ビデオ : Cisco Unified MeetingPlace for Microsoft Outlook

MeetingPlace for Outlook のオンサイトでのインストールとアップグレード

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、サイトに進む前、オンサイト作業の開始前、および Cisco MeetingPlace for Outlook のオンサイト作業の終了後に使用する確認手順の概要を説明します。

Microsoft Outlook 5.3 はこれらの方法で Outlook 4.3 と異なります:

  1. Microsoft Outlook 5.3 は Cisco Unified MeetingPlace ビデオ会議をスケジュールし、出席することを可能にします。

  2. 現在の Cisco Unified MeetingPlace 顧客向けの Microsoft Windows 2003 Server のための Microsoft Outlook 5.3 提供サポート。

    注:  新しい Cisco Unified MeetingPlace 顧客、使用 Cisco Media Convergence サーバ。

  3. Microsoft Outlook 5.3 オファー新規 ユーザ ユーザー・インターフェース カスタマイゼーションツール。

前提条件

要件

  1. 詳細については必要条件で、Cisco MeetingPlace for Outlook (5.3.0) リリース リリース ノートを検討して下さい。

    注: 新しいインストールに関しては、顧客は Cisco Media Convergence Server にある必要があります。

  2. Cisco Unified MeetingPlace Microsoft Outlook のためのライセンスキーとの可聴周波サーババージョン 5.3 または それ以降を持たなければなりません。

  3. Microsoft Outlook 5.3 と同じマシンの Cisco Unified MeetingPlace Web がある場合、Web バージョンは 5.3 である必要があります。

  4. Microsoft Outlook 5.3 と同じマシンの Cisco Unified MeetingPlace Web がある場合、Web バージョンは 5.3 である必要があります。

  5. Internet Information Server (IIS) バージョン 5.0 または それ 以降を使用して下さい。

  6. Microsoft Exchange サーバが Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイより個別のマシンにあることを確認して下さい。 ゲートウェイ マシンは Microsoft Outlook 98、Outlook 2000 ロードされるサービスパック 3、または Outlook 2003 がなければなりません。 カレンダー メモ 機能が回された OFF であることを確かめて下さい。

  7. Outlook のための Microsoft Collaboration Data Objects (CDO) オプションはインストールする必要があります。 CDO がインストールされているかどうか判別するために、Internet Explorer > Tools > Internet オプション > Programs に行って下さい。

  8. Microsoft Exchange サーバおよび Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイは両方同じドメインのメンバーである必要があります。

  9. Microsoft Exchange サーバ 5.5 サービスパック 4、Exchange 2000 サービスパック 2 または以降のバージョン、または Exchange 2003 年がおよび実行インストールされていることを確認して下さい。

  10. Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイにドメイン ユーザー アカウントおよびパスワードがある確認し、Exchange エイリアスが正確にユーザアカウントと一致することを確かめて下さいことを。

    注: Microsoft Exchange サーバにログオンするのに Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイによってこのアカウントが使用されています。

  11. Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイがオペレーティング システム Microsoft Windows 2000サーバにおよび新型サーバ(サービスパック 3 またはそれ以降)または Windows 2003 企業 付加常駐することを確かめて下さい。

  12. このコンピュータのデフォルト メール クライアントは Microsoft Outlook に設定 する必要があります。

  13. メモを RAM の作り、ハード ドライブで間隔をあけて下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

オンサイト作業の開始前に確認するべき項目

オンサイト作業を開始する前にこれらのステップを完了して下さい:

  1. この資料の Requirements セクションを検討して下さい、また Cisco MeetingPlace for Outlook (5.3.0) リリース リリース ノート

  2. アップグレードすることを計画する場合バージョン間の違いに気づいていることを確かめて下さい。

  3. Microsoft Outlook スケジューリング タブにリストされている顧客フィールドを検討して下さい。

  4. 顧客は Microsoft Outlook の NT Authenication があるかどうか見るためににチェックして下さい。 その場合、管理者ガイドの章の第 3 ステップを確認して下さい。

  5. 彼らが従業員はプラグインバージョンがあるように要求することを計画するかどうか、そして顧客がこのバージョンを出すことを計画するどのように顧客と論議して下さい。

  6. プロセスが完了した後顧客を持っていますインストールかアップグレードをテストする少数の個人を確認して下さい。

  7. 顧客に Microsoft Outlook トレーニング資料を与え、ロールアウト プロセスを論議して下さい。

通知 テンプレート、カスタマイズおよび熱い修正

インストールに先立ち、次の手順を実行します。

  1. アップグレード プロセスの後でテンプレートを再適用するために現在の Cisco MeetingPlace for Outlook 4.2.7 通知 テンプレート(MPMessages.rtf、MPMsgRsvl.rtf、NotifySchedule.tpl および NotifyReSchedule.tpl)をバックアップして下さい。

    これが Cisco MeetingPlace for Outlook 4.2.5 からの新しいインストールまたはアップグレードである場合、手動で Microsoft WordPad の 5.3 テンプレートを編集して下さい。 古いテンプレートを再使用しないで下さい。 テンプレートを編集するためにカット アンド ペーストを選択しないで下さい。

  2. 新しいインストールおよびアップグレードをカスタマイズしたいと思う場合 Cisco Unified MeetingPlace カスタマイゼーション サービスとそれらを計画して下さい。

  3. 関連した熱い修正登録ユーザのみ)をダウンロードして下さい。

リモート インストール

リモート インストールに関しては、Virtual Network Computing (VNC)か Symantec pcAnywhere を使用して下さい。 ターミナル サーバを使用しないで下さい。

