音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Express

Unity Express メールボックスへの発信者の直接転送

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、アテンダントまたはオペレータが発信者を直接 Cisco Unity Express ユーザのメールボックスに転送し、電話を鳴らさないようにするために必要な設定手順について説明します。 このドキュメントの読者は、使用している Cisco Unity Express のバージョンで使用される統合方法に精通している必要があります。 この方法は、Cisco CallManager または Cisco CallManager Express のいずれかです。

コールを直接ユーザ音声メール ボックスに転送するために、電話スイッチ(CallManager Express か CallManager)は音声メール パイロット番号に常に転送される拡張の範囲を定義するために設定する必要があります。 これらの拡張がユーザ向けの規則的な拡張と異なっているので他の拡張を認識するために、Cisco Unity Express は設定する必要があります。 これは E.164 数の使用によって堪能です。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は、次の項目の知識を持っていることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager Express 統合に関しては、Cisco Unity Express バージョン 1.0 または それ 以降が必要となります。

  • Cisco CallManager統合に関しては、Cisco Unity Express バージョン 1.1 が必要となります。

すべての設定 例および画面 出力は Cisco Unity Express バージョン 1.1.1 および Cisco Unified CallManager 3.3.3 から奪取 されます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CallManager Express と統合 Unity Express

Unity Express CLI 設定

Cisco Unity Express が音声メールにダイレクト コールに Call forward all 機能を使用する CallManager Express と統合とき、管理者は追加 ephone dns を設定する必要があります。 それらの ephone dns はプライマリ数の代りに Cisco Unity Express E.164 アドレスで設定する必要があります。 システムが転送された コールを認識するこうすればは特定のメールボックスに属します。

このオプションは E.164 アドレスがまだ他の目的のために使用されていない場合その時だけ可能性のあるです。

この例に関しては、CallManager Express 拡張が 200-299 範囲にあると仮定して下さい。 またそれらのユーザがそれらの拡張の音声メール ボックスに転送するためにダイヤルする数が 3200-3299 であると、仮定して下さい。 先行ディジット 3 が CallManager Express ダイヤル プランの何か他のものに既に割り当てられている場合、別の先行ディジットは使用することができます。 音声メール パイロット番号はメッセージを取得するために、または数ユーザはダイヤルします 18900 です。

何人かの随行人の場合、速度ダイヤルに転送拡張を置くことができます従って速度ダイヤル 交換回線によって続かれて単に『Transfer』 を押さなければなりません。

CallManager Express で Cisco Unity Express を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 音声メールへ使用された Call forward all であるためにパターンで ephone-dn を設定して下さい。

    Cisco Unified CallManager Express では、設定して下さい:

    ephone-dn  99
     number 32..
     description DN to transfer directly to Cisco Unity Express voicemail
     call-forward all 18900
    !

    音声メール 機能への転送は Cisco Unified CallManagerExpress 4.3 またはそれ以降 バージョンでサポートされます。 音声メール 機能への転送は電話ユーザが音声メール拡張に発信者を直接転送することを可能にします。 ユーザはコールを保留の状態で送信するために TrnsfVM ソフトキーを押し拡張番号を入力し、次に TrnsfVM ソフトキーを再度押すことによって転送を託します。 発信者は完全な音声メール メッセージを聞きます。 この機能は TrnsfVM ソフトキーか機能 アクセスコード(FAC)を使用してサポートされます。 詳細については、音声メールへの転送を参照して下さい。

    Cisco Unity Express 音声メールに使用する同じ拡張に行くために Call forward all パラメータを設定してもらわなければなりません。

  2. ダイヤル ピアが CallManager Express の Cisco Unity Express のために設定されることを確認して下さい。

    設定されるデスティネーション パターンはステップ 1.でたとえば設定される call forward all 拡張を一致する必要があります:

    dial-peer voice 18900 voip
     destination-pattern 18900
     description Cisco Unity Express voicemail pilot number
     session protocol sipv2
     session target ipv4:172.18.106.88
     dtmf-relay sip-notify
     codec g711ulaw
     no vad
    !
  3. CLI で Cisco Unity Express の E.164 アドレスで『Transfer』 を選択 された 拡張("32..")を設定して下さい。

