Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco ネットワーク モジュール

2600/3600/3700 シリーズ ルータでの EtherSwitch ネットワークおよびサービス モジュールの FAQ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2004 年 9 月 13 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この文書では、Cisco 2600/3600/3700 シリーズの 16 ポートおよび 36 ポートの EtherSwitch ネットワークおよびサービス モジュールについての、ハードウェアおよびソフトウェアのサポートに関する FAQ に回答します。 また、この文書では、これらのモジュールの機能や、基本設定の設計についても説明します。 両方のポート設定モデルには標準およびインライン パワーをサポートするバージョンがあります。 モデルと部品番号は次のとおりです。

  • NM-16ESW 16 ポート 10/100 EtherSwitch Network Module (NM)

  • インラインパワー サポートの NM-16ESW-PWR 16 ポート 10/100 EtherSwitch NM

  • NMD-36-ESW か。 36 ポート 10/100 EtherSwitch 高密度サービスモジュール(HDSM)

  • インラインパワー サポートの NMD-36-ESW-PWR 36 ポート 10/100 EtherSwitch HDSM

文書 の 表記法に関する詳細については、Ciscoテクニカル情報で使用される表記法を参照して下さい。

Q. 16 ポートおよび 36 ポート EtherSwitch モジュールを説明して下さい。

A. 2600/3600/3700 ルータのための 2 つのモジュールがあります: 16 ポート 10/100 NM、および 36 ポート 10/100 HDSM。 2600/3600/3700 ルータを使用している場合に、これらのモジュールを使用すると、高性能のレイヤ 2(L2)スイッチングをルータのシャーシに組み込んだことになります。 モジュールに両方とも自動感知が 10/100 のポートおよび回線レート L2 パフォーマンスあります。 また、どちらのモジュールについても、ギガビット イーサネットと、IP 電話および Aironet 無線ベース ステーション用のシスコ ベースのインライン電源がオプションで用意されています。 また、ポートの自動検知、IEEE 802.1p および IEEE 802.1Q 規格による QoS と VLAN のサポート、および IEEE 802.1D Spanning Tree Protocol(STP; スパニングツリー プロトコル)などの機能もサポートされています。 Cisco がベースのインラインパワーは外部か内部電力装置を必要とします。 内部電源が装備されているのは、3700 シリーズだけです。 16 ポートの EtherSwitch NM では、シングルポートのギガビット イーサネット ドーターカードを使用できます。 また、36 ポートの EtherSwitch HDSM では、シングルポートのギガビット イーサネット ドーターカードを 2 枚まで使用できます。

これらのモジュールを使用すると、2600/3600/3700 シリーズのルータを、集約型 IP 電話を導入している支店オフィス向けのシングル ボックス ソリューションとして提供できます。 ルータは、IP ルーティング、イーサネット スイッチング、固定無線ソリューション、および音声ゲートウェイ機能の配信により、データ、音声、およびビデオを拡張します。 また、これらのプラットフォームをモジュール化することによって、投資保護と所有コストの削減が図られています。

Q. EtherSwitch モジュールを使用した Cisco 2600、3660、3725、および 3745 のサポート マトリックスを提供してください。

シャーシ 16 ポート EtherSwitch NM 36 ポート EtherSwitch HDSM ギガビット イーサネット(1000BASE-T)ポート 外部電源装置 内部電力装置
2600 シリーズ 1 非サポート 1 インライン電話をサポートする場合に必要 非サポート
3660 シリーズ ルータ 1 台につき 2 ルータ 1 台につき 2 16 ポート EtherSwitch の場合 1、36 ポート EtherSwitch の場合 2 インライン電話をサポートする場合に必要 非サポート
3725 ルータ 1 台につき 2 はい、ルータごとに 1 16 ポート EtherSwitch の場合 1、36 ポート EtherSwitch の場合 2 不要 統合インライン電源モジュール 1 基をサポート
3745 ルータ 1 台につき 2 ルータ 1 台につき 2 16 ポート EtherSwitch の場合 1、36 ポート EtherSwitch の場合 2 不要 統合インライン電源モジュール 2 枚をサポート

