アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco 4600 シリーズ コンテンツ配信マネージャ

ダウングレード時に必要となる CDM GUI のための DB 変更

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ダウングレード実行時に Content Distribution Manager(CDM)GUI でデータベース(DB)を変更する設定例を紹介します。

5.1.x からの 5.0.x へのアプリケーションおよび Content Networking System (ACNS)コードのダウングレードが、時 CDM GUI を始動に試みる Javaエラーを得るかもしれなかった後。 この Javaエラーを得る場合、ページはロードされません。

この資料の設定 例 プロシージャはバージョン 5.1 からバージョン 5.0.3 および 5.0.5 にコンテンツ 管理 システム(CMS) CDM ダウングレードをサポートします。 DB ダウングレードは顧客が 5.1 機能に特定ではないすべてのコンフィギュレーションデータを維持することを可能にします。 たとえば、5.0 Content Engine (CE)およびチャネル設定はすべて維持されます。 どの設定でも未来のアップグレードの間に 5.1 DB に入る 5.0 を実行している間自動的に転送されます。

前提条件

要件

CDM だけにこのプロシージャが必要となります。 CE およびコンテンツルータ(CR)は DB ダウングレードを必要としません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

これらのコンフィギュレーションアイテムは 5.1 機能に特定で、DB ダウングレードの間に失われます:

  • 型 TV-out 以外の再生リスト

  • プログラム ファイル

  • ライブ チャネル

  • エクスポート チャネル

さらに、ACNS 5.0 GUI はページ レベル ユーザ許可をサポートしません。 その結果、5.0 のそのセクションのすべてのページへの 5.1 回復アクセスの GUIセクションへの部分的なアクセスのユーザ。 GUIセクションへのアクセス無しのユーザはそのセクションへの拒否されたアクセス権であり続けます。 5.1 への再度アップグレードした後で、これらのユーザは 5.0 アクセスレベルを保ちます。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

設定

DB ダウングレードを行うために、5.0 ソフトウェアをリロードする前に DB ダウングレード スクリプトを実行して下さい。 スクリプトは 5.0 ソフトウェアをインストールする前か後に 5.1 が動作している間どちらか実行することができますが実行する必要があります。

これはダウングレード スクリプトです。

CDM
hostname#cd
hostname#cms database downgrade script downgrade/Downgrade5_1_to_5_0
Configuration for ACNS 5.1-specific features may be lost during
the database downgrade.  Please refer to product documentation
for further details.

Are you sure you want to downgrade the database [no]? yes
Creating backup file with label `dbdowngrade'.
Applying ACNS 5.1 to 5.0 downgrade script.
Database downgrade succeeded.

You must install 5.0 software, if you have not done so already, and then
reload to complete this process.  Please do not start CMS before reloading.
hostname#

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

このコマンドはそれをチェックします:

  • CMS は動作していません

  • DB はサポート対象バージョンを実行しています

  • DB はまだダウングレード

バックアップはどのデータ変換でも発生する前に実行された。

DB ダウングレードが実行された場合、5.0 CMS ソフトウェアは開始しません。 これが起こる場合、ストア 認証エラーは 5.0 CMS を開始した上で記録 されます。 CDM がこの状態にあれば、ユーザは 5.1 にアップグレードし、DB ダウングレード プロシージャをきちんと行うまたは 5.0 DB バックアップを復元する。 重要な操作性機能拡張は将来のリリースのためのこのエリアで実装されました。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60703