    GUI を E.164 アドレス クリックをここに定義するのに使用するため。

    、Cisco Unity Express で上記されるように E.164 アドレスとこの "3.." 拡張を定義して下さい。 これを達成するために CLI を使用して下さい。 ユーザー一覧を見るために、show users コマンドを発行して下さい:

    vnt-nm-Cisco Unity Express> show users
    administrator
    jdoe
    jsmith
    marschne

    特定のユーザについてのより多くの詳細を得るために、show user 詳細 ユーザ名 <user> コマンドを発行して下さい:

    vnt-nm-Cisco Unity Express> show user detail username marschne
    Full Name:          marschne
    First Name:         Markus
    Last Name:          Schneider
    Nickname:           marschne
    Phone:              201
    Phone(E.164):       
    Language:           en_US
  4. E.164 アドレスを設定して下さい。

    E.164 アドレスを設定するために、コンフィギュレーションモードを開始し、ユーザ <username> phonenumberE164 <number> コマンドを発行して下さい:

    vnt-nm-Cisco Unity Express> conf t
    
    !--- Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    
    vnt-nm-Cisco Unity Express(config)> user marschne phonenumberE164 3201
    
  5. 終了したら、設定を保存し、コンフィギュレーションモードを終了するために write memory コマンドを発行して下さい。

Unity Express GUI 設定

また、GUI によって Cisco Unity Express 設定を完了できます。 GUI の設定を完了するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. GUI にログインします。

  2. Configure > Users の順に選択 して下さい。

  3. E.164 アドレスを入力して下さい(3201) E.164 プライマリ Number フィールドのような。

  4. 望ましいユーザを選択し、『Apply』 を押して下さい。

確認

オペレーションを確認するために、別の show user 詳細 ユーザ名 <user> コマンドを発行して下さい:

vnt-nm-Cisco Unity Express> show user detail username marschne
Full Name:          marschne
First Name:         Markus
Last Name:          Schneider
Nickname:           marschne
Phone:              201
Phone(E.164):       3201
Language:           en_US 

設定が今電話(E.164)数をリストすることに注意して下さい。

使用するとき転送に、Transfer ボタンを 2 回目に押すように指示しますオペレータに急速に全相談して下さい。 さもなければメッセージのはじめの幾つかのワードは失われる場合があります。

Cisco はすべてのユーザに Cisco Unity Express でレコード名があることを推奨します。 たとえば、コールが音声メールに転送されれば、その音声メールは拡張ユーザー名を示す必要がありません。 コールが拡張 3201 から転送されたので、システムは発信者にメッセージの拡張 "3201" をアナウンスします。 これは可能性としてはユーザの実質拡張についての混合を作成できます(201)。

この設定をテストするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 1 台の電話から別のものに呼出して下さい。

  2. 電話の Transfer ボタンを押し、「3201」ダイヤルして下さい(この例で)。

    全相談が Cisco Unified CallManager Express で設定される場合、Transfer ボタンを再度押して下さい。

  3. 理想的には、発信者はコールが転送されたユーザのメールボックスに今接続されます。

Cisco Unified CallManager によって統合 Unity Express

Cisco Unity Express が CallManager と統合とき音声メールに呼び出しを転送するために、コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイントが必要となります。 呼び出しが転送されるとき、コール転送 情報は Cisco Unity Express の E.164 設定された数と一致します。 詳細については、この資料に含まれている CallManager 4.x の統合についての警告が表示されて下さい。

Cisco Unity Express の E.164 数を設定して下さい。 音声 メールボックス マスクは Cisco Unity Express が Java Telephony Application Programming Interface (JTAPI)ソフトウェアと統合のではたらきません。

この例では、CallManager 内の Cisco Unity Express 位置のためのユーザ 拡張が 2100-2199 であることを仮定して下さい。 音声メールに到達するのに音声メール プロファイルを使用するすべての電話に関しては音声メールに直接転送するために番号 範囲を、421XX、設定して下さい。 すなわち、コールのユーザは『Transfer』 を押すことができましたりそして音声メールにコールを発信したいと思うユーザの拡張と 4 つをダイヤルします。 これは望ましいパーティの音声メール ボックスに転送に、コール行きます直接再度先行しています。

Cisco Unity Express が CallManager と統合とき音声メールに直接転送するのに使用できる拡張範囲を追加するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 転送されたコールのための CTI ルートポイントを追加して下さい。