Q. ルーテッドポートで EtherSwitch モジュールのポートを設定できますか。

A. Cisco IOS のリリースを使ってか。 ソフトウェア リリース 12.2(15)ZJ および 12.3(4)T、EtherSwitch モジュールのポートに IP アドレスを直接割り当てることができます。 この機能によって、これらのポートはレイヤ 3(L3)またはルーテッド ポートになります。 これらのポートは、DHCP アドレスを受信することはできません。また、サブインターフェイスをサポートしません。 ルーテッドポートの L3 トラフィックはまだトラフィックがプラットフォーム ルーティングエンジンを利用することを必要とします。 L3 切り替えはブレードに発生しません。 この機能と共にすべてのルーティング プロトコルを使用できます。か。この設定は一例として動作します:

interface FastEthernet1/0 
no switchport 
ip address 172.16.1.0 255.255.0.0

Q. 方法がルータを検知 する必要なしで EtherSwitch モジュールのインストールを判別するありますか。

A. あります。show version コマンドまたは show diag コマンドが使用できます。 16 ポート NM に関しては、show version コマンドは下記のものを表示します:

16 Fast Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)

36 ポート HDSM に関しては、show version コマンドは下記のものを表示します:

36 Fast Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)

16 ポート NM に関しては、show diag コマンドは下記のものを表示します:

Fast Ethernet Port adapter, 16 ports

36 ポート HDSM に関しては、show diag コマンドは下記のものを表示します:

Fast Ethernet Port adapter, 36 ports

Q. EtherSwitch モジュールにはどのようなデバイスが接続できますか。

A. EtherSwitch モジュールには次のようなデバイスを接続できます。

  • PC かワークステーション

  • IP Telephone

  • Aironetアクセスポイントかベースステーション

  • Cisco Catalyst シリーズ スイッチのポート

  • Cisco CallManager

また、Cisco が Cisco 2600, 3600 および 3700 シリーズ用の NM-1FE2W、およびほとんどのハブのような、提供する他のどの 10/100 transmit (tx) ポートもうまく働く必要があります。

Q. オプションのギガビット イーサネット ドーターカードはどのような場合に使用できますか。

A. ギガビット イーサネット ドーターカードは、ファイル サーバに対するアップリンク ポートや、他の Cisco Catalyst スイッチに対するトランク ポートとして使用できます。 36 ポートの EtherSwitch HDSM では、ギガビット イーサネット ドーターカードを 2 枚まで使用できます。 ギガビット イーサネット インターフェイスは、モジュール間でのシャーシ内スタックのために使用します。 2 枚目の EtherSwitch モジュールを 3600 または 3700 シリーズ ルータに挿入する場合は、これらのモジュールをおのおののギガビット イーサネット インターフェイスを使用して、レイヤ 2(L2)で接続する必要があります。 発注する際には、このことを考慮してください。 また、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)ZJ と、12.3(4)T、およびそれ以降、また L3 かルーテッドインターフェイスでギガビット イーサネットインターフェイスを設定できます。

Q. 4 ポート イーサネット NM(NM-4E)と EtherSwitch モジュールの違いは何ですか。

A. EtherSwitch モジュールは、レイヤ 2(L2)スイッチです。また、NM-4E はレイヤ 3(L3)ルーティング デバイスです。 EtherSwitch モジュールのポートの 16 か 36 にすべて NM 内の高速 スイッチ ファブリックがあります。 このスイッチ ファブリックによって、EtherSwitch モジュールに接続され、同じ VLAN に属するデバイスは、ハードウェアでのラインレートのスイッチングによる利点を得ることができます。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)ZJ および 12.3(4)T は EtherSwitch モジュールのファースト イーサネットかギガビット イーサネットインターフェイスと直接 IP アドレスを関連付けることができます。 この機能によって、EtherSwitch モジュールは、ファースト イーサネット インターフェイスがあることを除いて、NM-4E と機能的に同等になります。

Q. EtherSwitch は Fast EtherChannel をサポートしますか。

A. EtherSwitch モジュールでは、EtherChannel 内のインターフェイスすべてを同じ速度およびデュプレックスに設定した場合、EtherChannel ごとに最大 8 個のインターフェイスをサポートします。

Q. EtherSwitch モジュールはルータのCPU によってレイヤ2 (L2)切り替えおよび VLAN 間ルーティングをサポートしますか。

A. はい、EtherSwitch モジュールでは、同じ VLAN に属する全ポート間のトラフィックの L2 スイッチングをサポートしています。 VLAN 間ルーティングに関しては、モジュールは L3 で VLAN を表すレイヤ3 (L3) VLANインターフェイスを使用します。 ルーティングするべき L3 VLANインターフェイスに VLAN のすべての L2 トラフィックは行きます。 この L3 VLAN インターフェイスでは、EtherSwitch と連携してトラフィックを L3 でルーティングします。 この L3 インターフェイスには、access control list(ACL; アクセス コントロール リスト)、ルーティング、および IP アドレッシングを適用できます。

