レベル問題の即時処理を有効に するために 0 という値で pos 遅延トリガ パスを設定する必要があります。

内部で無防備 SONET ネットワーク

図 2 –内部で無防備 SONET ネットワーク

/image/gif/paws/62622/K1.gif

無防備 SONET ネットワークでは、同じ危険性次を更にいくつかと最初のシナリオ、実行します。 ネットワークが十分に大きい場合決して回線 レベルが問題がすべてのフィルタ処理されたであるので失敗の場合に逃走するのを見るには、ルータは可能性としてはできません。 ルータはストリームの上下に PATH レベル問題を見る場合があります。 従って失敗がネットワークの内で発生するところで、状況によっては、ルータは PATH レベル イベントだけを参照し、ルータ間にエンドツーエンド継続がありません。 より悪い、リストアは SONET レベルにこの状況を改善するために発生しません。

このシナリオでは、ルータは holdoff 効果がほしいと思わなくてもルータが PATH 問題に出会うときどちらかの端にルータが処置をとることを可能にするようにパス トリガーをただ単に設定して下さい。 、ネットワーク オペレータのようにあるとき、設定された パス トリガーが保持するか、またはレイヤ3 リストアを引き起こすことがより適切であるかどうか確認して下さい。

保護されるか、または無防備 SONET ネットワーク

図 3 –内部で無防備 SONET ネットワーク

/image/gif/paws/62622/K2.gif

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(28)S では、APS 回線の PATH トリガーを有効に することができます。 ローカルまたはリモートルータの APS を展開するとき、APS スイッチによりリモート作業を引き起こし、簡潔な PATH レベルが逃走するのを見るようにルータを保護します。 小さいトリガー値によってインターフェイスはダウン状態になり、この状況は好ましくないです。 既に進行中である遅延サービス リストアをたどって行くインターフェイス。 クラウドの内で行われる瞬時失敗はまたサービス リストアを遅らせることができます。 ただし、耐久性がある PATH レベル エラーの発生は回路保護が(のネットワークの内で、または遠端)ずっと接続を復元するできないことを示します。 この場合、APS ルータは処置をとる必要がありルーティング再収束を始めます。 >= 100ms のパス トリガー 遅延値を設定できます。 この設定によって、Persistent エラーが SONET ネットワークの内にまたはリモート エンドに発生するとき、ルータはリンクの状態に両方の APS インターフェイスをダウンさせます。 従って、ルータはサービスのより速く再ルーティングおよびリストアを始めます。

保護された DWDM ネットワーク

図 4 –保護された DWDM ネットワーク

K3.gif

このシナリオでは、DWDM ネットワークが SONETのプロトコル レベルで加わらないのでパス トリガーを使用する必要はありません。 ルータはセクションか回線 レベルで失敗を検知します。

再度 DWDM ネットワークが内部で保護されるので、すぐに発生するネットワーク原因リストアに内部失敗。 ルータは一般的に BIPエラーの非常に簡潔な LOS、LOF、またはバーストを使用します。

従って、holdoff がこのネットワークで好ましいかどうかだけ決定する必要があります。

pos delay triggers line コマンドは遅延を選択する場合、この場合十分です。

無防備 DWDM ネットワーク

図 5 –無防備 DWDM ネットワーク

K4.gif

転送するの保護されていない DWDM ネットワークによって、ルータ内の失敗を当たる必要があります。 この場合、デフォルト 設定はどちらかのルータで見られたあらゆる失敗への即時応答を DWDM が SONETのプロトコルに加わらないので可能にします。 この効果を望む場合、設定された POS トリガーのデフォルト 設定は適切ではないです。

holdoff を必要とする場合、pos delay triggers line コマンドはこの機能性を提供して十分です。

バックツーバック接続するルータ

図 6 –バックツーバック接続するルータ

K5.gif

2 つの POS インターフェイスの間で続けて接続される 2 人のルータは最後のシナリオと同様に操作する必要があります。 中間機器がないので SONET オーバーヘッドを操作するか、または SONET レベル場合の一部を終えるどちらかのルータで失敗をすぐに表示できます。

