Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco コンテンツ スイッチング モジュール

コンテント スイッチング モジュールの DNS プローブの設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、コンテンツ スイッチング モジュール(CSM)の DNS プローブの設定例を紹介します。 DNS プローブは、DNS サーバへの特定のドメイン名のクエリに使用されます。 DNS プローブは、応答を事前に設定された値とチェックして、CSM がサーバを使用し続けるべきかどうかを判断します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CSM バージョン 3.x または それ 以上に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

設定

Content Switching Module
module ContentSwitchingModule 4 
!
 vlan 499 client
  ip address 192.168.10.97 255.255.254.0
  gateway 192.168.10.1
!
 probe DNSTEST dns
  name www.yahoo.com


!--- The probe is configured for the CSM to request the IP address 
!--- associated with the domain name www.yahoo.com.

  address 216.109.117.107 


!--- The expected response is configured as 216.109.117.107.
!--- Multiple addresses can be entered. If the response matches any 
!--- one of the configured address, the server is considered alive.

  port 53 


!--- Configuration of the DNS port is recommended, even if the default port 
!--- of 53 is being used.

!
 probe DNSTEST2 dns
  name www.yahoo.com
  address 216.109.117.107 


!--- To demonstrate the importance of the port command, the same probe 
!--- as above is used without the port.

!
serverfarm DNS1
  nat server
  no nat client
  real 144.254.10.123
   inservice
  probe DNSTEST
!
 serverfarm DNS2
  nat server
  no nat client
  real 144.254.10.123
   inservice
  probe DNSTEST2


!--- This probe has a problem because the CSM cannot determine which port to use.

!
 serverfarm DNS3
  nat server
  no nat client
  real 144.254.10.123 53
   inservice
  probe DNSTEST2


!--- This is the same serverfarm as above, but now the CSM can determine which port 
!--- to use, as specified in the real server definition.

!
vserver DNS1
  virtual 192.168.1.1 tcp 53
  serverfarm DNS1
  persistent rebalance
  inservice
!         
 vserver DNS2
  virtual 192.168.1.2 any
  serverfarm DNS2
  persistent rebalance
  inservice
!
 vserver DNS3
  virtual 192.168.1.3 any
  serverfarm DNS3
  persistent rebalance
  inservice
!

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

  • show module csm スロット プローブ名前 NAME 詳細

  • 実質 show module csm スロット

    これはプローブが適切に機能していることを示します。

    cpu0#sho mod csm 4 probe name dnstest det     
    probe           type    port  interval retries failed  open   receive
    ---------------------------------------------------------------------
    DNSTEST         dns     53    120      3       300            10     
     DNS Info: www.yahoo.com
     DNS Expected IP address:
      216.109.117.107
     real                  vserver         serverfarm      policy          status
     ------------------------------------------------------------------------------
     144.254.10.123:53     DNS1            DNS1            (default)       TESTING
    

設定に記載のとおり、53 のデフォルトポートが使用されても DNS ポートが設定されることが推奨されます。 これは CSM が DNS プローブのためにデフォルト宛先ポートを使用しないというファクトが原因です。 CSM がポートを判別できない場合プローブは有効に なりません。

このコマンド 出力は CSM がプローブのための宛先ポートを判別しないとき表示するものがの例です。 パケットは送信されていません。 この状態では、CSM はサービスをマークダウンしませんが、代りに操作上にとどまります; 問題は探知されていなく行くかもしれません。

cpu0#sho mod csm 4 probe name dnstest2 det
probe           type    port  interval retries failed  open   receive
---------------------------------------------------------------------
DNSTEST2        dns           120      3       300            10     
 DNS Info: www.yahoo.com
 DNS Expected IP address:
  216.109.117.107
 real                  vserver         serverfarm      policy          status
 ------------------------------------------------------------------------------
 144.254.10.123:53     DNS3            DNS3            (default)       FAILED
 144.254.10.123:0      DNS2            DNS2            (default)       ???

またサーバファーム DNS2 によって関連付けられた場合、プローブ DNSTEST2 にステータスがのか。か。あることに、注意して下さい。 これは CSM がプローブを送信 するために使用するために宛先ポートを判別しなかったという理由によります。 サーバファーム DNS3 では、実サーバ ポートは規定 されます; プローブを実行する問題がありませんでした。

cpu0#sho mod csm 4 real

real                  server farm      weight  state          conns/hits
-------------------------------------------------------------------------       
144.254.10.123        DNS1             8       PROBE_FAILED   0        
144.254.10.123        DNS2             8       OPERATIONAL    0        
144.254.10.123:53     DNS3             8       PROBE_FAILED   0 

プローブが動作しない(のステータスによって示されてか。か。か。)時、実サーバは操作上に残ります。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60045