Q. EtherSwitch モジュールの基盤となっているのは、現在のどの Cisco Catalyst ソフトウェアですか。また、これらの NM では Cisco IOS ソフトウェアのコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用していますか。

A. Catalyst Cisco IOSソフトウェアは EtherSwitch モジュールのための基礎です。 現在の Cisco 2600, 3600 および 3700 シリーズがこれらのモジュールを統合ので、モジュールは Cisco IOSソフトウェア CLI を元々サポートします。 このモジュールに別のイメージが上乗せしてロードされることはありません。

Q. 2 人の異なるルータの EtherSwitch 2 つのモジュールの間でスタックできますか。

A. EtherSwitch モジュールと外部の Cisco Catalyst スイッチをスタックする場合と同じ方法で、2 つのシャーシ間でスタックすることが可能です。 モジュールの接続には、IEEE 802.1Q トランク接続を使用する必要があります。

Q. シャーシ内スタックとは何ですか。

A. Intrachassis スタッキングは同一ルータのギガビットイーサネット接続によって EtherSwitch 複数のモジュールを接続する機能です。 たとえば、intrachassis をスタックすることは EtherSwitch 2 つのモジュールを同一ルータに置き、ギガビットイーサネットアップリンクでモジュールを接続することです。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T、12.3(4)T、およびそれ以降 サポートこの機能性。 ルータ内で 2 基のモジュールが、シャーシ内スタックの制限です。 intrachassis スタックは各モジュールのギガビット イーサネットインターフェイスを必要とします。 モジュールをギガビット イーサネット インターフェイスとクロスケーブルを使用して外部的に接続します。 Intrachassis スタックはすべてのファースト イーサネットおよびギガビット イーサネットインターフェイスが同じレイヤ2 (L2)ドメインに加わるようにします。

Q. ギガビットイーサネットポートを接続する必要なしでシャーシの EtherSwitch 2 つのモジュールをスタックできますか。

A. いいえ、そこに 2 つのギガビット イーサネットインターフェイスの接続なしでスタックするべきサポートではないです。 スタック パートナー コマンドの 2 つのギガビット イーサネットインターフェイスおよび使用の接続は 2 つのモジュールの間で VLANデータベースの競合を除去します。 この接続なしで 2 つのモジュールをインストールする場合、結果は VLANデータベースの重複です。 このような重複はサポートされていません。

Q. 同じシャーシの EtherSwitch 2 つのモジュールを接続する方法

A. ギガビット イーサネット ポートと、クロスのイーサネット ケーブルを使用して、2 基の EtherSwitch ブレードを接続します。 これによって、双方の EtherSwitch モジュールが、1 つのレイヤ 2(L2)ドメインになります。 ギガビットインターフェイス コマンド スイッチポートを使用して下さいか。スタック リンク。 詳細については、『Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ用 16 ポートおよび 36 ポート イーサネット スイッチ モジュール』の設定ガイドを参照してください。

Q. ルーテッドポートの機能へ制限がありますか。

A. はい、いくつか制限があります。 EtherSwitch モジュールのルーテッドポートはサブインターフェイスをサポートしません。 また、ルーテッドポートは DHCPサーバからアドレスを受け取ることができません。 その代り、IP アドレスの静的割り当ては発生する必要があります。

Q. EtherSwitch モジュールをサポートした最初の Cisco IOS ソフトウェア リリースについて教えてください。

A. 16 ポートの EtherSwitch NM は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(2)XT の Plus イメージだけでサポートが開始されました。 また、36 ポートの EtherSwitch HDSM は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(8)T1 の Plus イメージだけでサポートが開始されました。 このイメージは、16 ポートと 36 ポートの EtherSwitch の両方を、Cisco 2600、3600、および 3700 シリーズのプラットフォーム上でサポートしています。 シャーシ内スタックのサポートは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T の Plus イメージだけでサポートが開始されました。 ルーテッド ポート機能のサポートは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)ZJ および 12.3(4)T で開始されました。

Q. EtherSwitch モジュールをサポートしている Cisco IOS ソフトウェアのフィーチャ セットについて教えてください。

A. Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2T では、EtherSwitch モジュールは機能セットと a を必要とします。 IP Base フィーチャ セットでの EtherSwitch モジュールのサポートは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3T で開始されます。

