アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco Application and Content Networking System(ACNS)ソフトウェア

ACNS 5.x.x でサポートされる FTP サーバでの FTP による取得

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

Application and Content Networking Software(ACNS)5.x.x では、ルート Content Engine(CE)は HTTP または FTP を使用して元のサーバから取得するように設定できます。 このドキュメントでは、FTP サーバ ソフトウェアに関するいくつかの警告について説明します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. CE はあらゆる FTP サーバからの FTP によってコンテンツを取出すことができますか。

A. いいえ。 FTP サーバ ソフトウェアは次のいずれかをサポートする必要があります:

  • MDTM FTP コマンド

  • ファイルのための List コマンドおよびフォルダのための List コマンド

この理由はファイルをダウンロードできる前に ACNS 取得者が最後修正する時間およびファイルサイズを知る必要があることです。 現在、ACNS は FTP サーバがそれをサポートする場合 MDTM を使用します; サポートされなくて、ACNS はファイルの List コマンドを使用します。 両方ともサポートされない場合、取出す FTP によって失敗します。

Q. FTP どのサーバがテストされ、ACNS を使用しますか。

A. これらは ACNS 5.x.x ソフトウェアとテストされました:

注: ACNS の中では、取得者は PASV を最初に試みます。 サーバがエラーかない実装すると応答する場合、ACNS はポート モードを使用します。 取得者は Pasv コマンドがサーバによってサポートされない場合アクティブ モード(ポート)をサポートします。 サーバがしかし Pasv コマンドでハングする場合、FTP は失敗し、決してポート モードを試みません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 61070