追加通知 ゲートウェイ

これが Cisco MeetingPlace for Outlook バージョン 5.3 ゲートウェイの新しいインストールである場合、既にあっている通知 ゲートウェイを(E メールのような、シンプル メール転送プロトコル[SMTP]、または Lotus Notes アンインストールすれば)同じマシンの常駐する。 異なる Cisco Unified MeetingPlace メールボックスを割り当て、マッピング することを個別のマシンで存在 する別の通知 ゲートウェイが確かめれば。

必要な情報を得て下さい

この情報を得て下さい:

  • Cisco Unified MeetingPlace サーバのホスト名か IP アドレス。

  • ドメイン ユーザー アカウントおよびパスワード。

  • Cisco Unified MeetingPlace Web ゲートウェイのホスト名か IP アドレス(存在 する 1 つ)。

  • Microsoft Exchange サーバのホスト名か IP アドレス。

インストールを始めて下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイ アカウントの Windows へのログイン。

  2. Messaging Application Programming Interface (MAPI) プロファイルを作成する開いた Microsoft Outlook。

  3. テスト電子メール。

  4. Microsoft Outlook を閉じて下さい。

  5. Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイ アカウントに「サービスとしてログイン」権限およびローカルな システム管理者権限があることを確認して下さい。

  6. CDO.dll バージョン 5.5.2625.65 か新しいバージョンがインストールされていることを確認して下さい。

  7. Cisco Unified MeetingPlace Web 5.3 のインストールを確認し、テストして下さい。

  8. HKLM \ Outlook \ InstallLocation のためのソフトウェア\緯度\ MeetingPlace のパスを確認して下さい(アップグレードだけのために)。

  9. インストーラを開き、顧客が規定 する ドライブにソフトウェアをインストールすることを確かめて下さい。

  10. Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイ アカウント ドメイン名のためのプロンプトが現われるとき、短いドメイン名を入力して下さい。

    たとえば、OpCenter.meetingplace.net の代りに OpCenter を入力して下さい。

  11. WebHostname1 および WebHostname2 両方の値を入力して下さい。

  12. ConfigClient のオプションを確認して下さい。

  13. マシンを再起動します。

インストールの後で確認するべき項目

基本的な機能性をテストして下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco MeetingPlace for Outlook エントリのためにゲートウェイ eventlog を観察して下さい。

  2. 停止し、Cisco MeetingPlace for Outlook サービスを再開し、サービスが Microsoft Exchange および Cisco Unified MeetingPlace サーバに記録 することを確認して下さい。

  3. 会議を Cisco Unified MeetingPlace Web および Cisco MeetingTime からスケジュールし、通知の受信および正確さを確認して下さい。

  4. Cisco MeetingPlace for Outlook をプラグを差し込みテスト サーバで、実行しますこれらのステップをインストールして下さい:

    1. 会議をスケジュールして下さい。

      • リンク チェック アベイラビリティのテストして下さい。

      • 参加要素を誘って下さい。

    2. 通知の受信および正確さを確認して下さい。

    3. 会議がスケジューラーのカレンダーで読み込まれることを確認して下さい。

    4. リンク テストして下さい(またはリンクに)出席するためにクリックを。

通知 テンプレート、カスタマイズおよび熱い修正

次の手順を実行します。

  1. バックアップされた通知 テンプレートを復元する(Cisco MeetingPlace for Outlook 4.3 アップグレードだけのために)。

    Cisco MeetingPlace for Outlook 4.2.5 からの新しいインストールかアップグレードに関しては、テンプレートをワードパッドの助けによって編集し、そしてリッチテキスト フォーマット(.rtf)として保存して下さい。

  2. 関連した熱い修正を加えて下さい。

  3. Cisco Unified MeetingPlace カスタマイゼーション サービスからカスタマイゼーション パッケージを、該当する場合加えて下さい。

  4. 基本的な機能性のためのマシンおよびテストを再起動して下さい。

設定

次の手順を実行します。

  1. すべてのオプションが ConfigClients で正しく設定されることを確認して下さい。

  2. リンクに出席するクリックが公共および個別会談のために意図されているように動作することを確認して下さい。

  3. Cisco Unified MeetingPlace ゲートウェイコンフィギュレーション ユーティリティでは、メッセージをインボックスから削除し、不明確に再試行するためにゲートウェイを設定 して下さい。

    これをするために、これらのステップを完了して下さい:

    1. Start > Programs > MeetingPlace Applications > MeetingPlace Gateway Configuration の順に選択 して下さい。

    2. MeetingPlace ゲートウェイコンフィギュレーション ウィンドウで、Microsoft Outlook Gateway タブをクリックし、そして Advanced タブをクリックして下さい。

    3. メッセージ領域で、削除 Messageオプション・ボタンをクリックして下さい。

    4. ゲートウェイ サービス サービス エリアで、オプション ボタンを不明確にクリックして下さい。

    5. 拡張設定 ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

    6. MeetingPlace ゲートウェイコンフィギュレーション ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

Microsoft 構造化クエリ言語 サーバ

次の手順を実行します。

  1. Microsoft Data Engine (MSDE) /Structured 照会言語(SQL)が現在 サービスパック 3.を実行することを確かめて下さい。

    注: Cisco MeetingPlace for Outlook ゲートウェイは MSDE を使用します。

  2. 総物理的 な RAM の 25%に SQL メモリ 使用を設定 して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60124