コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

CRS データベース テーブルのエクスポート - Microsoft SQL 2000 Server

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unified Contact Center Express 環境のテキストファイルに Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)データベーステーブルをエクスポートするために方式を記述したものです。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco CRS

  • Cisco CallManager

  • Microsoft SQL

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CRS バージョン 3.x

  • Cisco CallManager 3.x

  • Microsoft SQL 2000 サーバ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

CRS、db_cra および db_cra_ccdr と関連している 2 つのデータベースがあります。 これらのデータベースは次のような表が含まれています:

  • AgentConnectionDetail

  • AgentStateDetail

  • アプリケーション

  • ContactRoutingDetail

  • ContactServiceQueue

  • CRSProperties

  • DataSynchFlag

  • DBInfo

  • debugflag

  • dgeb_bin_wfnuance

  • dgdb_src_wfnuance

  • dgdb_timestamp_wfnuance

  • HistoricalUsers

  • ProductInfo

  • ProfileIDMapping

  • PurgeConfig

  • RemoteDBAddress

  • リソース

  • ResourceGroup

  • ResourceSkillMapping

  • RtCSQsSummary

  • RtICDStatistics

  • スキル

  • SkillGroup

  • sqllogging

  • WorkflowTask

db_cra_ccdr は表がのような、ContactCallDetail 含まれています。

テキストファイルへのエクスポート CRS 表

CRS データベース 形式の最も低い分母はフラットファイルです。 時間を計りますテキストファイル、Excel スプレッドシート、または Microsoft SQL Server 2000 年によってサポートされる他の形式のそのようなファイルにデータをエクスポートする必要あります。 次のプロシージャがテキストファイルに CRS 表をエクスポートするのに使用されています:

  1. SQL サーバ Enterprise Manager を Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 します開いて下さい。

  2. サーバに接続して下さい CRS データベースが含まれている。

  3. db_cra のテーブル レベルにナビゲート すれば 左ペインの db_cra_ccdr は図 1 に示すように、+ クリックします。 数は図 1 ナビゲーション パス順序を表します。

    図 1: SQL サーバ Enterprise Manager ---- ナビゲーション パス

    /image/gif/paws/61786/exprt-crs-ms-sql-1.gif

  4. 右のペインのテーブル名を右クリックして下さい。

  5. 図 2.に示すようにメニューから、All Tasks > Export Data の順に選択 して下さい

    図 2: エクスポートするべき表の選択

    /image/gif/paws/61786/exprt-crs-ms-sql-2.gif

    DTS インポート/Export ウィザード 画面は図 3.に示すように現われます

    図 3: DTS インポート/Export ウィザード

    exprt-crs-ms-sql-3.gif

  6. [Next] をクリックします。 データ ソース画面が現われる図 4.に示すように選択

    図 4: データ ソースを選択して下さい

    exprt-crs-ms-sql-4.gif

  7. Use SQL Server Authenticationオプション・ボタンを選択するためにクリックして下さい。

  8. ユーザ名とパスワードを入力します。

  9. Database フィールドの下 矢印をクリックし、使用したいと思うデータベースを選択して下さい。

  10. [Next] をクリックします。 宛先 画面が図 5.に示すように現われる選択

    図 5: 宛先を選択して下さい

    exprt-crs-ms-sql-5.gif

  11. 宛先 フィールドで、エクスポート データ 形式を選択して下さい。

  12. ファイル名を入力して下さい。

  13. [Next] をクリックします。 規定 表コピーか Query 画面は図 6.に示すように、現われます

    図 6: 表コピーかクエリを規定 して下さい

    exprt-crs-ms-sql-6.gif

  14. ソース Databaseオプション・ボタンからコピー表および意見を選択するためにクリックして下さい。

  15. [Next] をクリックします。 選定された目的ファイル ファイル形式画面は図 7.に示すように、現われます

    図 7: 目的ファイル ファイル形式を選択して下さい

    exprt-crs-ms-sql-7.gif

  16. エクスポートしたいと思う表を選択して下さい Source フィールドの下 矢印をクリックして下さい。

  17. 区切られるか、または固定される形式を選択するためにクリックして下さい。

    注: デフォルトは二重引用符、フィールド囲まれますカンマがフィールドを分割する区切られたフォーマット ファイルを作成することであり、行区切り記号はキャリッジリターンおよびライン フィードです。

  18. [Next] をクリックします。 保存、スケジュールおよび反復実験パッケージ画面は図 8.に示すように、現われます

    図 8: 保存、スケジュールおよび反復実験パッケージ

    /image/gif/paws/61786/exprt-crs-ms-sql-8.gif

  19. この画面で、より遅い実行のためのすぐにまたはスケジュール DTS パッケージ実行される選択して下さい。 この場合、『Run immediately』 を選択 して下さい。

  20. [Next] をクリックします。 DTS インポート/Export ウィザード 画面を完了することは現われます。

    図 9: DTS インポート/Export ウィザードの完了

    /image/gif/paws/61786/exprt-crs-ms-sql-9.gif

  21. [Finish] をクリックします。

    Summary セクションは前の手順の選択の概略を表示する。

  22. [Next] をクリックします。 実行パッケージ画面は図 10.に示すようにファイルを、現われ、書きます

    図 10: パッケージの実行

    exprt-crs-ms-sql-10.gif

  23. タスクが正常である場合、このメッセージが現れます:

    Successfully copied 1 table(s) from Microsoft SQL Server to Flat File.
    図 11: DTS インポート/Export ウィザード

    exprt-crs-ms-sql-11.gif

SQL サーバからあらゆる形式に限り OLE DB ドライバか宛先のために存在 する ODBC ドライバ データをエクスポートできます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 61786