興味深い状況は R1 が S-LOS を見る、R2 は R1 として L-RDI および P-RDI を両方、です Line Terminating Equipment (LTE)および Path-Terminating Equipment (PTE)両方見ますときあり。 L-RDI が受信に明示的に結果として生じる取るべき 処置を拒否するので、R2 はその結果インターフェイスを廃棄しません。 この問題は R1 のインターフェイスがダウンしているが、R2 のインターフェイスがまだアップ、トラフィックを転送する状況の可能性としては原因となる場合があります。 当然、どのレイヤ2 キープアライブ(ハイレベル データ リンク コントロール(HDLC)のように提供します)時間でもリンクを宣言し、一般的に設定されたタイマーに基づいて 30 秒で。 ただし、何人かのオペレータはこれらのレイヤ2 キープアライブをディセーブルにし、この状況を防ぐことができません。 この問題を提起するために、複数のアプローチを行うことができ各アプローチによってはここに説明されるように異なる観点からこれが、当たります:

  • 始動させて下さいパス トリガー— P-RDI が有効に なる パス トリガーが付いているインターフェイスをダウンさせるので速い応答を引き起こすのにこの方式により使用できインターフェイスを廃棄します。 注意するべき興味深いポイントは L-RDI が GR-253 によって正常な動作の下で P-RDI を覆うことです。 POS トリガーが問題レベルで処理されると同時に、トリガーは覆うアラームおよびインターフェイスが設定された遅延時間に従ってそれでも廃棄する前に処理されます。

  • イネーブル レイヤ2 キープアライブ— 3 キープアライブが抜けていた後このオプションにより R2 のインターフェイスは時間を計ります。 これは一般的に 30 秒全体(3x10)であり、ファースト リンク 統合を調整する Cisco はツールとして通常このオプションを推奨しません。

  • 有効に して下さいリンクステート ルーティング プロトコル— R1 のインターフェイスが S-LOS が原因での下で持って来られるとき、リンク状態メッセージはすぐに送信 されます。 R2 のインターフェイスがまだ稼働する場合もあるのにリンク状態メッセージがエリア全体受け取られるとき、SPF は動作し、リンクが双方向 接続 チェック失敗するのでリンクはトポロジーから取除かれます。 これはネットワークがそのシンプレックス シナリオによってルーティングすることを試みることを防ぎます。

信号品質に基づくリモート通知

SONET ネットワークを渡る 2 人のルータを、または続けて接続するとき、提供された OAM アーキテクチャは障害シナリオの大半の検出をカバーします。

通常、ローカル通知およびリモート通知あります。 ただし高頻度の BIPエラーがこの条件が発生したことを示すためにしきい値を超えるとき(SD か SF、または B3-TCA)、リモート通知は送信 されません。 従って、Multi Protocol Label Switching (MPLS)ファーストを用いるとき保護を、トリガー作動させます即時保護 スイッチを再ルーティングしないで下さい。 トラフィックはリンクのレイヤ2 キープアライブまたは内部ゲートウェイ プロトコル(IGP) 同位の中の隣接関係の失敗を引き起こすために十分なトラフィックにより失われるまで blackholed 続けます。 時々これはブラックホールに決して発生しないし、トラフィックを続けます。

このシナリオを例にとるために、CSCec85117 は POS および SONET コマンド構造に pos 操作 b3-ber prdi コマンドを導入します。

このコマンドは B3 しきい値が超えたらオペレータが P-RDI を送信 するためにインターフェイスを設定することを可能にします。 このオプションはトポロジーに関係なく最上に監察することをエンドツーエンド リンクを可能にします。 pos 遅延トリガ パスがルータで有効に なる場合、pos 操作 b3-ber prdi コマンドはリンクをアクティブにし、来る(対応した Fast ReRoute (FRR)かルーティング更新)。 これは低下させたリンクに対するブラックホール効果を避けます。

この操作の機密性を変更するために、ここに示されているように b3-tca を調整して下さい:

router(config-if)# pos threshold b3-tca ?

提供される値は BER 計算のための指数コンポーネントです(たとえば、pos threshold b3-tca 3 は 1x10^-3 の比率と同等であるために B3-TCA をセット)。


関連情報


Document ID: 62622