コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

IP Phone Agent への「1 ボタン ログイン」の設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unified Contact Center(UCC)Express または Enterprise 環境で、IP Phone エージェントがユーザ名、パスワード、および内線番号の入力を求めるプロンプトなしでログインできる手順について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS) ICD または Cisco Unified Intelligent Contact Management (ICM) 企業

  • CallManager Administration

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager 4.1、4.2、4.3、5.0 および 6.0

    注: 1 ボタン ログオンは Cisco Unified CallManager Express (CME)のあらゆるバージョンでサポートされません。

  • Cisco CRS 4.0(5)、4.5(2) および 5.0(1) または Cisco ICM 7.2(1)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

それぞれ電話、ユーザ名、パスワードおよび拡張への IP Phone エージェント ログインが手作業キーによるである必要がある時。 これは CallManager の 管理者が特定の IP Phone にパラメータをマッピング することを可能にしますパラメータを入力するために従ってエージェントが決して必要となりません。 1 ボタン ログオンはエクステンションモビリティと共に使用することができます。

管理者がこのソリューションを設定する前に考慮する必要がある警告があります:

  • security — IP Phone への物理アクセスとのだれでも疑わしいエージェントとしてログインできます。 これは個々の管理者のための問題ではないかもしれませんし、かもしれません。

  • 移動/変更—エージェントがパスワードを変更する、またはエージェントが別の電話に変われば、CallManager の 管理者は変更を示すためにパラメータをアップデートする必要があります。 従って、移動し、エージェントの変更は CallManager の 管理者と調整する必要があります。

手順

ログインに IP Phone エージェントを可能にするために IP電話サービスを設定するとき Cisco デスクトップ パッケージ製品 インストレーションガイドに記載のとおりこの URL を、使用して下さい。 インストール デスクトップアプリケーションを > 参照しまこのガイドの IP Phone エージェント セクションを使用するために Cisco Unified CallManager IP 電話を設定します。

http://xxx.xxx.xxx.xxx:yyyy/ipphone/jsp/sciphonexml/IPAgentInitial.jsp

xxx.xxx.xxx.xxx は Cisco デスクトップサービスがロードされて yyyy UCC Express のための 6293 および UCC 企業のための 8088 がであるマシンの IP アドレスを表し。

IP Phone エージェントがこのサービスを選択するとき、CallManager はエージェント ID、パスワードおよび拡張にプロンプトを提供します。 わずかに異なる URL の 1 ボタン ログオンのための追加 IP電話サービスをちょうど追加して下さい(このプロシージャを実行するために http://xxx.xxx.xxx.xx:yyyy/ipphone/jsp/sciphonexml/IPAgentLogin.jsp) は ID、パスワードおよび拡張のためのパラメータを追加し。 まだ(すなわちパスワードが変更されたので)エージェントに 1 つのボタン ログオン サービスを使用して問題があればそう設定される 2 人の IP Phone サービスが、エージェント持っています使用するべき規則的な IP Phone エージェント サービスをほしいと思います。 1 つのボタン ログオン サービスが最初のログインにしか使用する必要がないことに注目して下さい。 エージェントが非 IP 電話エージェント 画面にあれば、規則的な IP Phone エージェント サービスが技術統計表示および他の IP Phone エージェント画面に到達するのに利用する必要があります。 IP電話サービスが各エージェント電話に追加されるとき、これらのパラメータの値を規定 して下さい。 このセクションのプロシージャは追加 1 ボタン ログオン IP Phone エージェント IP電話サービスを初めから作成していると仮定します。 1 つのボタン ログオン IP Phone エージェント サービスが既に作成されている場合、ステップ 12 にスキップして下さい。

  1. 先の CallManager に関してはより 5.0 は、CallManager Administration で図 1A に示すように、Feature > Cisco IP Phone Services の順に選択 します。

    図 1A: Cisco Unified CallManager 4.1 管理

    /image/gif/paws/60134/1-button-login-ip-phone-agnts-1.gif

    CallManager 5.0 および それ以降に関しては、CallManager Administration で、図 1B に示すように > デバイス設定 > 電話サービス、『Device』 を選択 して下さい。