Q. EtherSwitch モジュールは現在の Cisco 2600, 3600 および 3700 シリーズ WAN インターフェイス カード(WIC)、Voice Interface Cards (VIC)および NM を使用しますか。

A. はい。EtherSwitch モジュールは、現在の Cisco 2600、3600、および 3700 の WIC、VIC、NM と一緒に動作します。

Q. EtherSwitch モジュールではどのような機能がサポートされていますか。

A. EtherSwitch モジュールでは、次の機能をサポートしています。

  • VLAN

    • Cisco 3660 および 3700 シリーズの場合は、スイッチ当たり個別の VLAN を最大 64 までサポート

  • タグ付けされる IEEE 802.1Q およびタグなしVLAN

    • クライアント、サーバ、およびトランスペアレント モード向けに VLAN トランク プロトコル(VTP)をサポート

  • レイヤ2 (L2) MAC 関連の機能サポート

    • セキュア MAC アドレス

    • スタティックおよびダイナミックな MAC アドレッシング

    • 合計 8000 MAC アドレス

  • ポート アプリケーションのサポート

    • EtherChannelポート 集約

    • ポート モニタリング

  • ルータ ベースのブロードキャスト、マルチキャスト、ユニキャスト ストーム制御 QoS 機能のサポート

    • IEEE 802.1p

    • 802.1Q タグ付けされたフレームのためのサービスの分類 (CoS) 優先順位

    • ネイティブ フレーム用ポート ベースの優先順位

    • 802.1p の優先順位を上書きするためのポートの優先順位

    • 完全な優先権と加重ラウンドロビン(WRR)

  • 追加機能

    • Differentiated Services Code Point (DSCP) マッピング することへの CoS

    • インターネットグループ マルチキャストプロトコル(IGMP)スヌーピング

    • Network Time Protocol (NTP) サポート

    • IEEE 802.1D スパニングツリーおよび Spanning Tree Protocol (STP) PortFast 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) サポート

    • Telnet クライアントおよびサーバのサポート

    • Cisco Discovery Protocol (CDP) バージョン 1 およびバージョン 2 サポート

    • ギガビットイーサネットポートだけのためのフロー制御

    • フォールバック ブリッジ

    • ルーテッド ポートの IEEE 802.1x 認証

    • セキュリティ用アクセス コントロール リスト(ACL)

Q. EtherSwitch モジュールでサポートされていないのは、どのような機能ですか。

A. EtherSwitch モジュールでは、次の機能はサポートしていません。

  • (ルータが行う)レイヤ3 (L3)切り替え

  • アクセス ポートのためのダイナミック VLAN

  • VLAN トランク プロトコル(VTP)のプルーニング

  • 未知のマルチキャストおよびユニキャスト パケットのポートごとのイネーブルとディセーブル

  • CGMP クライアント レート制限

  • Cisco Cluster Management Suite (CMS)サポート

  • Cisco Emergency Responder サポート

  • IEEE 802.3af 対応 Power over Ethernet (PoE)

Q. EtherSwitch モジュールでサポートされているのは、どの IEEE 802.1x 機能ですか。

A. EtherSwitch モジュールでは、ポートごとの 802.1x 認証を、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)ZJ、12.3(4)T 以降でサポートしています。 この機能により、モジュールでは 802.1x 認証に基づいて、ポートをイネーブルまたはディセーブルにできるようになりました。 このモジュールでは、現在は他の 802.1x 機能はサポートしていません。

Q. EtherSwitch チャネルは交換仮想インターフェイス(SVIs)にブリッジをサポートしますか。

A. Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)ZJ および 12.3(4)T を使用すると、SVI がブリッジ グループのメンバになり、トランスペアレント ブリッジングを行えるようになります。

Q. EtherSwitch モジュールはデータリンク スイッチング プラス(DLSw+)をサポートしますか。

A. Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)ZJ および 12.3(4)T を使用すると、EtherSwitch モジュールで DLSw+ がサポートされます。

Q. EtherSwitch モジュールではどのようなスイッチド ポート アナライザ(SPAN)機能がサポートされていますか。

A. EtherSwitch モジュールでは、次の SPAN 機能をサポートしています。

  • 1 人のアクティブな SPANセッションの手当いつでも

  • 1 つの SPAN セッション内ですべての 16/36 ポートのミラー

  • 1 つの宛先だけの手当

  • すべての SPAN ポートが同じ EtherSwitch にあることが必要

  • SPAN によって EtherChannel を分析するモジュールの能力

Q. EtherSwitch モジュールはオート メディア依存 インターフェイス(MDI) /MDI クロスオーバー(MDI-X)検出をサポートしますか。

A. すべてのファースト イーサネットのいいえ、設定およびギガビットイーサネットポートは MDI-X です。 他の MDI-X ポートに接続するためにだけクロス ケーブルを使用できます。 MDI ポートに接続するには、ストレートケーブルだけが使用できます。

