Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco コンテンツ スイッチング モジュール

コンテント スイッチング モジュールの RHI の設定例

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、シスコのコンテンツ スイッチング モジュール(CSM)でのルート ヘルス インジェクション(RHI)の設定例を説明します。

RHI は CSM がネットワーク全体の Virtual IP (VIP) アドレスのアベイラビリティをアドバタイズするようにします。 同一の VIP アドレスの複数の CSM デバイスおよびサービスはネットワーク全体あることができます。 1 CSM はサービスがその他のデバイスでもはや利用できない場合その他のデバイス上の Server Load Balancing (SLB) サービスを無効にすることができます。 1 CSM はまた他の SLB デバイスよりクライアント システムに近い方に論理的にあるのでサービスを提供できます。 CSM は VIP アドレスをようにホスト ルート アドバタイズします。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はバージョン 3.x または 4.x を実行する CSM に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/60043/rhi_csm.jpg

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

  • Catalyst A

  • Catalyst B

Catalyst A
hostname Catalyst A
!
module ContentSwitchingModule 4 
!
 vlan 10 server
  ip address 10.1.10.97 255.255.254.0
!
 vlan 20 client
  ip address 10.1.20.1 255.255.255.0
  gateway 10.1.20.2
!
 probe LINUXPING icmp


!--- This probe is to verify that the servers are alive. This could be any 
!--- type of probe.

!
 serverfarm MYLINUX
  nat server
  no nat client
  real 10.1.10.3
   inservice
  real 10.1.10.4
   inservice
  probe LINUXPING
!
 vserver RHITEST
  virtual 192.168.1.1 any
  vlan 20


!--- The VLAN is important. When the VIP address is not part of the subnet
!--- of any VLAN configured on the CSM, the VLAN is used to tell the CSM on 
!--- which VLAN the traffic is coming in. This allows the CSM to set the 
!--- next-hop correctly when configuring the static route on the MSFC.

  serverfarm MYLINUX
advertise active



!--- The advertise command tells the CSM to create the static route.
!--- If you specify the active option, the static route is created only 
!--- if the vserver is operational.

  inservice
!    
interface Vlan20
 ip address 10.1.20.2 255.255.255.0
 no ip proxy-arp
!
interface Vlan30
 ip address 10.1.30.97 255.255.254.0
 no ip proxy-arp
!
router ospf 1


!--- In this example, OSPF is used to advertise the VIP through the network.
!--- You can use any IGP however.

 log-adjacency-changes
 redistribute static metric 10 subnets


!--- Since the CSM creates a static route on the MSFC, you simply need to 
!--- redistribute static routes to advertise the VIP.

 network 10.1.0.0 0.0.255.255 area 1
!

Catalyst B の設定は Catalyst A.と同一です。 IP アドレッシングは Catalyst B がネットワークの個別の領域にあるのでわずかに異なります。 しかし VIP アドレスは同じです。 再配布されたスタティック・ルートのメトリックはまた Catalyst A が VIP へ優先パスであり、Catalyst B がバックアップ ソリューションであるように変更されました。

Catalyst B
hostname Catalyst B
!
module ContentSwitchingModule 4 
!
 vlan 10 server
  ip address 10.2.10.97 255.255.254.0
!
 vlan 20 client
  ip address 10.2.20.1 255.255.255.0
  gateway 10.2.20.2
!
 probe LINUXPING icmp
!
 serverfarm MYLINUX
  nat server
  no nat client
  predictor hash address source
  real 10.2.10.3
   inservice
  real 10.2.10.4
   inservice
  probe LINUXPING
!
 vserver RHITEST
  virtual 192.168.1.1 any
  vlan 20
  serverfarm MYLINUX
  advertise active
  inservice
!    
interface Vlan20
 ip address 10.2.20.2 255.255.255.0
 no ip proxy-arp
!
interface Vlan30
 ip address 10.2.30.97 255.255.254.0
 no ip redirects
 no ip proxy-arp
!
router ospf 1
 log-adjacency-changes
 redistribute static metric 20 subnets
 network 10.2.0.0 0.0.255.255 area 2
!

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

  • show ip route staticadvertise コマンドで設定される各 vserver のための CSM によって作成されるスタティック・ルートを表示するためにこのコマンドを発行して下さい。 ルーティングを見ない場合、vserver が正常に動作して、そこにそれが vserver の下で規定 される VLAN であることを確かめて下さい。

    SwitchA#show ip route static 
         192.168.1.0/32 is subnetted, 1 subnets
    S       192.168.1.1 [1/0] via 10.1.20.1, Vlan20
    SwitchA#
  • show mod csm X vserver ネーム NAME 詳細

    SwitchB#sho mod csm 4 vservers name rhitest
    
    vserver         type  prot virtual                  vlan state        conns
    ---------------------------------------------------------------------------
    RHITEST         SLB   any  192.168.1.1/32:0         20   OPERATIONAL  0       
    SwitchA#show mod csm 4 probe name linuxping detail
    probe           type    port  interval retries failed  open   receive
    ---------------------------------------------------------------------
    LINUXPING       icmp          120      3       300            10     
     real                  vserver         serverfarm      policy          status
     ------------------------------------------------------------------------------
     10.1.10.4:0        RHITEST         MYLINUX         (default)       OPERABLE
     10.1.10.3:0        RHITEST         MYLINUX         (default)       OPERABLE
  • show mod csm X プローブ ネーム NAME 詳細

  • show ip ospf database は自己起きます— OSPF がアドバタイジング VIP アドレスであることを確認するためにこのコマンドを発行して下さい。

    SwitchA#sho ip ospf database self-originate 
    
                OSPF Router with ID (10.1.30.97) (Process ID 1)
    
                    Router Link States (Area 1)
    
    Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Link count
    10.1.30.97      10.1.30.97      5           0x80000001 0x00B9BE 2
    
                    Type-5 AS External Link States
    
    Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Tag
    192.168.1.1     10.1.30.97      5           0x80000001 0x00CCC7 0
  • show ip route x.x.x.x

  • 外部 show ip ospf database x.x.x.x

    lsd#sho ip ospf database external 192.168.1.1
    
                OSPF Router with ID (200.200.200.200) (Process ID 1)
    
    
                    Type-5 AS External Link States
    
      Routing Bit Set on this LSA
      LS age: 39
      Options: (No TOS-capability, DC)
      LS Type: AS External Link
      Link State ID: 192.168.1.1 (External Network Number )
      Advertising Router: 10.1.20.97
      LS Seq Number: 80000001
      Checksum: 0x8310
      Length: 36
      Network Mask: /32
            Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
            TOS: 0 
            Metric: 20 
            Forward Address: 10.2.20.1
            External Route Tag: 0
    
      Routing Bit Set on this LSA
      LS age: 89
      Options: (No TOS-capability, DC)
      LS Type: AS External Link
      Link State ID: 192.168.1.1 (External Network Number )
      Advertising Router: 10.1.30.97
      LS Seq Number: 80000001
      Checksum: 0xCCC7
      Length: 36
      Network Mask: /32
            Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
            TOS: 0 
            Metric: 10 
            Forward Address: 10.1.20.1
            External Route Tag: 0

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報は ありません。


関連情報


Document ID: 60043