    1. Device > Add a New Device の順にクリック して下さい。 デバイスの種類に関しては、『CTI Route Point』 を選択 して下さい。

    2. [Next] をクリックします。

      Name フィールドは任意です、従って論理的な何かは「TransferToVM」のような使用する必要があります。 デバイス プール、Calling Search Space および Location はこの特定の Cisco Unity Express モジュールを使用する他の電話を一致する必要があります。

    3. [Insert] をクリックします。

      ポップアップは状態が「データベースに CTI ルートポイント挿入されたことに現われます。 この CTI ルートポイントの Line 1 のためのディレクトリ番号を今追加するのを好みますか」。 ここで『OK』 をクリック して下さい。

      /image/gif/paws/61089/rpins.gif

  2. CTI ルートポイントのためのディレクトリ番号を追加して下さい。

    1. Directory Number フィールドに関しては、ダイヤルされるべき音声メールに転送する番号を入力して下さい(421XX のような)。

    2. この Cisco Unity Express モジュールを使用する他の電話と同じ音声メール プロファイルを割り当てて下さい。

    3. 順方向に音声メールへのすべてがチェックされることを確かめて下さい。

    4. 『Insert』 を押して下さい。

    5. Cisco Unified CallManager はディレクトリ番号を追加し、デバイスをリセットします。

    /image/gif/paws/61089/rpdn.gif

  3. Cisco Unity Express では、転送できたいと思う各メールボックスのための E.164 数を設定して下さい。

    たとえば、ユーザ「marschne 向けに」:

    VNT-AIM-Cisco Unity Express1> show user detail username marschne
    Full Name:          Markus Schneider
    First Name:         Markus
    Last Name:          Schneider
    Nickname:           Markus Schneider
    Phone:              2103
    Phone(E.164):       
    Language:           en_US
  4. ユーザ向けの E.164 アドレスを追加して下さい。

    CTI ルートポイント ディレクトリ番号が 4xxxx だったので、このユーザ向けの E.164 アドレスは 42103 である必要があります。 コンフィギュレーションモードの CLI と容易にこれを追加できます:

    VNT-AIM-Cisco Unity Express1> conf t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    VNT-AIM-Cisco Unity Express1(config)> username marschne phonenumbere164 42103
    
  5. E.164 すべての番号が追加されたら、設定を保存し、コンフィギュレーションモードを終了するために write memory コマンドを発行して下さい。

確認

ユーザを確認するために、発行します show user 詳細 ユーザ名 <user> コマンドをきちんと設定されます:

VNT-AIM-Cisco Unity Express1> show user detail username marschne
Full Name:          Markus Schneider
First Name:         Markus
Last Name:          Schneider
Nickname:           Markus Schneider
Phone:              2103
Phone(E.164):       42103
Language:           en_US

オペレーションをテストするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 2 台の電話の間でコールを送信して下さい。

  2. Transfer ボタンを押して下さい。

  3. または CTI ルートポイント ディレクトリ番号がであるものは何でも 42103 にダイヤルして下さい。 宛先 メールボックスを含むことを確かめて下さい。

    理想的には、コールは望ましいユーザ演劇の音声メールおよびメッセージに進みます。 コールが音声メールに行かない場合、問題は音声メール プロファイルがきちんと設定されないし、CTI ルートポイントに適用されないこと本当らしいです。

    コールが音声メール進むが、間違ったメッセージに遊ばれます--また更にその 1 つはこの数によって関連付けられるメールボックスがないことを示します--それから問題は E.164 数がサブスクライバに割り当てられないこと本当らしいです。

Cisco はすべてのユーザに Cisco Unity Express でレコード名があることを推奨します。 コールが音声メールに転送される場合、拡張 ユーザネームをアナウンスする必要がありません。 コールがメールボックス 2103 に向かったので、システムは発信者にメッセージの拡張 42103 をアナウンスします。 これは可能性としては実質拡張についての混合を作成できます。