Q. EtherSwitch モジュールでサポートされている VLAN の最大数はいくつですか。

A. EtherSwitch モジュールでは、Cisco 2600、3620、3640 シリーズの場合、最大 32 の VLAN をサポートします。 EtherSwitch HDSM では、Cisco 3660 および 3700 シリーズ向けに最大 64 の VLAN をサポートしています。

Q. EtherSwitch モジュール 1 基当たりに構築できる Fast EtherChannel の最大数はいくつですか。

A. EtherSwitch モジュールごとに、最大 6 つの Fast EtherChannel を構築できます。 各 Fast EtherChannel は最大 8 つのポート/インターフェイスがある場合があります。

Q. EtherSwitch モジュールではどのような QoS 機能がサポートされていますか。

A. EtherSwitch モジュールでは、次の機能をサポートしています。

  • IEEE 802.1Q タグ付けされた帯のための IEEE 802.1p サービスの分類 (CoS) 優先順位

  • ネイティブ フレーム用ポート ベースの優先順位

  • 802.1p の優先順位を上書きするためのポートの優先順位

  • 完全な優先権と加重ラウンドロビン(WRR)CoS ポリシー

Q. EtherSwitch モジュールは IEEE 802.1x 認証をサポートしますか。

A. Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)ZJ および 12.3(3)T 以降を使用すると、EtherSwitch モジュールで 802.1x 認証がサポートされます。

Q. 16 ポートおよび 36 ポート EtherSwitch モジュール レシーブ IP Phone が動力を与える仕組み

A. IP Phone 電力は EtherSwitch モジュール 電源オプション [NM-16/36ESW-PWR] と共に外部電源装置 シャーシ [PWR-Chassis-360W] によって現在の Cisco 2600 および 3600 シリーズ ルータに、達します。 Cisco 3700 シリーズでは、統合電源モジュールをサポートしています。 外部電源装置 シャーシはで Cisco 3700 シリーズ必要ではないです。 ただし、EtherSwitch 同じ電源オプションは必要です。

Q. 16 ポートおよび 36 ポートの EtherSwitch モジュールでは、どのようなタイプの外部電源ケーブルを使用できますか。

A. EtherSwitch モジュール用の外部電源ケーブルのタイプは次のとおりです。

  • 部品番号 CAB-PPWR-PS1-1-A は、1 つの外部電源モジュールと 1 基の EtherSwitch モジュールを接続する、1 対 1 のケーブルです。 ソフトウェアでは、このケーブル上で「PS1 Present」および「PS1 OK」の信号をモニタし、この構成用に 360W の電力を割り当てます。

  • 部品番号 CAB-PPWR-PS1-2-A は、2 つの外部電源モジュールと 1 基の EtherSwitch モジュールを接続する、電源 2 対 EtherSwitch モジュール 1 のケーブルです。 この構成は、片方の電源装置に障害が発生した場合に備えた冗長構成になります。 ソフトウェアでは、このケーブル上で、「PS1 Present」、「PS1 OK」、「PS2 Present」、および「PS2 OK」の信号をモニタします。 この構成には、最大 360W の電源が割り当てられます。

  • 部品番号 CAB-PPWR-PS2-1-A は、1 つの外部電源モジュールと 2 基の EtherSwitch モジュールを接続する、電源 1 対 EtherSwitch モジュール 2 のケーブルです。 このケーブルでは、2 基の EtherSwitch モジュールに電力を供給しますが、冗長性はありません。 ケーブルは、両方の EtherSwitch モジュールに接続する必要があります。 EtherSwitch モジュールとケーブル端のいずれかが接続されていないと、電力供給が停止します。 また、EtherSwitch モジュールがプラットフォームに装着されていない場合も、電力供給は停止します。 EtherSwitch 1 つのモジュールのプラグを抜く場合、EtherSwitch 他のモジュールへの -48 V 電源はシャットダウンしました。 この構成の場合、ソフトウェアでは、「PS1 Present」と「PS1 OK」の他にも特殊な信号をモニタします。 また、この構成では、2 基の EtherSwitch モジュールそれぞれに対して、最大 160W の電力が送られます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60565