Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco コンテンツ スイッチング モジュール

コンテント スイッチング モジュールのプローブの通常終了

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、コンテンツ スイッチング モジュール(CSM)プローブの通常終了について説明します。

BEA™ Weblogic server (BEA)はリソースを使い果たし、プローブのリセット(RST)フラグを処理できません。 CSM はリソースを使い果たし、プローブの完了(FIN)フラグを使用できません。 BEA か CSM が設計し直されなければ、この問題のための解決がありません。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CSM

  • Catalyst 6500

  • MSFC

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

関連製品

このドキュメントは、次のバージョンのハードウェアとソフトウェアにも使用できます。

  • Supervisor 720

  • 7600

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CSM プローブ

CSM はプローブの 2 つの型をサポートします:

  • 内部 プローブ—これらは TCP プローブのための RST を送信 するコードでコンパイルされます。 ユーザはこの動作を変更できません。

  • スクリプト化 プローブ—これらはユーザが書いている Toolkit Command Language (TCL)スクリプトです。 ユーザは CSM にダウンロードされるべき外部スクリプトファイルを規定 します。 CSM リリース 3.1(3) にはじまって、ユーザは RST の代りに FIN を送信 するためにこれらのスクリプト プローブを修正できます。

注意書きはこれらのプローブがプローブ 比率が余りにファーストである場合 CSM リソースを使い果す TIMEWAIT ステータスに(FIN を使用して)ソケットを入れることです。 この変更のための原因は当然 CSM の OS プラットフォームの限られたソケット リソースです。 CSM で同時に開くことができるたった 250 のソケットがあります。 リセットのソケットをに閉じることができます:

  • ソケット リソースをより速く開放して下さい

  • 十分なソケット リソース 利用可能 な プローブ失敗エラーメッセージを防がないで下さい

CSM は動作を厳密に調べます

デフォルトで、RST の CSM 終わりから送信 されるプローブ; これは CSM がリソースをどのようにが使用するか変更されなかった原因ではないです。 CSM は FIN と速くなくなります。 代りに FIN を送信 するのに修正された TCL スクリプトを使用する必要がありますがソケット リソースを使い果たすことを危険にさらします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 61789