コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

IPCC Express ICD エージェントがコールに応答するまでの時間を調整する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に Cisco IP Contact Center (IPCC) Express を調節する方法を記述され、コールに応答するために Interactive Call Distribution (ICD)エージェントを許可するために必要な Cisco CallManagerサービス パラメータが時間を計ります。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco IPCC Express Customer Response Applications (CRA) エディタが付いているスクリプトを編集する方法

  • Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)アプリケーション管理(AppAdmin)のスクリプトを管理しアップロードする方法

  • Cisco CallManager の管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express 3.0(1)、3.0(2)、3.0(3a)、3.1(1) および 4.x

  • Cisco Unified CallManager 3.2(2c)、3.2(3)、3.3(2)、3.3(3) および 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unified Contact Center Express ICD 環境で、リソースをエージェント 選択過程を完了するのに使用されています選択して下さい。 連絡先(か発信者 Contact Service Queue (CSQ)に)置かれます。 エージェントが利用可能になるとき、連絡先は応答のための ICD エージェント拡張に転送される会議です。

連絡先が選り抜きのようなそれ以上のプロセス オプションのための CSQ、別のエージェント、か音声メールへのリダイレクトに戻る前に答える ICD エージェントのための待ち時間を制御するまたはいくつかのリングがあります調節可能なタイムアウト値があります。 このタイムアウト値は接続応答の下で調節されるか、またはリソース ステップを選択できます。 これはスクリプト設計によって決まります。

注: 覚える 3 つのルールがあります:

  • 接続応答プロパティがに設定 されないとき、接続応答の下で設定されるタイムアウト値は設定 される タイムアウト値に選択しますリソースを優先します。

  • 設定されたタイムアウト値は CallManager の指定されたバージョンおよび Cisco Unified Contact Center Express だけの互換性のある バージョンのための CallManagerサービス パラメータ Forward No Answer タイマーより小さい必要があります。

  • CallManager Forward No Answer 値は cluster-wide サービスパラメータです。 これは意味しますすべての電話およびちょうど ICD エージェントに影響を与えることを。

解決策

エージェント コール返事タイマーを修正して下さい: Select Resource ステップ タイムアウト プロパティを変更して下さい

注: タイムアウト プロパティは答えられなくて CSQ が連絡先を取得する前に、時間いっぱい、秒にです。

タイムアウト プロパティを変更するためにこれらのステップを選択しますリソースを完了して下さい:

  1. CRA エディタで編集したいと思う ICD スクリプトを開いて下さい。

  2. 選択しますリソースを右クリックして下さい。

  3. Properties を選択します。

  4. A 矢印によって示されるように接続応答の隣で、図 1. 『Yes』 をクリック して下さい

    図 1: リソースを選択して下さい

    incrs-x-out-val-1.gif

  5. 秒にタイムアウト値を、入力して下さい。

    注: デフォルトで、このタイムアウト値は 10 秒に設定 されます。

エージェント コール返事タイマーを修正して下さい: 接続応答ステップ タイムアウト プロパティを変更して下さい

注: タイムアウト プロパティは答えられなくて CSQ が連絡先を取得する前に、時間いっぱい、秒にです。 それは選定されたリソース 接続応答プロパティがにいいえ設定 されることを仮定します

接続応答の下でタイムアウト プロパティを変更するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CRA エディタで編集したいと思う ICD スクリプトを開いて下さい。

  2. 選択しますリソースを右クリックして下さい。

  3. Properties を選択します。

  4. B 矢印によって示されるように接続応答の隣で、図 1. 『No』 をクリック して下さい

  5. [Apply] をクリックします。

  6. 保存するために『OK』 をクリック して下さい。

    接続応答は Select Resource ステップの下で今現われます。

  7. 右クリック接続応答

  8. Properties を選択します。

  9. 図 2.に示すようにタイムアウト フィールドの値を、入力して下さい

    図 2: 接続

    incrs-x-out-val-2.gif

  10. [Apply] をクリックします。

  11. 保存するために『OK』 をクリック して下さい。

  12. スクリプトを保存し、アップロードして下さい。

新しい ICD 接続タイムアウト時間をほめるために CallManagerサービス パラメータを修正して下さい

注: Forward No Answer タイマーの値は秒に、先行する状態のために設定 される タイムアウト値よりわずかに長くはずです。

CallManager の Forward No Answer タイマー値を設定 するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CallManager Administration へのログイン。

  2. [Service] を選択します。

    図 3: Cisco CallManager

    incrs-x-out-val-3.gif

  3. サービスパラメータ 設定 ページからのドロップダウン リストから CallManager Server を選択して下さい。

    図 4: Cisco CallManager: サービスパラメータ 設定 ---- サーバ

    /image/gif/paws/60753/incrs-x-out-val-4.gif

  4. ドロップダウン リストからサービスを選択して下さい。

    図 5: Cisco CallManager: サービスパラメータ 設定 ---- サービス

    /image/gif/paws/60753/incrs-x-out-val-5.gif

  5. Cisco CallManagerサービス パラメータ ページで Clusterwide パラメータ(前方機能-)セクションを見つけるためにスクロールして下さい。

  6. Forward No Answer タイマー(秒) * フィールドの値を変更して下さい。

  7. ページの上に戻り、そして『Update』 をクリック して下さい。

行のための返事リング 期間を- CallManager 4.x 修正しないで下さい

Cisco Unified CallManager 4.x では、New フィールドは各個別 回線のために返事リング 期間を追加されます指名しませんでした。 このフィールドは Call Forward No Answer タイマーと共に使用されます。 この New フィールドは転送される前にタイマーをどのくらいの間電話リング設定 します。 Cisco CallManagerサービス パラメータで設定 される値を使用するためにこの設定ブランクを、Forward No Answer タイマー残して下さい。

注: 返事リング 期間の値は接続応答ステップおよび Select Resource ステップのために設定 される タイムアウト値よりわずかに長いはずではないです。

Cisco Unified CallManager の返事リング 期間値を設定 しないためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CallManager Administration へのログイン。

  2. 『Device』 を選択 して下さい(の矢印 A を 6)参照して下さい。

    図 6: ディレクトリ番号 の 設定

    incrs-x-out-val-6.gif

  3. ドロップダウン リストから『Phone』 を選択 して下さい(の矢印 B を 6)参照して下さい。

  4. 特定の電話を見つけて下さい。

  5. 特定の行を選択して下さい。

    Directory Number Configuration ページは表示する(の矢印 C を 6)参照して下さい。

  6. 返事リング 期間 フィールドの値を変更しないで下さい(自動転送および積み込み設定の下での矢印 B を 7)参照して下さい(の矢印 A を 7)参照して下さい。

    図 7: 自動転送および積み込み設定

    /image/gif/paws/60753/incrs-x-out-val-7.gif

    注: エージェント ICD 拡張の CFwdAll は Cisco Unified Contact Center Express 環境でサポートされません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60753