この設定例はまた別のシナリオで適用されます。 顧客は自動転送スクリプトがありたいと思えば--一部またはすべてのユーザ向け--直接ユーザ音声メールに転送し、決して電話を、この設定 1 つの小さい調整と使用することができます呼び出さないで下さい。 3201 拡張はプライマリ 電話番号でおよび E.164 数で 201 設定する必要があります。 ネームルックアップは転送するためにプライマリ 電話番号を常に利用します。 従って発信者がダイヤルインし、ネームルックアップをするとき、コールは 3201 に転送されます。 それから Call forward all 機能はユーザ 音声 メールボックスにコールを転送します。

転送拡張にダイヤルした後、Cisco はできるだけ早く『Transfer』 を押すように指示しますユーザに推奨します。 さもなければメッセージの一部は転送されたパーティに聞こえない可能性があります。

警告 警告: Cisco Call Manager 4.x のためのこのアップデートに注意して下さい。 による Cisco CallManagerバージョン 3.3.5 の時点で、および電流 4.x リリース、もはやこの対応策作業。 Cisco バグ ID CSCsb39067 コールが CTI ルートポイントから Cisco Unity Express への転送されるとき(登録ユーザのみ)で説明されているように、問題は、最後のリダイレクトされた Number フィールドは実際のダイヤル番号の代りに全体のパターンと出て来ることです。 たとえばメールボックス 1234 に転送することを試みる場合、"41234" の代りの "4xxxx」。 その代り、「x」ワイルドカードの使用なしでルート ポイントで各数を個別に設定して下さい。 現時点で、唯一の回避策は Cisco Unity Express カスタムスクリプト オプションと直接転送を使用することです。

キュー カスタムスクリプトとの転送を指示して下さい

Cisco Unified CallManager および CallManager 両方 Express によって、第 3 オプションは可能性のあるです。 カスタム Cisco Unity Express スクリプトを使用できます。 スクリプトを要求するために、ask-cue-editor@external.cisco.com に電子メールを送信 して下さい。

スクリプトは Cisco Unity Express 2.1.1 またはそれ以降を必要としますが、あらゆる CallManager または CallManager Express バージョンを使用します。 スクリプトはまた Cisco Unity Express で設定される E164 数を必要としません。 このスクリプトはテクニカル サポートによってサポートされないし、提供された現状のままです。 スクリプトについての問題とのか質問自体がある場合、ask-cue-editor@external.cisco.com に問題指示して下さい。

カスタムスクリプトを設定して下さい

Cisco Unified CallManager に関しては、4xxxx が音声メールに設定 される call forward all への CTI ルートポイントで使用されると仮定して下さい。 それを取除き、単に 4 のディレクトリ番号によってワイルドカード ディジット無しでルート ポイントを、その後追加できます。

Cisco Unified CallManager パーティションおよび Calling Search Spaces の使用をこのディレクトリ番号を確かめるために理解するようにオーバーラップしませんすなわち、ディレクトリ番号のための 1桁目 の 数字を選択するとき 4.から、確かめる開始する他のどのディレクトリ番号によっても確かめて下さい何か他のもの一致することを。

カスタムスクリプトを設定するために、これらのステップを使用して下さい:

コール転送はこの新しいルート ポイントで設定されません。 ルート ポイントは Cisco Unity Express JTAPI ユーザと関連付ける必要があります。 JTAPI ユーザは音声メールのためのルート ポイント、および可能性のある 自動転送と既に同様に関連付けられています。

  1. GUI から Cisco Unity Express で接続されたカスタムスクリプトをロードして下さい。 管理権限があるアカウントの Unity Express GUI へのログイン。 これを、ナビゲートは音声メールにするために > オート Attendant> 追加します

    唯一のスクリプト パラメータは numDigitsToCollect です。 視聴者参加番組数はルート ポイントの Directory Number (DN)と同じである必要があります(この場合、4)。 Cisco Unified CallManager Express 統合に関しては、Cisco Unity Express IP アドレスを指している 4 のデスティネーション パターンでダイヤル ピアをただ単に設定して下さい。 基本的には転送を行うためにどんなディジットが使用されるここでは使用する必要があります。 次に、例を示します。

    dial-peer voice 4 voip 
    
    destination-pattern 4 
    
    session protocol sipv2 
    
    session target ipv4<cue IP address> 
    
    dtmf-relay sip-notify 
    
    codec g711ulaw 
    
    no vad 
    
    !
  2. カスタムスクリプトを、この資料に記述されているようにアップロードし、デスティネーション パターンで設定される数を一致するために視聴者参加番組数を設定して下さい。

