コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

2 つのエージェント間のコール バウンス - 無応答時転送タイマー

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は着信 インバウンドコールが 2 つのエージェントの間でなぜ跳ね、Cisco IP Contact Center (IPCC) Express 環境のソリューションを提供するか 1 つの原因を記述したものです。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco Customer Response Solutions(CRS)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager

  • Cisco CRS

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

新しいコールがエージェントデスクトップで到着するとき、エージェント O ne は企業 Data 画面 pop および 1 リングを受け取ります。 エージェントがコールに応答できる前にコールは企業 Data 画面 pop および 1 リングのエージェント T wo に転送されます。 第 2 エージェントが応答できる前にコールはエージェント O ne に戻って転送されます。 2 つのエージェントとどちらエージェント間のコール スイッチはあちこちにコールに応答できません。 それは回帰的なループにコールをあります、に示すように現われます (図 1 を参照)。

図 1 – ES g の Bounc をエージェント 1 とエージェント 2 間で前後と呼出して下さい

forward-no-answer-timer-1.gif

解決策

問題は CallManager の NoAnswer 前方タイマーと CRS スクリプトの Select Resource ステップ間のタイムアウト の 設定によって引き起こされます。 順序 t T o 修正ではこの問題は、NoAnswer 前方タイマー Select Resource ステップのタイムアウト値を超過する必要があります。

NoAnswer 前方タイマーを設定 して下さい

NoAnswer 前方タイマーを設定 するために次のステップを完了して下さい:

  1. 選り抜き Cisco CallManager Administration で Service > Service パラメータを選択して下さい

  2. 選択しますサーバ ドロップダウン リストから正しいサーバを選択して下さい

  3. セットはサービス ドロップダウン リストから Cisco Unified CallManager にサービスを、に示すように選択します。 (図 2 を参照してください)

    図 2: サービスパラメータ 設定

    /image/gif/paws/60556/forward-no-answer-timer-2.gif

  4. クラスタ 広い パラメータ(機能-前方)エリアはで、ナビゲート NoAnswer タイマー(秒) * フィールドを転送するために値を入力します。 、&lt の下で; Strong> クラスタ 広い パラメータ(機能-) &lt を転送して下さい; /Strong> セクション、図 3.参照して下さい)

    図 3: NoAnswer 前方タイマー

    forward-no-answer-timer-3.gif

    注: NoAnswer 前方タイマー値は選定されたリソース ダイアログボックスのタイムアウト値より大きい必要があります。 (図 4.参照して下さい)

  5. < Action> < ShortAction> < Para> &lt を設定 して下さい; Strong> 前方 NoAnswer Timeout< /Strong> value.< /Para> < Alert> < Para> 値は選定された Resource.&lt のタイムアウト値より大きいはずです; /Para> < /Alert> < /ShortAction> < /Action>

タイムアウトをのための選択しますリソースを設定 して下さい

順序 t T o でこれらのステップを設定 しましたり選定されたリソースの t T imeout 値を、完了します次のステップを完了して下さい:

  1. Cisco CRA エディタを使用して Ciscoカスタマー応答アプリケーション(CRA)エディタ l L oad を CRS スクリプト使用して下さい

  2. ダイアログボックスでは、&lt を見つけるため; Strong> Resource&lt を選択して下さい; /Strong> ステップはポップアップ ウィンドウで、右クリック Select Resource ステップを見つけるために『Properties』 を選択 し。 選定された Resource ウィンドウは &lt に示すように、現われます; XRef Location="fig-4">Figure 4</XRef>。

    選定された Resource ウィンドウは現われます。 (図 4.参照して下さい)

    図 4: Select Resource ステップのタイムアウト の 設定

    /image/gif/paws/60556/forward-no-answer-timer-4.gif

  3. 入力し値をタイムアウト値 フィールドで、『OK』 をクリック します 設定 して下さい

    注: より短くなければならなければより少し Forward No Answer 時間 r.よりこのタイムアウト値。

    < グラフィック ID="fig-4"> < caption> 図 4: 選定されたリソース Step&lt のタイムアウト の 設定; /caption> < ImageSource Ref="forward-no-answer-timer-4.gif"><?xm-replace_text {ImageSource}か。> < /ImageSource> < /Graphic>

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60556