ビデオ : Cisco Unified MeetingPlace Audio Server

MeetingPlace Server PCI Onsite のマージ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified MeetingPlace は音声および Web 会議機能を含む十分に統合されたリッチメディア 会議 ソリューションを、提供します。 Cisco Unified MeetingPlace は内部 音声 および データ ネットワークの PIXファイアウォールの後ろのネットワークに、常駐し、無比のセキュリティ、信頼性、スケーラビリティ、アプリケーション 統合およびコスト 効率を提供します。

このドキュメントでは、オンサイトに移行する前、オンサイト作業を開始する前、および Cisco MeetingPlace サーバの PCI マージ オンサイト作業を完了した後に行う確認手順の概要について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified MeetingPlace 可聴周波サーバ(PCI)に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

サイトで行く前に確認するべき項目

前マージ

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified MeetingPlace サーバの先頭の前部サービス ポートに接続するべき 9 ピン ヌルモデム メスからメス ケーブルのラップトップを持って下さい。

  2. ラップトップのハイパーターミナルがはたらくことを確認して下さい。

  3. MeetingPlace サーバ マージ プロシージャおよびインストールのコピーを持ち、利用可能 な Cisco Unified MeetingPlace Audio Server 6.x のためのガイドをアップグレードして下さい

  4. すべての適当な Field Notice およびリリース ノートをチェックし、Cisco Unified MeetingPlace Audio Server リリース 6.0 があるようにソフトウェア互換性を確認するためにリリース ノートを確認して下さい。

  5. Cisco Unified MeetingPlace スタンドアロン サーバをアップグレードすることを計画する場合必要なソフトウェアを持つために確かめて下さい。

  6. カストマ エンジニア ガイドのコピーを持って下さい。

  7. 日のスーパーユーザ パスワードを持って下さい。

ネットワークサーバ

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified MeetingPlace スタンドアロン サーバをマージした後正しいライセンスを増加されたキャパシティを処理するのに必要としてもらうことを確認して下さい。

  2. T1 新しい行が準備ができていることを確認して下さい。

  3. マージが、インストールを示し、Cisco Unified MeetingPlace Audio Server 6.x のためのガイドをアップグレードし、その資料に説明があるアクティビティを行う前に Cisco Unified MeetingPlace ネットワークシステムをアップグレードする必要があれば。

スタンドアロン サーバ

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified MeetingPlace ネットワークサーバのと同じ Cisco Unified MeetingPlace サーババージョンにスタンドアロン サーバをアップグレードする場合、インストールを参照し、Cisco Unified MeetingPlace Audio Server 6.x のためのガイドをアップグレードし、それを持って来て下さい。

  2. スタンドアロン サーバに接続されるゲートウェイがある場合 Cisco Unified MeetingPlace ネットワークシステム 環境でそれらとすればいいのか何を決定して下さい。

オンサイト作業を開始する前に確認するべき項目

前マージ タスク

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified MeetingPlace ネットワークシステムおよびスタンドアロン サーバのデータベースをバックアップして下さい。

  2. ハイパーターミナルセッションをキャプチャ し、保存して下さい。

オンサイト作業の後で確認するべき項目

後マージ タスク

次の手順を実行します。

  1. どのメジャー または マイナー アラームでも生成されたかどうか確認して下さい。

  2. システムで設定 される 日時をチェックして下さい。

  3. ログインに Cisco MeetingTime を使用して下さい。

ネットワークシステムのための LAN 接続を確認して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified MeetingPlace ネットワークサーバから、すべてのソフトウェアにアップのステータスがあること、そしてすべての会議サーバにおよびシャドウ サーバに OK のステータスおよびの水平な実行があることを確認する gwstatus および swstatus コマンドを発行して下さい。

  2. 各会議サーバへのリモート ログイン(rlogin)はすべてのソフトウェアは正しいバージョンとアップデートされ、のステータスがあることを確認するために swstatus コマンドを発行し。

  3. シャドウ サーバへのリモート ログイン(rlogin)はすべてのソフトウェアにのステータスがあることを確認するために swstatus コマンドを発行し。

マージされた Cisco Unified MeetingPlace 会議サーバのテレフォニーを確認して下さい

次の手順を実行します。

  1. Command Line Interface (CLI)から、spanstat を- s コマンド発行し、T1 ラインが稼働していることを確認して下さい。

  2. CLI から、spanstat を発行して下さい-すべては命じ、すべてのポートがアイドル状態であることを確認します。

  3. アクティビティ CLI コマンドを発行し、テスト コールを送信するために 4 つを『Option』 を選択 して下さい。

  4. 会議をスケジュールし、出席できることを確認するために Cisco Unified MeetingPlace に呼出して下さい。

    1. MeetingPlace 「への歓迎」が正しい言語でメッセージ遊ぶことを確認して下さい。

    2. プロファイル ユーザとしてログイン(たとえば、0002 を–技術者プロファイルして下さい)。

    3. 即時会議をスケジュールし、出席して下さい。

    4. 少なくとも 2 党をコールで持ち、互いを明確に聞く場合があることを確認して下さい。

  5. 顧客に関連しているすべての内部セッション 機能(ロールコール、ブレイクアウト セッション、アウトダイヤル、等)をチェックして下さい。

    さまざまな接続の種類のための文字コード定義およびシーケンスを判別するために spanstat ヘルプを入力して下さい。

マージされたサーバのための Cisco MeetingTime 設定

これらの Cisco MeetingTime 設定が正しいことを確認して下さい:

  • Configure タブ:

    • テレフォニー アクセス

    • システムオプション(ライセンスキー)

    • サーバコンフィギュレーション:

      • 会議ポート

      • 浮く物ポート

      • 過剰予約ポート

      • 記録領域

    • 他の Cisco Unified MeetingPlace サーバ

リモートアクセスを確認して下さい

Cisco Unified MeetingPlace ネットワークサーバ モデム回線を使用できることを確認して下さい(および会議サーバにおよびサーバをシャドウイングするため、該当する場合)ダイヤルインするのに。

Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムが嵐、ループおよび衝突のようなポテンシャルネットワーク問題から自由、であるネットワークセグメントに常駐するようにして下さい。


関連情報


Document ID: 60127