カスタムスクリプトを使用して下さい

このカスタムスクリプト回避策にエンドユーザ観点からのわずかに異なるオペレーションがあります。 人が Cisco Unity Express メールボックスに発信者を転送したいと思うときユーザは 4 つを単にダイヤルし、取りあげるために Unity Express を待っています。 Cisco Unity Express はエクステンションを入力するためにプロンプト表示します。 それから、Cisco Unity Express は入るディジットを収集します。 Cisco Unity Express はカスタムスクリプトがアップロードされるとき) numDigitsToCollect ディジットをできます(設定可能な収集。 またユーザが#押せば、Cisco Unity Express 使用ターミネータとして。 また、ユーザはディジット間の 3 秒を(設定可能スクリプトの内で)待つ場合があります。

ディジットが収集されれば、そこに確かめるべき Cisco Unity Express チェックはその数とのシステムの有効なメールボックスです。 ある場合、コールはメールボックスに電話を呼び出さないで直接転送されます。 問題があるかまたは無効 な メールボックス番号があれば、Cisco Unity Express は拡張を再度要求します。

操作上、唯一の違いは 41234 に先行しているダイヤル転送の代りにそれであり、再度転送は、誰かを 1234 メールボックスに入れるために、ユーザ 4 によって続かれて『Transfer』 を押し、取りあげるために Cisco Unity Express を待っています。 Cisco Unity Express が取りあげれば、ユーザは 1234 をダイヤルし、『Transfer』 を押します。 管理者のための利点はこの方式が Cisco Unity Express の E164 数割り当てを必要としないことです。

Unity Express 2.1.1 アップデート

Cisco Unity Express 2.1.1 およびそれ以降 バージョンはメールボックス メッセージに達するために使用できる追加システムスクリプトが含まれています。 このスクリプトはコールを最初に転送するように要求しません。 このシステムスクリプトは xfermailbox.aef と呼ばれます。 スクリプトはカスタマイズされた自動転送スクリプトからしか呼び出すことができません。 Cisco Unity Express 2.1.1 と出荷する 1 つからのこのスクリプトを呼び出すことができません。

これは外部発信者にメールボックスに達してほしいが電話スイッチ(CallManager Express か Cisco Unified CallManager)にコールを最初に転送したいと思わないこと望ましい 動作がそのような物のとき役立ちます。

Cisco Unity Express とスクリプトを書くカスタムに馴染むために Cisco Unity Express スクリプト エディタ インストレーション コンフィギュレーション ガイドおよび Unity Express カスタムスクリプト クイックスタートガイドを検討して下さい。

xfermailbox.aef システムスクリプトはコール Subflow ステップによって呼び出されます。

/image/gif/paws/61089/xfermbx1.gif

パラメーター マッピング タブで、ストリングの一種類がある xfermbox に変数を追加して下さい。 この例では、mbox と呼ばれる変数はこのカスタムスクリプトで作成されること示されています。 ここでは、ユーザは#サインに先行している 3 ディジットを入力するためにプロンプト表示されます。 それから、ユーザはその値の xfermailbox.aef subflow を呼出せます。

xfermbx2.gif

この subflow を呼出す前にメールボックスが有効であるかどうか見るために、Cisco Unity Express 2.1.1 でユーザ ステップに拡張を使用して下さい。 この subflow が無効な内線番号と呼出される場合、残念な状態が「そこにこの拡張と関連付けられるメールボックス」。ではないメッセージを受け取ります それから、主要な音声メール グリーティング(「HELLO を、Cisco Unity Express メッセージングシステムへの歓迎受け取ります。 このシステムのメールボックスがある場合、オペレータ用に」『*』 を押して下さい、他では保持して下さい)。 「ユーザへの拡張」ステップを使うと、xfermailbox.aef subflow を呼出す前に拡張が有効であることを確認できます。

トラブルシューティング

このセクションの情報はメールボックス問題を解決するのを助けます。

エラー: システムにメールボックス領域が十分ありません

このエラーは十分な領域がないキューにメールボックスに非常に大きいメールボックスを追加することを試みるとき発生します。 この問題を解決するため、キューの GUI を開くため、レポート > 音声メールに行き、メールボックス領域を減らすため。


関連情報


Document ID: 61089