コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

MIS タイムアウト - Windows 2000 へのアップグレード後の ECS PIM の変更

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、なぜ Message Integration Service(MIS)プロセスがタイムアウトするかの原因を説明し、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)環境での解決策を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco ICM

  • Microsoft Windows NT および 2000 サーバ

  • Peripheral Gateway (PG)の MIS プロセス

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 4.6.2

  • Microsoft Windows NT および 2000 サーバ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

MIS アーキテクチャ

MIS は規格によってノード管理されるアプリケーションで、Voice Response Unit (VRU) PG サービスの内で VRU 周辺装置 インターフェイス マネージャ(PIM)と共に実行します。 次のダイアグラムは MIS のハイレベルプロセス アーキテクチャを示します。

図 1: MIS アーキテクチャ

mis-timeout-upgrd2000-1.gif

問題

Windows 2000 サーバへの Windows NT 4.0 をアップデートした後、VRU PG の MIS プロセスは図 2.に示すように MIS タイムアウトに、よる VRU を停止します

図 2: トポロジ

mis-timeout-upgrd2000-2.gif

解決策

この問題はレジストリ 設定によって引き起こされます。 Operating System (OS)か ICM をアップグレードするとき、古いレジストリの変更は維持されません。 現在のレジストリ 設定は新しいデフォルトと上書きされます。 従って、Windows NT を、理由未知数のために、レジストリキーの値は Windows 2000 サーバにアップグレードしている間キューのコール滞在を表し、コールがそのコールのための Open Peripheral Controller (OPC)にイベントを行く確立しなかった 1 つに、設定 されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Geotel\ICR\<cust_inst>\PGnum\PG\CurrentVersion\
  PIMS\pim1\ATTData\Dynamic\ConverseConnectRemainsInQueue

この原因、時間を計るべき MIS プロセス。

偽に ConverseConnectRemainsInQueue を設定 して下さい(0)。 これは接続状態に置かれるべきコールを表し、CSTA は OPC にイベントを送信 され、解決します問題を確立しました。 これはダイナミック レジストリキーであり、プロセスをリサイクルする必要性がありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60447