    図 1B: Cisco Unified CallManager 5.0 管理

    1-button-login-ip-phone-agnts-1b.gif

    検索およびリスト IP電話サービス ウィンドウは現われます。

    注: 次 の ステップのスクリーン ショットは CallManager のバージョンの間で別様に現われるかもしれません。 製品マニュアルを参照して下さい。

  2. 図 2.に示すように、『Add a New IP Phone Service』 をクリック して下さい

    図 2: IP Phone サービスを見つけ、リストして下さい

    /image/gif/paws/60134/1-button-login-ip-phone-agnts-2.gif

    Cisco IP Phone Services Configuration ウィンドウが表示されます。

  3. サービス名フィールドでは、図 3.に示すようにサイトのために、適切な名前を入力して下さい

  4. 図 3.に示すようにサービスの説明を、入力して下さい

  5. サービス URL フィールドでは、xxx.xxx.xxx.xxx が Cisco Agent Desktop サーバの IP アドレスである yyyy UCC Express のための 6293 および UCC 企業のための 8088 がである http://xxx.xxx.xxx.xx:yyyy/ipphone/jsp/sciphonexml/IPAgentLogin.jsp を入力すれば。

    これはほとんど正確 Cisco デスクトップ パッケージ製品 インストレーションガイドに説明がある同じ URL です。 違いは URL の最後の部分です。 このプロシージャに関しては、IPAgentInitial.jsp の代りの IPAgentLogin.jsp へのポイント

    図 3: Cisco IP Phone サービス 設定

    /image/gif/paws/60134/1-button-login-ip-phone-agnts-3.gif

  6. [Insert] をクリックします。

    Cisco IP Phone は新しい情報と Configuration ページ リフレッシュを保守します。

  7. エージェント、パスワードおよびログインID の拡張を表す ExtPwd および ID のためのパラメータをそれぞれ作成して下さい。

  8. 図 4.に示すように、『New』 をクリック して下さい

    図 4: Cisco IP Phone サービス 設定

    /image/gif/paws/60134/1-button-login-ip-phone-agnts-4.gif

  9. 提供されるフィールドでこの情報を入力して下さい:

    1. パラメータ名 フィールドで Ext を入力して下さい。

    2. パラメータ Display Name フィールドで Ext を入力して下さい。

    3. 論理的な説明を、パラメータ 記述 フィールドのためのエージェント拡張のような、入力して下さい。

    4. DEFAULT 値 フィールド ブランクを残して下さい。

    5. パラメータをです必要とされたチェックボックス チェックして下さい。

      注: Pwd パラメータに関してはパスワードがすべてのエージェントに必要とならなかったら、このチェックボックスをチェックしないで下さい。

    6. 図 5.に示すように、『Insert and Close』 をクリック して下さい

      図 5: Cisco IP Phone サービスパラメータを設定して下さい

      /image/gif/paws/60134/1-button-login-ip-phone-agnts-5.gif

  10. 残るこれら二つのパラメータを入力するためにステップ 8 および 9 を繰り返して下さい:

    1. Pwd パラメータのためにこの値を使用して下さい:

      Parameter Name: Pwd
      Parameter Display Name: Pwd
      Default Value: (Leave blank unless you have the same password for all 
        your agents, in which case you can enter that password here)
      Parameter Description: (Enter a logical description, such as "Agent 
        password")
    2. ID パラメータのためにこの値を使用して下さい:

      Parameter Name: ID
      Parameter Display Name: ID
      Default Value: (Leave blank)
      Parameter Description: (Enter a logical description, such as "Agent ID")

      注: これらの値はスペース制限による複数の回線に表示する。

      終えられたとき、サービス 案内およびサービスパラメータ インフォメーション セクションは図 6.に類似したに検知 します

      図 6: Cisco IP Phone サービス 設定

      /image/gif/paws/60134/1-button-login-ip-phone-agnts-6.gif

  11. エージェントの IP 電話にこのサービスを適用するために『Update』 をクリック して下さい。

  12. CallManager Administration では、検索 基準を、Device > Phones の順に選択 し、使用して下さいたとえば: ディレクトリ番号、エージェント電話を取付けるため。

  13. 図 7.に示すように Phone Configuration ページに、到達するために電話を選択して下さい

    図 7: 電話機の設定

    1-button-login-ip-phone-agnts-7.gif

  14. 図 7.に示すように右上隅で、『Subscribe/Unsubscribe Services』 をクリック して下さい

    サービス サブスクリプション ウィンドウは図 8.に示すように、現われます

    図 8: サブスクリプションを保守して下さい

    1-button-login-ip-phone-agnts-8.gif

  15. 選り抜きのドロップダウン リストから 1 つのボタン ログイン サービスをサービス フィールド選択して下さい。

  16. [Continue] をクリックします。

    サービス サブスクリプション -- Subscribe ウィンドウは図 9.に示すように、現われます

    図 9: サブスクリプションを保守して下さい ---- 定期講読して下さい

    /image/gif/paws/60134/1-button-login-ip-phone-agnts-9.gif

  17. ID フィールドの Ext フィールド、エージェント ID、および Pwd フィールドのパスワードでエクステンションを入力して下さい。

  18. [Subscribe] をクリックします。

    Cisco デスクトップ パッケージ製品 インストレーションガイドで文書化されているように規則的な IP Phone エージェント サービスを定期講読して下さい。 インストール デスクトップアプリケーションを > 参照しま IP Phone エージェントを使用するために Cisco Unified CallManager IP 電話を > 設定し IP電話サービスをこのガイドの IP エージェント電話セクションに割り当てる方法。

  19. IP Phone で『Services』 をクリック して下さい。

    ザ・ワン ボタン ログイン サービス オプションおよび規則的な IP Phone エージェント サービス オプションは利用可能であるはずです。 そうでなかったら、電話をリセットして下さい。

  20. 1 ボタン ログインおよび規則的な IP Phone エージェント サービスを選択し、すべてがきちんとはたらくことを確かめるためにログオンをテストして下さい。

  21. プロシージャが最初のエージェントによって確認されたら、1 ボタン ログインおよび規則的な IP電話サービスへのコンタクトセンター エージェント対するアクセス権の付与のそれぞれのためのステップ 12 および 20 を繰り返して下さい。

    新しいエージェントがこのステーションで後ではたらく必要がある場合エージェントは IP Phone エージェントにエージェントがログオンするたびに標準的な方法(USERID、パスワードおよびエクステンションを入力して下さい)ログインを使用できますまたは CallManager の 管理者は新しいエージェントを一致するために電話の 1 ボタン ログインのための ID および Pwd パラメータを変更できます。

    エクステンションモビリティ エージェントに関しては、ステップは規則的なエージェントのためと同じです但し例外としてはハードな電話の代りにサービスを定期講読するのはエクステンションモビリティ電話です。 エージェントがエクステンションモビリティにログイン した後だけ 1 ボタン ログオンおよび規則的な IP Phone エージェント サービスは利用できます。

トラブルシューティング

このセクションは 1 つのボタン ログオンを使用する記述し、方法で情報を問題を解決する提供しますとき直面するよくある問題を。

問題 1

エージェントは 1 つのボタン ログオン サービスが利用されるときログインすることができ、エラーメッセージを受け取ります。

トラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

  1. 規則的な IP Phone エージェント サービスのログインするために利用によってクロスチェックして下さい。 それが失敗した場合、問題は 1 ボタン ログオンがどのようにと設定されるかありません。 Cisco デスクトップ パッケージ製品 サービス 案内を参照して下さい。 トラブルシューティング > このガイドの IP Phone エージェント問題セクションを参照して下さい。

  2. URL が有効であることを確かめて下さい。 IP アドレスおよびポートが正しい確認し、IPAgentLogin.jsp をことを使用して下さい。

  3. 3 つのパラメータすべて(ID、Ext および Pwd)を規定 されることを確かめて下さい。

    注: すべては大文字/小文字の区別があります。

  4. 正しい ID、パスワードおよびエクステンションが適切なパラメーター フィールドに入力されることを確かめるのにエージェントによって使用されるデバイスをチェックして下さい。 確実であるためにそれらを再度再入力して下さい。

  5. 提供ログオンがなぜで失敗したか情報をできるデバッグ ファイル/IPPA サービス ログをチェックして下さい。

問題 2

エージェントは 1 つのボタン ログイン サービスがとき既にログオンされて選択されるとき Error 画面を受け取ります。

1 つのボタン ログオン サービスはコールでまだないログオンされていないエージェントにしか使用することができ。 エージェントが既にログオンされている場合、エージェントは技術統計表示のような IP Phone エージェント画面に、到達するのに規則的な IP Phone エージェント サービスを利用する必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60134